検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

食べる和食

懐石 花里

  • 各線「上大岡駅」東口から徒歩1分
  • 横浜市港南区上大岡東1-11-20
    • 営業時間:火~金11:30~15:00/17:00~22:00、土日祝11:30~22:00
    • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌平日) ※年末年始(12月29日~1月5日)

駅からすぐの好立地ながら、四季折々の豊かな自然と心地よい雰囲気を満喫できる懐石料理店。邸宅を改築した空間は温かみにあふれ、大小の個室も完備。特別な会食から日常使いまで、華やかに演出してくれる。

ココがイチオシ!

上大岡駅前で“気軽な贅沢”。日本庭園と癒しの空間が自慢の「懐石 花里」はさまざまなシーンで利用できる

 

2018年12月26日

皆さんは上大岡の駅前にどのようなイメージをお持ちだろうか?
ガヤガヤしていて騒がしいイメージを持つ人も少なくはないだろう。
 
しかし、そんな上大岡駅からすぐの場所に静寂に満ちた、日本庭園と素材にこだわった懐石料理が楽しめる老舗があるのを知っているだろうか?
今回は皆さんを“気軽な贅沢”の場へとご招待しよう。
 

hanasato_article001
庭園からは京急ビルが望め、まさに駅近だということがわかる
 
hanasato_article002
四季折々異なる味わいを楽しませてくれる懐石料理

 
 
 
接待からカジュアルな食事まで用途は多彩

 
上大岡駅東口より徒歩1分の場所に、駅前であることを忘れさせてくれる、静寂に満ちた「懐石 花里」がある。邸宅を改築し、1978(昭和53)年より料理店として開業。以来、地域の人々を中心に、特別なひとときに寄り添い続けてきた。そして2018(平成30)年は40周年の節目となる。
 

hanasato_article003
和の趣きあふれる門を抜け、屋敷の中へ

 
伝統も格式もある、老舗と呼ぶにふさわしい名店だが、決して限られたVIPだけに開かれているわけではない。カジュアルな会食も用意された、プチ贅沢も楽しめる一軒なのだ。幅広い食シーンに適した同店の魅力を、さまざまな角度から紹介していこう。
 

hanasato_article004
話を聞かせてくれた「懐石 花里」の伊澤利晃(いざわ・としあき)専務
 
hanasato_article005
1・2階からなる建物に、大小7部屋を完備。大広間では最大60名の宴会もできる

 
 
 
色とりどりの草花が表現する美しい四季の移ろい

 
歴史は戦後すぐまでさかのぼる。もともとは、伊澤利晃専務の祖父・末吉さんが住まいとして建てたのがはじまり。その三男として生まれたのが、「花里」の初代社長となる信高さん。
 

hanasato_article006
こだわりの日本庭園

 
日本庭園は、自然を愛した伊澤末吉さんが、造園師とともにつくり上げた。京都を訪れて参考にするなど、庭園にかける情熱は計り知れない。
 
やがて、信高さんが両親の自宅を生かして1978年に「お食事の家 花里」を開業。評判が高まるのにそう時間はかからなかった。その後も増えるゲストに応えるため、増改築を施工。駐車場や大広間、レストランを設え、現在の「懐石 花里」が誕生した。
 

hanasato_article007
40年もの間、さまざまな集りに利用されてきた

 
敷地は広大で、約450坪もあるという。しっかりと手入れされた庭には灯籠(とうろう)や東屋(あずまや)などもあり、趣きある情緒をより豊かに演出。多彩な木々や花々が表現する美しい四季の移ろいは、同店を楽しむうえでの醍醐味のひとつだ。
 

hanasato_article008
屋敷の奥には茶室があり、灯籠などを置いた坪庭が眺められる
 
hanasato_article009
東屋もある

 
 
