ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    鶴見は沖縄関係のお店が多いことで有名ですが、大船も沖縄料理店が多いんです。その理由がキニナル。それ以上に鎌倉街道沿いにひっそりとたたずむ沖縄料理店の『アンダンスー』がとってもキニナル

    丼さん

    冬になるとイルミネーションが華やかになりますが、今シーズンのお勧めスポットを紹介してください。 意外に知られていない穴場も調査お願いします。

    けーたりんぐさん

    今まで野球には全く興味が無かったのですが、子供と初めて横浜スタジアムにDeNAの試合を観て以来すっかり家族でDeNAベイスターズのファンになりました。来シーズンもスタジアムへ行くのが楽しみですが、20...

    micさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
4位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
5位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
6位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
7位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
10位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
11位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
12位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
13位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
16位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
17位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
18位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
19位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
20位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
21位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
22位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
23位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
24位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
25位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
26位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
27位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
28位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
29位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
30位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> 介護

クラシック・コミュニティ横浜

快適さ、より良い生き方、そして終末までを一歩進めて考える

最終更新日:2017年9月25日

045-871-4271

イチオシサンプル画像

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

自由に、安心して暮らせる。万が一「介護」が必要となったときも、同じ施設・同じスタッフたちによるフルサポートの介護が受けられる。最先端を走り続ける「クラシック・コミュニティ横浜」が介護業界を変える

DATA
住所: 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町1978-1
JR・横浜市営地下鉄・戸塚駅よりバス10分、戸塚西口バス1・2番より「西横浜国際総合病院前」下車1分
営業時間: 10:00~16:00

横浜の今、そして編集部が厳選した“自信を持ってオススメできるモノ”を紹介するこのコーナー。今回この眼で確かめてきたのは「サービス付き高齢者住宅(サ高住)」。
 
名前の通り、高齢の方を対象に介護などのケアサービスが付随した入居施設だ。

大雑把にくくると「有料の老人ホーム」と言えばわかりやすいか。
 

classiccomyo_article_1
やがて行く道の、老い


高齢化社会が進む昨今、ここ横浜で一歩進んだ快適さや、より良い生き方の追求を試みている現場に出会いました。
 
今回のイチオシ、介護の世界でフラグシップ(旗船)になるのだ! という取り組みをしている方々とその会社を覗いたレポートです。ぜひ、読んでほしい。
 
取材を受けていただいたサービス付き高齢者住宅「クラシック・コミュニティ横浜」は戸塚駅から市営バスで10分ほど、戸塚の街並が一望できる高台にありました。

 

classiccomyo_article_2
戸塚駅からしばらく
 
classiccomyo_article_3
戸塚の街並と、遠い山並が見えるところ

 
 
classiccomyo_article_28
こちらがクラシック・コミュニティ横浜


ホテルのようなエントランスを抜けて側のウェイティングルームへ。老人ホームと言われなければ、わからない。

 

classiccomyo_article_5
フロントクラークが常勤するエントランス


こちらで支配人の山取大輔氏にお話をお聞きする。

 

classiccomyo_article_6
支配人の山取大輔氏。45歳という若さ


毒舌キャラで再ブレークした坂上忍似? と一部入居者から熱烈支持されている山取氏に、こちらの施設について語っていただく。
 
こちらのクラシック・コミュニティ横浜は、オフィスのコーヒーサーバーやマットなどレンタル業務で有名なユニマットグループが運営しているホーム。

コンセプトは「高齢者の方々の、新しい住まい方」。
 
・・・とは言うものの厳密には「高齢者施設」ではない。65歳以上の方、という括りはあるものの介護施設ではなく「これまでの生活スタイルを変えずに暮らしていく」という、“賃貸マンションに付加価値が付いたもの”という考え方。
 
「今あるものよりも、一段高いものを提供して行こう、という考え方です」と山取氏。

 

classiccomyo_article_7
一段高いものを・・・


開所は10年前の2004(平成16)年の10月。

運営会社の「ユニマットそよ風」は高齢者の短期宿泊(ショートステイ)施設で、業界内で断トツのトップシェアを誇っている。
 
そんな会社が手がけているホーム。どういったものなのか?

