ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    実証実験中の横浜市資源循環局のごみ分別案内「イーオ」が来年度から全面実施になります。自分も分別する時に紛らわしいモノはスマホで参照して活用しているのですが、街中調査ではどの位の方が日常的に活用している...

    よこはまいちばんさん

    明日10/18から、「タダうま」キャンペーンでタダで、横浜の有名店のお料理を届けてくれるらしいのが、とっても気になります!おやじギャグっぽいのに一度聞いたら忘れられない「タダうま」のネーミングの由来も...

    はまれおんさん

    11/1蒙古タンメン中本横浜店がオープンします!超楽しみです!ついに北極ラーメンがよこはまでたべられる!!

    ななここさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「ぴあ」がみなとみらいに1万人規模のアリーナを建設するって本当?
2位
横浜にあるもう一つの「サグラダ・ファミリア」!? 上大岡の再開発はいつ終わるの?
3位
あの"お好み焼きバーガー"が復活!? 新生「ドムドムハンバーガー」をレポート
4位
【衆院選2017】神奈川県選挙区候補者60名ってどんな人たち?
5位
横浜駅発! 乗り入れ終着駅への旅! 京成・青砥駅編
6位
衆院選直前! 横浜市内で50人の有権者に緊急直撃取材
7位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
8位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
9位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
10位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
11位
横浜市の住民税って高いの?
12位
横浜市職員の給料は高いのか!?
13位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
14位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
15位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
16位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
17位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
18位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
19位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
20位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
21位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
22位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
23位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
24位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
25位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
26位
日本で初めて「うんこ」を商標登録! うんこって、あのうんこ!? 瀬谷区の「株式会社うんこ」に突撃!
27位
横浜発祥のコンビニ「スリーエフ」がなくなってしまうって本当?
28位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(野毛編)
29位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
30位
「極悪同盟」も登場! 地域密着型プロレス「三浦プロレス」が立ち上がった経緯とは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 居酒屋

八郎酒場 桜木町店

和から洋まで幅広いメニューのラインアップ。お一人様もグループでもシチュエーションに合わせて楽しめます

最終更新日:2017年9月28日

045-252-5031

イチオシサンプル画像

野毛で極上の“創作モツ料理”が堪能できる居酒屋「八郎酒場 桜木町店」

キラーコンテンツの“モツ”で、居酒屋激戦区の野毛を盛り上げる。料理はもちろん、おいしいお酒やスタッフとの会話で、楽しい時間が過ごせること間違いなし! たくさんの魅力が溢れるお店の秘密に迫る。

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区野毛町2-101-1 ネオキャッスル野毛 1F
JR桜木町駅西口 徒歩5分 / 京急日ノ出町駅 徒歩3分
営業時間: 月~金 16:00~24:00 / 土 11:30~24:00 / 日・祝 11:00~23:00
平均予算: ~2999円

一説によると、野毛には500店近い飲食店が密集しているらしい。現在も個性的な店は増え続け、最近では野毛の外れに隠れた名店があることも珍しくはない。
 
今回紹介する「八郎酒場(はちろうさかば)桜木町店」も、そんな店の一つであろう。モツに特化した居酒屋さんで、現在、野毛かいわいで評判を呼んでいるとのことだ。そこで早速、取材と称して、飲みに行ってみることにした。
 
 
 
モツ料理専門居酒屋「八郎酒場」とは?
 
JR・横浜市営地下鉄ブルーライン桜木町駅を降りて、県道218号線を日ノ出町方面に歩くこと5分。野毛本通りの交差点に「八郎酒場 桜木町店」はある。
 

001hachirou_article
野毛3丁目交差点の
 
002hachirou_article
野毛本通り側にあるのが「八郎酒場 桜木町店」

 
店内に入ってみると、壁一面にびっしりと貼られたメニューが飛び込んできた。カウンター席の前には焼酎が並び、キッチンの中まで見ることができる。活気を感じさせる雰囲気に、早速テンションが上がってきた。
 

