ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年6月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    最近のシェアハウスは、コンセプト型が多いと聞きましたが、横浜のシェアハウスでは、どんなコンセプトがありますか?

    マンチカンさん

    高島町駅とみなとみらい方面の間にある高島歩道橋。階段が1つしかなく、自転車は便利ですが、歩行者は坂道をグルグル歩かなくてはならず不便です。なぜこんな形なのでしょうか?特に高島町駅からシンクロン社方面へ...

    ミルキーさん

    横浜臨海部で運行が検討されている連接バス。結局どうなったのですか?

    浅間町9-4532さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

アジサイが見ごろの季節。どのエリアにアジサイを見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「横浜大空襲」から72年。戦死者の遺品寄付は受け入れてもらえないって本当?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
4位
【ニュース】江戸清が夏休みに「親子中華まん手作り教室」を開催!
5位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
6位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
7位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
10位
【ニュース】仕事体験などができる夏休みの「けいきゅうキッズチャレンジ!」旅行プランを発売!
11位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
12位
横浜初の女子校! 横浜出身の大女優「原節子」を輩出した「横浜高等女学校」について教えて?
13位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
14位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
15位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
16位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
17位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
18位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
21位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
22位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
23位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
24位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
25位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
26位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
横浜のマークにはどんな意味や由来があるの?
29位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
30位
ラミレス監督らが小学校をサプライズ訪問! 選手寮のカレーのお味は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

買う> お酒

世界のワイン 葡萄屋 関内店

ワイン好きから初心者まで、ワインの事なら葡萄屋におまかせ!

最終更新日:2017年6月26日

045-319-4332

イチオシサンプル画像

1000円で世界旅行!?40ヶ国以上から集めたワインが気軽に楽しめる「世界のワイン 葡萄屋 関内店」

ワインには興味があるけれど選ぶのが難しくて・・・。そんな人にこそオススメの定例「ワイン会」に潜入!

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区万代町1-2-8
JR根岸線 関内駅 南口 徒歩1分
営業時間: 日~金:12:00~20:00(祝日含む)/土:11:30~20:00

お酒といえば、ビールに焼き鳥、そして肴にプロ野球があれば大満足! という筆者。
 
とはいえ、もうれっきとしたいいオトナ(年齢的に)。
おしゃれな食事と一緒にワインを楽しんでみたいと思う時だってある。
 
・・・でも、分からないんです。おいしいワインの選び方が。
 

1budou__article
興味はあるけど、なんとなく「近寄りがたい」感じがして・・・

 
そんな筆者に飛び込んできた、ワイン通に人気の「葡萄屋」が主催するワイン会取材のお話。聞けば、世界各国から取りそろえた珍しいワインも飲み比べできるという。
 
・・・それは行くしかないでしょ!!!
ぜひ、この機会にワインとの距離感を縮めてみたいと思う。
 
 
 
世界40ヶ国のワインが勢ぞろい! 人気の「葡萄屋」へ
 
JR・関内駅南口から歩いて1分、石の広場に面したビルの1階に店を構える「葡萄屋」。訪れたのが平日の昼下がりにもかかわらず、店内にはワインを品定めするお客さまがちらほら。噂には聞いていたが、やはり注目度の高いお店のようだ。
 

2budou__article
異国の雰囲気漂う「葡萄屋」のエントランス。ワイン色のガラス戸もかわいい!
 
3budou__article
道行く人を誘う立て看板。ワイン好きの人なら無視できないはず!

 
一歩、店内に入ると、まず目に飛び込んでくるのが、壁一面にズラリと並んだワインボトル。そしてワインが置かれた木製棚だろ
うか、芳醇な木の香りが店内に漂っている。
 

4budou__article
ズラリと並んだワインボトル。まさに圧巻!

 
予想以上のワインの数に、ただただ茫然と棚を見上げていた筆者に「すみません! 今、ちょっと何本か売れてしまって、在庫が
ない銘柄もあるんですけど・・・」と、申し訳なさそうに声をかけてくださったのは店長の草壁五月(くさかべ・さつき)さん。
 

5budou__article
ソムリエールでもある店長の草壁さん。ワインのことならなんでもお任せ!

