ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    しっちょんさんと同じく、横浜駅北口は鶴屋町へ、やはり有料駐車場に出汁の自販機があります。ペットボトル入りの出汁です。何故、駐車場に出汁の自販機?気になります。

    ナチュラルマンさん

    11/11に妙蓮寺で行われる「寺フェス」が気になります!水行体験もできるとか。ライターの方にぜひチャレンジしていただきたいです!

    miyukidさん

    相鉄バスに「バスナビ」という方法で、コンピュータやスマートホンなどにバスの運行状況を随時案内しています。他のバス会社では、似たような案内を行わないのでしょうか?。神奈川県は観光客も多いと思いますので、...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月21日今日は何の日?」
2位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
5位
「ぴあ」がみなとみらいに1万人規模のアリーナを建設するって本当?
6位
【衆院選2017】神奈川県選挙区候補者60名ってどんな人たち?
7位
横浜にあるもう一つの「サグラダ・ファミリア」!? 上大岡の再開発はいつ終わるの?
8位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
9位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
10位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
11位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
12位
あの"お好み焼きバーガー"が復活!? 新生「ドムドムハンバーガー」をレポート
13位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
14位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
15位
日ノ出町駅裏側の崖上の住宅街にある面白スポットを調査!
16位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
17位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
18位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
19位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
20位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
21位
横浜駅発! 乗り入れ終着駅への旅! 京成・青砥駅編
22位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
23位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
24位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
25位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
26位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
27位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
28位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
29位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
30位
【はまれぽ名作選】本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> 引越

スター引越センター

思い出に残る引っ越しで「神奈川県引っ越し業者売り上げNo.1(帝国データバンク調べ)」!

最終更新日:2017年9月04日

0800-1111-555

イチオシサンプル画像

安くてハイクオリティは当然! エンターテイメント性で思い出の引っ越しを演出する「スター引越センター」

横浜・埼玉・千葉・仙台に4店舗を展開するスター引越センター。「低価格&高品質」が当たり前の引っ越し業界において、他店と差別化を図るための「エンターテイメント性」とは?

DATA
住所: 横浜市港北区新羽町673-1
※ お見積りはお電話またはホームページよりお問い合わせください
営業時間: 7:00~21:00 ※ メール問い合わせは24時間対応
平均予算: 【0.5t】8640円~
女性からの支持率高し! きめ細かいサービスが売りの「梱包レディ」
 
なお、スター引越センターでは荷造りをメインに行なう「梱包レディ」を用意。女性ならではのきめ細かいサービスはもちろん、衣類をはじめとしたクローゼットの中身などを梱包してもらう際、特に女性のお客さんから厚い支持を受けているそうだ。
 

017starhikkoshi_article
女性がひとりいるだけで、引っ越し現場が一瞬で明るくなる
 

018starhikkoshi_article
食器は1枚ずつていねいに梱包していく
 

019starhikkoshi_article
デリケートな衣類も梱包レディにお任せ

 
作業開始からわずか45分。ダブルワイドサイズのベッドを含め、すべての荷物の積み込みが完了。正直、家具や家電に傷が付かないように慎重に運ぶことはもちろん、スピーディーな作業など、我々消費者側から見たら「当然のことを当たり前にやっている」、という印象だ。ハイクオリティとはいえ、どこの引っ越し業者もこの程度は「標準装備」なのである。
 

020starhikkoshi_article
作業終了

 
 
 
引っ越しにエンターテイメント性!? 選ばれている理由を社長に直撃
 
「安くてハイクオリティ」は当たり前。では、スター引越センターは、他の引っ越し業者とどのように差別化を図っているのか? 同社の山本恒夫(やまもと・つねお)代表取締役社長に話を伺った。
 

021starhikkoshi_article
スター引越センターは現在、横浜と埼玉、千葉、仙台の4店舗展開

 
「他の引っ越し業者と異なるのは、圧倒的な“エンターテイメント性”です」
 
そう自信満々に語る山本社長だが、正直、引っ越しにエンターテイメント性なんて求めていないのが消費者の本音である。何事もなく当日を迎え、何事もなく新居に荷物を運んでくれればそれでいいのだが・・・。
 
「いいえ、引っ越しは人生において一大イベントです。結婚や新築など、何かの節目にあたるタイミングで引っ越しをするケースがほとんどで、1人あたりの平均引っ越し回数は長い人生において3〜4回と言われています。そんな重要な引っ越しにエンターテイメント性を取り入れることで、思い出に残る時間を演出したいと考えています」
 
確かに、思い出に残る引っ越しであればそれに越したことはない。しかし、ただ荷物を運んで新居に届ける中で、どのようにエンターテイメント性を発揮するのだろうか?
 

