ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    宮城出身の祖母は「神奈川はヤブ医者が多い。横浜市大の先生しか信用しない」といいます。神奈川県は東海大聖マリアンナ大北里大の先生が多いですが、この3医大は今でこそ優秀な高校生が入っていますが祖母が若い頃...

    はなつきづきさん

    先日発表されたYahoo!検索大賞2017ですが、ローカルカテゴリーの神奈川県部門は「神奈中バス時刻表」でした。他の地域では、スポーツや特産品、アミューズメント施設などが受賞していて、これが普通かなと...

    かにゃさん

    緑区の十日市場中学のすぐ隣でマンション建設が始まってますが近隣の学校の児童受け入れ態勢は整っているのでしょうか?緑区とは名ばかり地主の土地売却と東電崩壊で住宅開発が進み既に受け入れ困難になってる小学校...

    ちゃたろうさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 居酒屋

愛嬌酒場「えにし」

よりすぐりの限定日本酒ととびきりの料理に名物女将の愛嬌をそえて。

最終更新日:2017年3月21日

045-663-3336

イチオシサンプル画像

店の縁、人の縁。関内駅前にある、行けば何かが待っている愛嬌酒場「えにし」

行けばきっとその店のファンになる。そんな店の魅力はたとえば雰囲気だったり、こだわりのお酒や料理だったり、店主の人柄だったり・・・イチオシしたくなる店にはそんな共通点が必ずある。

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区常盤町3-34和風ビル1階
JR根岸線関内駅北口より徒歩3分 、市営地下鉄関内駅3番出口すぐ
営業時間: 月~土曜日16:00~26:00、日曜・祝日16:00~24:00 
平均予算: ~5999円

今回ご紹介したいのは、愛嬌酒場「えにし」。
場所は横浜市営地下鉄ブルーライン「関内」駅の北口至近。3番出口を出て右手の角を曲がればあらわれる居酒屋の並ぶ小路がそのアプローチである。
 

1enishi_article
横浜市営地下鉄関内駅3番出口を出て右手の角の先に店がある

2enishi_article
昼間はおだやかな裏路地の一角の店先

3enishi_article
日も暮れて灯りがともるころになると・・・

4enishi_article
このにぎわい!

5enishi_article
U字型のカウンターと2つのテーブル席がたちまち満席に

 
オープンから4年を迎え、毎晩にぎわう愛嬌酒場「えにし」。・・・ちょっと不思議な名前だ。でも、過ごしているうちに、こんなにぴったりな名前もないという気もしてくる。この魅力はなんだろう? 女将の田村由希絵(たむら・ゆきえ)さんにお話を伺う。
 

6enishi_article
名物女将の田村由希絵さん、永遠の28歳

 
由希絵女将はかつては長く広告関連業に携わり、飲食経営とは無縁の人生だったそう。
転機は8年前に自身を襲った咽頭がんだった。死を目の当たりにして一命をとりとめ、闘病生活を送りながらた女将は「これからは悔いの残らない生き方をしたい、やりたいことをやってみたい」と決意。
 
人と人をつなぐ、来る人が元気で笑顔になれるような居酒屋の開店を目指して、2年半ほど夜は飲食店で働き経験を重ね、ついに4年前の2011(平成23)年、この愛嬌酒場「えにし」をオープンさせた。
 

7enishi_article
笑顔の絶えない由希絵女将。死の淵に立った人の持つ優しさを感じる

 
愛嬌酒場とは、笑顔の似合う由希絵女将にぴったりの呼び名。
そして、その由来を伺うと
「店名を考えたときに、“なんとか酒場”ってしたいなと思っていて。昔、学校で先生にいわれたことを思いだしたんです。昔から女の愛嬌値千金という言葉があるけれど“お前なあ、人は愛嬌だけじゃ生きていけないんだぞ”って。それで、愛嬌で生きていけるって示したくて、“愛嬌酒場”ってつけたんです」とのこと。
まさに愛嬌たっぷりのエピソードだ。
 
