ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜駅の西口ターミナルには田沢湖行きのバス停があります。高速バスは東口側から出ていると思いますが、何故西口から出ているのでしょうか?また、田沢湖行きなのもキニナリます。

    キンタさん

    日産自動車がとんでもない不正で、出荷停止まで…横浜F・マリノスや日産スタジアムの命名権に影響は出たりしないのか?横浜市の大企業のひとつだけに心配です。

    ナチュラルマンさん

    11月4日に日産スタジアム初のラグビーの代表戦が開催されます。その際の周囲の盛り上がりや、また地下鉄のスタンプラリーの様子など、是非、取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月20日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
5位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
6位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
7位
【はまれぽ名作選】本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?
8位
地下鉄関内駅の工事の内容は? 謎の右側通行の真相も調査!
9位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
10位
【はまれぽ名作選】上永谷駅付近にあるトンネル入り口「日野隧道」、出口はいったいどこ?
11位
横浜中華街のごみ不法投棄問題、現状と今後の対策は?
12位
横浜のクリーニング店で見かける"かわいすぎるクマ"の謎を探れ!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
15位
【はまれぽ名作選】34駅、計3449段!ライター井上が地獄の階段レポに挑戦!~市営地下鉄~
16位
鶴見に眠るお宝はおいくら万円? なんでも鑑定するあの番組に潜入!
17位
【はまれぽ名作選】なぜミニストップ1号店の場所に港北区の大倉山が選ばれたの?
18位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
19位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
20位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
21位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
22位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
23位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
24位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
25位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
26位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
27位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
28位
肩凝りが治る!?高周波バス停の由来は?
29位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
30位
獲れたての魚が食べられる食堂もある本牧漁港ってどんなところ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> 葬儀

セレポート

「終活」は自身の死後30年を考える。残された方々のために

最終更新日:2017年9月28日

0120-838-099

イチオシサンプル画像

依頼者にあったわかりやすい費用の葬儀で故人を送る保土ケ谷区「セレポート」

人生の最後を飾る葬儀は「熱い仕事」だと言い切る葬儀会社セレポート。宗旨宗派を問わず、安価に葬儀を執り行う姿勢は業界を変えようとしている。横浜から変える。ほかでもない、誰かのために。

DATA
住所: 神奈川県横浜市保土ケ谷区新桜ケ丘1-29-5
JR東戸塚駅よりバス 【旭6】相鉄バス バス停 藤塚小学校駅より 徒歩5分
営業時間: 24時間 (フリーダイヤル受付)

かつて来た道、これからゆく道
 
幼いころに参列した葬儀の記憶。
周りの大人が神妙で、近くの誰かが自分に「もう会えない」のだと言った。
大人になって出た葬式で、近くにいた子どもに「お別れをしよう」と言った。
(因果、ですね)
 
表情を消した葬儀会社の人間や、精進落としの酒で大トラになった親戚にイラついたりして、葬儀や葬式にいい記憶はあまりない。
 
そんな思い出がある、そんな思い出しかない、葬儀会社。日々どんなことを考えて、誰かを送っているのだろう?
  

1
馴染みなく、それでいて強烈な印象を残すもの

 
今回、取材をした葬儀会社のセレポートはかなり変わっている会社。明確な料金で費用一式がほかの会社に比べ格段に安い。どうしてなのか?
 
行ってみて聞いて、葬儀業界全体の印象が変わった。そして、取材をしたセレポートは、これから業界の台風の目になると思う。業界や、みんなの意識や様式が変わるのではと思わせるような場所だった。
 
安価で葬儀を執り行ってくれる葬儀会社は、JR保土ケ谷駅からしばらく行った場所にあった。閑静な宅地の真ん中、バスを降りてすぐのところ。
 

2
最寄りバス停は相鉄バス「新桜ヶ丘第1」

 

 DSC_8719

DSC_8714
こちらがセレポート
 

午後一番、代表の松本氏にお会いする。
  

4
代表統括責任者の松本英二氏。46歳という若さ
 

セレポートで葬儀を行うと、家族のみで故人を送る場合が21万円。火葬のみの場合は13万円(※当時は13万6500円)。どうしてこの価格を実現できたのだろう?
  

5
この価格設定!
  

その前に、氏の生い立ちを聞いてみる。きっと手がかりがあるはず。
 
「実家は飲食店を営んでおりまして、私自身は学生のころからいくつもアルバイトをして。牛乳配達も新聞配達もやったし、飲食もやったし・・・」
 
かなりたくさんの職を経験したそうだ。学校を卒業後は建築関係の仕事に就いたという。そして葬儀業界に飛び込んだのが28歳のとき。

 
「きっかけは父方の祖母の葬儀でした。内容、仕事自体に興味が湧いたんですね。“こういう仕事もあるんだな・・・”って。で、葬儀屋って一体、何やるんだ?」と。
  

6
惹かれるものがあった
 

—(葬儀業界に)入ってみて、どうでした?
「誤解のないよう申し上げるのですが、楽しくて仕方なかった。これなら続けられると思いましたね」
 
さまざまな仕事を経験してきた末に、夢中でできることが見つかったという。

「入ってからは上司に付いていって、色々なものを見て経験しまして。一番驚いたのは、事件現場のご遺体を移動させるのって、葬儀屋なんですよ」

—へぇ〜〜。 
「あと、上司の言葉ひとつで100万円単位の契約を取り付けてしまうこと。正直、怖いなって思いました」
 
—言葉の誘導とか、テクニックなんでしょうか?
「そうです。その通り」
 
確かに状況が状況だけに、振り返ってみると言いなりになってしまうことが幾度かあったな・・・。
  

7
葬儀は大変だ

 
 
 

出会いと別れ。ある出会い
 
夢中で葬儀会社で働いていた松本氏。ある出会いが人生を変える。
入社から2年後、一人前になり“いつか独立したい”という夢が頭をもたげてきた。そんなある日、あるご家族からの葬儀の依頼があった。
 
「プロテスタントの牧師さんの奥さまが亡くなられて、たまたま私が担当をしたんです。この仕事は葬儀の後も集金やらでご遺族とお会いする機会がありまして、そのときに牧師さんから“一度、礼拝に来ませんか?”とお誘いをいただきまして・・・」
 
「行ってみて、そこには老若男女、さまざまな人たちがいるなかで、誰でも参加できる、差別のないというか分け隔てのない世界があったんです」
  

8
世界があった

  
この繋がりが、きっかけだったそうだ。
足繁く教会に通うようになり、松本氏はプロテスタントの洗礼を受けるまでになった。そしてあるとき、ふと話のなかで「葬儀って高いよね」という話題になったという。
 
「“裕福な人ならいいけど、そういう人ばかりじゃないよね?”自分でもそう思っていた。みんな言う。高いよねって。どうしたらいいんだろう。いろいろ考えた末、自分でやってみようと」

 
—心に決めたとき、牧師さんは何て言いました?
「ぜひ、やってください。皆さんのため、宗旨宗派を問わずに、やってくださいって」
 
—何かが、働いたような気がする・・・。それだって簡単なことじゃない。
「偽善者って言われるかも知れないんですが、平均的な葬儀費用って200万円くらいなんです。当時の私は30歳。もし親が亡くなったとき、それができるのかと。いや、できない。じゃあもっと安価で、真心がこもった葬儀を、自分がやると」
  

9
やろう。私が、やります
 

インタビューの途中、天井を見上げて考える。松本氏と自分は違う。それでも同じ境遇に立ったとき、そんな決断ができただろうか?
 
 
松本氏の決断は・・・続きは次のページ≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索