ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    「亀甲山」というバス停の名前の由来は何?

    アメニティさん

    横浜市営地下鉄吉野町駅から徒歩3分。住宅街にある「ラドン温浴健康館」は、一般の人でも利用できるのでしょうか。

    takedaiwaさん

    2015年、2016年もレポートにでかけていらっしゃる三和交通さんの心霊スポット巡礼ツアー2017がパワーアップして7月1日から抽選開始とのこと。横浜もショートコースとロングコースがあるとか(東京、埼...

    彗星さん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
きょう本牧にオープン! すかいらーくグループの日本初ハワイアンレストラン「La Ohana」の詳細をレポート!
2位
古き良き昭和の味! 5席しかない? 大船の激セマ老舗ラーメン店「天龍」に突撃!
3位
学食に重慶飯店!?関東学院大学に中華街の高級店が出店したって本当?
4位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
5位
みなとみらいでワンコイン! 限定ランチ弁当を大調査!!
6位
横浜駅近5分以内! 手ぶらで行けるオススメ「屋上バーベキュー」施設を紹介!
7位
【ニュース】横浜で「一番高い」ビアガーデン!
8位
横浜の「具だくさん」でおいしい焼きそばが食べられるお店はどこ?
9位
DeNAベイスターズが勝ったらサービスあり? 特典があるお店ってどんなとこ?
10位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
11位
【はまれぽ名作選】昭和の風情を残した飲み屋街、横浜駅西口「狸小路」に突撃!
12位
横浜では絶滅危惧種!? 「たぬきケーキ」を探せ!
13位
関内にある屋根のない謎のバーに突撃!
14位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
15位
【編集部厳選】きょうは開港記念日! 横浜発祥グルメ集めました!
16位
【はまれぽ名作選】「ハマで一番50種類以上」とうたうスパゲティ専門店「サージョーンズ」で未知なるメニューに遭遇!?
17位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
18位
【はまれぽ名作選】美人店主がひっそりと営業する「焼菓子キミドリ」のお菓子が想像をはるかに超えるほど美味って本当?
19位
【はまれぽ名作選】京急富岡駅近くに数ヶ月待ちの「コンビーフ」が売っているお店があるって本当?
20位
【編集部厳選】夏だ! カレーを食べよう!
21位
キリンビール横浜工場の「ビールづくり体験教室」のビールは本当においしくできるの? ~ビールづくり編~
22位
【ニュース】崎陽軒がファイナルファンタジーとのコラボ弁当を販売!
23位
【はまれぽ名作選】レーズンウィッチで有名な「鎌倉小川軒」オーナーは横浜嫌いってホント?
24位
【ニュース】かっぱ寿司が重箱からはみ出す特大うな重を発売!
25位
【ニュース】「野毛」の名前が付いたビールが登場!
26位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
27位
横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 前編
28位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
29位
【はまれぽ名作選】横浜の老舗大判焼き店「おすとあんでる」。包み紙に隠された謎の挿絵の正体は?
30位
800グラムの巨大ステーキなどが食べ放題! 野毛「ブッチャーズ☆グリル」でステーキ7種類完全制覇に挑戦!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 郷土料理

いっちゃが 横浜西口店

宮崎のソウルフードの数々。食を通じて、魅力をご紹介!

最終更新日:2017年5月08日

045-290-8890

イチオシサンプル画像

「宮崎」を召し上がれ!宮崎生まれのオーナーと料理長が送る、横浜駅西口にある絶品鶏料理「いっちゃが」

宮崎県民のソウルフード・もも焼きやチキン南蛮をはじめ、宮崎の食材を存分に使った、絶品鶏料理を味わえるお店。取材へ行った編集部一同、感嘆!おいしい笑顔がこぼれました。

DATA
住所: 神奈川県横浜市西区南幸2-7-10
JR横浜駅西口より徒歩5分
営業時間: 17:00~24:00 (L.O.24:00)
平均予算: 3,000円(通常平均)

