ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    都筑区の宮台農園で年に2週間ほどしか販売されない希少品種のキウイ「横浜レッド」がキニナル。酸味が無くあまーいキウイだそうです。

    スさん

    今仕入れた情報によると、神奈川区入江町プールを廃止したい本当の理由は、プールと公園をブッ潰して高層マンションを作る計画だそうです。要は利権問題が絡んでいたそうですよ。また三菱が絡んでるのかも?この辺り...

    まゆタロさん

    市営プール全て廃止を実行していく件や給食時間15分の謎について日本共産党の古谷やすひこ議員が中学生のお子さんいるみたいで、色々調べたりしてるみたい。現役中学生達に取材して印象聞いたりするなど、取材方法...

    まゆタロさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?
2位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
3位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「瀬谷限定販売『鬼盛りすたみな唐揚げ』」編
4位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
5位
【編集部厳選】実りの秋に米をかき込め! 横浜のおいしい「丼」特集!
6位
横浜でおいしいオムライスが食べられるお店はどこ?
7位
【編集部厳選】パラッパラのチャーハンが食べたい!
8位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
9位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
10位
【はまれぽ名作選】口からはみ出るほど巨大サイズのシューマイを出す中華料理店が白楽にあるってホント?
11位
野毛に突如現れた、A5ランクの肉が1枚から食べられる立ち食い焼肉「治郎丸」に突撃!
12位
【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!
13位
ラッパーのサイプレス上野がプロデュースするバー「WHAT’S GOOD」ってどんな店?
14位
【はまれぽ名作選】横浜に12球団別の飲食店はあるの?
15位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
16位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
17位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
18位
【編集部厳選】ピザなの? ピッツァなの? どっち!?
19位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
20位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
21位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
22位
入手困難な横浜ブランド「浜なし」。その理由は?
23位
【編集部厳選】いろんな「シチュー」集めました!
24位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
25位
【はまれぽ名作選】中華街のお粥専門店「謝甜記」のトレードマークがサンタクロースなのはなぜ?
26位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
27位
横浜市内にあるアンテナショップを知りたい!
28位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
29位
横浜でおいしいチャーハンが食べられるお店を教えて!
30位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> 保険

ほけんのいっぽ いずみ野駅前店

お客様一人ひとりの声を聞き、最善のアドバイスと保険を提供提案します!

最終更新日:2016年11月17日

0800-800-3704

イチオシサンプル画像

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

相鉄線いずみ野駅のそばで人々を迎えている保険代理店「ほけんのいっぽ」。地域に密着して、さまざまな相談に対処し、信頼を得ている。保険初心者にも分かりやすく説明してくれる。

DATA
住所: 神奈川県横浜市泉区和泉町6214-1相鉄ライフいずみ野2F
相鉄いずみ野線いずみ野駅徒歩1分
営業時間: 10:30~19:00

駅前にある保険代理店
 
相鉄いずみ野線いずみ野駅。そこから1分ほど歩くと、商業施設「相鉄ライフいずみ野」に着く。
 

001hoken_article
相鉄線いずみの駅
 
002hoken_article
相鉄ローゼンなども入っている商業施設「相鉄ライフいずみ野」

 
その2階にあるのが株式会社第一保険センターが運営する保険代理店「ほけんのいっぽ」。開店は2014(平成26)年6月。駅周辺の再開発に伴ない、「相鉄ライフいずみ野」が完成したのと同時にオープンした。
 

003hoken_article
「相鉄ライフいずみ野」の2階にある
 
004hoken_article
保険代理店「ほけんのいっぽ」

 
「私たちは来店型店舗を運営するのはこれが初めてなんです。この場所は私の友人から『今度、新しい商業施設ができるから出店したらどうか』と勧められ、開店しました。私自身、瀬谷に住んでいますから立地など分かっていましたので」
そう語るのは株式会社第一保険センター代表取締役の守屋健一(もりや・けんいち)さん。身長185㎝の堂々たる体格は頼もしく、迫力がある。
 

