ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年6月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    2020年五輪でセーリング競技が神奈川県で開催されることになりましたね!でもどんな競技なんでしょう?ところで、セーリングを体験できるところが八景島にあるらしいんですが、気になります。

    tontonさん

    梅雨の時季、雨が降る日だからこそオススメ!のスポットを紹介してレポートして下さい

    たっきゅんさん

    巷では御朱印ブームですが中華街の関帝廟等では御朱印などは ありますか?

    鶴見のじじいさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

アジサイが見ごろの季節。どのエリアにアジサイを見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
3位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
4位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
5位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
6位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
7位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
8位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
9位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
10位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
11位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
12位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
13位
歌って踊れる親善大使にCKB!? 「横浜開港祭2017」の見どころは?
14位
横浜市の紫陽花(あじさい)おすすめスポットは?
15位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 横浜市営バスのヒミツ!
16位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 鉄道会社のヒミツ「相鉄編」!
17位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
18位
【編集部厳選】誰が名付けた!? 謎の地名の由来!
19位
本業はどちら? ◯◯なのに◯◯のお店! (美容室編)
20位
祝残留決定! B1残留をかけた「横浜ビー・コルセアーズ」の大一番の熱気をお届け!
21位
【ニュース】きょうから「横浜セントラルタウンフェスティバル“Y158”」開催!
22位
【はまれぽ名作選】横浜で半世紀以上も現役の超レア「丸ポスト」を探せ!
23位
【編集部厳選】なんでそんな名前にしちゃったの?
24位
【ニュース】剛速球守護神がハマスタに帰ってくる!
25位
【ニュース】スリーエフと「飲んべえのアイドル」吉田類さんがコラボ!
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(6月1日~6月7日)
27位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
28位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
29位
【ニュース】シーパラで「オトナの本気の水遊び!」
30位
【はまれぽ名作選】口に指を入れて「金沢う〇こ」、それとも「学級う〇こ」? 横浜出身者は全員「金沢う〇こ」と言うのか!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

住む> エクステリア

株式会社ワイドアルミ

紹介、リピートの多さが信頼の証。しっかり希望を受け止め、思い通り仕上げてくれます

最終更新日:2017年1月04日

045-306-8547

イチオシサンプル画像

玄関、車庫、窓、庭などのリフォームの強い味方!「技術+人柄」で理想を形にする「株式会社ワイドアルミ」

イチオシポイントは、要望のヒアリングから工事完了まで自社で一貫して行っていること。自社社員ならではのチームワークで、理想の窓・エクステリアを実現してくれます。他社で満足できなかった方もぜひ相談を!

DATA
住所: 神奈川県横浜市戸塚区舞岡町2669
地下鉄ブルーライン 舞岡駅より徒歩10分
営業時間: 9:00~18:00
紹介とリピートの多さが、信頼の証(続き)
 
最後に、事務の皆さん。
 

wide_article019
四元摩
野(よつもと・まや)さん

 
図面を設計する「CAD(キャド)」を担当。「図面を引くとき、思い浮かべるのはお客様の生活スタイル。どうすればお客様が快適に笑顔で過ごせるかを考えています」
 

wide_article001
佐藤真理(さとう・まり)さん

 
電話応対、見積もり作成、在庫管理などの営業事務を担当。「お客様のよりよい住まいづくりを、陰ながら支えています!」
 

wide_article002
荻野みき(おぎの・みき)さん

 
2016(平成28)年8月入社。総務を担当。「お客様の前に出ることはありませんが、電話応対はさせていただいています。お気軽にお問合せください」
 
このメンバーが顧客の要望をしっかり共有し、理想の住まいづくりの実現に向かって進んでいる。人の力こそ、ワイドアルミが支持される理由だ。
 
いまでこそ多くの社員が協力し合っているが、創業時は社長の巾さんたったひとりだったそうだ。ここまでの道のりを、巾さんに聞いてみることにしよう。
 
 
 
家族の反対を押し切り独立。しかし、いきなり壁にぶつかる
 
巾さんは岐阜県の出身だが、大学時代を横浜で過ごした。
 

wide_article009
「東京ラブストーリーに憧れて上京したけど途中下車しちゃった」

 
大学卒業後は地元・岐阜県に戻り就職したが、物足りなさを感じて再び横浜へ。しかも、仕事が決まっていない状態で妻子を連れて、である。巾さんの行動力を感じるエピソードだ。
 
