ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    中華街にある老舗喫茶「ブラジル」が最近ずっと閉まっています。タマゴサンドとコーヒーが絶品の、常連客の多い知る人ぞ知る名店で、90歳近い老夫婦が経営しています。心配なので応援かねて取材してください!

    Dixhuitさん

    中区の根岸加曽台に、長年(20年くらい?)放置されたままの開発途中の広大な土地があり、キニナっています。分譲住宅かマンションを建てようとしていたようにも見受けられますが、どういう経緯で開発が中止になっ...

    濱俊彦さん

    東戸塚駅のニューデイズ(コンビニ)は、地域密着型というコンセプトで、地域の商品を扱う専用の売り場のほか、生ビールを販売してイートインスペースで呑んだり、大型のスポーツイベントが開催される際は、パブリッ...

    LA-CL3さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
3位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
4位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
5位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
6位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
7位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
8位
人気作家原作のドラマも! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編
9位
フリルの水着を素敵に着こなす癒し系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第3弾】
10位
鮮やかなブルーの水着をまとうスレンダー美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【総集編】
11位
【I☆DB】川崎球場時代からのファンも!? オールドファン&熱狂的なファンに突撃!
12位
【I☆DB】全力応援企画! 横浜DeNAベイスターズ、19年ぶり日本一への道!
13位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 前編ー
14位
【編集部厳選】オトナの自由研究してみませんか?
15位
【フォトれぽ】横浜赤レンガ倉庫で行われている「横浜グルメンタ」をレポート!
16位
伊勢佐木町が大プッシュ! 「ヨコハマメリー」から11年、『禅と骨』公開中!
17位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
18位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
19位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
20位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 後編ー
21位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
22位
【はまれぽ名作選】桜木町に「人間性回復のチャンス」という看板が!これは何?
23位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
24位
【編集部厳選】暗号? デザイン? それとも秘密のなにか? 街で見かける不思議なアレ!
25位
【I☆DB】ベイ戦士に思い出してほしい! あの試合あの場面!
26位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
27位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
28位
【I☆DB】仕事中もバレずに横浜DeNAベイスターズの試合経過が分かるって本当?
29位
末吉町の街角に佇む売春婦、その後はどうなった?
30位
【編集部厳選】いくつ知ってる? みなとみらい線のヒミツ!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

買う> お茶・紅茶

横浜元町紅茶専門店ラ・テイエール

きっと、もっと紅茶が好きになる! 知識と経験豊富な紅茶インストラクターが、紅茶の楽しみを広げます

最終更新日:2017年9月17日

045-621-5730

イチオシサンプル画像

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

横浜元町の紅茶専門店。80種類以上の茶葉をそろえ、「ヨコハマ・グッズ 横濱001」認定のオリジナルティーも。紅茶インストラクターのアドバイスと無料試飲で、お気に入りの紅茶がきっと見つかる!

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区新山下1-2-1丸善ビル1階サイド店
横浜高速鉄道みなとみらい線「元町・中華街駅」5番徒歩2分 JR根岸線「石川町駅」南口徒歩14分 
営業時間: 10:30~19:00 ※水曜不定休

忙しい日々の中で、疲れを癒してくれたり、気分をリフレシュさせたりしてくれるティータイム。お気に入りの紅茶があったら、もっと素敵な時間になるはず。でも、紅茶のことなんて、ちっともわからないし・・・と言っている筆者と同じような方々、そういう紅茶をきっと見つけられる店、ありましたよ~!

もちろん、紅茶にはちょっとうるさいよという紅茶好きの方にもお薦めです。
 
 
 
眺めるだけでも、幸せな気分になれる
紅茶の香りに包まれた異空間!
 
元町商店街を抜けて間もなく、紅茶専門店「ラ・テイエール」のあるビルが見えてくる。
 

01latheiere_article
ちょっと趣のあるビル・・・

 
02latheiere_article
店は1階。小さな間口だが、おしゃれな雰囲気
 
03latheiere_article
中に入っていきます!
 
04latheiere_article
左側にプレゼント用の商品などが綺麗にディスプレイされ、
 
05latheiere_article
右手には外国風のポスター、入口はアーチになっていて・・・
 
06latheiere_article
両側に紅茶が並ぶ店内は、ちょっと非日常的な異空間です!
 
07latheiere_article
商品一つひとつに心配りのあるディスプレイも素敵!

 
眺めているだけで、ちょっと幸せな気分になってしまう、この紅茶専門店「ラ・テイエール」。一体、どんなお店? 詳しく伺ってみました!
 
 
 
老舗の輸入食品店から
紅茶専門店「ラ・テイエール」がオープン!
 
