ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    しっちょんさんと同じく、横浜駅北口は鶴屋町へ、やはり有料駐車場に出汁の自販機があります。ペットボトル入りの出汁です。何故、駐車場に出汁の自販機?気になります。

    ナチュラルマンさん

    11/11に妙蓮寺で行われる「寺フェス」が気になります!水行体験もできるとか。ライターの方にぜひチャレンジしていただきたいです!

    miyukidさん

    相鉄バスに「バスナビ」という方法で、コンピュータやスマートホンなどにバスの運行状況を随時案内しています。他のバス会社では、似たような案内を行わないのでしょうか?。神奈川県は観光客も多いと思いますので、...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月21日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
5位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
6位
【はまれぽ名作選】本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?
7位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
8位
地下鉄関内駅の工事の内容は? 謎の右側通行の真相も調査!
9位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
10位
横浜中華街のごみ不法投棄問題、現状と今後の対策は?
11位
横浜のクリーニング店で見かける"かわいすぎるクマ"の謎を探れ!
12位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
13位
【はまれぽ名作選】34駅、計3449段!ライター井上が地獄の階段レポに挑戦!~市営地下鉄~
14位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
15位
鶴見に眠るお宝はおいくら万円? なんでも鑑定するあの番組に潜入!
16位
【はまれぽ名作選】なぜミニストップ1号店の場所に港北区の大倉山が選ばれたの?
17位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
18位
一体誰が買うの? 相模原にある"銃砲火薬店"を徹底調査! 
19位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
20位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
21位
【はまれぽ名作選】上永谷駅付近にあるトンネル入り口「日野隧道」、出口はいったいどこ?
22位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
23位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
24位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
25位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
26位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
27位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
28位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
29位
肩凝りが治る!?高周波バス停の由来は?
30位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> ブライダル

ヒルサイドガーデン

トラディショナルなヨーロピアンスタイルの建築で統一された、静かで落ち着いた空間で幸せが始まる幸せ

最終更新日:2017年9月28日

045-623-5591

イチオシサンプル画像

親しい友人や家族と、本当に「自分らしい」ウエディングパーティーを開ける場所「ヒルサイドガーデン」

ヒルサイドガーデンのレストランウエディングは1日2組限定。チャペルやレストラン、屋外のガーデンなどすべての施設を使い自分が思い描いた通りのパーティーで、大切な人たちと心ゆくまで素敵な時間を

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区新山下1-7-21
みなとみらい線「元町・中華街町駅」下車5番出口 徒歩3分
営業時間: ランチ11:30〜15:00(LO 14:00)/ディナー18:00〜23:00(LO 21:00)

みなとみらい線、元町・中華街駅のほど近く。港の見える丘公園へと続く階段を上っていくとそのレストランはある。
 

hillside_article3
上っていくと見えてくるこのアーチをくぐれば
 
hillside_article4
そこには、見晴らしのいいとても素敵な空間が広がっている

 
港の見える丘公園のふもとにこんなにところがあるとは。都会の喧騒から離れたような静かな、ゆったりとした時間が漂う場所だ。
 

hillside_article5
階段を降りていくと、都会だけではなく日本からも離れたような建物がならぶ
 
hillside_article6
そのまま下まで降りて振り返った眺めはその名の通り、ヒルサイドガーデンである

 
レストランとウエディングパーティーにうってつけであるというその魅力を、モデルを務めるヒロさんの協力のもと紹介していく。
 

hillside_article8
いろいろなお願いをすると思いますので、よろしくお願いします

 
 
 
ヒルサイドガーデンの歴史
 
まずはヒルサイドガーデン支配人、有本二郎(ありもと・じろう)さんに話を伺った。
 
ヒルサイドガーデンの歴史は、約50年前にオープンしたヒルサイドビアガーデンにさかのぼる。その後、1996(平成8)年3月にフランチレストランとガーデンバー、翌年にイタリアンレストランをオープンした。2016年3月で20周年である。
 
この場所には、もともとアルミニウムの加工工場とゴルフ練習場があり、オーナーの住居だった。そのオーナーが有本さんが鎌倉で経営するレストランによく来店していて、懇意だった。
 
そしてある日、オーナーから「工場と練習場を閉鎖することにしたので、工場跡に何かつくりたい」という相談があった。そこで有本さんは「とてもいいロケーションなので、レストランにしたらいいのではないか」と提案し、それまでのノウハウを生かして協力を申し出たという。
 

hillside_article9
開港の街という特徴を生かし洋食にこだわっている

 
有本さんは傾斜地に建つヒルサイドガーデンの地形を生かし、岩壁を掘り抜いた国内最大規模の天然ワイン庫をつくった。また、料理も本物の洋食を提供するべく、現在もフレンチの料理人がフランスで研修中のほかイタリアンの料理人がイタリアでの研修に向けて準備をしているなど、人材への投資は惜しまない。
 
