ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

ゴールデンウィーク(GW)マル秘大作戦〜2017年版・はまれぽ流〜 [はまれぽ.com]
イベントカレンダー2017年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    不祥事全国一位じゃないかと思われる神奈川県警がやってくれました。南署の婦警さんがホストに狂って旅行積立金を着服しました。何故身内の犯罪にはとても甘いのでしょうか?懲戒免職すらしないなんておかしいと思う...

    福三さん

    川崎市多摩区菅馬場1丁目12-16 にある、星川製麺所がやっている「彩」。今時、やきそばやうどん・そばが¥200。他に定食などメニューが豊富。土曜日にはなんと!¥500で食べ放題まであるそうです。最近...

    大魔王さん

    「日吉」の発音の高低は、「ヒよし」か「ひよし」どちらが正しいのでしょうか。会話では、最初が高い「ヒよし」ですが、電車の案内は抑揚のない「ひよし」です。「綱島」も同様。

    洋菓子好きさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

もうすぐGW。期間中はどこで過ごす?

横浜市内で過ごす
神奈川県内で過ごす
関東圏内で過ごす
関東圏から脱出する
海外で過ごす
そのほか
休みなんかない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
三崎のシャッター商店街に開店した元Jリーガーの接骨院って、いろんな意味で大丈夫?
3位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
4位
横浜市の住民税って高いの?
5位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
6位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
7位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
8位
横浜市職員の給料は高いのか!?
9位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
10位
みなとみらいのアンパンマンミュージアムが閉鎖するって本当?
11位
あの横浜スカイウォークは廃墟と化すのか!?
12位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
13位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
14位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
15位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
16位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
17位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
18位
イトーヨーカドー本牧店跡地にオープンした「本牧フロント」の様子は?
19位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
20位
京急本社がみなとみらいに移転、詳細は?
21位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
22位
金沢区の山田工業所が作る、日本で唯一の「打ち出し式」中華鍋って何?
23位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
24位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.8「日本唯一のハイエンドオーディオ機器専門メーカー・アキュフェーズ株式会社」
25位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
26位
JR根岸線、幻の「栗木駅」建設計画はあった?
27位
返還された上瀬谷通信施設で2026年に「花博」が開催されるって本当?
28位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
29位
ロケ地として500作品以上に登場! 閉校した旧県立三崎高校に潜入&解体後の跡地はどうなる?
30位
本牧に鉄道が開通するのはいつ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

住む> 不動産

横浜スタイル

手数料半額、暮らしを考えた手作り地図のプレゼント。頼りたくなる不動産店

最終更新日:2017年4月03日

045-241-8520

イチオシサンプル画像

若い世代が起こす不動産業界の新しい風。手数料半額、二人体制サポートが魅力の「横浜スタイル」

家を購入するときに難しいのが不動産店選び。どこに頼めば正解なのか、どう見極めたらいいのか難しいですよね。お客様の思いやコスト負担などをリアルに考えた、横浜の不動産店を紹介します。

DATA
住所: 横浜市中区羽衣町2-4-4 横浜RKビル8F、9F
JR根岸線「関内駅」北口より徒歩3分
営業時間: 9:30~19:00

家を購入するという大きな買い物は、一般的には一生に一度あるかどうかだ。値段も高いため、絶対に失敗したくはない。立地、間取り、機能性、値段・・・妥協せず納得できる家と出会いたいと購入者は願っている。
 
そのために大切なのは、信頼でき、思いに応えてくれる不動産店と出合うことだ。コストのことを考えながら、自分の望みもかなえてくれたら言うことはない。そんな夢のような不動産店が関内にあると聞き、話を聞きにいった。
 
 
 
創業11年目! ビルの中にある不動産店
 
JR根岸線「関内駅」北口改札を出て、国道16号線を伊勢佐木町方面に真っすぐ歩いて2~3分。
 

001ystyle_article
信号を渡ると右手に看板が見えてくる
 
002ystyle_article

解放感のある相談スペース

 
エバーズ第8関内ビルの8階、9階がオフィスと相談スペースになっている。相談スペースはパーテーションごとに区切られているし、圧迫感のない空間。これなら路面店のように外を見ることのできないビルの中でも相談しやすいなと感じた。
 
一般的に路面店の多い不動産店。それなのになぜビルの中にあるのか? 横浜スタイルはどのような不動産店なのか、営業企画部部長の高杉義征(たかすぎ・よしゆき)さんに話を聞いてみた。
 

003ystyle_article
創業メンバーでもある高杉さん

 
横浜スタイルが創業したのは2008(平成20)年2月。老舗が多い不動産業界の中では、比較的若い11年目の会社だ。創業当初のメンバーは社長の望月真裕(もちづき・まさひろ)さんや高杉さんを含む計5人。
 
名前に「横浜」を入れたのは、不動産業をするなら代表の望月さんの出身地でもある横浜で一番になりたいという思いから。さらに家だけでなく、そこで暮らすライフスタイルを提供したいという気持ちで、“横浜スタイル”という名前をつけた。
 
 
 
横浜スタイルの強みとは
 
横浜スタイルの強みのひとつは、仲介手数料が半額という点だ。不動産店がとれる仲介手数料の上限は宅地建物取引業法で決まっている。取引額400万円以上の場合、仲介手数料の上限は3パーセント+6万円。この場合、必ず上限金額をとらなければならないわけではないが、ほとんどの不動産店は上限の3パーセントを請求する。
 
代表の望月さんはこの点をずっと疑問に思っていた。そこで、手数料を半額にして、お客様への負担を減らしたいという思いから「横浜スタイル」を起業するに至った。
 
仲介手数料を半額にする分、どこでコストを確保しているのか・・・その秘密がこれだ。
 

004ystyle_article
ビルの中にあるオフィス

 
横浜スタイルは不動産店には珍しく、路面店ではなくビルの8階にある。路面店は立地的に賃料が高いが、ビルの中であれば賃料は下がる。
 
不動産を買いに来店する人というのは賃貸と違いふらっと立ち寄るものでなく、下調べをして何回かメールや電話でやりとりした後に来る人が多い。そのため路面店である必要はないという考えなのだ。さらにもうひとつコストを削っている部分がこちら。
 

005-1,2
行っている宣伝活動はネット広告!

 
横浜スタイルでは新聞、雑誌などに広告を出していない。集客は紙媒体より安いネットで行い、コストを抑えるようにしているのだ。さらに以前は藤沢に支店を置いていたが、店舗は現在関内店のみ。これにより家賃、人件費も抑えられ、その浮いた分が手数料半額に結びついている。ただでさえお金がかかる不動産購入。お客さんのコストを考えた仲介手数料半額への思いは、このような企業努力により実現している。
 
 
社員は若手中心! 二人体制でお客様をサポート! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索