宮崎と言えば九州、九州と言えば九州男児、九州男児と言えば崩れた炭鉱から出てきて倍賞千恵子の肩を抱く高倉健である。
 
「本格的な宮崎料理のお店」のイチオシ依頼が来た時、そんな感じで「そらぁもう、ぜひとも行きます」と食いついてしまった筆者。九州男児、憧れです。そんなこんなで横浜駅西口から徒歩約5分の「いっちゃが」へと向かった。
 

1iccyagayoko_article
西口五番街をビブレの方へ

 

2iccyagayoko_article
ビックカメラと薬局の入っているビルの間をすいすいっと

 

3iccyagayoko_article
パチンコ屋さんのあたりでふと右を振り向くと

 

4iccyagayoko_article
「いっちゃが」の看板が

 

5iccyagayoko_article
どやっ

 
大きなちょうちんが印象的なお店構え。さっそくお邪魔致します。
 

6iccyagayoko_article
店内はカウンター席と

 

7iccyagayoko_article
テーブル3席の計18席の空間に
 
8iccyagayoko_article
宮崎の地酒

8-2iccyagayoko_article
晴れた日には、外のテラス席でも

 

9iccyagayoko_article
芋焼酎がぎっしり

 
最近何かと注目される宮崎県。宮崎料理を売りにするお店は数多くあるが「いっちゃが」はこの焼酎の本数で本気度が普通じゃないことが分かる。
 

10iccyagayoko_article
もはや現地まできてしまったかのよう

 
そしてこの日、お話を伺う九州男児はこの方。

 

11iccyagayoko_article
オーナーの川﨑さん(宮崎県出身)

 
時々はにかむところとか、飾らないお言葉を使うところとか、まさに九州男児な川﨑さん。ちらりと出てくる宮崎弁もたまりません。さっそく「いっちゃが」のあれこれをお伺いしましょう。
 
「いっちゃが」がオープンしたのは、ちょうど10年前の2004(平成16)年。元々サラリーマンだった川﨑さんが脱サラして一からお店を作り上げられた。

 

11-2iccyagayoko_article
飾らずご自分の歴史について語られる川﨑さん

 

11-3iccyagayoko_article
43歳の時に独立を決意

 
会社を辞めてから、小売業をやろうとも思ったそうだが、それよりも以前から興味があった宮崎の郷土料理をたくさんの人に楽しんでもらえる飲食店をやろうと思い、宮崎県に一時帰郷。飲食業をやっている友達のお店で基本を学んだとのこと。

 

12iccyagayoko_article
ふむふむ

 
その時に現在「いっちゃが」の総料理長である田原さんとも出会い、くどき落として一緒に店をやることに。その後、横浜で物件を探し現在に至るそう。
 
それから店名の「いっちゃが」について。

「いっちゃが」とは、宮崎弁で「よいよ」「大丈夫だよ」という意味。宮崎のお友達と一緒に考えられたそう。とてもキャッチーな響きが素敵でございます。
 

13iccyagayoko_article
濃い人生をたどってこられた川﨑さん

 

14iccyagayoko_article
ねじり鉢巻きの一見強面な総料理長・田原さん

 
何故お店を横浜にて始めたのか、というと「最初は都内でやろうと思っていたけどいろいろあって横浜になりました」とのこと。

現在は川﨑さんも総料理長の田原さんも、横浜が気に入ってらっしゃるようで、故郷愛が強い宮崎県ご出身のお二人に気に入っていただけるなんて、横浜とっても良いじゃないですか。
 
川﨑さん率いる「いっちゃが」は、今では横浜駅西口の本店と関内店の2店舗を横浜市内に構えている。
 
編集部・吉田氏も良くお邪魔しているという「いっちゃが」。グルメ・D・吉田が通い詰めるお店とは、いったいどんなお料理をいただけるのだろうか。
 
 
ついにオーナーと総料理長こだわりの宮崎料理をいただきます!!≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索