ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    山手警察の歴史を教えてください。

    なっちゃんさんさん

    またまた反町ネタ(?)ですが、以前反町交番から国道1号線につながる道の途中・・・有名な中華そば「八龍」さんの並びのビルの2Fに「侍」というステーキ屋さんがありました! ランチタイムにはかなりお得な価格...

    かもめぼんぼんさん

    羽衣町にワンタンスープ専門店「くぬぎ屋」があります。券売機を見たら雲呑麺は無く雲呑スープだけがある事がわかりました。何故スープだけなのかがキニナリます。

    bjさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

今年の横浜DeNAベイスターズは何位? CS出場可能?

まだあきらめない! ここから優勝でしょ!
2位に入って、目指せ! 本拠地CS開催!
今年も3位で、CS出場!
4~5位に転落するかも!?
まさか・・・最下位?
興味ない

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
横浜発祥のコンビニ「スリーエフ」がなくなってしまうって本当?
3位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(野毛編)
4位
【随時更新】横浜市長選挙の詳細をレポート!
5位
日本で初めて「うんこ」を商標登録! うんこって、あのうんこ!? 瀬谷区の「株式会社うんこ」に突撃!
6位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
7位
横浜市の住民税って高いの?
8位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
9位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
10位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
11位
横浜市職員の給料は高いのか!?
12位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
13位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
14位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
15位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
16位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
17位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
18位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
19位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
20位
横浜市長選立候補予定者が激論を交わした公開討論会の様子をレポート!
21位
金沢区の山田工業所が作る、日本で唯一の「打ち出し式」中華鍋って何?
22位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
23位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
24位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
25位
「ドンドン商店街」って今はどうなってるの?
26位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
27位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
28位
本郷台駅の公務員住宅「南小菅ヶ谷住宅」跡地はどうなる?
29位
川崎と横浜とのイメージの違いとは?
30位
みなとみらいのアンパンマンミュージアムが閉鎖するって本当?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

病院・薬局> 動物病院

洋光台ペットクリニック

真摯で丁寧な診察が信頼を生むというゆるぎない信念は飼い主にもペットにも伝わる。口コミ来院の多さが証明

最終更新日:2017年5月08日

045-831-2996

イチオシサンプル画像

一度かかればその安心感から思わず人にすすめたくなる。「洋光台ペットクリニック」

個人の動物病院「限界がある」と認識していても決してあきらめない。有志の獣医師を集めた「横浜夜間動物病院」を立ち上げ、患者に強い安心感を与えている

DATA
住所: 神奈川県横浜市磯子区洋光台5-3-22
洋光台駅から徒歩5分
営業時間: 9:00~12:00 15:00~18:30
クリニックを支えるスタッフ
 
クリニックについてお話を伺ったところで、松倉院長にスタッフの方を紹介していただくことに!

 
yokodaipet_article08
 
yokodaipet_article09
スタッフは獣医師が6名、動物看護士が4名、トリマーは3名在籍している

 
多くの動物にも対応できるようにと洋光台ペットクリニックでは、1日に3~4名の獣医師が常駐している。

  
yokodaipet_article10
土日も営業しており、年中無休なのがありがたい

 
動物看護士を取りまとめているのが松倉院長の奥様、愛さんだ。動物は言葉を発することができない。そのため、小さなことでも発見できるように常に注意深く動物を観察し、症状を把握するよう努めているそうだ。

 
yokodaipet_article11
ステキなご夫婦、松倉院長と奥様の愛さん

 
動物看護士とは、獣医師にはできないことをするのが仕事。飼い主の中には先生には言いにくいという人もいる。そういった心情を察し、飼い主のちょっとした変化にも気を配り、声を掛けるようにと心がけているそうだ。
 
動物はもちろんのこと、日頃から「飼い主さんとのコミュニケーションを大切にしている」とのこと。「(飼い主さんの)元気がなかった」「いつもとちょっと違う」といった情報は動物看護士で共有され、すべてのスタッフが把握できるようになっている。
 
「コミュニケーションを大切にしている」のは獣医師間でも同様だ。ほかの獣医師が診察した動物のカルテも院長がすべてチェックし、アドバイスをしているとのこと。1日の終わりにミーティングを開き、情報共有を密に行っている。

 
yokodaipet_article12
「日々スタッフ間のコミュニケーションを大切にしている」と語る松倉院長

 
動物看護士はいわば、クリニックの顔。飼い主の不安を取り除けるようにと常に「気を配るよう、努力しています」と愛さん。
 
「洋光台ペットクリニック」には、輸血が必要な時のためにスタッフとして供血犬が2頭、供血猫が1匹所属している。しかし、輸血を行うのは、「(輸血を)1回行えば命が助かる」というような場合のみ。
 
