ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    釧網線の駅と相模線の駅をグーグルで画像検索してください。釧網線は標茶駅、摩周駅、相模線は北茅ヶ崎駅、香川駅なんかがいいかも。なぜ一日300人、100人の利用者の標茶駅、摩周駅より一日3000人、500...

    はなつきづきさん

    南区永田東1-6のファミリーマートのとこにある一方通行がわずか5mしかありません。これ以上短い一方通行は横浜にあるのでしょうか?横浜市で一番短い一方通行はどこ?気になるので調査お願いします!

    ねこみくさん

    最近、NHKは横浜の天気予報などの画像として桜木町駅前を使うことが多くなりましたが、固定カメラが設置されたとか、横浜を代表する風景と位置付けたとか、何か理由があるのでしょうか。調べてください。

    nobaxさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> ブライダル

横浜マリンタワー

新郎・新婦に密着完全レポート!2人のメモリアルが刻まれるマリンタワー・ウエディング

最終更新日:2017年9月25日

0120-766-377

イチオシサンプル画像

港町・横浜のシンボルで思い出に残る最高のウエディングを!訪れるたびに感動が甦る「横浜マリンタワー」

横浜マリンタワーで人生の思い出に残る最高の一日を。これから何年、何十年経っても、マリンタワーを訪れるたびに触れることのできる感動の思い出は、2人にとってかけがえのないメモリアルな財産に

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区山下町15
みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩1分
営業時間: 平日11:00~20:00 土日祝10:00~20:00
平均予算: 人数・プランなどにより変更あり

「横浜マリンタワー」が憧れのウエディングステージに!
 
1961(昭和36)年の開業以来、港町・横浜のシンボルとして街の歴史を見守り続ける「横浜マリンタワー」。

 
横浜開港150周年を迎えた2009(平成21)年には、全面改装してスタイリッシュにリニューアルオープン。新たに生まれ変わったマリンタワーは、半世紀以上に渡る歴史とともに、これからも末永く愛される貴重な存在として、多くの人たちの記憶の中に刻まれていくに違いない。
 

marinetower_article1
開業から半世紀以上の歴史を刻む「横浜マリンタワー」

 
そんな「新生マリンタワー」を舞台に、憧れのウエディングが実現できるのをご存じだろうか?

 
これまで筆者も知らなかったのだが、マリンタワーでは2009(平成21)年のリニューアル後、「ヘリテージ・ブライダル・コレクション」と冠したウエディング事業をスタート。以来、「横浜らしい&自分たちらしいウエディングを」と望む500組以上のカップルが、この歴史あるタワーで永遠の愛を誓い・祝福され、新たな人生のスタートを切ったという。
 

marinetower_article2
マリンタワー・ウエディングのパンフレットから

 
マリンタワーでのウエディングは、デイタイム(昼前後)1組、トワイライト&ナイトタイム(夕方~夜)1組の1日2組限定。同時間帯のウエディングは1組のみの完全貸切となるので、ほかの花嫁やゲストとすれ違って気を遣う必要も一切ナシ。タワー内を自由に使ったオリジナル演出や記念撮影も思いのままだ。
 
そして、横浜らしい絶好のロケーションのもと、両親を含めた幅広い年代のゲストに親しまれるマリンタワーで、人生の思い出に残る最高の1日が叶うこと・・・それが、多くのカップルに人気を集める最大のポイントだろう。
 

marinetower_article3
展望フロアでの挙式「スカイセレモニー」も人気の的
 
marinetower_article4
明るい自然光が差し込むシックな雰囲気のバンケット

 
そこで今回の「イチオシ」では、知る人ぞ知るマリンタワー・ウエディングの魅力に迫るべく、実際の結婚式の様子を新郎・新婦に密着して完全リポート。お支度~記念撮影~挙式~披露宴~お見送りまで、感動あふれる数々のシーンとともに、新郎・新婦・ブライダルスタッフの表情や生の声もたっぷりお届けしよう。
 
 
 
幸せいっぱいなカップルの晴れの1日がスタート!
 
