ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

ゴールデンウィーク(GW)マル秘大作戦〜2017年版・はまれぽ流〜 [はまれぽ.com]
イベントカレンダー2017年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    不祥事全国一位じゃないかと思われる神奈川県警がやってくれました。南署の婦警さんがホストに狂って旅行積立金を着服しました。何故身内の犯罪にはとても甘いのでしょうか?懲戒免職すらしないなんておかしいと思う...

    福三さん

    川崎市多摩区菅馬場1丁目12-16 にある、星川製麺所がやっている「彩」。今時、やきそばやうどん・そばが¥200。他に定食などメニューが豊富。土曜日にはなんと!¥500で食べ放題まであるそうです。最近...

    大魔王さん

    「日吉」の発音の高低は、「ヒよし」か「ひよし」どちらが正しいのでしょうか。会話では、最初が高い「ヒよし」ですが、電車の案内は抑揚のない「ひよし」です。「綱島」も同様。

    洋菓子好きさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

もうすぐGW。期間中はどこで過ごす?

横浜市内で過ごす
神奈川県内で過ごす
関東圏内で過ごす
関東圏から脱出する
海外で過ごす
そのほか
休みなんかない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
【ニュース】横浜DeNAベイスターズ選手寮のカレーが学校給食になる!
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
6位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
7位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
8位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
9位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
10位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
11位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
12位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
13位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
14位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
15位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
16位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
17位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
18位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
19位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
20位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
21位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
22位
横浜市が小児医療費助成の対象を小学3年まで拡大! その詳細は?
23位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
24位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
25位
国立なのに「横浜」!? 横浜国立大学の名前の由来に迫る!
26位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
27位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
28位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
29位
日本の科学を切り拓く高校生を育てる? 鶴見の「サイエンスフロンティア高校」ってどんな学校?
30位
待機児童ゼロとうたう横浜市、「保留」の扱いとは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

病院・薬局> 助産院

みやした助産院

妊婦さんだけでなく産後や育児中のママたちが落ち着いて相談できる場所。さまざまなケアやイベントを実施!

最終更新日:2017年4月13日

045-231-1788

イチオシサンプル画像

産前・産後、育児の悩みに応えます。出産と育児を楽しんでもらうためのサポートをする「みやした助産院」

「授乳サポートは私にとっての生涯の仕事」と穏やかに語る宮下院長。みやした助産院で出産した人だけでなく、たくさんのママが悩みを相談しにみやした助産院を訪れる。その数は年間延べ3000人!

DATA
住所: 神奈川県横浜市南区三春台126
京急黄金町駅、南太田駅より徒歩10分
営業時間: 月~土 9:00~17:00 ※完全予約制、緊急時は随時対応します。

助産院が坂の上にあるのは、妊婦さんのため!?

みやした助産院は、京浜急行線黄金町駅または、南太田駅より徒歩約10分のところにある。横浜市営バスを利用することでもでき、バス停からは徒歩約5分となっている。
 

miyashita_article1
取材当日は、黄金町から歩いて向かうことに

 
黄金町駅の改札を出て左へまっすぐ。「初音町」信号を越えて、そのまま直進する。

 

miyashita_article2
初音町信号を渡る

 
直進して7分~8分歩き「関東学院前」の交差点で左折。
 

miyashita_article3
暑い・・・

 
行く道はずっと上り坂だ。なだらかだったり、急だったり、勾配(こうばい)はいろいろだが、真夏の炎天下の中だと、どうしても「暑い暑い」と口に出てしまう。

 

miyashita_article4
みやした助産院に到着!

 
「こんなに暑いのに、妊婦さんは歩けるのかな?」と疑問に思うが、到着早々にその疑問に答えてくれたのは、事務の久山(ひさやま)さん。

 

miyashita_article5
笑顔がすてきな久山さん。話しやすくて安心できます

 
「健康な妊婦さんは、たくさん歩いた方が体にいいんですよ!」と笑顔でコメント。

そうか・・・助産院に来るだけで運動不足解消だな、と妙に納得してしまったが、後ほど、みやした助産院で出産した方数名にインタビューを行った時には、みなさん「車できました」と言っていた。助産院には駐車場があるので、ご安心を。
お話を伺うと、遠方からみやした助産院に通っている方も多いようだった。
 

miyashita_article6
明るい雰囲気の院内

 
助産院とは、一体どんな役割があるのだろうか?

「病院の産婦人科と同じかな」と思っていた筆者がびっくりするくらい、病院とは違った機能がたくさんあった。
 
年間3000人ものお母さんたちがやってくる、というのも頷ける「みやした助産院」の魅力に迫る。
 
 
 
助産院は、ただ産むだけの場所ではありません
 
みやした助産院の院長、宮下美代子(みやした・みよこ)さんにインタビュー。
 

miyashita_article7
たくさんの助産師さんが宮下さんの技を学びにくる

 
「助産院とは、どんな場所ですか?」という質問に対しては「妊婦、褥婦(じょくふ。産後間もない女性のこと)、そして育児中の女性が健康であるために、妊娠中から出産、育児までの全体をサポートする場所です」とのこと。

