ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    川崎市幸区ラゾーナの提携駐車場に出汁の自動販売機が有ります。何でこんなところに??そしてその味は???

    しっちょんさん

    国道246号線を走ってると気になるんです。伊勢原の大山阿夫利神社方面に入る交差点近くにある、大きな看板「大山豆腐」が掲げられている閉鎖されている工場があります。何度も食べた豆腐のメーカーだと思うのだけ...

    inemugiさん

    昨日10/17(火)の日本経済新聞に 「リゾートトラスト社がみなとみらい地区に高級ホテル2軒新設」の報が掲載されてましたホテル事情の変化の取材を

    TTTさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月19日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
5位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
6位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
7位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
8位
【はまれぽ名作選】本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?
9位
地下鉄関内駅の工事の内容は? 謎の右側通行の真相も調査!
10位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
11位
【はまれぽ名作選】上永谷駅付近にあるトンネル入り口「日野隧道」、出口はいったいどこ?
12位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
13位
横浜中華街のごみ不法投棄問題、現状と今後の対策は?
14位
横浜のクリーニング店で見かける"かわいすぎるクマ"の謎を探れ!
15位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
16位
鶴見に眠るお宝はおいくら万円? なんでも鑑定するあの番組に潜入!
17位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
18位
【はまれぽ名作選】なぜミニストップ1号店の場所に港北区の大倉山が選ばれたの?
19位
【はまれぽ名作選】34駅、計3449段!ライター井上が地獄の階段レポに挑戦!~市営地下鉄~
20位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
21位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
22位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
23位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
24位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
25位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
26位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
27位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
28位
肩凝りが治る!?高周波バス停の由来は?
29位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
30位
獲れたての魚が食べられる食堂もある本牧漁港ってどんなところ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

病院・薬局> 動物病院

三ツ池動物病院

「病院にはドラマがある」。人と動物とのかかわり方もサポートできる動物病院

最終更新日:2017年7月28日

045-520-2000

イチオシサンプル画像

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

「ペットの飼い方教室」「犬の幼稚園」「トリミング施設」「ペットホテル」のある動物病院。トータルサポートってこういうことかもしれない。

DATA
住所: 神奈川県横浜市鶴見区上末吉1-17-9
JR線鶴見駅西口12番のりば、市営バス(14・67系統)にて8分
営業時間: 午前の受付9:00~12:00/午後の受付15:00~19:00 (木曜日以外)

鶴見駅からバスで10分ほど、閑静な住宅街に佇む「三ツ池動物病院」。五十嵐眞一院長は地元・鶴見の出身。「中高の同級生が来院してくれるんですよ」とのこと。
 

mitsuike-ah_article_2
地元住民から厚い信頼を寄せられている「三ツ池動物病院」

 
「もともと幼い頃から生き物が大好きだった」と五十嵐院長。TVで鮭の人工ふ化を観て「自分でも自宅の庭の金魚でやってみたんです(笑)」と楽しそうに当時の様子を語ってくれる。また、カマキリの卵を家に持ち帰り、無数にふ化して「部屋を開けた母が驚いていました(笑)」といったこともあったそうだ。
 

mitsuike-ah_article_1
五十嵐院長は明るく朗らかでとっても気さく!

 
「獣医学の臨床を学びたい」と麻布大学獣医学部へ。だが、その頃は現在のように施設が整っていなかったことから製薬会社に入社し、研究者の道を選んだ。
 
獣医学部出身で製薬会社へ・・・というとめずらしい気がするが、「結構多いんですよ」と五十嵐院長。獣医学部では生物生体をトータルで学ぶ。そのため、新薬を開発して薬の有効性や安全性を確かめる際に行う動物実験では「知識が役に立っていた」という。

 
新薬の開発に携わり、成果を上げるなど充実した日々を送っていたが、「人と直接触れ合いたい」「治療に対する患者様の反応が知りたい」と50歳を機に製薬会社を退職。2005年(平成17)年に動物病院をオープンした。
 
 
 
うちはスタッフがすごいんです‐五十嵐院長を支えるスタッフとの絆
 
「三ツ池動物病院」は犬や猫、ウサギ、フェレット、ハムスター、小鳥などの診察を行っている。スタッフは五十嵐院長を含めて獣医師2名、動物看護士2名、トリマーが2名、庶務担当が1名在籍。
 