今回、ご登場いただくウエディングカップルは、2014(平成26)年12月6日に結婚式を挙げた、新郎・金原賢治(かねはら けんじ)さん、新婦・本田千絵(ほんだ・ちえ)さんのお二人。はまれぽの密着取材を快くお受けくださり、心から感謝するばかりである。
 
ではいよいよ、新婦・千絵さんと新郎・賢治さんの晴れの1日を、時間を追ってご紹介させていただこう!
 

marinetower_article5
タワーの1階に掲げられたインフォメーション

 
<8:00~ プライズルームでお仕度>
 
結婚式当日の朝、タワー内のプライズルームに伺うと、純白のウエディングドレスをまとった千絵さんと、タキシードでビシッと決めた賢治さんが、ヘアメイク&仕上げのお仕度中。
 

marinetower_article6
ヘアメイク中の千絵さん
 
marinetower_article7
仕上げのお仕度中の賢治さん

 
まずは、「本日は誠におめでとうございます! 今日1日、どうぞよろしくお願いいたします」とご挨拶。少々緊張しつつも、お二人の温和で優しい笑顔にほっと心が和んで、こちらまでハッピーな気分になってくる。ホント、とっても素敵なカップルです。
 
賢治さんは大手食品メーカーの技術社員、千絵さんは一昨年前まで、横浜市内の小学校で教師を務めていたそうだ。千絵さん、小学校の先生だったんですね。
 

marinetower_article8
専属のカメラマンもお二人の1日を密着撮影

 
横浜出身の千絵さんにとって、小さいころからよく来ていたというマリンタワーには思い入れが深く、デートでもたびたび訪れた思い出深い場所だそう。

ここで結婚式をしようと決めた理由を伺うと、「横浜の絶景が広がるタワーの展望台で、ゲストの皆さんと近い距離で挙式ができるという点に魅かれました」と話す千絵さん。
 

marinetower_article9
穏やかな笑顔で語る千絵さん

 
賢治さんは、「初めて訪れたブライダルフェアで、見て・聞いて・体感して、ここなら自分たちらしい結婚式ができると即決しました。お話を伺ったプランナーの方には、『えっ、そんなにすぐ決めてしまって大丈夫ですか!?』と逆に心配されてしまいましたが(笑)」
 
そのプランナーの方がこちらの女性、渡部恵生(わたなべ・さとみ)さんだ。
 

marinetower_article10
ウエディングプランナーの渡部さん

 
成約時からの専属プランナーとして何度も打ち合わせを重ね、ゲストを飽きさせないオリジナル演出やサプライズ演出など、お二人が希望するウエディングを親身になってカタチにしてきた渡部さん。ついにこの日に迎え「私、泣いてしまうかも・・・」とポツリ。今日は渡部さんの表情にも要注目ですね。
 
 
 
子どもたちも登場してにぎやかに記念撮影
 
<9:00~ 記念撮影>

そして、支度を整えた千絵さんと賢治さんは屋外へ出て、マリンタワーや山下公園をバックにツーショットの記念撮影。偶然通りかかった人たちも足を止め、晴れやかな花嫁・花婿の姿をまぶしそうに見つめている。
 

marinetower_article11
色づいた銀杏並木が美しい山下公園通りで
 
marinetower_article12
マリンタワーと青空をバックにパチリ

 
とここで、元気いっぱいな40名以上の子どもたちがそろって登場し、マリンタワーの前でお祝いの歌『ビリーブ』を披露! 千絵さんが教師を務めていた、横浜市内の小学校の元教え子たちだ。
 

marinetower_article13
子どもたちがお祝いの歌を披露!