005hoken_article
「ほけんのいっぽ」の守屋健一さん

 
「大学時代にはラグビーをやっていました。最近はようやく人の話題に上るようになったラグビーですが(笑)。こんな体でもラガーマンの中に入ると目立たないんです」
 
守屋さんの会社、株式会社第一保険センターは1984(昭和59)年3月に創立。しかしその礎をたどるとかつて存在した保険会社「日動火災」にまでさかのぼり、それから現代まで、会社の歴史は70年を超えるという。
 

006hoken_article
会社の歴史を語る守屋さん

 
「歴史が長いということは、代理店としての真摯な対応が社会から評価された結果であると思います。わが社の先代の社長である山崎誠(やまざき・まこと)と私は、かつて日動火災の社員でした。山崎の祖父がわが社の前身を創業しました。歴史のある会社であると自負しております」
 
このような長い歴史を持った会社ではあるが、今まではこちらから出向いて個人宅に営業をかけていた。しかしこのたび初めて来店型店舗を開設した。
 

007hoken_article
日々多くのお客様をお迎えしている

 
「来店型の店舗ってビジネス的にどうなんだろう。どれだけチャンスがあるものか、やってみないと分からない・・・そう考えて、出店しました」
 
現在、お店の男性スタッフはみな保険会社出身者。保険の表も裏も知り尽くしているプロたちである。相談料は何回でも無料。
 
「保険は万が一のことがあったとき、どういう手続きを踏んで、どうすれば問題なくお金が支払われるかが大切なんです。私たちはその手続きを一から十まで知っている、プロ中のプロだと自負しています。そんなの当たり前のこと、と思われるかもしれませんが、実は会社によってはそうでないことも多いんですよ」
 

008hoken_article
プロとしてお客様に向き合いたい、と守屋さん

 
女性スタッフの中にはほかの業種から入ってきた人もいるが、そういう人にもしっかり教えてプロとして十分な知識を身につけてもらっているとのこと。
「こちらにこられるお客様のご相談に乗り、きちっと納得できる保険を提供していきたいと考えております」
 
数多くの選択肢の中から一番ご本人に満足のいく適切な保険を選び、お勧めしていきたいと語る。
 
 
 
どんな場合でも対応できる保険を
 
保険でときに話題になるのは、契約に該当すると思われるアクシデントが起きたにもかかわらず、保険金が支払われないという事態。長年お金を払い続けた身にすれば、こんなはずじゃなかったと思うのは当然である。
 

009hoken_article
多くの経験をもとに保険の運用について語る

 
守屋さんいわく、「それは最初の段階での説明不足です。損害保険などは、加入しているご本人が保障の範囲をよく理解していない場合が多いです。保険金不払いとは反対の例ですと、盗難が保障されるとは思わなかった、台風で建物が損傷されたのは保障されないと思っていた、石が飛んできてガラスが割れたのは申請しても無理だと思っていた、などいろいろあります」
 

010hoken_article
お客様と話合う中で最善の保険を見つけていく

 
「一から百までご説明するのは無理だとしても、我々としてはお客様の現在の状況をよく理解して、よりよいご提案をさせていただきたいと考えています。万一のことが起きたとき、お金をお支払いできないといったことは限りなくゼロにしたいと思っています」
 

011hoken_article
保険にまつわるトラブルをゼロにしたい

 
そう説明するが、自身では保険はできるだけ分かりやすく、広い範囲で保障するべきものという考えを持っている。
 
「保険に詳しい人ならば、『これは必要、これは不要』と自分で選択できるでしょう。またそういう人ならばインターネットを通して自分で保険を買うこともできます。しかし、ほとんどの方は保険に詳しくないのが当然だと思います」

「ならばできるだけ多くの範囲をカバーする、カメラに例えれば高度の知識や技術を要する専門家向きのものではなく、誰がシャッターを切っても絞りやピントを自動的に調整してくれる、フルオートのカメラであることが大切です。野球に例えるならばストライクゾーンを広めにとり、どんなボールがきても対応可能であることが望ましいのです」
 

012hoken_article
保険をカメラに例えて説明する

 
保険は難しい、とは多くの人が思うこと。しかしいざというときに頼れるのも保険である。なにとぞ、私たち一般加入者に分かりやすく、本当に困ったときに力強く助けてもらえる仕組みであることを望みたい。
 
 
スタッフのみなさんにもお話しを聞いてみました! ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索