ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜駅地下街9番出口を出た所の空き地が気になります。駅前一等地なのに何も建物がなく、フェンスで囲われているだけ。地権者は誰?何か活用の予定はあるの?いつからあの状態?とても気になります。

    あずいちさん

    横浜市は公式サイトのリニューアルで失敗し1億円(約30円/1市民あたり)を超える血税の大損害を出してしまいました。横浜市は、オラクルのCMSを使おうとした無謀なシステム開発事業者を相手取り、1億700...

    choberyさん

    スリーエフがローソンと合併して「スリーエフ・ローソン」になり、現在あるスリーエフの店舗はすべて消えるそうです。スリーエフのF-STYLEのパンやもちぽにょなど、オリジナルな商品は消えてなくなるのでしょ...

    はまっこ61号さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
ラミレス監督らが小学校をサプライズ訪問! 選手寮のカレーのお味は?
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
【ニュース】横浜DeNAベイスターズ選手寮のカレーが学校給食になる!
5位
【ニュース】「ハマの永遠番長」三浦大輔氏が小学生向けの野球教室を実施!
6位
【ニュース】「シーパラこども海育塾」塾生募集!
7位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
8位
【ニュース】5月24日に「ふでともかきかた教室」無料体験イベント実施!
9位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
10位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
11位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
12位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
13位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
14位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
15位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
16位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
17位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
20位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
21位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
22位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
23位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
24位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
25位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
26位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
27位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
28位
国立なのに「横浜」!? 横浜国立大学の名前の由来に迫る!
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

住む> 不動産

工藤不動産株式会社

住まいづくりに奉仕、これがモットー。そのためにひた走る。

最終更新日:2017年5月16日

045-332-1231

イチオシサンプル画像

和田の三本の矢で「ワダノミクス」!? 保土ケ谷区「工藤不動産株式会社」

「一日一善」をモットーにゴミを拾ったり、「電話を待たせない」という目標を持ってみたり。「接客業」としての徹底したポリシーがあるからこそ、「家探し=営業マン探し」と言い切れる

DATA
住所: 神奈川県横浜市保土ケ谷区和田1丁目13番21号工藤ビル
相鉄線和田町駅より徒歩4分
営業時間: 9:00~18:30

保土ケ谷区のほぼ中心に位置する和田は、鎌倉時代に活躍した武将、和田義盛の名前に由来するという。そんな歴史のある街で、1980(昭和55)年の創業以来、「住まいづくりに奉仕する」というモットーを掲げ続けてきた不動産会社がある。
 

001kudou_article
和田町商店街に位置する「工藤不動産」本社ビル外観

 
そういえば、相鉄線和田町駅の階段には、同社をはじめとした「工藤グループ」の広告ステッカーが貼ってあった。どうやら、本社も自社ビルのようだし、ほかにも関連企業があるのだろうか。少なくとも「街の不動産事務所」といった規模ではない。ローカル企業ではありながら、どのようにしてここまで業績を伸ばしていったのだろう。その秘密に迫ってみたい。
 
 
 
「三本の矢」で、満足を約束
 
話をうかがったのは、工藤不動産の代表取締役を務める、工藤雅也さん。
まずは、「工藤グループ」の概要から、説明していただいた。
 

002kudou_article
3人兄弟の次男にあたる工藤社長

 
工藤社長によれば、同グループの創業者は、雅也さんの父親にあたる、工藤護(くどう・まもる)氏とのこと。護氏は1961(昭和37)年、不動産の賃貸や売買を行う「工藤ビル」を、この地に発足させた。
 
やがて、昭和40年代に高度成長期が訪れると、建設ニーズの増大に対応すべく「昭和建設」を設立。さらに、不動産取引の多様化に合わせ、仲介を専門とする「工藤不動産」を分社化させたそうだ。
 

003kudou_article
明るく広々とした社内の様子

 
その後、それぞれの会社は3兄弟が引き継ぐことになった。まるで戦国時代の武将、毛利元就(もうりもとなり)のエピソードで有名な、「三本の矢」をほうふつさせる。
 

004kudou_article
工藤ビルの屋上では、養蜂も行っているそうだ

 
さて、本題の「工藤不動産」。
工藤社長によれば、特に物件の保守管理に力を入れているそうだ。専門の巡回員が毎日10件ほどの物件を担当し、部屋の清掃や外気の入れ替えなど、こまめにフォローを行っているという。
 
「かつては、物件のメンテナンスといえば、オーナーが直接行うのが当たり前でした。しかし私の父は『これからは(仕事よりも)余暇を楽しむ時代がやってくる』と予見したそうです。日々気が休まらないオーナーの負担を軽減できないかと始めたのが、こうした管理業務の代行だと聞いています」と工藤社長。
 
最近の傾向としては、集中豪雨が多くなってきたこともあり、配水管やU字溝のつまりなどにも気を配る必要があるそうだ。
 
 
 
温かい家造りへの願いを込めた「Bird-Call」
 
では、工藤社長が始めた取り組みなどはあるのだろうか。
「やはり接客が主体になりますから、細かなことへの気づきを啓発する意味で、月に一度『目標づくり』というものを行っています。例えば『一日一善』だったら、街のゴミを拾うとかね。今取り組んでいるのは、『電話を待たせない』ですね」と力がこもる。
 

005kudou_article
社員が提案することもあるし、私が決めることもありますと工藤社長

 
また、備品を大切に使うことや、社内の清掃にも心がけているそうだ。
「弊社では、『Bird-Call」』という統一したロゴを採用しているのですが、実はコレ、三角形ではなく家の形をしています。鳥は常に自分の巣をきれいにしているそうで、私たちのような不動産に関わる者にとって、お手本になります」と話す。
 

006kudou_article
「温かな家庭を築く」という意味も込められている同社ロゴ

 
そんな工藤社長に、今度は和田の特徴を訪ねてみた。
「古さと新しさのバランスが取れている街なんじゃないでしょうか。下町の風情が残る一方で、横浜国立大学が近く、若い人も大勢住んでいます。三差路が多いことも特徴かな。Yの字をしているので、行きと帰りの景色が全く違っていることがあります。お客様の中には迷われる方も多いので、物件にご案内する際には、気を配っていますね」とのこと。
 
穏やかな表情の中にも熱意が感じられる語り口で、これからもローカルな情報を積極的に集め、社是である「住まいづくりに奉仕する」を心がけていきたいと話していた。 
 
 
「家探し=営業マン探し」と現場担当者は説く!・・・次のページ≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索