上記にある通り、ごく普通の賃貸マンションではある。ここで高齢者の方々に元気に暮らしていただく。そして万が一に「介護」が必要となったとき、同じ施設・同じスタッフたちによるフルサポートの介護が受けられるというもの。
 
「自由に、安心してお暮らしいただいて、そして最後、フルの介護が必要になった時も、お世話がずっとできる。同じ施設、同じスタッフで。最後の看取りまで、こちらで行うということをさせていただいています」と山取氏。

 

classiccomyo_article_8
たった今から、やがて訪れる最後までを


ここは賃貸マンションで、つまりは「自宅」ということだ。やがて介護が必要となっても「自宅」でフルサポートの介護を受けられるという、安心。
 
発想の転換、だろうか。体が言うことを聞かなくなってから・・・安心を求めて、いわゆる「老人ホーム」に入居するのではなく、最初に「住まい」を得て元気いっぱいに過ごす。

今の65歳なんて若い。ここから働きに出てもいいのだ。介護や助けがいるとなればスタッフが「自宅」にやってきてくれる。
 
いいな、こういう考え方。
 
 
 
快適さ、より良い生き方、そして終末までを一歩、進めて提供する
 
もう少し踏み込んで見せてもらおう。
 
こちらの建物は8階建て。

1、2、3階までの3フロアは至って普通の賃貸物件。一部、介護が必要な場合は「訪問ヘルパー」のサービスを使って、家事のお手伝いやホームヘルパーのサービスを使っていただく。
 
4、5、6、7階の4フロアは「特定施設入居者生活介護」の届け出がしてある。

この特定施設入居者生活介護とは、食事や入浴、日常生活の支援などを提供するサービス体勢の整った施設であるということ。
つまり、24時間365日のフル介護が受けられる。寝たきりになってでも大丈夫。そういった部屋になっている。
 

classiccomyo_article_9
普段の日常から、安心がある


もしも寝たきりになったり、介護が必要となった場合はこの建物内の部屋を移るだけでいいのだ。
 
一体、どんなお部屋になっているのだろう? お部屋を見せていただいた。内覧したのは7階の「特定施設入居者生活介護」に則した一室。

 

classiccomyo_article_10
Bタイプと呼ばれる52,6平米の室内。とにかく広い


ご夫婦で住まわれることを想定した広さと室内レイアウト。

 

classiccomyo_article_11
当然、すべてバリアフリー
 
classiccomyo_article_12
バス・トイレも取り回しを考えて広く取られている


緊急時を知らせるブザーは室内に3ヶ所、人の動きを察知する人感センサーに、水の使用が一定時間見られないとスタッフに知らせるカラン。玄関などで、ちょっと腰かけたいときに便利なベンチなどなど、およそ考えられる限りの気づかいが見える。

 

classiccomyo_article_13
寝室に2つのベッドを置いても余裕がある


そしてやっぱり、何といっても広い! これは他所ホームなどの2人部屋を想定したものの倍近い面積を有しているという。ここ、クラシック・コミュニティ横浜の延べ床面積は平均50平米を超えている。これで平均的なホームの料金とほぼ変わらないのだから、コストパフォーマンスは推して知るべしだろう
(最低価格帯は1ヶ月7万4000円プラス、サービス費11万3000円)
 

classiccomyo_article_14
他所ではあまりみられない「家具の持ち込み」も当たり前にOK


―広くて、手厚いです。どうしてこんなに?

「こちらは元々、住宅型有料老人ホームとして建てられました。広さの秘密は、この建物が施設の、ブランドとしてのフラグシップモデルとして建てられたのだと言う経緯があるためです」
 
―なるほど。 
「内覧にいらしたお客さまは皆さま、一様に“広い!”と言っていただけます」
 
 
館内の様子も見て行きましょう!! とっても素敵です≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索