横浜出身という稲垣絵里子獣医師は学生時代に研修で「ここ(三ツ池動物病院)に来た」そうだ。五十嵐院長の温かく親切な人柄、ていねいな診察に共感し、「勤務すること決意した」と稲垣獣医師。
 
取材時はちょうどハロウィン前。「飼い主さんやペットに」とスタッフ全員が企画し、“無添加で素材のみ使用した安全なお菓子”を考案したそうだ。
 

mitsuike-ah_article_3
かわいらしい袋に入った特製のお菓子

mitsuike-ah_article_4
無添加のお菓子は“動物も人間も一緒に味わえる”

 
「スタッフ全員で夜11時まで残って作った(稲垣獣医師)」と、お菓子は砂糖等を加えず、素材のよさをそのまま活かした素朴な味わいで美味しい。
 
「うちはスタッフがすごい!」「企画を立てたり、ポスターを作ったりと色々工夫してるんだよね」と語る五十嵐院長。
 

mitsuike-ah_article_5
かわいらしいポスターや掲示物も「すべてスタッフの手作り」

 
「三ツ池動物病院」では、来院したペットの症状から飼い主が「どのような様子だったか」など、スタッフ間で情報を共有している。何かあると「全員でよく話し合う」とのこと。「三ツ池動物病院」のスタッフは仲がよく、頻繁にコミュニケーションを取っているそうだ。
 

mitsuike-ah_article_6
(左から)トリマーの春田さん、森町さん、稲垣獣医師、動物看護士の山西さん

mitsuike-ah_article_23
(左から)庶務担当の田中さん、動物看護士の小岩さん

mitsuike-ah_article_7
診察はスタッフ一丸となって行う

 
「三ツ池動物病院」のスタッフは「コミュニケーション向上を図るセミナー」や「トリマー向けの勉強会」など、最新の医療知識や技術を得るためセミナーや勉強会に参加している。五十嵐院長が「積極的に参加を勧めてくれるんです」と稲垣獣医師。
 
日々真摯に動物と飼い主に向き合う五十嵐院長を「尊敬している」とスタッフ。そして「うちは(スタッフの)人材がすごい!」という五十嵐院長。互いに信頼し、支え合っているのが「三ツ池動物病院」最大の特徴だろう。
 
 
 
トータルでケアを行う
 
「三ツ池動物病院」では、最新の医療技術を取り入れた診察を実施。近隣の大学病院とも提携し、「症状により専門機関を紹介している」とのこと。
 
また、インフォームド・コンセプト(症状や治療法をわかりやすく説明し、飼い主に同意を得ること)を徹底。飼い主が安心できるよう心がけている。また、ペットの病気を未然に防ぎ、寿命をまっとうするためにトータルケアにも力を入れているそうだ。
 

mitsuike-ah_article_8
「日常の食事指導や運動、予防医学にも重きを置いている」と語る五十嵐院長

 
そのほか、ペットの飼い方教室やパピークラスを開催。パピークラスとは、5ヶ月までの子犬がほかの犬とのかかわりを学んで社会性を身に付ける、いわば“犬の幼稚園”のようなもの。パピークラスに参加することで、飼い犬を明るく外交的な性格に育てられる。
 
トリミング施設やペットホテルを併設しているため、飼い主は病院に来院する機会に触れる。それが「病気の早期発見につながることもある」と五十嵐院長。
 

mitsuike-ah_article_9
院内の1階には手術室が完備

mitsuike-ah_article_10
2階にはペットホテルやトリミング施設がある

 
トリミングを行っている時に「(ペットの)皮膚病が見つかることも多いんですよ」とトリマーの春田さん。
 
「病院へ行く」となるとちょっと敷居が高い。だが、トリミング施設やペットホテルがあれば、飼い主は診察以外でも気軽に来院できる。それがペットの病気を未然に防いだり、大事に至らぬ前に発見したりできるので、安心だ。
 
 
創業時から変わらぬ想い。「地元に根ざした動物病院」を・・・次のページ≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索