 
庭園が望める多彩な空間はドラマのロケ地になることも

 
玄関で靴を脱ぎ、店内へ。そこは、純和風のスペースに暖色の明かりが灯る凛とした空間。和服を着た女中さんが出迎えてくれ、まるで旅館に訪れたかのような気分にさせてくれる。
 

hanasato_article010
玄関

 
案内されたのは、床の間に掛け軸が飾られた優美な個室。大きなガラス戸の向こうに、豊かな自然が映える。席は座椅子を備えた掘りごたつとなっていて、足をのばして寛げるのもうれしい。
 

hanasato_article011
各部屋は、すべてに花の名前が採用されている

 
庭園には春は梅や皐月(さつき)、ツツジ、夏は百日紅(さるすべり)などが咲き誇る。秋になると木々が色づき紅葉が、冬には椿や山茶花(さざんか)のほか、雪化粧した乙な姿を楽しめるかもしれない。
 

hanasato_article012
木々や花々が、四季折々に異なる表情を魅せてくれる

 
同店を、故人が好きだったという理由で法事利用をされる常連も多い。そして、家族を繋ぐ場所や思い出話の場所として、欠かせない存在となっている。
 

hanasato_article013
「花里」のシンボルマーク「ドウダンツツジ」。その花言葉は“上品”

 
自然を愛した祖父、その心を大切に受け継ぎ、店名を「花里」とした初代・・・。

月日は巡っても、先人が愛した景色は変わらない。そして「花里」もまた、先代が残した想いをそのままに、賓客の心に寄り添い続けている。
 
更に茶室が用意されているのも魅力的だ。ここでは実際に茶会を催すことができ、正午の茶事を本懐石で楽しんだり、お稽古をすることもできる。
その一方で、洋風デザインのレストラン「旬石」にはバーカウンターがあり、先代の時代に一時営んでいた隠れ家的バーの名残を留めており、カジュアルに食事を楽しんだり、カウンターでお酒をたしなむ空間になっている。
 

hanasato_article014
茶室
 
hanasato_article015
レストラン「旬石」

 
同店は、政財界はもちろん芸能関係者の間でも知られている。これまでドラマの撮影で使われたことが何度もあり、それだけこのロケーションは稀有であるともいえよう。
 

hanasato_article016
ドラマの撮影で利用され、開放感抜群のこの部屋はテーブル式のシートで外国人にも好評

 
 
気になるお料理は次のページ >>

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 懐石 花里
カイセキ ハナサト
ジャンル 懐石料理
住所 〒233-0001 横浜市港南区上大岡東1-11-20
アクセス 各線「上大岡駅」東口から徒歩1分
駐車場 有 7台 ※特に土日祝は満車の場合があります。近隣の有料駐車場をご利用ください。
TEL1 045-842-0559
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 平日11:30~15:00(L.O.14:00)/17:00~22:00(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
土日祝11:30~22:00(L.O.20:00、ドリンクL.O.21:30)
※15:00~17:00は8名様以上ご予約のみ
定休日 月曜日(祝日の場合は翌平日) ※年末年始(12月29日~1月5日)
URL http://www.hanasato.com/
カード利用 有(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
個室 有 ・ご利用は<懐石コース>及び、<宴会コース>のお客様のみ ・ドリンクとお料理の合計金額の10%を別途サービス料として頂きます。

こちらもおすすめです

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

基本情報

店名 懐石 花里
カイセキ ハナサト
ジャンル 懐石料理
住所 〒233-0001 横浜市港南区上大岡東1-11-20
アクセス 各線「上大岡駅」東口から徒歩1分
駐車場 有 7台 ※特に土日祝は満車の場合があります。近隣の有料駐車場をご利用ください。
TEL1 045-842-0559
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 平日11:30~15:00(L.O.14:00)/17:00~22:00(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
土日祝11:30~22:00(L.O.20:00、ドリンクL.O.21:30)
※15:00~17:00は8名様以上ご予約のみ
定休日 月曜日(祝日の場合は翌平日) ※年末年始(12月29日~1月5日)
URL http://www.hanasato.com/
カード利用 有(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
個室 有 ・ご利用は<懐石コース>及び、<宴会コース>のお客様のみ ・ドリンクとお料理の合計金額の10%を別途サービス料として頂きます。

アクセスランキング