ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜駅近くに電子タバコの看板を見つけました。ビルの中にあるので入る勇気がありません。お店の雰囲気とか電子タバコってどんなものなのか凄くキニナル!

    ミケキャットさん

    以前の報告で取り上げられた戸塚区の「俣野別邸」が完成し、4月から公開されています。ほぼ新築なので正直違和感もありますが、その風情は鎌倉の旧前田邸、古河邸に勝るとも劣らないレベルです。住友家の別荘時代か...

    栄区かまくらさん

    港北区のゆるキャラ「ミズキー」。ミズキーの着ぐるみが空いている時は、申請して通れば地域のイベントで貸し出してくれるそうです。ミズキー着ぐるみがどれくらいの頻度でどんなイベントや祭りに借りられてるのか、...

    烏龍茶さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
3位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
4位
横浜市の住民税って高いの?
5位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
6位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
7位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
8位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
9位
あの横浜スカイウォークは廃墟と化すのか!?
10位
横浜市職員の給料は高いのか!?
11位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
12位
京急本社がみなとみらいに移転、詳細は?
13位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
14位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
15位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
16位
みなとみらいのアンパンマンミュージアムが閉鎖するって本当?
17位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
18位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
19位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
20位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
21位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
22位
イトーヨーカドー本牧店跡地にオープンした「本牧フロント」の様子は?
23位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
24位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.8「日本唯一のハイエンドオーディオ機器専門メーカー・アキュフェーズ株式会社」
25位
ロケ地として500作品以上に登場! 閉校した旧県立三崎高校に潜入&解体後の跡地はどうなる?
26位
本牧に鉄道が開通するのはいつ?
27位
返還された上瀬谷通信施設で2026年に「花博」が開催されるって本当?
28位
三崎のシャッター商店街に開店した元Jリーガーの接骨院って、いろんな意味で大丈夫?
29位
「ドンドン商店街」って今はどうなってるの?
30位
金沢区の山田工業所が作る、日本で唯一の「打ち出し式」中華鍋って何?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 焼肉

横濱 焼肉食堂

活気ある店内で会話を楽しみながら、美味しい焼肉を食べる。二俣川の人気店「横濱 焼肉食堂」

最終更新日:2017年5月25日

045-744-6614

イチオシサンプル画像

活気があるから会話が弾む。会話が弾むから美味しいものを食べたくなる!「横濱 焼肉食堂」

焼肉が美味しいのは当たり前! 「ガチカレー!2014」で入賞した「牛タンカレー」も人気の焼肉店。活気ある店内で食事を楽しんで、二俣川商店街の魅力に触れることができる。

DATA
住所: 神奈川県横浜市旭区二俣川1丁目45-86
相模鉄道本線二俣川駅より徒歩3分
営業時間: 17時~23時(定休日:月曜日)
平均予算: ¥3,000~¥3,900

相模鉄道線二俣川駅の北口に広がる「二俣川商店街」。個性的なお店が軒を連ね、活気をみせるこの商店街に、嘘か真か、こんな噂があるそうだ。
 
――150メートル先のコンビニまで届く声の主がいる
 
そんなパワフルな人が本当にいるのだろうか? そこで早速、街で噂になっている二俣川の人気焼肉店「横濱 焼肉食堂」にお邪魔することにした。
 

1y_yakiniku_article
「肉」という赤い看板が目印の「横濱 焼肉食堂」

 
 
 
「横濱 焼肉食堂」から広がる竹村ご夫婦の想い
 
「とにかくブレないこと。これがお店の経営にとって一番大切なことです」
 
そう話すのは「横濱 焼肉食堂」を運営するPROVIDE株式会社の代表取締役である竹村純生(たけむら・すみなり)さんだ。
 

2y_yakiniku_article
お店に対する熱い気持ちを語ってくれる純生さん

 
二俣川駅北口から徒歩5分ほどの立地に店を構える同店は、開店後すぐに満席になることもあり、2時間待ちも当たり前だ。そんな人気店を経営する純生さんであるが、独立前はサラリーマンをやっていたという。
 
「当時、生コンクリートの工場で働いていました。ぼくの担当は、工場の整備や骨材の管理で、みんなで話し合って改善策を検討したりしていましたね。現在のお店の経営に応用されているスキルもあります。ただ妻とは『いつかお店をやりたいね』と話してはいましたが、どんなお店にするかは、まだ決めていませんでした」
 

002y_yakiniku_article
純生さんは「焼肉との出会いは、本当に偶然でしたね」と話す

 
そんな純生さんの人生を決定的にかえる出来事が起きる。それは、たまたま同僚と入った焼肉店であった。
 
「一口食べた瞬間、ホルモンの味に感動しました。その味が忘れられなくて、すぐに弟子入りを志願して、お店で働くことにしたんです。まさに人生のターニングポイントでした」
 
