病院・薬局> 眼科

戸塚ヒロ眼科

口コミでも人気!目に関するトラブルはおまかせ!

最終更新日:2017年7月28日

045-869-1311

    Coming Soon!

緑内障

    緑内障
    「目の成人病」ともいわれる緑内障。
    40歳以上の20人に1人が緑内障であると
    報告されています。
    ときに失明することもあるにもかかわらず、症状はわかりづらく
    気づきにくいというのが特徴です。
    なにより早期発見・治療が大切なのは目の病気。

    視神経の障害はゆっくりとおこり、視野も少しづつ狭くなっていくため
    目に異常を感じることはありません。
    急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し
    目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状をおこします。
    時間が経つほど治りにくくなるので、
    この様な急性閉塞隅角緑内障の発作が起きた場合は
    すぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。
    緑内障の治療は、病気の進行をくいとめるため、
    眼圧を低くコントロールすることが最も有効です。
    薬物治療・レーザー治療・手術が一般的です。

    眼圧検査
    直接、目の表面に測定器具をあてて測定する方法と

    目の表面に空気をあてて測定する方法があります。
    眼底検査
    視神経の症状の状態をみるために、視神経乳頭部を観察します。

    視神経が障害されている場合陥凹(へこみ)の形が正常に比べて
    変形し大きくなります。
    緑内障発見のための必須の検査です。
    視野検査
    視野の欠損(見えない範囲)の存在の有無や

    大きさから緑内障の進行の具合を判定します。

糖尿病網膜症

    糖尿病網膜症
    日本国内で糖尿病の可能性のある人は740万人といわれています。
    糖尿病の初期では自覚症状はほとんどありませんが、

    その一方で糖尿病により3000人が失明しています。

    糖尿病の患者さんの血液は、糖が多く固まりやすい状態になっているため
    網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて、眼底出血をしたりします。
    そのため血液の流れが悪くなり、網膜に酸素屋栄養素が不足し、
    これが糖尿病網膜症の原因となります。
    進行した場合には、硝子体で大出血が起こり、失明に至る場合があるのです。

    【糖尿病網膜症の治療】
    ○血糖コントロール
      単純網膜症では、血糖コントロールによって、眼底出血が改善することもあります。
      また、他の治療の効果を十分なものにするためにも血糖コントロールが不可欠です。
    ○レーザー光凝固術
      レーザー光凝固術は、網膜レーザーに照射して、新生血管の発生を防ぐ方法です。
      この治療で視力が回復するわけではありませんが、
      網膜症の進行を阻止すrことができています。
    ○硝子体手術
      新生血管が破れて硝子体に出血を起こす硝子体出血や、
      網膜が眼底から剥がれる網膜剥離が起きた場合には、硝子体手術が必要となります。

網膜裂孔・網膜剥離

    網膜裂孔・網膜剥離
    網膜裂孔の治療はレーザー光線で裂孔の周囲を
    焼き固め(光凝固法)、剥離を防止します。

    これは通院治療で行えますが、網膜剥離を起こすと
    入院・手術が必要となります