ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    毎年この時期 (お盆明けの土日?) になると、紅葉坂〜野毛あたりでお神輿を担いでるのを見ます。あれはなんのお神輿ですか?

    ぽこさん

    北新横浜にあるエスポットを取材して下さい!エスポットは静岡県に本社があるマキヤグループのディスカウントスーパーで、神奈川県には新横浜店の他、淵野辺、伊勢原、湯河原、小田原に展開していますが、いやはや、...

    ナチュラルマンさん

    はまびとインタビューに出川哲朗さんを是非、宜しくお願い申し上げます。出川哲朗さんは海苔問屋の御曹司で今は芸能活動以外に海苔問屋の会社取締役をされています。武相高校野球部の部員で後輩にパンチ佐藤?出川哲...

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

まだまだ花火大会は開催中!あなたはどこの花火大会に行きますか?

よこすか開国祭
サザンビーチちがさき花火大会
小田原酒匂川花火大会
三浦海岸納涼まつり花火大会
川崎市制記念多摩川花火大会
鶴見川花火大会
納涼花火(江の島マイアミビーチショー)
金沢まつり花火大会
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
5位
「8月17日今日は何の日?」
6位
【はまれぽ名作選】横浜で美味しいうなぎが食べられるお店はどこ?
7位
横浜高速鉄道みなとみらい線で不正折り返し乗車、その実態は?
8位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
9位
野毛では伝説、福富町では行列! 神出鬼没のラーメン店「丿貫(へちかん)」へ突入!
10位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
11位
廃棄野菜と迷惑生物が三浦半島の「新名物」!? 話題の「キャベツウニ」を調査!
12位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
13位
スタイル抜群!スポーツ系スマート美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【大磯ロングビーチ編】
14位
キュートな花柄が似合うセクシー系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編】
15位
「ピカチュウ大量発生チュウ!」のイベント名に偽りなし! ポケモン開発者と歩くイベントレポート2017!
16位
新しくなった関内駅ってどう変わったの? その後の街の変化は?
17位
『ポケモン』開発者、横浜・東戸塚出身の増田順一さんにクリエーターの原体験をインタビュー!
18位
川崎市多摩区の星川製麺が運営する"彩"でデカ盛りメニュー「でかっちゃん」に挑戦!
19位
透明感ある美白美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編】
20位
横浜発祥のコンビニ「スリーエフ」がなくなってしまうって本当?
21位
芸者が働く「花街」が井土ヶ谷の住宅地にあったって本当!?
22位
意外な穴場を発見? 県外の人に横浜を案内するならどこ?
23位
祝60周年! 大磯プリンスホテルに温泉・スパ施設が開業。 湘南セレブ時間を初体験!
24位
金沢区称名寺の裏山にある八角堂に、地下へ続く「抜け道」があるって本当?
25位
戸塚区秋葉町で発見! めちゃうま!? たまご自動販売機とは?
26位
【はまれぽ名作選】本牧の「自由の女神」がある横浜ロイヤルホテルって!?
27位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
28位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(野毛編)
29位
こんがり焼けた肌が健康的な水着美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第2弾】
30位
【はまれぽ名作選】居酒屋チェーンの「養老乃瀧」、1号店は横浜って本当? 
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

病院・薬局> マタニティ

みやした助産院

妊婦さんだけでなく産後や育児中のママたちが落ち着いて相談できる場所。さまざまなケアやイベントを実施!

最終更新日:2017年4月13日

045-231-1788

イチオシサンプル画像

産前・産後、育児の悩みに応えます。出産と育児を楽しんでもらうためのサポートをする「みやした助産院」

「授乳サポートは私にとっての生涯の仕事」と穏やかに語る宮下院長。みやした助産院で出産した人だけでなく、たくさんのママが悩みを相談しにみやした助産院を訪れる。その数は年間延べ3000人!

