検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

相談司法書士

田近淳司法書士事務所

  • 相鉄本線「二俣川駅」北口から徒歩2分
  • 横浜市旭区二俣川1-46-21 橋本ビル2階
    • 営業時間:9:00~19:00(※予約をすれば、土日祝日も可)
    • 定休日:土曜日、日曜日、祝日

かゆいところにも手が届く「民事信託(家族信託)」なら、家族へしっかり“想い”を託せる。二俣川をこよなく愛する「田近淳司法書士事務所」で、将来の相続に対する不安や悩みを解決しよう!

ココがイチオシ!

相続を“争続”としないために「民事信託」ができること。横浜・二俣川の田近淳司法書士事務所に聞いてきた

 

2020年05月12日

「来月で77歳(喜寿)になるから、今年は盛大にお祝いするか?」と、誕生日について自ら話す父。「自分で言うかなぁ・・・」とツッコミを入れたいところだが、この年齢まで元気な父に感謝の気持ちが涌いてきたので、笑顔で賛成した。そんな父の今年の目標は「終活」を始めることのようなのだが、何から手を付けていいか分からない様子。特に「財産をどう管理し、引き継いでいけばいいか?」という点が気になっているそうだ。
 

tajika-article001
大切な財産をしっかりと家族へ引き継ぐには?(※画像はイメージ)

 
その思いは筆者も同じだ。そもそも、相続については「どんな選択肢があるのか?」を、まず知りたいと考えている。そこで、そんな疑問を丁寧に教えてくれる司法書士事務所があると聞いたので、さっそく訪ねることにした。
 

tajika-article002
やって来たのは、相鉄線「二俣川駅」(こちらは北口)

 
「運転試験場通り」を進んでいくと・・・
 

tajika-article003
徒歩2分ほどで、目的地の「田近淳司法書士事務所」に到着(ビルの2階)
 
tajika-article004
司法書士の田近淳(たぢか・じゅん)先生が迎えてくれた

 
 
 
人生の転機は“二俣川”から始まった!
 
2001(平成13)年1月の事務所開設以来19年間、横浜市旭区二俣川の地で、相続・遺言・裁判・債務整理・不動産登記・法人登記・成年後見・事業継承などを担い、司法書士として活躍している田近先生。「身近な街の法律家」として、地域に住む方にとって頼もしい存在となっている。
 

tajika-article005
幅広い分野をサポートしている(事務所には貴重なサインも!?)

 
「二俣川は、『適度な田舎感』をもっているのが魅力です。緑もあって自然が身近に感じられるし、人にしても、親しくなると一気に距離が縮まってその輪がどんどん広がっていく。気付いたらみんなと仲良くなっていた・・・みたいな感じが好きですね」と二俣川への想いを語る田近先生だが、もともとは県外の出身。二俣川との巡り合いはそもそも奥様との出会いがきっかけだとか。
 

tajika-article006
田近先生と奥様、そして二俣川との関係とは?

 
「私の出身地は新潟県で、二俣川には全く縁がありませんでした。それが、当時付き合っていた彼女(現在の妻ですが・・・)の実家が二俣川で、お父さんはそこで司法書士の事務所を開いていた。それが全ての始まりでしたね」と、昔を懐かしみながら、少し照れた様子で話してくれた田近先生。
 

tajika-article007
二俣川が新たな人生のステージに!

 
ちょうど住宅関係の商社の仕事を辞めたタイミングだったこともあり、その“ご縁”を受けて、司法書士の道へチャレンジすることを決意したそうだ。しかし、異業種からのチャレンジは、かなり大変だったのではないだろうか?
 
「義父の事務所で実務を学びながら、なんとか2年目で司法書士試験に合格することができました。もちろん苦労もありましたが、初めて学ぶ知識は新鮮で興味深く、楽しさの方が勝っていましたね」
 

tajika-article008
難関資格の勉強を“楽しんで”できるとは凄い・・・

 
そんな田近先生には、新人時代から理想とする「司法書士像」があるそうだ。

「司法書士という仕事は、裁判所や法務局などに提出する書類を作成する仕事もありますが、私自身は『法律家』でありたい。トラブルの解決だけでなく、トラブルが起きる前に防ぐことができる、事前に手を差し伸べられる『頼れる存在』でありたいと思っています」
 

tajika-article009
司法書士としてのアツイ思いを話してくれた

 
 
 
大事な財産を管理する新たな仕組み「民事信託」とは?
 
確固たるポリシーをもち、二俣川の地に根差した法律家として活動する田近先生。最近は特に「民事信託」に注目し、力を入れているそうだ。
 

tajika-article010
資格の名前は「民事信託士」

 
「民事信託」とは、資産を持っている人(委託者)が、信頼のできる家族(受託者)に資産を預け、自分や家族(受益者)のための安心で円滑な財産管理や、資産継承対策を実現しようとする財産管理の方法だ。
2006(平成18)年に「信託法」という法律が改正(2007年に施行)されて以降、「信託」という制度が使いやすくなり、田近先生もこの頃から制度についての知識を深めていったという。
 

tajika-article011
民事信託の仕組み

 
「ここ2、3年でようやく活用方法が明確になってきたので、実際にお客さまにも提案していきたいと考え、まずは資格を取得しました」と田近先生。
 

tajika-article012
「家族へ想いを託せる」というコピーが刺さる

 
しかし、財産管理や財産継承というと遺言書の活用が一般的だと感じるが、どのような点が違うのだろうか?
 