動物は月に1度しか供血できないため、限られた場合でしか輸血できないからだそうだ。
そのため、輸血を目的に来院しても対応できないこともある。「それが心苦しい」と松倉院長。
 
「人間の献血と同様に血液を供給するシステムが動物にはないので、早く確立できるといいですね」と話してくれた。

 
yokodaipet_article13
元気いっぱい! 供血猫のコチビ
 
yokodaipet_article14
人と動物のスタッフが一丸となってペットと飼い主を支えている

 
 
 
‐夜間の対応をしたい‐「横浜夜間動物病院」の立ち上げへ
 
「洋光台ペットクリニック」では夜間の診察にもできる限り対応している。しかし、「個人の動物病院では、やはり限界があるんです」と松倉院長。そこで有志の獣医師が集まり、2004(平成16)年に「横浜夜間動物病院」を立ち上げた。

  
yokodaipet_article15
「6年間理事を務め、運営に携わった」と松倉院長

 
現在、「横浜夜間動物病院」は「DVMsどうぶつ医療センター横浜」の救急診療センターと名前を変え、昼12時から翌朝の9時まで専門医が診察を行っている。
 
「洋光台ペットクリニック」のHPには急患専用の連絡先が掲載されている。それは、夜間病院に(動物が)たどり着く前に症状が悪化しても対応できるようにとの想いから。

症状や状況にもより異なるが、飼い主は「横浜夜間動物病院」を紹介してもらいながらも症状に応じて、洋光台ペットクリニックでも診察してもらえるという“強い安心感”が得られる。なんとも心強い!
 
 
 
「人とペットが楽しく暮らせるように」
 
「洋光台ペットクリニック」では、「人間とペットが楽しく暮らせるように」とサポートの一貫として、月に1度ほど犬のしつけ教室を開催している。
 
「まずは人間とペットで信頼関係を築くのが大切なんです」と松倉院長。しつけ教室では、「犬との接し方やコミュニケーションの取り方、犬と飼い主の関係性」を飼い主に教える。

 
yokodaipet_article16
大切なペットだからこそ、しつけが必要

 
飼い犬が人を噛むと周囲の人に迷惑がかかってしまう。また、噛みグセがある犬が病気になった時に処置もできない。はみがきを行うのも難しいだろう。はみがきが「そんなに大切なのか?」と思う方もいるかもしれないが、きちんとはみがきを行っている犬といない犬では、なんと寿命が2年も違うらしい!
 
飼い犬が人と楽しく暮らせるようにきちんとしつけるのも、飼い主の重要な役目の1つなのだ。
 
 
 
併設施設を紹介
 
検査機器は超音波検査や内視鏡検査、血液生化学検査にも対応するなど充実している。機器を充実させながらも、動物の症状に応じて専門機関への紹介を行っているそうだ。

 
yokodaipet_article17
清潔感のある診察室

 
また、「人とペットが楽しく暮らせるように」との想いから、トリミング施設も併設。飼い主とペットの生活をトータルでサポートする。トリミング中に「皮膚病を発見することもある」とか。取材中には。「定期的にトリミングに来つつ、なにかあれば診察に来る」という飼い主の方に多く出会った。

 
yokodaipet_article18
「人とペットの生活」をサポートすべく、トリミングも
 
yokodaipet_article19
ペットホテルもある!

 
ペットホテルでは、犬やネコ、ウサギや鳥、ハムスターやリスの預かりが可能。小型犬は1泊3200円、ネコは2800円から(どちらも通常料金)。鳥・ハムスターは1000円。年末年始は料金が変わるので、問い合わせを。
 
トリミングやペットホテルが併設されているため、動物が病気になった時だけではなく、気軽に日頃から来院できるのがうれしい。
 
 
 
わからないことはまず相談を!
 
ペットはかわいい。その存在は家族と同様だ。しかし、最近は動物の特性を知らずに飼う人が多く、(飼った)後で困って相談する人もいるんだとか。

  
yokodaipet_article20
飼う前に犬種の特性について「気軽に相談してほしい」と松倉院長

 
「洋光台ペットクリニック」のHPでは、ペットの「里親探し」や「何でも相談室」のページがある。
 
「洋光台ペットクリニック」は松倉院長をはじめ、みんな気さくで話しやすい。また、難しい症例もわかりやすく説明してくれるので、飼い主も安心。ペットに関して“キニナル”ことがある人は「何でも相談室」で尋ねてみるのもいいだろう。「来院する人の多くは口コミ」という、信頼できる「洋光台ペットクリニック」にとまずは問い合わせをしてみては?
 
 
 

洋光台ペットクリニック
HP/http://www.youkoudai-pet.com/

 

■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索