検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

買う洋菓子

アルコールケーキ通販専門店「Happy Rummy(ハッピーラミー)」

  • JR横浜線「鴨居」駅からバスで5分
  • 平日10:00~16:00(電話でのお問い合わせ)

洋酒入りケーキの常識を覆す、アルコールケーキの製造現場に潜入! 独自の製法やパティシエ―ルのこだわりをご紹介。チーズやコーヒー、お酒のつまみ代表格の○○まで、ケーキとの相性も徹底検証しました

ココがイチオシ!

一切れで酔えると噂の「Happy Rummy」のアルコールケーキ製造現場に密着。つまみとの相性検証も

お酒は、私たちの生活に潤いを与えてくれる。
仕事終わりの一杯、大切な記念日に飲む一杯、ひとり物思いにふけりながら飲む一杯。同じお酒でも、場所やシーンが違えば喉を通る熱さも違うだろう。
 
たとえば、“食べるお酒”があったなら、まだ知らない幸せなひとときが生まれるかもしれない。そんな新しい出合いをもたらしてくれるアルコールケーキが、横浜市緑区東本郷の住宅街で作られている。
 
 
 
アルコールケーキの製造現場へ!
 
そのケーキは、「一切れで酔える大人のケーキ」というコピーがついている。
サバラン、ブランデーケーキ、ワインケーキなど、お酒を使ったケーキがあることは知っていたが、一切れで酔えるって、ちょっと言い過ぎなのでは?
 
ということで、酒好きな筆者がお酒をあまり飲めない編集部・和田とともに、製造現場に潜入してきた。
 

re_rummy__article_001
アルコールケーキ専門店「Happy Rummy」

 
アルコールケーキを専門に取り扱う「Happy Rummy(以下、ハッピーラミー)」は、2018(平成30)年2月に販売を開始したばかりで、ネット販売のみを行っているという。
 

re_rummy__article_002
「たまに近所の方が、ガラス越しに覗いています(笑)」

 
そう話すのは、ハッピーラミーの責任者でありパティシエールの松尾裕子(まつお・ゆうこ)さん。管理栄養士の資格を持ち、以前は病院で栄養指導を行ったり、入院患者さんの食事なども作っていた経歴がある。
「入院患者さんに『お酒は控えてくださいね』って言っていた私が、今は一切れで酔えるケーキを作っています(笑)」と笑顔で話す松尾さん。
 
もともとお菓子作りが好きだった松尾さんは趣味でアルコールを入れたケーキを作り始め、友人から「もっとお酒強く出来ないの? やるなら徹底的にやってほしい!」と言われたことが、この道へ進むキッカケになったとのこと。
 

re_rummy__article_003
こちらが一切れで酔えるケーキの要となる洋酒漬けのフルーツ

 
「濃厚熟成大人の洋酒ケーキ」と名づけられたケーキは、パウンドケーキなのに原材料で一番多く使用しているのが洋酒。小麦粉より洋酒が多いパウンドケーキなんて聞いたことがない。
 
いったいどんな製造方法で作られているのだろうか。製造の過程を見学させていただいた。
 
 
 
アルコールケーキの製造に密着!
 
ハッピーラミーでは、アイリッシュウイスキーに漬け込んだ「イチジク」、ダークラムに漬け込んだ「レーズン」、スパイスドラムに漬け込んだ「アプリコット」の3種類のケーキを作っている。
 

re_rummy__article_004-2
今回は「アプリコット」の製造過程を見学!

 
ハッピーラミーでは、オイルコートなし、無漂白のドライアプリコットを使用。筆者の知っているアプリコットはもっとオレンジっぽいイメージがあったが、それらは漂白しているアプリコットなのだとか。
 

re_rummy__article_005
洋酒に漬ける前のアプリコット

 
このアプリコットを40度のスパイスドラムで、最低でも半年は熟成させるそうだ。そうすると、フルーツの旨味と甘みが洋酒に溶け出し、その旨味が溶け出した洋酒をフルーツが吸収するという。
 

re_rummy__article_006
こちらは洋酒がたっぷり染み込んだアプリコット

 
小さくカットしたものをいただくと、噛むほどに洋酒がじゅわぁ~っと溢れ出し、数秒で体がカーッと熱くなってきた。キリッとした洋酒のカドが取れ、味に丸みがある気がする。
 
試しにこの一粒を食べてからアルコール検査キットで呼気を検査してみると・・・
 

re_rummy__article_007
酒気帯び運転の基準を上回るアルコール量を検出!

 
こんなに熟成されたアプリコットをケーキに入れたら・・・想像しただけで喉が鳴る。
 
松尾さんがアルコールケーキを作る上で重視したのは、アルコールが強いだけではなく土台となるケーキもおいしいこと。
 

re_rummy__article_008
すべての工程を丁寧に手作りしている

 
「通常、プレーンのパウンドケーキは、バター、砂糖、卵、小麦粉をすべて同じ割合(4同割)で作るのですが、うちは洋酒の割合が多いので、材料の配合や製造方法は試行錯誤して導き出しました。本格的に作り始めてから3年ほどかかりましたね」と松尾さん。
材料を入れるタイミングや混ぜ合わせる速度などは、匂いや手の感触で覚えているそうだ。
 

re_rummy__article_009
小麦粉以外の材料を混ぜ合わせたら
 
re_rummy__article_010-1
マーマレードと細かく刻んだアプリコット、洋酒を大胆に入れる!
 
re_rummy__article_011
見ているこちらが心配になるほどの量だ

 
ここへ小麦粉を入れてゆっくりと混ぜ合わせたら、材料を馴染ませるために冷蔵庫へ。
 

re_rummy__article_012
おいしくなーれ!

 
一連の流れを見ていて、無駄なく丁寧に作られているのが素人目でも分かった。美味しいケーキが出来上がる予感しかしない。
 
しかしハッピーラミーのアルコールケーキはここからが本番だ。
 
 
アプリコットの旨味たっぷりの洋酒を1ヶ月かけて塗り込む!・・・>>

基本情報

店名 アルコールケーキ通販専門店「Happy Rummy(ハッピーラミー)」
アルコールケーキツウハンセンモンテン ハッピーラミー
ジャンル アルコールケーキ通販専門店
住所 〒226-0002  神奈川県横浜市緑区東本郷4丁目4-19
アクセス [製造場所]JR横浜線「鴨居駅」からバスで5分
駐車場
TEL1 045-517-2761
はまれぽを見たとお伝えください。製造中は電話に出られないこともございます。
TEL2
FAX
営業時間 平日10:00~16:00(電話でのお問い合わせ)
定休日 土日祝
URL http://www.hr-cake.com
カード利用
個室
  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 アルコールケーキ通販専門店「Happy Rummy(ハッピーラミー)」
アルコールケーキツウハンセンモンテン ハッピーラミー
ジャンル アルコールケーキ通販専門店
住所 〒226-0002  神奈川県横浜市緑区東本郷4丁目4-19
アクセス [製造場所]JR横浜線「鴨居駅」からバスで5分
駐車場
TEL1 045-517-2761
はまれぽを見たとお伝えください。製造中は電話に出られないこともございます。
TEL2
FAX
営業時間 平日10:00~16:00(電話でのお問い合わせ)
定休日 土日祝
URL http://www.hr-cake.com
カード利用
個室