ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ブルーラインと比べて、駅も両数も少ないグリーンラインの方が、ブルーラインより豪華な車両(液晶パネルが付いていたり…)なのは何故?

    Number_09さん

    みなとみらい線とグリーンラインの本牧・根岸エリアまで線路を作る計画はまだ廃止にされていませんか?

    Number_09さん

    市営地下鉄グリーンライン10周年記念装飾列車がどんな感じか知りたいです。

    HIDANAGAさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
4位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
6位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
7位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
8位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
9位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
10位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
11位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
12位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
15位
相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
16位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
17位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
18位
取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
19位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
20位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
21位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
22位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
23位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
24位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
25位
帷子川の源流までってどうなってるの?
26位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
27位
陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
28位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
29位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
30位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

買う> ファッション・ジュエリー

Leather Factory Roberu (レザー ファクトリー ロベル)

世界的にも注目を集めているアイテムばかりで、リピーターもたくさん。世界で一つだけの商品は見逃せない。

最終更新日:2017年3月22日

045-341-0595

イチオシサンプル画像

世界中から大注目! ここでしか買えない革製品が大人気の「レザー ファクトリー ロベル」

革製品の魅力を世界に発信する「レザー ファクトリー ロベル」。取り扱う商品は、一点モノやその土地の魅力が詰まったものばかり。クラシックな雰囲気が漂う店で、革のアイテムの素晴らしさに触れてみては。

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区花咲町3-88-1階
JR根岸線・横浜市営地下鉄桜木町駅より徒歩5分
営業時間: 平日11:00~19:00 土日12:00~19:00

革製品の魅力は、長く使うことで深い味わいが出てくるところだろう。使えば使うほど、質感や色合いが変化して、自分だけのオリジナルアイテムになっていく。時間とともに、世界で一つだけの逸品に仕上がっていく製品は、なかなかない。
 

001roberu__article
使い込めば込むほど、味わいが深くなる ※画像はイメージ

 
ここ横浜に、厳選された革素材を使用して、一品一品、丹精を込めて作り上げた製品を販売する店があるという。しかも、世界中から注目を集めているそうだ。
 
34歳になった筆者は、革製品を持てば、少しは大人の男になれるのではないかと思っていた。これは行ってみるしかない! 早速、現地に飛んでみよう。
 
 
 
「Leather Factory Roberu」の魅力に迫る!
 
「アクセントのあるアイテムがそろっている。それが、当店の特長ですかね。ここでしか買えない一点ものの商品が数多くあって、一つひとつにストーリーが詰まっています」
 
店の魅力についてこう話すのは、株式会社ROBERUの代表取締役・岩元慎治(いわもと・しんじ)さんである。そして、同氏の語る店こそ、丁寧に作り上げた革製品で世界をも魅力する「Leather Factory Roberu(レザー ファクトリー ロベル)」だ。
 

002roberu__article
革の魅力について教えてくれた株式会社ROBERUの代表取締役・岩元さん

 
同店は、JR根岸線「桜木町」駅から徒歩5分ほどの場所に店を構えている。
 

003roberu__article
JR桜木町駅西口から
 
004roberu__article
野毛ちかみちを進み
 
005roberu__article
南1出口を出たら、すぐに右折して音楽通りをまっすぐ
 
006roberu__article
本町小学校を目指すと
 
006roberu__article
「Leather Factory Roberu」が現れる

 
同店は「驚きを与えたい」という理由から、あえて住宅街に出店をしたそうだ。魅力的な雰囲気に引き寄せられて、近隣の神奈川県立音楽堂でコンサートを鑑賞した方などが、フラッと立ち寄ることも多い。
 
店内には、革製品特有の芳醇な香りが漂っており、所狭しと商品が並ぶ。個性的な魅力が溢れるアイテムばかりで、思わず手に取ってしまう。
 

008roberu__article
木の温もりのある店内には、革製品がたくさんそろう

 
なぜ、このようなスタイルの店を開こうと思ったのだろうか。岩元さんは「実は、もともとは漫画家を目指していたんです」と言うと、店が誕生するまでの話を聞かせてくれた。
 
「20歳ぐらいまで、少年誌でのデビューを目指して、漫画を描いていました。だけど、やりたいことと求められることが違うことを知り、漫画家への道を断念します。その後、これからどうしていこうかと、次の目標を見つけるための時間が2年ほどありました。そんな悩みの先で、たまたま革製品と出会ったのです」
 
きっかけになったのは、漫画家を目指していた時に自作したペンケースだった。改めて手に取ってみると、胸に浮かんでくることがあったという。「革製品を作ってみるのもいいかもしれない」と。そう感じた岩元さんは、独学で革製品づくりを始める。
 

009roberu__article
現在の店頭にも置かれているペンケース。当時は、どんなものだったのだろうか

 
まず製作したのが、カメラのストラップだ。すると、東急東横線学芸大学駅にあるカメラグッズを扱う「monogram」から製作依頼が入ったり、カメラ愛好家をつなぐプロジェクト 「camera people」からも月に400本もの注文があったりと、岩元さんの商品がにわかに注目を集め始めた。
 
一人で大量の商品を作る日々。しかし、その苦労が、また別のチャンスを引き寄せる。オリンパスのミラーレス一眼レフのデジタルカメラ用に、ストラップだけでなくカメラケースも製作を依頼されることになったのだ。そのチャンスも見事ものにした岩元さんは、さらなる高みへと導かれていく。それは、2009(平成21)年の出来事であった。
 

010roberu__article
カメラストラップは、今でも同店の人気商品の一つ(6000円~)

 
「当時、『iPhone3GS』が発売されて、すごい人気を集めていました。その時、それにピッタリと合う革のケースがあったらいいなと思って、実際に作ってみたところ、爆発的なヒットとなります。海外からも問い合せがあって、一気に看板アイテムとなりました」
 

011roberu__article革ならではの馴染みやすさと触り心地がクセになるそうだ

 
この勢いに乗って、岩元さんは、2012(平成24)年にブランドを立ち上げて独立。その後、2013(平成25)年2月22日に「Leather Factory Roberu」をオープンさせた。
 
「Roberu」という名前の由来は、岩元さんの誕生日が関係している。「2月22日だから、英単語から2文字ずつ取ろう」と思いつき、「Road / Beach / Runner」の最初の2文字を組み合わせて生まれたそうだ。自分の想いと向き合って、まっすぐに人生を走ってきた軌跡や、趣味のサーフィンなどから取った単語であるため、岩元さんの生き様が凝縮されていると言っても過言ではない。
 

012roberu__article
岩元さんの想いが込められた「Roberu」の名前

 
「当店の製品は、私自身が使いたいと思うものを作るようにしています。100%自分の責任のもとでやっていきたいので、商品はもちろん、ホームページや写真なども、全て手作りです。コンセプトに共感する方々が集まる店にしていけたらと考えています」
 
岩元さんの話を聞いていると、俄然、どのようなアイテムがそろっているのか気になってきた。そこで、「Leather Factory Roberu」が取り扱う商品について、探っていくことにしよう。
 
 
目移りするほど魅力的な、一点ものの商品の数々をご紹介 >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索