ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    相鉄側が労使交渉で「ストライキをしたら損害賠償請求や懲戒処分を検討する」と発言し、県労委が「不当労働行為に当たる」と認定した件が気になる。またバス運転手らに子会社への転籍か早期退職を迫り、従わない者に...

    幸人さん

    先日、京急・屛風浦駅の改札横にあるコンビニに立ち寄った所、レジ打ちをしてくれた方が駅員さんでした。良く見るとコンビニのレジと駅員室が一緒になっているんです。駅員さんがレジ打ちするなんて見たことありませ...

    黒くてもシロッコさん

    横浜から国道16号を下って横須賀に向かうとやたらトンネルが増えます。そんな横須賀で近々、横須賀トンネルカードが発行されるそうです。どんなトンネルがカードになるのか興味あります。ダムカードのようにコレク...

    inemugiさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 居酒屋

みやざき地頭鶏 てげてげ

「ごまかすことが大嫌い」。こだわり抜いた料理とお酒で宮崎が味わえます!

最終更新日:2017年3月28日

045-252-8989

イチオシサンプル画像

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

料理の道より奥さんを選んだご主人。くすぶり続けていた想いに火がともったのは、一頭の地鶏だった。20年以上温めていた計画が、宮崎県の地元料理店として曙町に降臨。鶏の甘みと焼酎のハーモニーは、まさに神話級

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区曙町1-4-127
横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅より徒歩約4分
営業時間: 火~土:18:00~翌2:00(L.O.1:00)、日祝:18:00~0:00(L.O.23:00)
平均予算: ~¥4,999

「チキン南蛮」。宮崎県の地元料理で、いわゆる「から揚げにマヨネーズを添えたもの」ではない。片栗粉と卵白を使った衣でフンワリ仕上げることにより、甘酢のタレがしっかり染み込む。
 
「日向夏」。宮崎原産のかんきつ系で、えぐみや苦みが全く感じられず、すがすがしい甘みが特徴。サワーなどで楽しめるほか、刺身のようにしょうゆを付ける食べ方もある。
 
「シロキリ」。宮崎県にある霧島酒造が醸造する焼酎ブランド「霧島」のなかで、白いラベルが貼られている商品のことを指す。近年レシピに変更が加えられ、昔ながらの「シロキリ」を望む声も多い。

 

1tegetege_article
これが本当の「チキン南蛮」

 
こうした本格的な宮崎料理とお酒を楽しめるのが、曙町一丁目交差点近くに位置する「みやざき地頭鶏 てげてげ」。しかも、店名に恥じず「みやざき地頭鶏(じとっこ)」という宮崎県の地鶏を使用しているというのだから、グルメでなくとも一度は訪れてみたいものだ。
 
いったい、ほかのニワトリとは何が違うのか。また、料理と焼酎を前に、どのような楽しみ方ができるのだろう。その魅力を、店主の吉田裕一(よしだ・ゆういち)さんへたずねてみたところ「とりあえず、召し上がってみますか」とのこと。百聞は一口にしかず。では、よろしくお願いします。
 
 
 
うま味は、甘みに通じる
 
「ごまかすことが大嫌い」と話す吉田さんによれば、スターターのオススメは「タタキ」とのこと。むね肉(780円)は湯引き、皮の付いたもも肉(880円)はさっとあぶってある。生の食感が楽しめるし、時間もかからないが、ともに1日限定5食なので要注意!
 

2tegetege_article
宮崎県特有の、甘いしょうゆで頂く

 
歯ごたえがあるのに柔らかく、濃厚な甘みが感じられる逸品。鶏肉自体に「味がある」ことが驚きだ。

市販されているから揚げのなかには、ガーリック味やカレー風味のようなイロモノもある。しかしそれらは、衣を味わっているのであり、肉の甘みなど考えたことがない。むしろ無味であったことに驚かされる。
 

3tegetege_article
王道メニューから「四角いつくね(600円)」、生卵を絡めて

 
4tegetege_article
コリコリした食感が楽しめる「砂肝のアヒージョ(1000円)」

 
そしてトドメは、看板メニューの「篭(かご)焼き(1580円)」。金属製の篭に入れることからその名が付いた、一種の炭火焼きである。特殊な「切り出しかまど」を使うというので、拝見させていただくことに。

 

5tegetege_article
鶏の脂身を直接かまどにくべて、火に勢いを付ける

 
6tegetege_article
篭に切り身が投入された

 
7tegetege_article
したたり落ちた自身の脂で、スモーク状にいぶされていく

 
8tegetege_article
エキスがしたたる薫製といった感、お酒が止まらない

 
そのお酒である。宮崎県といえば、日本酒というより焼酎。そのなかでも代表的なブランドが「霧島」だろう。コンビニでも流通しているが、あれが全てと思われては困る。

 

9tegetege_article
同店で楽しめる「霧島」の数々

 
比較的良くみかけるのが、黒麹(こうじ)を使った「黒霧島(左)」。その隣にある青いラベルは、チャーガーというキノコの一種を用いた「国宝霧島」。続いて、オレンジ芋「タマアカネ」を使った「茜(あかね)霧島」、アルコール度数の高い「特別蒸留霧島」、冒頭で説明した「白霧島」に、昨年まで造られていた普通の「霧島」。

 

10tegetege_article
ほぼ同じに見えるラベルだが、微妙に異なっている

 
この新「シロキリ」と旧「霧島」を飲み比べてみよう。

まずは新「シロキリ」。芋の香りがするものの、上品で飲みやすい貴族的な感じ。一方の旧「霧島」は、荒削りな風味があって刺激的。口の中でガッサガッサと、野武士が暴れている。好みはそれぞれだろうが、野趣を惜しむ声が少なくないのも、分かる気がする。
 

11tegetege_article
ほかにも、30から40種の焼酎を取りそろえ

 
12tegetege_article
地元のかんきつ類を使ったサワーもオススメ

 
そんな同店だが、現在の形に至るまで、さまざまな難関が待ち構えていたという。どのようなヒストリーがあったのか、引き続き話を伺っていきたい。
 
 
「てげてげ」になるまでの歴史はまだつづく!≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索