「相続は近年、『争続』と言われるほど、財産をめぐるトラブルが後を絶ちません。そこで、財産問題の新しい解決方法という形で生まれたのが『民事信託』です。大きな違いは、その効果が発生するタイミングですね。『遺言』では、財産は死亡時に一括して相続人に渡されるのに対し、『信託』では、信託契約を結んだ段階からその効果が生じます。生きている間に、財産を『いつ、だれに、何の目的で、どのような形で渡すのか』を指定することが可能なんです」
 

tajika-article013
「民事信託」は家族に託すという意味で「家族信託」と呼ばれることも

 
そして最近多いのが認知症関連のトラブル。

委託者が認知症を患った場合、そこには数々のリスクが発生する。例えば不動産については、大規模修繕や建て替え、売却など一切の法律に関わることができなくなる。亡くなった後「誰が不動産を引き継ぐか?」という問題も含め、残された人に遺言を残すことさえ難しくなるのだ。しかし「民事信託」では、そんな“認知症に備えた仕組み”が作られていると田近先生は話す。
 

tajika-article014
「民事信託」だからこそ解決できることがある

 
「委託者が認知症を患った途端、身近な親族が財産や権利を勝手にコントロールしてしまう例は少なくありません。しかし『民事信託』では、『受託者』に対して『信託監督人』を付けてチェックや指示を行うことが可能なので、大切な財産をしっかりと守ることができます。『信託監督人』は、他の親族はもちろん、信頼できる人や専門家に依頼することもできますよ」
 

tajika-article015
委託者が認知症になっても、その意志はしっかりと受け継がれる仕組みだ

 
さらに「民事信託」では、財産を受け継ぐ権利のある「受益者」に対して「受益者代理人」を付けることもできる。これにより、受益者が認知症などで判断力を失った場合でも、代理人が意志を決定したり、受託者と受益者代理人との協議によって、信託の内容を変更することも可能となるのだ。さまざまなケースを想定し、大事な財産を引き継ぐ仕組みが整っていることは、「民事信託」の大きなメリットだろう。
 

tajika-article016
さらに田近先生は話を続ける

 
「『民事信託』では、遺言のように財産を継承させることができるほか、受益者がお亡くなりになるなど財産を受けられない状況になった際にも、その次に受け継ぐ人(第2受益者)を指定しておけるメリットがあります。最近はお子さんがいないご家庭も増えているので、その辺りも踏まえ、家族間で不安や不満が少ない形の財産継承が行えると思っています」
 

tajika-article017
第2受益者を指定することで、資産が配偶者の家計に相続されるのを防ぐ

 
つまり遺言書では、“自分が亡くなったときの相続先”は指定できるが、その先の2次相続(自分の財産を相続した人の相続)については指定できない。しかし「民事信託」では、2次相続以降の相続先まで指定することができる。これにより、本当に財産を残したい相手を選び、託すことができるのは「委託者」にとっても大きな安心感となり、相続争いなどの悲しい事態を防ぐことにもつながるだろう。
 
 

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 田近淳司法書士事務所
タヂカジュンシホウショシジムショ
ジャンル 司法書士事務所
住所 〒241-0821 横浜市旭区二俣川1-46-21 橋本ビル2階
アクセス 相鉄本線「二俣川駅」北口から徒歩2分
駐車場
※ 近隣にコインパーキングあり
TEL1 045-361-4270
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-361-4271
営業時間 9:00~19:00
※ 予約をすれば、土・日・祝日可
定休日 土曜日、日曜日、祝日
URL http://www.tajika.jp/
カード利用
個室

こちらもおすすめです

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

相続問題に悩むはまれぽ編集部が、新横浜の「税理士法人小林会計事務所」で相談に乗ってもらった

  • PR

あなたの人生を手厚く支える最適な保険を提案。100年先も愛される保険代理店をめざす「株式会社仲亀」

  • PR

悩めるハマっ子へ・・・もっと知ってほしい!! 横浜桜木町に悩みを相談できる高橋知子先生がいることを!

  • PR

基本情報

店名 田近淳司法書士事務所
タヂカジュンシホウショシジムショ
ジャンル 司法書士事務所
住所 〒241-0821 横浜市旭区二俣川1-46-21 橋本ビル2階
アクセス 相鉄本線「二俣川駅」北口から徒歩2分
駐車場
※ 近隣にコインパーキングあり
TEL1 045-361-4270
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-361-4271
営業時間 9:00~19:00
※ 予約をすれば、土・日・祝日可
定休日 土曜日、日曜日、祝日
URL http://www.tajika.jp/
カード利用
個室

アクセスランキング