そのお店こそ「(卸)調布食肉センター」であった。純生さんは同店に入店し、その後系列の「新宿ホルモン」でも働き両店のノウハウの取得に励んだ。 そして準備が整った後、二俣川に店を構える。
 

3y_yakiniku_article
「横濱 焼肉食堂」の店内。ここが連日満席となる

 
「『新宿ホルモン』は、繁華街にあるのでお酒を飲む方が多く、『焼肉食堂』は郊外店だったため、食事に来る方がメインでした。うちは、こうした二つの店の良さを併せ持っている、両店の良いとこ取りをしたような店です」
 
しかし、開店して最初の何ヶ月間は、お店を安定させるために無我夢中だったという。純生さんがお店に泊り込むことも珍しくはなかった。
 

4y_yakiniku_article
お客さんのことを話す時の表情は真剣そのもの

 
「とにかく全力疾走です。どうすれば、もっとお客さんが満足してくれるか。常に、そんなことを考えています」

2ヶ月に1回は修行時代の店長であった師匠に相談をし、より良いお店になるように取り組んでいる。そんな純生さんには、日々の営業で心がけていることがあるという。
 
「お客さんは、家族連れから友だち同士、そして一人で来る方もいますが、とにかくお客さんとのコミュニケーションを大切にしています」と純生さんが話したところで、「私がコミュニケーション担当で、大将が味付け担当だね」と奥さんの美帆さんがインタビューに加わった。そうして、このような話を聞かせてくれた。
 

5y_yakiniku_article
奥さんの美帆さん。彼女こそ150m先まで届くという声の主

 
「コミュニケーションは、本当に大切ですね。基本的に、うちは全てのテーブルのお客さんと、必ず一言はコミュニケーションをとります」
 
美帆さんが各テーブルの状況を常に把握しているからこそ、全てのお客さんと話すことが可能となる。そして、こうしたコミュニケーションこそ大切だと純生さんは言う。
 
「うちでは、お客さんが何を求めているか知ることを大切にしています。それを探るには、コミュニケーションは必須です。お客さんが何を求めているかを知るからこそ、それに合う提案ができて、楽しい時間を過ごすことができると考えています」
 

6y_yakiniku_article
女将さんがお話をしている時の大将の表情、とっても良い!

 
その話を受けて、美帆さんが「うちでは、お客さんが2軒目に行くお店の紹介もやったりしていますよ」と言うと、このような話を聞かせてくれた。
 
「お客さんとコミュニケーションを取るから、『この後に行ける良いお店ない?』なんて聞かれることもあります。その度に、お客さんの要望に合うような、店を紹介してるんです。飲食店で美味しいのは当たり前。うちを起点にして、いろんなお店を回ることで二俣川を盛り上げていきたいですね」
 
純生さんも、美帆さんのお話に同意されており、お二人からお店と二俣川に対する愛情が伝わってくる。二俣川がにぎわうことで、純生さんのお店も盛り上がる、そして純生さんのお店が盛り上がれば、また二俣川もにぎわうようになる。そんな好循環が生まれているようだ。
 

7y_yakiniku_article
二俣川商店街の周辺は人の通りも多くある

 
純生さんは、「コミュニケーションと、それを通した提案。それを実現するためにも活気は必要です」と語ると、このように話を続けた。
 
「活気があるからこそ、お客さんもコミュニケーションを取りやすくなります。それを生み出しているのが、圧倒的にうちのおカミさんです。スタッフも私たち以外に6名いますが、80年代のJ-POPが流れる店内で、元気さを前面に押し出してやっています」
 
活気があるからこそ、コミュニケーションが生まれ、コミュニケーションがあるからこそ、お客さんに合った提案もできるのだ。――コミュニケーション、提案、そして活気。この3つが交わる場所に、最高の肉を食べることができる「横濱 焼肉食堂」がある。
 

8y_yakiniku_article
多くの人の想いに支えられて愛される店「横濱 焼肉食堂」

 
「いろんな人に、うちの味を知ってもらいたいです。それを通して、二俣川商店街の魅力も感じてもらえたら嬉しいですね」と、純生さんは言っていた。
 
ちなみに竹村さんご夫婦は結婚13年目で、出会ったのも二俣川であったそうだ。友達の友達という間柄から関係がスタートし、現在は3人のお子さんがいる。お二人の掛け合いを見ていると、独身である筆者は「羨ましいな」と感じるとともに、お店の活気が想像できる。
 

9y_yakiniku_article
「僕はピーナッツですね」と語る純生さん。「どういう意味?」と美帆さん

  
  
「横濱 焼肉食堂」のこだわりのメニューを紹介!!≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索