ちなみにその先生は、のちにお店にお客として来てくれて「愛嬌で生きていけるんだな!」と感心したそう。これも縁(えにし)を感じる話。
そう、この店にはその名のとおり「えにし」があふれている。
 

8enishi_article
「一緒に働いてくれてるスタッフも、もともとうちのお客さんだったの」「え!」

 
 
 
店の縁、人の縁
 

9enishi_article
元・お客で3年前から働く菅野貴司(すがの・たかし)さん

 
熱狂的な横浜DeNAベイスターズファンで球場から駆けつけた・・・わけでは決してなく、「えにし」は横浜スタジアムで試合がある日はユニホーム営業になるのだ。さきほどからたびたび、さりげなく画像に写り込んでいるように、店全体でベイスターズ推しである。由希絵女将自身、市立横浜商業高校(通称Y高)出身ということもあり、大の野球ファンなのだ。
 
話を元に戻すと、菅野さんは店では「日本酒王子」とよばれるお酒のエキスパート。
「えにし」の魅力のひとつが、全国の酒蔵からよりすぐりの銘酒をいつでも楽しめること。その目利きを任されているのが菅野さんである。
 
「なるべく、うちに来ないと飲めないようなお酒を取りそろえるようにしています。家族ぐるみで経営しているような小さな酒蔵のお酒ですね。流通する数が少ない珍しいものもあり、時には蔵元に直接出向くこともあります。それと気候も意識します。夏ならすっきり、きりっとした飲み口のものや、少し軽めのものなどです」と菅野さん。
 

10enishi_article
店先の壁には日本酒のラベルがびっしり

11enishi_article
たとえば取材時の日本酒のラインナップはこちら

 
「残草蓬莱(ざるそうほうらい)(大矢孝酒造/神奈川県愛甲郡愛甲町)」は見覚えがあったものの、「廣戸川(ひろとがわ)(松崎酒造店/福島県岩瀬郡天栄村)」、「松みどり(中沢酒造/神奈川県足柄上郡松田町)」、「ALPHA(アルファ)風の森(油長酒造/奈良県御所市中本町)」など、はじめて目にするものばかり。
 
なお、日本酒を頼むと「龍勢(りゅうせい)(藤井酒造/広島県竹原市本町)」の仕込み水を、和らぎ水として出してもらえる。
 

12enishi_article
本日の日本酒ラインナップを手書きする日本酒王子

 
「廣戸川は今一番若い杜氏が仕込んでいます。松みどりは11代目、この風の森は硬水で仕込んでいるのが特徴でアルコール度数も14度と軽く・・・」一つひとつ丁寧な解説で旨味や酸味についても教えてもらった。
 
もともと希少なお酒を取りそろえているため、前に飲んだものが次の来店時にあるとは限らない。それでも日本酒王子におまかせすれば、その日ベストのお酒を味わうことができるに違いない。限定日本酒は常時15種類以上が取りそろえられている。
 

13enishi_article
お酒は江戸切子のグラスから枡にこぼれてなみなみ注がれる

14enishi_article
この枡は4周年記念に作ったスタッフの似顔絵入りのオリジナル

 
さて、元・お客さんだったもう1人のスタッフがジュンコさん。
「この子ビールが好きだからビールと一緒に撮ってね!」という由希絵女将の希望により、ビール片手にポーズをとってもらった。
 

15enishi_article
ビール大好きジュンコさん

 
ジュンコさんはスタッフ暦2年になるところ。もともとほかの飲食店で働いていており、そのころ深夜にやってくる常連客だったそう。
 
「よく女将に悩みをきいてもらって、時には叱られて。この店で働くようになった大きな理由は、女将の人柄じゃないでしょうか」
 
お店をもつ時、女性を応援したいという気持ちもあったという由希絵女将。実際「えにし」は女性一人客でも気兼ねなく楽しめる入りやすさがある。そして、前向きな笑顔の由希絵女将に悩み相談したくなる気持ち、分かる気がする・・・深夜の人生劇場、これも「えにし」ならではだったのだろう。
 

16enishi_article
そしてジュンコさんもユニホーム営業へ

 
 
えにし自慢の酒と肴をご紹介!!≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索