検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

食べる居酒屋

華蔵

  • JR根岸線「桜木町駅」より徒歩6分、京浜急行線「日ノ出町駅」より徒歩6分
  • 神奈川県横浜市中区宮川町2丁目27
    • 営業時間:17:00~24:00(平日)、15:00~24:00(土・日)
    • 定休日:水曜

世界中を旅した店主がたどり着いたのは、みんなを幸せに導く「うまい酒とメシ」。炭火でじっくり焼かれる焼き鳥はぜひこだわりのタレと塩で味わって。締めには比内地鶏の鶏塩そばを。

ココがイチオシ!

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

 

2015年06月10日

笑顔になれる料理とお酒
 
華蔵の焼き鳥は備長炭を使った炭火焼。ガス調理とは匂いも味わいもまったく違う。
カウンター越しに立ち上る煙を見ているだけで、幸せな心地になってくる。
 

8kagura_article
炭は2種類の備長炭を混ぜて香ばしさと焼き加減を調整している

 
9kagura_article
火に炙(あぶ)られる肉というのは原始的、本能的な、ご馳走だと思う

 
10kagura_article
焼きあがった串は左からセセリ、ハツ、ネギま、シロレバ、皮

 
焼き鳥には肉を串から外すフォークも添えられる。焼き鳥を串から食べるか外して食べるかは人それぞれだが、華蔵では「お好みの、食べたいやり方でどうぞ」とのこと。
 
一番人気はシロレバ。華蔵の焼き鳥のタレは、このシロレバのために研究された独特のもので、一般的な焼き鳥のタレに比べ、さらりとしていて甘さもくどくない。
そして、確かにタレの味でレバーを食べさせるのではない、シロレバの味を引き立てるためのタレである。嘘じゃないから食べてみてほしい。
 

11kagura_article
これは外せない逸品。シロレバ

 
12kagura_article
このタレです

 
塩、タレの選択は基本的におまかせしておけば合う方で仕上げてもらえる。

シロレバだけでなく、どの串も肉の大きさや焼き加減がさり気なく絶妙だ。さて、そんな串焼きに合う日本酒は、常に新しくなるよう、4種類は日本全国から選りすぐった日本酒を1升ずつ仕入れている。
 

13kagura_article
景虎や南部美人は定番のお酒。取材時にあった魯山人会はかなり珍しいお酒だ

 
14kagura_article
焼酎も種類豊富。おこげ、心水などが人気

 
珍しいドリンクメニューとしては「濃い緑茶ハイ」がある。抹茶のように濁っていて、普通の緑茶ハイよりとにかく濃い。「その方が美味しい」というこだわりなのだ。
 
和食らしい季節感へのこだわりもあり、定番以外のおすすめメニューやお通しには、旬を感じる食材を使うようにしているそう。料理にあわせた味わいのある器も店内の雰囲気によく合っている。女性の一人客やカップルのデートでも楽しいひと時を過ごせるに違いない。
 

15kagura_article
意表をついた焼きアボカドが印象的な焼き野菜の盛り合わせ

 
16kagura_article
からしを効かせた華蔵のポテトサラダ

 
定食屋でも居酒屋でも、ポテトサラダは店の色をあらわすなんて言われることが多いが、華蔵のポテトサラダは間違なく酒飲みの作った、お酒のすすむポテトサラダである。
 
蔵並さんは自身のブログにかつてこんな一言を記していた。
 
「うまい酒を飲ませるのはうまい料理でしかない」
 
至言である。そしてそのこだわりの結晶のひとつが、この比内地鶏の鶏塩そばであろう。

 

17kagura_article
この鶏そばだけを食べに来てもいいくらいの美味しさ

 
「締めラーメン」という言葉があるように、鶏塩そばも飲んだ後の締めとして頼むのが定番だろう。だが、酔ってあやふやになった状態でなく、覚醒した状態でじっくり味わいたい、締めに頼むにはもったいない完成度の鶏そばである。とはいえ、締めに頼むには絶妙のさっぱり感と塩加減。ハーフサイズがあるのも嬉しい。
 
もうひとつ、紹介しておきたいのは、華蔵のメニューの中でも一際異彩を放つ「プリン」の存在である。そう、焼き鳥屋でありながら華蔵にはプリンがある。

 

18kagura_article
表面をキャラメリゼした濃厚な限定プリン

 
居酒屋に合うプリンを出そうと試作を重ねた結果たどり着いたプリンは、カラメルソースは使わずブリュレのように表面を焦がしたスタイル。日に限定3個のみである。

大量に卵黄を使うため、卵色というよりオレンジに近い驚くほど鮮やかな色合いで、その味わいは衝撃的な濃密さだ。
 
華蔵オープンから1周年を目前にして蔵並さんは「来てくださるお客さんには本当に感謝してもしきれない。一人ひとりに手紙を書きたいくらいの気持ちです」と語る。

 
1周年にはそんな感謝の気持ちを伝えたいという。
 
「華蔵はお客さんと僕ら、みんなでつくる店です」と蔵並さん。
野毛に新たな焼き鳥の名店が育ちつつある。
 
 
 
取材を終えて
 
焼き鳥は非常にシンプルな料理だ。肉を串に刺して火で炙る、おそらく世界中にある調理法だろう。バックパッカーで世界を旅した店主が辿りついたのは、美味しい料理を囲む人々に咲く笑顔の華、それを咲かせるための「うまい酒とメシ」の店づくりだった。
 

ぜひ、笑顔の華を咲かせに華蔵を訪れてほしい。
 
 
-終わり-

 
 
Facebook

 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから
お問い合わせ

 

※情報は取材時のものです

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 華蔵
カグラ
ジャンル 焼き鳥
住所 〒231-0065 神奈川県横浜市中区宮川町2丁目27
アクセス JR根岸線「桜木町駅」より徒歩6分、京浜急行線「日ノ出町駅」より徒歩6分
駐車場 お近くのコインパーキングをご利用ください
TEL1 045-878-3916
「はまれぽを見て」とお伝えください。
TEL2
FAX 045-878-3916
営業時間 17:00~24:00(平日) 、15:00~24:00(土・日)
定休日 水曜
URL https://www.facebook.com/kagurakagura
カード利用 可 (VISA、MASTER)
個室

こちらもおすすめです

食わず嫌いじゃもったいない。「丼丸反町店」の500円海鮮丼が想像以上のコスパ!

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

餃子、チャーハン、麻婆豆腐・・・横浜駅チカで安くて美味しい本格中華が食べたい人は集合

  • PR

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

基本情報

店名 華蔵
カグラ
ジャンル 焼き鳥
住所 〒231-0065 神奈川県横浜市中区宮川町2丁目27
アクセス JR根岸線「桜木町駅」より徒歩6分、京浜急行線「日ノ出町駅」より徒歩6分
駐車場 お近くのコインパーキングをご利用ください
TEL1 045-878-3916
「はまれぽを見て」とお伝えください。
TEL2
FAX 045-878-3916
営業時間 17:00~24:00(平日) 、15:00~24:00(土・日)
定休日 水曜
URL https://www.facebook.com/kagurakagura
カード利用 可 (VISA、MASTER)
個室

アクセスランキング