 
「それにしてもスゴイ数のワインですね」と驚く筆者に「そうなんですよね。お客さまの要望をお聞きしていたらどんどん種類が増えてしまって・・・」と笑う。
 
2014(平成26)年1月のオープン以来、ほかではなかなか手に入らない珍しいワインを求め、横浜市内はもちろん、遠方からも幅
広い年齢層の方が訪れる。中には「鳥取県からわざわざ来店されたお客さまもいる」というから驚きだ。
 

6budou__article
普段、あまり見かけない国のワインも多数取りそろえている

 
こうした人気の背景には、なんといっても世界40ヶ国ものワインが集まる「葡萄屋」の豊富な品ぞろえがある。「○○国のワインはある? とか旅行先で飲んだワインをもう一度飲みたい! と来店されるお客さまも多い」と草壁店長が語るように、「ほかでは買えないワイン」を求めてわざわざ来店される方が少なくないのだ。
 

7budou__article
1000円前後で購入できるデイリー向けワインも取りそろえている

 
また「こんな国のワインがあるのか・・・」と新たな発見をするだけでなく、そのワインがどのような味で、(日本でもなじみの深い)どんな料理と合わせるとおいしいのかを、味わい、知ることができる機会を提供していることも、この店の魅力のひとつといえるだろう。
 
今回参加させていただく「ワイン会」(第二水・木曜日開催)のほかにも、店内では「ワインで巡る世界一周の旅」をテーマにし
た週替わりの有料試飲や、毎週水曜日に行っている「ワインとチーズのちょこっと講座」など、お客さんに「いろんな国のワインを味わってほしい」という想いから企画されたイベントが定期的に開催されている。
 

8budou__article
週替わりで内容の変わる3~5種類の有料試飲も用意されている

 
常時行われている有料試飲は「月ごとにテーマを決め、お出しする産地・銘柄を決めている」という。ちなみにお伺いした10月のテーマは「スペイン・ポルトガル」。この両国の選りすぐりのワインを週ごとに内容を変え、1杯500円前後という気軽な価格で提供してくれる。(※種類、産地により金額は異なります)

 

9budou__article
有料試飲は産地などテーマを決めて提供。飲み比べする人も多い。

 
「月ごとに提供するワインの産地が変わりますので、繰り返しいらしていただければ、1回1000円程度でワインの世界旅行ができ
ますよ」といたずらっぽく笑う草壁店長。実際、「いろんな国のワインを飲んでみたい」と、足しげく来店されるお客さまも少なくないという。
 

10budou__article
各国のワインに親しみ「世界一周旅行」気分を味わう――なんだか楽しそう!

 
「ワインって同じ品種のブドウを使っていても、その国の気候や土壌、風向きといった違いによって、まったく違う味になるところが奥深い」と話す草壁店長。日本ではヨーロッパやアメリカ・カリフォルニアのワインが人気でよく飲まれているが「それ以外にも、タイやインド、イスラエルなど、素晴らしいワインが世界各地にあるのだと伝えていきたいんです」と、想いは熱い。
 

11budou__article
毎月開催している「ワイン会」は、満席になることも多い人気企画だ。

 
また、こうしたイベントに参加できない方にも、ワインの味をイメージしやすいようにと、一つひとつのワインに合う料理の名前を表示するなどの心配りも。しかも、「ハンバーグやトマト味のパスタといった、できる限り、普段、ご家庭で食べることの多い身近な料理で表示するようにしている」というのもうれしい。
 

12-1,2budou__article
普段よく食べる料理に合うといわれると、ワインとの距離もグンと縮まる

 
どうしてもワインは「ちょっとおしゃれなフレンチやイタリアンと一緒に飲むもの」というイメージが抜けないが、草壁店長いわく「ロースカツや焼き鳥、肉じゃがといった家庭料理に合うワインもたくさんある」のだとか。
えっ! 焼き鳥!? ・・・なんだかワインが一気に身近なものに思えてきました(←単純)。
 

13budou__article
とはいえ、これだけあるとやっぱり悩んでしまう・・・

 
「もちろん、何を選んでいいかわからない――という方には、どんな食べ物と一緒に飲みたいか、普段ワインを飲むか飲まないか、香りが強いほうがいいか、スッと飲みやすいものがいいかなど、お好みを聞いてオススメのワインをご提案します。あまり難しく考えずに、いろんな味を楽しみながら“お気に入りの1本”を見つけてみてください」
 
・・・なんだかますます「ワイン会」が楽しみになってきました♪
 
 
ワイン初心者にもオススメ! という、 ワイン会へ潜入≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索