DATA
住所: 神奈川県横浜市南区三春台126
京急黄金町駅、南太田駅より徒歩10分
営業時間: 月~土 9:00~17:00 ※完全予約制、緊急時は随時対応します。

助産院が坂の上にあるのは、妊婦さんのため!?

みやした助産院は、京浜急行線黄金町駅または、南太田駅より徒歩約10分のところにある。横浜市営バスを利用することでもでき、バス停からは徒歩約5分となっている。
 

miyashita_article1
取材当日は、黄金町から歩いて向かうことに

 
黄金町駅の改札を出て左へまっすぐ。「初音町」信号を越えて、そのまま直進する。

 

miyashita_article2
初音町信号を渡る

 
直進して7分~8分歩き「関東学院前」の交差点で左折。
 

miyashita_article3
暑い・・・

 
行く道はずっと上り坂だ。なだらかだったり、急だったり、勾配(こうばい)はいろいろだが、真夏の炎天下の中だと、どうしても「暑い暑い」と口に出てしまう。

 

miyashita_article4
みやした助産院に到着!

 
「こんなに暑いのに、妊婦さんは歩けるのかな?」と疑問に思うが、到着早々にその疑問に答えてくれたのは、事務の久山(ひさやま)さん。

 

miyashita_article5
笑顔がすてきな久山さん。話しやすくて安心できます

 
「健康な妊婦さんは、たくさん歩いた方が体にいいんですよ!」と笑顔でコメント。

そうか・・・助産院に来るだけで運動不足解消だな、と妙に納得してしまったが、後ほど、みやした助産院で出産した方数名にインタビューを行った時には、みなさん「車できました」と言っていた。助産院には駐車場があるので、ご安心を。
お話を伺うと、遠方からみやした助産院に通っている方も多いようだった。
 

miyashita_article6
明るい雰囲気の院内

 
助産院とは、一体どんな役割があるのだろうか?

「病院の産婦人科と同じかな」と思っていた筆者がびっくりするくらい、病院とは違った機能がたくさんあった。
 
年間3000人ものお母さんたちがやってくる、というのも頷ける「みやした助産院」の魅力に迫る。
 
 
 
助産院は、ただ産むだけの場所ではありません
 
みやした助産院の院長、宮下美代子(みやした・みよこ)さんにインタビュー。
 

miyashita_article7
たくさんの助産師さんが宮下さんの技を学びにくる

 
「助産院とは、どんな場所ですか?」という質問に対しては「妊婦、褥婦(じょくふ。産後間もない女性のこと)、そして育児中の女性が健康であるために、妊娠中から出産、育児までの全体をサポートする場所です」とのこと。

「お母さんが笑顔であれば、子どもも、家族全体が幸せでしょ?」と宮下さん。
 

miyashita_article8
「子どもだけでなく、産後のお母さんも元気に過ごしてほしい」

 
みやした助産院では、女性が持つ妊娠中の「産む力」と産後の「育てる力」両方を育むことに力を入れている、とのこと。
 
みやした助産院で出産可能かどうか体の状態をホームページでチェックし、まずは助産院の見学ができる。出産することを決めた妊婦さんは、定期的に妊婦健診に通うことになる。
 
みやした助産院での出産が決まった妊婦さんは、健診に通いながら10ヶ月かけて「産む力と育てる力」をつけていくのだ。助産院では、健診ごとにそのサポートを行っていく。
 
たとえば、妊娠中に逆子になってしまうと、自然分娩ができず帝王切開で出産することになる。しかし、助産院では、逆子のまま出産になるケースはほとんどなく「2年に1人くらいいるかな?」という状況だそう。
 