003hachirou_article
レトロなポスターもテンションを盛り上げる
 
004hachirou_article
所狭しと並べられた焼酎の瓶
 

005hachirou_article
ガラス張りの向こうで作られる料理に期待が膨らむだろう

 
それでは、八郎酒場は一体、どのような酒場なのだろうか。オーナーの野口大介(のぐち・だいすけ)さんに話を聞いてみることにした。
 

006hachirou_article
オーナーの野口大介さん

 
「当店は、モツ料理の専門店です。牛・豚・鶏のモツを取りそろえて、値段以上の価値を感じていただける創作料理を提供しています。洋風もラインアップしているので、モツの新しい世界に触れてもらうことができるでしょう。若い人や女性客にも、モツ料理を楽しんでもらえる店になっています」
 
そもそも八郎酒場の1号店は、2012(平成24)年11月にオープンした神奈川区鶴屋町の「八郎酒場横浜店」で、同店は2号店になる。なぜ2号店目の立地に野毛を選んだのだろうか。
 
「当店のオープンは2015(平成27)年の3月10日です。野毛は以前から出店をしたいと考えていました。個性的な店が密集するエリアなので、回遊するお客様もおります。だからこそ野毛で勝てるようになれば、どこに出店してもやっていけるでしょう」
 

007hachirou_article
野口さん自らがキッチンに立つこともある

 
実は、野口さんは飲食ビジネスを始める前は、お父様が経営する教育関係専門の出版社に勤めていた。
 
しかし経営不振に陥っていた2004(平成16)年、転機が訪れる。それが炭火串焼き「紅とん」を展開する株式会社凰(おう)コーポレーションの山本浩喜(やまもと・ひろよし)氏との出会いであった。そして「紅とん」のフランチャイズ展開をスタートさせたことで、飲食ビジネスに関わりだしたそうだ。「八郎酒場」には「紅とん」のフランチャイズ展開から学んだことが凝縮されている。
 
「飲食店の評価は、食べ物のクオリティーで決まります。そのため当店で大切にしているのは、おいしい料理を提供して、お客様に楽しんでもらうことです。私は、これまでモツを中心にした飲食ビジネスを行ってきたため、モツの魅力を十分に知っています。当店でもモツをキラーコンテンツにして、楽しんでもらえる店作りを行っていくつもりです」
 
ちなみに「八郎酒場」の店名の由来は、お酒が大好きだったという亡くなられた野口さんのお父様の名前からきているそうだ。
 

008hachirou_article
「八郎酒場」には、野口さん親子の想いも詰まっている

 
それでは実際の店の雰囲気は、どのような感じなのだろうか。そこで店長の大西隆史(おおにし・たかし)さんに話を聞いてみた。
 

009hachirou_article
レゲエバンドのギタリストであったというイケメン店長

 
「当店の特徴は、お客様との距離が違いことです。8名いるアルバイトも、みんな接客が好きなので、積極的にお客様とのコミュニケーションを楽しんでいますね」
 
大西さんご自身もお客さんとコミュニケーションを取ることがあり、子育ての話題で盛り上がることが多いそうだ。もちろん音楽の話題も大歓迎とのことである。
 

010hachirou_article
店長として店のマネジメントをはじめ、接客や調理もこなす大西さん
 

「お客様は野毛で飲み歩いている方はもちろん、お一人様やファミリーの方もいます。女性客が多いのも当店の特徴の一つですね。メニューのラインアップが多くて、店外席も用意しているので、幅広い楽しみ方ができますよ」
 
オープンから半年が経って、リピーターの数も増えてきているという。「八郎酒場 桜木町店」は、早くも野毛になくてはならない店になってきている。
 
「大切なのは、野毛の地に根付くことです。これからもっと野毛に根付いて、街の景色に溶け込んだ店にしていきたいと考えています」
 

011hachirou_article
この景色の中に、当たり前にある店へ

 
それでは、八郎酒場が提供する創作モツ料理とは、どんなものなのだろう。そこで仕事帰りに一杯立ち寄る気分で、同店の料理の数々を味わってみることにした。
 
 
ついに極上の創作モツ料理を実食!≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索