ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今仕入れた情報によると、神奈川区入江町プールを廃止したい本当の理由は、プールと公園をブッ潰して高層マンションを作る計画だそうです。要は利権問題が絡んでいたそうですよ。また三菱が絡んでるのかも?この辺り...

    まゆタロさん

    市営プール全て廃止を実行していく件や給食時間15分の謎について日本共産党の古谷やすひこ議員が中学生のお子さんいるみたいで、色々調べたりしてるみたい。現役中学生達に取材して印象聞いたりするなど、取材方法...

    まゆタロさん

    横浜市市営プールを全て廃止の件ですが、取材方法が分からないから動けないのなら、役人がよく使う手でノラリクラリと話を逸らそうとする総務局のやり方や、聞く耳持たない横浜市長との書面のやり取りだけのリポート...

    まゆタロさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「9月21日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?
5位
どうしてこうなの!? 東横線と直通するみなとみらい線が東急電鉄と別会社な深いワケ
6位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
7位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
8位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
9位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
10位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
11位
横浜市の東西南北それぞれの端っこってどこ?
12位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
13位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「瀬谷限定販売『鬼盛りすたみな唐揚げ』」編
14位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
15位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
16位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
17位
身近にあるけど意外と知られていない!? テレビCMでも話題の「アマノ」ってどんな会社?
18位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
19位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
20位
三浦市に新バス停誕生! 京急油壺マリンパークバス停の出来た理由とは?
21位
【編集部厳選】実りの秋に米をかき込め! 横浜のおいしい「丼」特集!
22位
横浜でおいしいオムライスが食べられるお店はどこ?
23位
【編集部厳選】パラッパラのチャーハンが食べたい!
24位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
25位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
26位
工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ラインに潜入!
27位
何かと話題の横浜市のごみ分別案内チャットボット「イーオのごみ分別案内」。いったいどこまで教えてくれる?
28位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
29位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
30位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

病院・薬局> 動物病院

洋光台ペットクリニック

真摯で丁寧な診察が信頼を生むというゆるぎない信念は飼い主にもペットにも伝わる。口コミ来院の多さが証明

最終更新日:2017年9月14日

045-831-2996

イチオシサンプル画像

一度かかればその安心感から思わず人にすすめたくなる。「洋光台ペットクリニック」

個人の動物病院「限界がある」と認識していても決してあきらめない。有志の獣医師を集めた「横浜夜間動物病院」を立ち上げ、患者に強い安心感を与えている

DATA
住所: 神奈川県横浜市磯子区洋光台5-3-22
洋光台駅から徒歩5分
営業時間: 9:00~12:00 15:00~18:30

JR根岸線・洋光台駅近くに「遠方からも飼い主が来院する」という、口コミで評判のペットクリニックがあるという。ネットや聞き込みで調べてみたところ、「洋光台ペットクリニック」というようだ。
 
一体どんなクリニックなのか!? 多くの人々が来院するには何か理由があるはず!

その理由を探るべく、早速現地へ!
 
洋光台駅から団地が立ち並ぶ閑静な住宅街の中を歩き、徒歩5分ほどで「洋光台ペットクリニック」に到着。

 
yokodaipet_article01
白・グリーン・オレンジの色合いがさわやかな「洋光台ペットクリニック」
 
yokodaipet_article02
 
yokodaipet_article03
白を基調とした院内は自然光が差し込み、明るい雰囲気

 
待合室と診察室には区切りがなく、オープンスペースになっており、開放的だ。これなら病院に連れて来られると緊張してしまう動物たちも安心して診察を受けられそう。
 
 
 
親子二代に渡り、地域住民に信頼されるペットクリニック
 
「洋光台ペットクリニック」は1974(昭和49)年に開院した。「両親からペットクリニックを受け継いだ」という松倉源太郎院長は二代目。もともとペットクリニックは近隣のビルの3階にあったそうだが、2003(平成15)年に現在地へ移転。2008(平成20)年に改装した。

  
yokodaipet_article04
松倉院長は生まれも育ちも横浜! “生粋のハマっ子”だ

 
もともと幼い頃から手先が器用で「プラモデルをよくつくっていた」と松倉院長。そういった手先の器用さと父が獣医師で医学に馴染みがあった環境から、自分も命にかかわる仕事をするんだろうなと思っていたんだとか。
 
農業生物学科を卒業後、獣医師になるべく3年次から獣医学科に再入学。その後、両親から同院を受け継いだ。
 
「洋光台ペットクリニック」は洋光台に開院して約40年。地域住民からの信頼も厚く、親子二世代・三世代で来院する人も多い。
 

 
yokodaipet_article05
「長年に渡って来院されている方も多いですね」と語る松倉院長

 
 
 
丁寧な診察が評判を呼び、遠方からの来院者も

 
「洋光台ペットクリニック」では犬・ネコ・ウサギ・モルモット・ハムスター・インコの診察を行っている。来院するペットの中で一番多いのは、やはり犬やネコ。症状を診察し、必要があれば「すぐに専門の先生を紹介している」と松倉院長。

 

yokodaipet_article06
なんでもわかりやすく説明してくれるので飼い主も安心だ

 
診察のポリシーは、「飼い主とペットとの信頼関係を築き、適切な医療行為を提供すること」。常にペットに向き合い、真摯に診察を行う。その丁寧な診察が評判を呼び、口コミなどで遠方からも来院しているそうだ。以前横浜市内に住んでいてほかの市に引っ越しされてもずっと来院している方も多いとか!
 
目の前の動物に適切な医療行為を行うためには、日々の研磨が欠かせない。「毎日、診察を通じて多くのことを学ぶ」と語る松倉院長。
 
来院した飼い主の方にお話を伺ったところ、「友だちから(評判を)聞いた」「犬の散歩仲間に教えてもらった」という人がほとんど。松倉院長の印象を尋ねると、「丁寧に診察してくれるので信頼できる」「わかりやすく症状を説明してくれるので、安心して診察をお願いできる」との声が上がった。
 
松倉院長によると、「口コミで来院する人が多い」とか! これはすごい! 
 
口コミで来院する飼い主の方が多いということは、松倉院長の人柄と技術のどちらも信頼しているからこそだろう。

  
yokodaipet_article07
午後の診察が始まるとともに大勢の飼い主の方が!!

 
 
スタッフが一丸となってクリニックを支える!・・・続きは次のページ≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索