宮下さんいわく「逆子は偶然ではない」という。

 

miyashita_article9
「胎児は、外からの声をよく聞いている」と話す宮下さん

 
妊婦さんは、冷えたり、精神的に不安定(マタニティブルー)になったり、緊張状態が続いたりすると、お腹の赤ちゃんが逆子になってしまうことがあるそう。

「お母さんが元気でなければ、お腹の赤ちゃんに伝わってしまうのよ」とのこと。
 
みやした助産院では、妊婦さんの大敵「冷え」への対処として、お灸を薦めている。鍼灸師さんを招いて、妊婦さん対象の教室を院内で定期的に開催し、希望者には参加してもらっているそうだ。

 

miyashita_article10
毎月行っているイベント。ホームページから日程を確認できる

 

「自分でお灸をできるようになってもらうのよ。そうすれば、家でもできるでしょう」と宮下さん。
自分が妊婦になった時に「冷えが良くない」と知っていても、どうすれば良いのか分からないが、鍼灸師さんに教えてもらえれば、安心だ。
 
これだけ見ても、病院の産婦人科に通っているだけでは、なかなかケアできない分野だ。

ほかにも、妊婦さんが参加できるヨガやアロマトリートメント、体に良い食事を学ぶお料理教室など、さまざまな教室が用意され、希望者は参加することができる。
 

miyashita_article11
アロマトリートメントを受けるときなどは、スタッフが赤ちゃんを見ていてくれる

 
「病院は、病院としての機能を果たす必要があり、一人ひとりと妊婦さんに向き合う時間を取りにくい」ということに対し「妊婦さんや新米お母さんの悩みやトラブルに耳を傾け、解決策を示しながら、元気になってもらう」という場所が助産院ということなのだそう。

 

miyashita_article12
「授乳期も含め、産前から産後まで、どの人にも楽しく過ごしてもらいたい」

 
みやした助産院では、母乳育児のサポートに力を入れているが、宮下さんは「絶対母乳じゃないとだめ! とかそんなことは全然ない。時には粉ミルクだっていいのよ」としながらも、ここで出産した妊婦さんはほぼ100%母乳で育てるそう。

妊婦のうちに「産む力と育てる力」を育んでいた結果だ。
 

miyashita_article13
キッズスペースがあり、小さな子ども連れでも通いやすい

 
みやした助産院では、お腹の赤ちゃんが健康であることはもちろんだが、それ以上に母体の健康状態を大切にしている、ということなのだ。
 
 
 
フリースタイル出産って、どんな出産なの?
 
助産院の特徴のひとつとして「分娩台がない」ということが挙げられる。ここも病院の産婦人科との大きな違いだ。
 
一般的な産婦人科がある病院では、陣痛中は「陣痛室」で休み、いよいよ出産となると「分娩台がある分娩室で産む」ということになる。何か異変があった場合などに、医師が対処しやすい体制となっているのだ。
 
それに対し、助産院では「フリースタイル」で出産となる。

みやした助産院で、出産する時に使用する分娩室はここ。
 

miyashita_article14
暗めのライトの部屋に布団が敷いてある

 
助産院で出産できる人は「正常な妊婦」に限られているため、病院の産婦人科があってこそ実現できる、助産院でのフリースタイルなのだ。
 
分娩台はないので、陣痛中は布団の上で自由に動ける。飲みたい時に水を飲み、腰が痛ければ立つ、横になるなど、楽な姿勢を取りながら出産するスタイルだ。

 

miyashita_article15
助産師の亀田(かめだ)さん

 
「必要以上に明るいと、お産が進まないことがあるんです」と亀田さん。落ち着けて安心できる場所、危険がないところ、というのが出産には適しているという。確かに、動物の本能としては当然のことだ。
 
出産時には、グッと力を入れる時がありそうだが、この部屋にはつかまるところがない。

「妊婦さんが握ったり、つかまったりする場所がないんですね」と聞くと、亀田さんは「私たちが分娩台になりますから、支えたりつかんだりしていいんですよ」と笑顔で答えてくれた。
 
出産時には、数名の助産師がつき、万全のサポート体制となっているので安心だ。
 
 
母乳が出なくても大丈夫? 産後のお母さんを徹底サポート!≫

 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索