ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    しっちょんさんと同じく、横浜駅北口は鶴屋町へ、やはり有料駐車場に出汁の自販機があります。ペットボトル入りの出汁です。何故、駐車場に出汁の自販機?気になります。

    ナチュラルマンさん

    11/11に妙蓮寺で行われる「寺フェス」が気になります!水行体験もできるとか。ライターの方にぜひチャレンジしていただきたいです!

    miyukidさん

    相鉄バスに「バスナビ」という方法で、コンピュータやスマートホンなどにバスの運行状況を随時案内しています。他のバス会社では、似たような案内を行わないのでしょうか?。神奈川県は観光客も多いと思いますので、...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月21日今日は何の日?」
2位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
5位
「ぴあ」がみなとみらいに1万人規模のアリーナを建設するって本当?
6位
【衆院選2017】神奈川県選挙区候補者60名ってどんな人たち?
7位
横浜にあるもう一つの「サグラダ・ファミリア」!? 上大岡の再開発はいつ終わるの?
8位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
9位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
10位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
11位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
12位
あの"お好み焼きバーガー"が復活!? 新生「ドムドムハンバーガー」をレポート
13位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
14位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
15位
日ノ出町駅裏側の崖上の住宅街にある面白スポットを調査!
16位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
17位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
18位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
19位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
20位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
21位
横浜駅発! 乗り入れ終着駅への旅! 京成・青砥駅編
22位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
23位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
24位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
25位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
26位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
27位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
28位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
29位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
30位
【はまれぽ名作選】本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

住む> 不動産

丸進不動産

地元の有名人・星野社長が、住む人のことを考えた住居を提案

最終更新日:2017年8月08日

045-932-2719

イチオシサンプル画像

中山を愛する名物社長に会える! 住民と入居者のマッチングを大切にする「丸進不動産」

オープンな空間で、差し入れを渡しにお客さんが訪れるくらい、気軽に入りやすい雰囲気の不動産屋さん。星野社長の不動産に対する考え方はもちろん、誰にでも愛される人柄に迫る!

DATA
住所: 神奈川県横浜市緑区寺山町94-1
JR横浜線・横浜市営地下鉄グリーンライン「中山駅」より徒歩3分
営業時間: 9:30~18:30

家選びというのは、日々の暮らしにおいて非常に重要だ。毎日帰る家が安心できる場所でないと、生活はなかなかしんどいものになる。つまり私たちの家選びをサポートしてくれる不動産屋さん選びというのは、とても大切なのだ。
 
そうはいっても不動産屋さんは街に点在している・・・。どこがいいのか見極めるのはなかなか難しい。そんなときにおすすめの名物社長が経営する、地域密着型の不動産屋さんが中山にあると耳にした。
 

001marushin_article
JR横浜線「中山駅」北口を出て、2~3分まっすぐ歩く

maru_DSC_0160
オカピのイラストがよく目立つ店舗があった
 

maru_DSC_0162
「丸進不動産」に到着

 
「丸進不動産」は、中山駅で40年以上続く老舗。ガラス張りの店舗は、中の様子がわかり、入りやすい印象だ。
 

004marushin_article
開放的な雰囲気で声をかけやすい

 
入ってすぐに思ったのは、オープンな空間だなということ。高さのある家具がなく奥まで見渡せるので、圧迫感がまったくない。社員はノーネクタイがルールらしく、堅苦しくない接客も客側としては気が楽だ。
 

005marushin_article
子ども社員発見!?