その後アルミサッシ会社に入社したが、特に業界への関心があったわけではなかったという。でもどんどん仕事が面白くなり、仕事にのめりこんでいくことで、営業成績は常にトップクラスだったという。
 
「やりがいのある仕事だから、自力でもっと自由にやってみたくなりました」
 

wide_article029
さまざまな施工法や商材の取り扱いについての登録証や認定証が、ズラリと並ぶ

 
そして2006(平成18)年、家族の反対を押し切って瀬谷区で独立。ひとりで営業から施工まですべてをこなした。
ところが、最初はまったく上手くいかなかったという。
 
「相手にしてくれる人が急に減りましたね。前職で取引があった資材屋さんさえも売ってくれなくなったり。代金を回収できるか心配だったんでしょう。私個人ではなく会社が信頼されていたのだと思い知りました」
 
しかし、それにもめげず巾さんは、とにかく信頼を得るために邁進。たとえば電話で済むような用件でもわざわざ足を運び、人とのつながりを大切にした。
 

wide_article008
苦労した時代のことも笑顔で話す巾さん

 
そんな地道な積み重ねが功を奏し、少しずつ事業は軌道に乗る。当初はB to B(企業間取引)で、他社が受注した個人宅のリフォームを請け負っていた。
 
しかし、巾さんにはさらなる目標があった。
 
「下請けだと、実際に住む方の顔が見えにくいんです。仕事のやりがいって、やっぱりお客様がどれだけ喜んでくれるかじゃないですか。B to C(一般消費者との取引)を絶対にやろうと決めました」
 
巾さんは持ち前の行動力で個人顧客を呼び込み、敷地内に展示場も設置。今では業績の約5割をB to Cが占めている。
 

wide_article010
2013(平成25)年、移転を機に展示場をオープン

 
会社の成長に合わせ、社員も少しずつ雇うようになってきた。採用は人物重視で、職人は巾さんが自らスカウトしてきた人ばかり。中には元・料理人という異色の経歴の持ち主もいるそうだ。
 
「いろいろなバックグラウンドの人がいるからこそ業界の常識にとらわれず新しいことにチャレンジできます」と巾さん。
 

wide_article024
社員全員、仕事を心から楽しんでいます!

 
ワイドアルミの社員はみんな明るい。お客さんから「スタッフが良い人ばかりで、工事が終わるのが寂しかったくらい」という声が上がった、というのもうなずける。
 
 
 
実力も知名度も全国区へ
 
地域密着型のワイドアルミだが、実は全国規模の大会やコンテストで入賞経験がある。そのひとつが、2016(平成28)年に開催された「エクステリアデザイン施工フォトコンテスト」だ。リフォーム前とリフォーム後の写真を基に審査を進め「創造性があるか」「建物と調和がとれているか」などを建築家が審査する。
 
ワイドアルミは応募総数約2500の中から、エクステリアリフォームコンテストで銅賞に輝いた。
 

wide_article036
受賞作品。左がビフォー、右がアフター。見ているだけでウキウキするテラスに!
 
wide_article006
その他のコンテストでも受賞歴多数

 
さらに、同業同士で集客手法や今後の経営方針などをアピールするプレゼンテーション大会「MADOショップSUCCESS2016」では、なんと全国1位に。全社員が総出で、仕事への想いを壇上で語った。
 

wide_article005
賞状には、全社員の名前が記載されている
 
wide_article004
当日の様子がDVDに記録されている
 
wide_article007
優勝トロフィーを掲げる巾さん

 
これらを機に住宅専門誌の取材や同業者の視察依頼が来るようになった。中には東北地方から来た同業者もいる。巾さんは、同業者に対しても情報を出し惜しみしない。「ライバルが多いほうが、業界が盛り上がるから」と、なんともカッコイイ。
 
巾さんは「業界自体を活性化したい」と、まさにワイドなビジョンを持っている。リフォーム業界は思い切った改革が少ないうえ、一部の悪徳業者のせいでイメージも良くない。だからこそ、ワイドアルミのような新興勢力が率先してリフォームの価値を伝えたいと考えている。
 
 
 
取材を終えて
 
全員が仕事を楽しみ、やりがいを感じているのがひしひしと伝わってきた。しかも明るく親しみやすい。こんな人たちが工事に来てくれたら楽しいだろうなと思う。残念ながら筆者宅は賃貸だが、持ち家の知り合いにはぜひワイドアルミを紹介したい。
 
 
―終わり―
 
 

HP/http://widealumi.com/
 

■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから
お問い合わせ

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索