 
 
ウエディングパーティー会場として
 
現在、ヒルサイドガーデンではウエディングパーティーが多く開かれているが、オープン当初はウエディングはそれほど多くなかったという。
 
ところがある時期から、外国の方のウエディングパーティーの予約が増えた。その理由は外国人が多く暮らす山手という土地柄よりも、むしろ「料金システムが欧米スタイルである」ことだった。
 

hillside_article10
それは作り込まれたパーティーというより、祝福してくれる友人たちと楽しい時間

 
ヒルサイドガーデンのウエディングは、食事と飲み物以外は持ち込み自由であり、会計もオープン。結果的に出席者からいただいたお祝いの範囲内でできる、リーズナブルな料金になる。そしてそれが西洋的な本来の「ウエディング」のスタイルなのである。
 
日本のブライダルは、昔ながらの「披露宴」に西洋の「ウエディング」の要素を散りばめたものであり、ウエディングプランナーがプラン全体を組む。そして、プラン全体としての料金が提示され、終わってみると当初の見積もりの1.5~1.7倍になるケースも多いと言う。
 
しかしウエディング業界は料金は先払いが一般的とのことで、「あれ」と思っても気になってもおめでたい場なので「まあいいか」となるのだろう。
 
一方、ヒルサイドガーデンでは、終わってみると当初の見積もりより低い金額だった、ということもあるそうだ。会場の契約前であっても、業者さんとの料金打合せやドレスのレセクトも出来るので、自分の予算で出来るのがうれしい。
 

hillside_article11
8年前にチャペルも完成し、式にはプロテスタント系の本物の牧師が立ち会う

 
さらに嬉しいのは、ヒルサイドガーデンでのレストランウエディングは、3会場あっても午前11時からと午後3時からの2組のみで、会場費も無料なのに貸切感が宿る。
 
結婚式場だと同じ会場で1日に複数の挙式・披露宴があり終了時間厳守のことも少なくないそうだが、ヒルサイドガーデンは自分のパーティーの日は自分たちしかいないので時間に気兼ねなく、ゆっくりとくつろぎ、パーティーを楽しむことができる。
 
ヒルサイドガーデンは多額の広告費をかけることがないため、現在のこのゆったりとしたスタイルでも充分に利益が出るという。そしてそれが、パーティーの料金に還元されているとすれば、実に幸せな構図である。
 

hillside_article12
続いてはヒルサイドガーデンの建物についてである

 
今までの写真を見ていてもわかることだが、ヒルサイドガーデンの建物はトラディショナルなヨーロピアンスタイルで統一されている。
 
最近は、シンプルでクールなデザインが流行っていて人気もあるが、温もりのあるヒルサイドガーデンの建物が「落ち着く」と感じて「こういう教会を探していた」という人も多いそうだ。
 
「トラディショナルなヨーロピアンスタイル」は有本さんが選んだイタリア家具と、何とほぼすべて有本さんが設計、デザインしたという建物の内外装に現れている。地形を最大限に生かしたこの瀟洒(しょうしゃ)な建物は有本さんの手によるものだったのだ。
 

hillside_article13
階段を上ったところにある高台はガーデンウエディングの会場になっている
 
hillside_article14
ここで挙げたウエディングの写真を見て横浜だとわかる人がどれくらいいるだろう

 
ガーデンウエディングで新郎新婦が誓いを交わす、重厚な石造りの天蓋(てんがい)はイタリア人デザイナーによるもの。
 

hillside_article15ガーデンと同フロア海側にあるイタリアンレストランは明るくカジュアルな雰囲気
 
hillside_article16
こちらは向かい合って山側にあるフレンチレストラン「オートルモンド」
 
hillside_article17
フレンチは木張りの床などシックな雰囲気になっており
 
hillside_article18
個室からは夜になればライトアップされたベイブリッジが一望できる
 
hillside_article19
1階ラウンジのこのドアもステンドグラスを含めすべて有本さんのデザインである
 
hillside_article20
壁や柱に掘られた文様からランプに至るまでこだわってデザインされている

 
本格的なヨーロピアンスタイルで統一されたヒルサイドガーデンは、新しいものを取り入れて標準化していく「開花の街」横浜らしさの縮図でもあり、ヨーロピアンスタイルへのこだわりは、そのまま横浜らしさでもあるだろう。そしてそれはビールは「キリン」、コーヒーは「キャラバン」など随所に見ることができる。
 
ヒルサイドガーデンの歴史や西洋におけるウエディングのスタイル、建物へのこだわりなど、いろいろな話を聞かせていただき、続いてレストランへ。
 

hillside_article21
とても参考になりました。お忙しいところありがとうございました

 
 
続いてレストランウエディングならではの料理を試食
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索