戦後間もないころ、外国人の商社マンが山手に居住するようになり、その日常生活に必要な商品をそろえる店が次々にでき、発展してきた元町商店街。紅茶専門店「ラ・テイエール」社長、小濱康三(こはま・やすぞう)さんのお父さまは、当時から元町商店街で輸入食品店「中屋」を営んでいた。
 

08latheiere_article
現在の元町商店街

 
当時まだ日本人に馴染みのなかったワイン、ウィスキーなどの洋酒やチーズなどの食品について、外国人のお客さまに教わりながら営業してきた「中屋」では、1970年代、紅茶の輸入自由化される以前から、海外ブランドに近い味わいの「中屋ブレンド」という紅茶の販売をしていたという。

そうした老舗の輸入食品店の家に育ち、外国人のお客さまと話す機会も多かった康三さんは、紅茶や洋酒に興味を持つようになり、大学卒業後は家業を継いだ。
 

09latheiere_article
昔の元町商店街の様子もたくさん話してくださった小濱康三さん

 
初めはワインを勉強していたが、酒の税率が低くなり洋酒が高級品でなくなってきた状況を見て、洋酒の販売が時代に合っているのかと疑問を抱き、それなら紅茶をと考え、深く学んでいったという。
 

10latheiere_article
紅茶の奥深さ、美味しさに惹かれて紅茶専門店オープンへ

 
紅茶専門店「ラ・テイエール」を元町商店街にオープンしたのは、2004(平成16)年のこと。「ラ・テイエール」はフランス語で、ティーポットの意味だそう。
 

11latheiere_article
「ほんの1ポットの紅茶が幸福をもたらしてくれるように」と想いを込めた店名

 
より紅茶販売に特化した店にしたいという思いがあり、開店10年を機に現在の店舗に移転して2年目になる。おいしい紅茶と出会える店であり続けられるようにと、スタッフ全員が紅茶インストラクターの資格を持ち、紅茶について丁寧にアドバイスしてくれる店だ。

 
12latheiere_article
「あなたにお似合いの紅茶がきっとみつかります」がコンセプト

 
店長は、社長の息子さんの小濱純(こはま・じゅん)さん。

幼いころから紅茶に親しむ環境に育った純さんは、大学在学中は、自由が丘のティーサロンでアルバイトし、卒業後は、「ラ・テイエール」に勤務と、まさに紅茶一筋の方。
 

13latheiere_article
熱心に紅茶のことを話してくれた小濱純さん

 
純さんは、日々、店に立ちながら、紅茶のワークショップやブログで、紅茶の世界の楽しさを発信している。

「目覚めには濃いめのものを、リフレシュしたい時は爽やかに、リラックスしたいときはハーブティーなど、1日の中で気分に応じて自由にお茶を楽しんでほしい」と純さんは話す。

ご自身については、「お酒が飲めないので、真夜中にアッサムティーにミルクを入れて飲むのが好きです!」と。
 

14latheiere_article
美味しいミルクティーの作り方は、ブログでも紹介されている

 
 
 
さまざまな産地のプレミアムティーも
 
「ラ・テイエール」では、“ドイツ・ロンネフェルト社の茶葉を取り扱っている”と伺っても、正直、筆者は全くピンとこなかった。ドイツに紅茶のイメージがない・・・。ところが、ロンネフェルト社の紅茶は、世界各国の一流ホテルで使用されており、日本でも有名ホテルなどを中心に扱われているのだという。
 

15latheiere_article
首都圏で唯一のドイツ・ロンネフェルト社、秤売り茶葉取扱い店
 
16latheiere_article
ロンネフェルト社の紅茶がずらりと並ぶ

 
「ドイツのものは日本人の感性に合っているように思います。農薬や放射能などの検査もきちんとされていて、安全性も高いです」と社長。

ホテルのティーラウンジで飲んだ紅茶の味を気に入り、わざわざロンネフェルト社の紅茶を求められるファンも多いという。

お話を伺ううちに、ロンネフェルト社の紅茶・・・、すごく気になってきました!
 

17latheiere_article
それぞれに茶葉の見本と説明が添えられている

 
社長と店長は、ドイツ・ロンネフェルト社認定ティーマスターの資格も持っている。
 

18latheiere_article
茶葉の選び方や入れ方など、しっかりアドバイスしてもらえるので安心!

 
また、さまざまな産地のシーズンティーも販売している。紅茶の知識がない筆者にとっては、紅茶にシーズンがあるなんて初耳だ。

緑茶に新茶、二番茶、三番茶・秋冬番茶があるように、紅茶では、シーズンによって「ファーストフラッシュ」「セカンドフラッシュ」「オータムナル」などと呼ばれ、味わいも違うのだそう。
 

19latheiere_article
さまざまな産地のシーズンティー、プレミアムティーもある

 
日本では、シーズンが過ぎると取り扱わない店が多く、年間通して購入できる店はあまりないので、好みのシーズンティーがあるお客さまは、まとめ買いをされることも多いという。
 
ちなみに、社長がお好きなのは、ダージリンのファーストフラッシュだそう。
 

20latheiere_article
ダージリンは、インドのヒマラヤ山脈のふもとを産地とする茶葉

 
ダージリンは緑茶似た特有の渋みとふくみのある味で、淡く薄い色、良質な茶葉にはマスカットフ レーバーといわれるほど芳醇な香りがある。意外にも男性にとてもファンが多い紅茶だという。
 
 
オリジナルブレンドも豊富! 紅茶の香りに包まれます・・・>>
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索