ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    しっちょんさんと同じく、横浜駅北口は鶴屋町へ、やはり有料駐車場に出汁の自販機があります。ペットボトル入りの出汁です。何故、駐車場に出汁の自販機?気になります。

    ナチュラルマンさん

    11/11に妙蓮寺で行われる「寺フェス」が気になります!水行体験もできるとか。ライターの方にぜひチャレンジしていただきたいです!

    miyukidさん

    相鉄バスに「バスナビ」という方法で、コンピュータやスマートホンなどにバスの運行状況を随時案内しています。他のバス会社では、似たような案内を行わないのでしょうか?。神奈川県は観光客も多いと思いますので、...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
6位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
9位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
10位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
18位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
19位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
23位
【はまれぽ名作選】中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!? ライター松宮が突撃調査!
24位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
25位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
26位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
27位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
28位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

学ぶ> 学習塾

ケイスクール

3歳から15歳まで!勉強が苦手な生徒はもちろん、勉強のできる生徒も「ケイスクール」で伸びていく。

最終更新日:2016年11月22日

045-341-3570

イチオシサンプル画像

基本を理解することで、学力が伸びる。生徒と並走し、きめ細やかな個別のケアも行う学習塾「ケイスクール」

「できない」が「できる!」に変わる。そんな1つ1つの成功体験を通して、生徒に自信を与える学習塾「ケイスクール」。基本を大切にすることで、考える力を養い、それが生徒の生きていく力になっていく。

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区石川町5-211-6
JR石川町駅徒歩7分
営業時間: 平日:10時~17時(受付時間)

塾と言えば、手っ取り早く成績を上げてくれるところ。筆者自身、そのように考えていたし、実際にその目的で塾にも通っていた。
 
しかし、基礎を大切にすることで生徒の考える力を養う塾が、石川町にあるという。しかも、その基礎力は生徒の生きる力にまで繋がっていくらしい。そこで早速、学習塾「ケイスクール」に取材に伺うことにした。
 
 
 
基礎を大切にしたケイスクールの考えとは?
 
「子どもたちには勉強を通して、自分はできるという自信を感じてもらいたいと思っています」
 
そう語るのは、ケイスクールの塾長である中村豊治(なかむら・とよはる)さんだ。中村さんは横浜国立大学大学院教育学研究科を修了されていて、教育に対する明確なビジョンを持っている。それを実現するため、2014(平成26)年の春にケイスクールを開校した。現在、同塾には、3歳から中学生まで、幅広い年齢の生徒が在籍している。
 

001kei_article
ケイスクール誕生のいきさつについて語ってくれる中村さん

 
「当塾で大切にしているのは、基礎をしっかりと教えることです。基礎は分からないときに戻る場所となります。戻る場所があれば、問題を考え直すこともできるでしょう。ベースをたくさん持っている子が、実力のある子どもといえます。そのため、基礎作りが重要になってくるのです」
 
実際にケイスクールの授業では基礎を作るため、生徒が分からないところまで戻って、やり直すことも多くあるそうだ。基礎を疎かにした結果、伸び悩むことがないようになっている。
 

002kei_article
中村さんは小中高の教職免許を持っている

 
「公式を覚えただけで、機械的に問題を解いていってしまうと、考える力は養われません。より根本的な箇所から理解していないといずれ行き詰まってしまうのです。勉強では本質が何よりも大切になります」

 
こうしたケイスクールの基礎を大切にする姿勢は、クラス作りにも生かされているそうだ。
 

003kei_article
教室では、机やテーブルの配置も生徒によって変えている

 
「当塾の1クラスの人数は5名前後です。クラス分けも生徒の理解度によって柔軟に行っていて、理解の進んでいない生徒はマンツーマンに近い形で、どんどん先に進める生徒には個別に近い対応をして学習をサポートしています。
 
3歳から小学校3年生が対象のキッズクラスも同様で、1クラス1人か2~3人で授業を受けるスタイルです。一人ひとりの様子を観察して、どちらが最適かを見極めた上で、クラス分けを行っています」
 
また、実際の授業では、さらに各生徒への個別の対応もしているという。
 

004kei_article
「個人塾だからこその小回りの良さがあります」と語る中村さん

 
「少人数なので、生徒の表情を見て本当に理解しているのか、どこでつまずいているのかを判断することが可能です。それを踏まえて、個別の指導方法や課題の与え方、補習などのフォローも行うこともできます。当塾では、それぞれの生徒にしっかりと向き合って、ベストな方法でサポートできる体制になっているのです」
 
少人数制は生徒の家庭とのリレーション作りにも生かされている。例えば親子面談の際は、生徒個々に対して具体的なアドバイスや提案を行っているそうだ。
 

005kei_article
ケイスクールでは、3歳からのキッズクラスも行っている

 
ケイスクールが大切にする「基礎」と「考える力」。それは、受験突破にも必須の力になると中村さんは語る。
 
「本番の受験で、やったことのある問題がでる可能性はゼロに等しいでしょう。未知の問題にあたった時、必要になるのが考える力です。確かに問題を渡して、ただ解いていくという授業方法もあります。しかし根本の『なぜ?』を理解していないと、いくらやっても効果がないのです」
 

006kei_article
含蓄のある教育論には筆者たちも思わず引き込まれる

 
本番の受験は、小手先では通用しない。しかし、しっかりとしたベースがあれば、分からない問題に出くわしても自分でアプローチの仕方を発見できるだろう。
 
「学力は生徒が自ら獲得していくものです。そのため生徒の主体性が重要になってきます。私たちが大切にすることは、生徒の可能性を引き出すことです。授業では、なるべく具体例をあげて、筋道を立てて考えていけるように工夫しています。ポイントを押さえた解説をしたり、興味を喚起する話題を振ったりして、やる気を引き出すことが大切です」
 
基礎があるから考える力がつく。考える力があるからこそ、未知の問題にも対応できる。全てのスタートは基礎にあるのだ。
 
 
基礎の力は生徒の生きる力にもなる・・・>>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索