「お母さんが笑顔であれば、子どもも、家族全体が幸せでしょ?」と宮下さん。
 

miyashita_article8
「子どもだけでなく、産後のお母さんも元気に過ごしてほしい」

 
みやした助産院では、女性が持つ妊娠中の「産む力」と産後の「育てる力」両方を育むことに力を入れている、とのこと。
 
みやした助産院で出産可能かどうか体の状態をホームページでチェックし、まずは助産院の見学ができる。出産することを決めた妊婦さんは、定期的に妊婦健診に通うことになる。
 
みやした助産院での出産が決まった妊婦さんは、健診に通いながら10ヶ月かけて「産む力と育てる力」をつけていくのだ。助産院では、健診ごとにそのサポートを行っていく。
 
たとえば、妊娠中に逆子になってしまうと、自然分娩ができず帝王切開で出産することになる。しかし、助産院では、逆子のまま出産になるケースはほとんどなく「2年に1人くらいいるかな?」という状況だそう。
 
宮下さんいわく「逆子は偶然ではない」という。

 

miyashita_article9
「胎児は、外からの声をよく聞いている」と話す宮下さん

 
妊婦さんは、冷えたり、精神的に不安定(マタニティブルー)になったり、緊張状態が続いたりすると、お腹の赤ちゃんが逆子になってしまうことがあるそう。

「お母さんが元気でなければ、お腹の赤ちゃんに伝わってしまうのよ」とのこと。
 
みやした助産院では、妊婦さんの大敵「冷え」への対処として、お灸を薦めている。鍼灸師さんを招いて、妊婦さん対象の教室を院内で定期的に開催し、希望者には参加してもらっているそうだ。

 

miyashita_article10
毎月行っているイベント。ホームページから日程を確認できる

 

「自分でお灸をできるようになってもらうのよ。そうすれば、家でもできるでしょう」と宮下さん。
自分が妊婦になった時に「冷えが良くない」と知っていても、どうすれば良いのか分からないが、鍼灸師さんに教えてもらえれば、安心だ。
 
これだけ見ても、病院の産婦人科に通っているだけでは、なかなかケアできない分野だ。

ほかにも、妊婦さんが参加できるヨガやアロマトリートメント、体に良い食事を学ぶお料理教室など、さまざまな教室が用意され、希望者は参加することができる。
 

miyashita_article11
アロマトリートメントを受けるときなどは、スタッフが赤ちゃんを見ていてくれる

 
「病院は、病院としての機能を果たす必要があり、一人ひとりと妊婦さんに向き合う時間を取りにくい」ということに対し「妊婦さんや新米お母さんの悩みやトラブルに耳を傾け、解決策を示しながら、元気になってもらう」という場所が助産院ということなのだそう。

 

miyashita_article12
「授乳期も含め、産前から産後まで、どの人にも楽しく過ごしてもらいたい」

 
みやした助産院では、母乳育児のサポートに力を入れているが、宮下さんは「絶対母乳じゃないとだめ! とかそんなことは全然ない。時には粉ミルクだっていいのよ」としながらも、ここで出産した妊婦さんはほぼ100%母乳で育てるそう。

妊婦のうちに「産む力と育てる力」を育んでいた結果だ。
 

miyashita_article13
キッズスペースがあり、小さな子ども連れでも通いやすい

 
みやした助産院では、お腹の赤ちゃんが健康であることはもちろんだが、それ以上に母体の健康状態を大切にしている、ということなのだ。
 
 
 
フリースタイル出産って、どんな出産なの?
 
助産院の特徴のひとつとして「分娩台がない」ということが挙げられる。ここも病院の産婦人科との大きな違いだ。
 
一般的な産婦人科がある病院では、陣痛中は「陣痛室」で休み、いよいよ出産となると「分娩台がある分娩室で産む」ということになる。何か異変があった場合などに、医師が対処しやすい体制となっているのだ。
 
それに対し、助産院では「フリースタイル」で出産となる。

みやした助産院で、出産する時に使用する分娩室はここ。
 

miyashita_article14
暗めのライトの部屋に布団が敷いてある

 
助産院で出産できる人は「正常な妊婦」に限られているため、病院の産婦人科があってこそ実現できる、助産院でのフリースタイルなのだ。
 
分娩台はないので、陣痛中は布団の上で自由に動ける。飲みたい時に水を飲み、腰が痛ければ立つ、横になるなど、楽な姿勢を取りながら出産するスタイルだ。

 

miyashita_article15
助産師の亀田(かめだ)さん

 
「必要以上に明るいと、お産が進まないことがあるんです」と亀田さん。落ち着けて安心できる場所、危険がないところ、というのが出産には適しているという。確かに、動物の本能としては当然のことだ。
 
出産時には、グッと力を入れる時がありそうだが、この部屋にはつかまるところがない。

「妊婦さんが握ったり、つかまったりする場所がないんですね」と聞くと、亀田さんは「私たちが分娩台になりますから、支えたりつかんだりしていいんですよ」と笑顔で答えてくれた。
 
出産時には、数名の助産師がつき、万全のサポート体制となっているので安心だ。
 
 
母乳が出なくても大丈夫? 産後のお母さんを徹底サポート!≫

 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索