 
店内には遊具や子どもの姿が・・・。実は女性社員のお子さん。たとえ仕事中でも子どもを見る余裕を持たせてあげたい、そんな社長の柔軟な考えのもと、就業中も店舗内で一緒に過ごしている。
 
子どもがいることで店内の雰囲気がより和やかになり、子ども連れのお客さんがきたときなどは、大人顔負けの接客をしてくれることもあるそう。大人の話に退屈してしまう子どもでも、一緒に遊べる仲間がいて、お店に来る楽しみも増えるという。
 

006marushin_article
入り口脇にはこんなコーナーも

 
オカピのいるズーラシアが近いため、「森の貴婦人」と呼ばれるオカピを街のイメージとしてプッシュ! 丸進不動産の看板でも、「オカピが住む街」として街の美しさを唄っている。ズーラシアで購入したオカピをはじめ、有名なアーティストが作ったオカピ作品の数々が入り口脇のコーナーに飾られているのは、そういった理由からだという。
 

007marushin_article
「オカピが住む街」なんです
 
008marushin_article
さらに、ドアにはこんな文字も

 
以前は入って左手のコーナーでは、アーティストの絵を飾ったギャラリーを開催していた時期もあった。そのため家を借りる人以外にも、絵を見にだけ訪れる人も多かったとか。気軽に入れる雰囲気に納得。これだけでもすでに、普通の不動産屋さんと違う印象を受ける。
 
 
 
名物社長、現る!
 
店内を見学していると、はまれぽにも何度か出演している名物社長、星野直(ほしの・なおし)社長に会うことができた。
 

009marushin_article
代表取締役・社長の星野さん

 
星野さんが父の引退を機にこの店を継いだのは48歳のとき。それまでは運送業や便利屋、靴修理の職人などさまざまな仕事をしてきた。
 
儲けを考えた経営が好きではない星野さん。店に来た人全員がお客さんと考えてはおらず、「借りてもらおう」ではなく、「貸してあげよう」がモットーだという。すでに暮らしている住民は、近所に来る新しい入居者を選ぶことはできない。引っ越し後にトラブルが起きないようにするために、住民に代わって入居者を見極めることが自分たちの仕事だという。
 

010marushin_article
社員全員が同じ思いで働いている

 
また、保証会社を使わないのも丸進不動産のこだわりのひとつ。お客さんの顔や目を見れば、どんな人かはわかる。大切なのは人格であって、書類上のことしか調べない保証会社を使う必要はないということだ。
 
すでに暮らしている住民と新しい入居者、お互いのマッチングを見極めるのが、街を知り、守る星野さんたちの仕事。そのため丸進不動産で扱った物件でのトラブルは、非常に少ないとのことだった。
 
 
 
病気から回復し、普及活動に励む! 星野さんの素顔に迫る!
 
実は昨年、星野さんは脳梗塞と糖尿病を発症した。突然倒れて救急車で運ばれ、生活は一変したという。一時期は二度と歩けないと言われたこともあったが、リハビリの成果で、奇跡的に現在は杖があれば歩くことができるようになった。
 

011marushin_article
4ヶ月入院したとは思えない、元気な姿にひと安心

 
糖尿病が発覚し、糖質制限をしなければいけなくなった。もともと食べるのも飲むのも大好きだという星野さん、病院食は味気なく、糖質を気にして外食にも行けないストレスの溜まる日々が続いた。しかしある日、血糖値さえ上げなければ、好きなものを食べてもいいのではないか・・・ということに気がついた。
 
そしてはじめたのが、「日本糖質制限食普及会」だった。
 
レストランメニューにカロリーが表記してあるように、糖質の表示もしてあれば、糖尿病の人でも外食できるのではと考えたのだ。孫や子どもとファミリーレストランに行きたいけれど、糖質量が不明だから行けない・・・そんな悩みもこれが叶えば解決されるのだ。現在は全国のレストランに賛同を求め、活動を続けている。
 
さらに3月末には、「日本糖質制限食普及会」が運営するホームページサイト「ロカボナビ」で、各レストランメニューの糖質が確認できるようになるとか!
 

012marushin_article
ロカボナビ」で、糖質チェック!

 
病気をして多少の不自由が生じても、我慢して窮屈に生きるのは嫌だ。できるだけ前向きに生きたい、という星野さんらしい考え方。大好きだった日本酒とラーメンは食べられなくなったが、焼酎はOKだからまだ酒は飲めると明るく語っていた。
 
 
鉄腕アトムが大好き。コレクションを大公開! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索