 
「今日、生徒たちが来ることは聞いていましたが、歌まで披露してくれるとは思ってもいませんでした。もうビックリして、言葉にならないほど感動しました」と大感激の千絵さん。結婚式当日、元教え子たちがお祝いに駆け付けてくれるなんて、よっぽど人気の先生だったんですね。
 

marinetower_article14
子どもたちもカメラを向けて「うわ~先生、すごいキレイ!」
 
marinetower_article15
にぎやかな雰囲気の中、みんなで一緒に記念撮影
 
marinetower_article16
子どもたちからお祝いのプレゼントも
 
marinetower_article17
子どもたち一人ひとりにもお返しのプレゼント
 
marinetower_article18
お二人の様子を見守るスタッフの皆さんも嬉しそう
 
marinetower_article19
子どもたちに祝福されて「今日はどうもありがとうね~」

 
 
 
地上100メートルを超えるパノラマビューの展望フロアへ
 
<10:00~ 挙式リハーサル>

子どもたちに見送られたお2人は、シースルーのエレベーターに乗って「スカイセレモニー」の舞台となる最上階(30階)の展望フロアへ。
 
エレベーター内に流れるBGMは、「クレイジーケンバンド」のヨコハマソング『マリンタワー ゴー・ゴー』。そのほか、お好みに応じてリラックス系のBGMもチョイスできる。
 

marinetower_article20
横浜港を眼下にエレベーターで展望フロアへ

 
地上100メートルを超える展望フロアからは、横浜の海と大空、街並みを一望。さらに遠くには、東京・千葉方面の景色や富士山の姿も。まさに360度パノラマビューの絶景に抱かれる、開放感満点のセレモニーステージだ。
 

marinetower_article21
展望台からは、横浜の海と大空、ベイブリッジが間近に
 
marinetower_article22
みなとみらいの街並みや横浜ランドマークタワーも

 
marinetower_article23
この日は偶然、キレイな富士山の姿も。とってもラッキー!!

 
marinetower_article24
展望フロアで挙式のリハーサル

 
marinetower_article25
絶景をバックにロマンチックなツーショット

 
また、スカイセレモニーで誓い合ったカップルには、その思いを永遠に刻む「メモリアルプレート」が展望台の一角に残される。これから何年、何十年経っても、マリンタワーを訪れるたびに、「あの日の誓い」と「あの日の景色」に出会えるのだ。

 
末永く歴史を刻むこの場所に、いつまでも残る思い出と絆・・・お二人にとっても、これから増える家族にとっても、かけがえのないメモリアルな財産となるに違いない。
 

marinetower_article26
一組一組がオリジナルで仕上げたメモリアルプレート
 
marinetower_article27
千絵さん・賢治さんのプレートもこの場所に

 
 
 
バックヤードのブライダルスタッフにも注目
 
この間、これから始まる挙式・披露宴に向けて、会場コーディネートやゲストお迎えの準備が着々と整えられていく。

スタッフの皆さん、さすがプロ。ムダのない手慣れた動きで、一つひとつを完璧にセッティング。てきぱきと作業を進める姿を見ていると、何だかカッコいい!
 

marinetower_article28
デザートビュッフェのテーブルをセッティング中
 
marinetower_article29
引出物を一つひとつ念入りにチェックする渡部さん

 
marinetower_article30
会場内の棚をキャンドルと花々でコーディネート

 
会場内を彩る装花は、千絵さんが好きな淡いオレンジ・ピンク・ホワイトの花々をメインに、季節感(今回はクリスマスらしさ)も取り入れてロマンチックにアレンジ。やっぱり、お花にはこだわりたいですよね。
 

marinetower_article31
新郎・新婦が着席するメインテーブルの装花アレンジ
 

marinetower_article32
雪結晶の柄を刻んだ花瓶でクリスマス気分を演出

 
marinetower_article33
装花アレンジを手がけたフローリストさん

 
marinetower_article34
ゲストのテーブルに装花をセッティング

 
marinetower_article35
挙式会場の展望台も生花で飾り付け

 
 
 
横浜の絶景も祝福! スカイセレモニー>>
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索