8
山本社長が考えるエンターテイメント性とは?

 
「ただ黙々と作業をするだけではなく、コミュニケーションを図りながら荷物を運ぶことで、お客様も自然と笑顔になってくれるはずです。時にはダジャレで苦笑させたり、天気が悪い日に引っ越し日があたったお客様をあえてイジってみたり」
 
「もちろん、何事もなく作業を完了させることもできますが、それでは機械と変わりありません。いちエンターテイナーになることで、社名はもちろん担当者の名前も覚えてもらい、また何年後かに指名で依頼をいただけたらうれしいですね」
 

023starhikkoshi_article
名刺デザインにも顔やキャラクターを覚えてもらうための工夫が潜んでいる
 

024starhikkoshi_article
段ボールも実に印象的である

 
また、スノーボードやサーフボードをはじめ、運ぶ荷物からお客さんの趣味を割り出し、共通の話題で盛り上がることもしばしばだという。なるほど、思い出に残るようなコミュニケーションをとることで、数年後でも覚えている可能性はグッと高まるかもしれない。
 
とはいえ、それでも忘れてしまうのが人間である。ほかにどんなエンターテイメント性を秘めているというのだろう?
 

025starhikkoshi_article
山本社長は渾身の「ダジャレ」でお客さんをクスりとさせるそうだ

 
スター引越センターでは、作業終了後にトラックをバックに記念写真を撮影して、後日、手紙を添えて送るサービスを行なっている。普通に作業をしてしまえば「ただの引っ越し」で終わってしまうはずが、記念写真を撮影することで、思い出にすらなってしまうのだ。ちなみにこのサービスは無料で、写真撮影の有無を選べる。
 

026starhikkoshi_article
トラックをバックにパチリ

 
さらに、スター引越センターのイメージキャラクターである「スターマン」の存在も大きい。街中でティッシュ配りをしていることもあるので、見たことのある方もいるのではないだろうか? このスターマンがデカデカと描かれたトラックは、一度見れば脳裏に焼きついてしまうほどのインパクトである。時期にもよるが、運がよければ引っ越し当日にスターマンが駆けつけることもあるそうだ。
 

027starhikkoshi_article
アメコミ風のスターマンは街中でも大人気

 
先ほど何気なく紹介した家具やフローリングのホコリを吹くシーン。実は、すべての引っ越し業者が行なうサービスではないが、こういったサービスを普通にやってしまうのもある意味ではエンターテイメントのひとつである。照明の取り付けやテレビの配線作業など、通常サービスの範囲を超えることで、顧客満足が上がることはいうまでもない。
 

028starhikkoshi_article
当たり前ではないことも当たり前にやってしまう

 
こういったエンターテイメント性をふんだんに取り入れることで、数多ある引っ越し業者の中でも某有名「引っ越し比較サイト」の上位にランクインしている。引っ越しをお考えの方は、一度、同社に問い合わせてみてはいかがだろうか?
 
 
 
取材を終えて
 
山本社長から詳しく話を聞くまでは、引っ越しにエンターテイメント性は不要だと感じていた。しかし、話を聞くうちにエンターテイメント性の重要性を理解するだけでなく、その魅力に引き込まれている自分がいた。
 

スター引越
引っ越しにエンターテインメント性を!

 
なにより山本社長とスタッフの距離感が近く、和気あいあいとコミュニケーションをとっている点が印象的で、そういった社風がこのエンターテイメント性を作り上げているのだと強く感じる取材だった。ちなみに、次回の引っ越しの際はなんのためらいもなく依頼しようと思う。
 
 
―終わりー
 
 
HP/http://www.starmoving.jp/

Facebook
 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから 
お問い合わせ

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索