ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    本牧市民公園に、蒸気機関車のD51が展示されています。公園のホームページには“機関室に自由に入ることができる”とありますが、実際は老朽化を理由に柵が二重に張り巡らされて近づけないという、かなり残念な状...

    濱俊彦さん

    川崎縦貫道と大師線の地下化、2つの計画の内のどちらかが実現すると川崎市内から羽田空港やアクアラインへの所要時間が大幅に短縮されると思うのですがどちらも進展が見えません。限りある予算で市内の交通状況を良...

    ユースケさん

    近くのスーパーにマリノスのポイントカードが販売されています将来プレミアがつく可能性あったりするかもしれませんがこうしたカードで一番高かったカードぱいくらぐらいですかまた マリノスでぱ どれだけの広告収...

    ほっとさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
4位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
6位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
7位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
8位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
9位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
10位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
11位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
12位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
15位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
16位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
17位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
18位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
19位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
20位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
21位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
22位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
23位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
24位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
25位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
26位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
27位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
28位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
29位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
30位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 居酒屋

華蔵

炭火でじっくりと焼かれた焼き鳥と選りすぐりの日本酒や焼酎で幸せなひとときを。

最終更新日:2017年7月03日

045-878-3916

イチオシサンプル画像

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

世界中を旅した店主がたどり着いたのは、みんなを幸せに導く「うまい酒とメシ」。炭火でじっくり焼かれる焼き鳥はぜひこだわりのタレと塩で味わって。締めには比内地鶏の鶏塩そばを。

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区宮川町2-23-4
JR根岸線桜木町駅より徒歩6分、京浜急行線日ノ出町駅より徒歩6分
営業時間: 17:00~24:00(平日)、15:00~24:00(土・日)
平均予算: ~2999円

焼き鳥は人を幸せにする
 
以前はまれぽでも紹介したベルギービールの店、「Le Temps Perdu(ル タンペルデュ)」のオーナー、IKUO三橋さんが手がけるオルゴール博物館、カフェ&バーの「うっふ」、その1階部分にあるのが、今回ご紹介する焼き鳥屋「華蔵(かぐら)」である。場所は野毛こうじ。野毛の中でも日ノ出町に近い宮川町にある。
 

1kagura_article
以前の記事の画像にも写りこんでいますが・・・
  
2kagura_article
あらためて外観のご紹介

 
3kagura_article
カウンター7席とテーブル8席の落ち着いた空間

 
華蔵は2014(平成26)年6月9日にオープンしたばかりで、まもなく1周年を迎える。
野毛は言わずと知れた飲み屋の激戦区。先人の焼き鳥屋も少なくない。あえてこの地に店を構えた店主、蔵並淳さんにそのいきさつをうかがった。
 

4kagura_article
脱サラして焼き鳥屋店主になった蔵並さん

 
昔から料理は作ることも食べる事も好き、お酒も好きだったという蔵並さん。だが、飲食業界の道に最初から進んだわけではなかった。転機は勤め人時代に経験した1年がかりの世界放浪にあった。バックパッカーとして36ヶ国を旅し、さまざまな国の景色や人々、食に出会った影響は大きかったという。みんなで食事を囲んで笑顔で語りあう、そんな場を作りたいと会社を辞めて飲食店で修業し、開業へこぎつけた。

 

5kagura_article
印象に残っているのは南米の国々だそう

 
店は、自分の地元である野毛に出したかったという蔵並さん。良い店舗もみつかりオープンしたが最初は苦労も多かったそうだ。開店当初からのスタッフ市原さんも「最初の3ヶ月は喧嘩していた記憶しかありません」と笑いながら証言する。
 

6kagura_article
「オープンから3ヶ月は無休でした」と市原さん

 
衝突は絶えなかったが辞めたいと思ったことはなかったという市原さん。蔵並さんの目指す店づくりを真剣に受け止めるゆえの喧嘩だったのだろう。その熱意はお客側にも伝わる。今や華蔵は連日満員でにぎわう野毛の新たな名店のひとつに成長した。
 
「6月の開店以来走り続け、やっと手ごたえらしきものを感じてきたのが年末くらい」と蔵並さんが言えば、「まだまだです」と市原さん。互いに、とにかく笑顔が絶えない。

7kagura_article
カウンターの中に並んでいただきました

 
2人がカウンターに立つと際立つのは、客席との近さだ。調味料などが並んではいるが、手を伸ばせば届きそうなほど距離が短い。
 
「緊張する距離間ではあります。でも僕たちがお客さんに楽しませてもらえる近さでもあります」と蔵並さん。当初の大変な時期を乗り越え、徐々に増えてきた常連のお客さんたちの中には、華蔵を通じて知り合い、お客同士で仲良くなった人たちも多いという。
酒飲みの嗅覚なのだろう、常連同士が仲良くなる店は良い店の証である。
 
蔵並さんは言う。 
「料理やお酒は、自分たちを表現するツールだと思っています。野毛にはほかに焼き鳥屋も居酒屋も多いですが、特別何かをするというのでなく、基本的なことをきちんとやっていきたい、とにかく料理とお酒で楽しんでもらいたい、僕らもそれで楽しませてもらっているので」
 
華蔵という店名は、蔵並さんの名前の一文字と、人が集い笑顔の華を咲かせる楽しい空間にしたいという思いが込められたもの。その思いが込められた料理とは・・・

 
 
笑顔になれる美味しい料理とお酒を公開!≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索