ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜線の町田駅下りホームにホームドアが設置されました。効果はどうなんでしょうか。また扉の開閉にかかる時間が余計にかかるようになりました。この先、全駅で設置されると定時運行に支障をきたすのではないかと心...

    nakopapaさん

    瀬谷高校といえば、かの冬彦さんでブームになったドラマ「ずっとあなたが好きだった」のロケ地にもなっていました。当時の裏話が関係者から聞けませんか?!

    ポスポスさん

    先日、初めて舞岡駅を利用したのですが、改札を出た所から駅周辺まで物凄く家畜のウ◯コの匂いがします。何時もあんなに匂うのでしょうか?

    中区太郎さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
10位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
11位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
12位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

買う> ファッション・ジュエリー

ORIGINAL WEAR「BLAST」

Tシャツやポロシャツ、ジャンパーなどにオリジナルデザインをプリントします。お店やチームのユニホームに

最終更新日:2017年6月26日

045-350-8324

イチオシサンプル画像

「Tシャツ1枚からプリントします」デザインから製作まで一貫して請け負う「オリジナルウエア ブラスト」

自分でデザインできなくても大丈夫! デザイナーと相談しながら作成できます。1000円前後の低価格のものから、ハイクオリティのデザインTシャツまで。帽子やエプロン、チノパン、ハッピなどにもプリント可能。

DATA
住所: 神奈川県横浜市港南区港南台4-3-9
JR根岸線港南台駅より徒歩4分
営業時間: 10:30~18:30

海外の安い印刷業に押されて、廃業しているプリント屋さんも多いというアパレル業界。そんな時代の中で、オリジナルウエアのプリントを請け負っているブラストは、毎年売り上げを伸ばしているという。
 

その理由はいったい何なのか? ブラスト独自の技術に迫りながら、その魅力を探る。
 

 1blast__article
JR根岸線、本郷台駅近くにある事務所兼工場にお邪魔しました

 
 
 
「Tシャツにプリントすることが楽しい」
 
ブラストは、お客さんが書いたデザインを、Tシャツをはじめとしたシャツやジャンバーなどにプリントし、オリジナルウエアを作成している。
 

1-1
Tシャツだけでなく、帽子やエプロンなどにもプリント可能

 
最も多い客層は、高校生や大学生だそうで、クラスや部活、サークルなどでおそろいのものを作るようだ。入学や卒業、体育祭や文化祭などのイベント時に注文が殺到するそう。
 
もちろん利用者は学生だけではない。会社や趣味サークル、飲食店のユニホームなど、社会人のお客さんも数多く抱えている。
 

hamarepoblast__article
何を隠そう、編集部おそろいの「はまれぽジャンパー」もブラストで注文!

 
「お好きなデザイン印刷します」と言われても「絵が下手だし、どう注文すればいいか分からない」という人でも安心して注文できるシステムができ上がっているブラスト。
 
注文方法とあわせて、会社概要について詳しい話を伺ったのは、ブラストを運営する会社である株式会社AtFullBlast代表取締役の今野健(こんの・たけし)さん。
 

=9blast__article
プリント業がとても楽しいと話す今野さん

 
洋服が好きだという今野さん。服飾関係に勤めていた前職でTシャツを製造している様子を見た時に「Tシャツってこんな風に作られているんだ。おもしろい!」と感銘を受けて「これをやりたい」と思ったそう。もともとプリントに興味があり、シャツにプリントしている様子を見てピンときたという。
 

4blast__article
カラフルなTシャツに好みのデザインをプリントするブラスト

 
「こういうものを作りたい」という思いを実現できることが、この仕事の魅力だと話す。色の出し方をあれこれ試行錯誤したり、自分の好きな絵をシャツにプリントしたりできるのが楽しさの理由だそう。
 

3blast__article
毎年作成している高校生や大学生向けのカタログの表紙集

 
「給料の高さや低さうんぬんよりも『好きなこと』を選び、仕事にすることができた」という今野さん。日本のサラリーマンが聞いたら、みんなうらやましがるだろうセリフだ。
 
2008(平成20年)2月創業というブラスト。創業当時は、港南区野庭町に会社を構えていたそうだが、現在は本郷台駅から車で約5分のところに事務所兼工場があり、港南台駅近くに店舗がある。
 

5blast__article
今から3年前に本郷台駅のそばに移転

 
今後の目標を聞いてみると、「これからはもっとオリジナル商品に力を入れていきたい」と話す今野さん。「来週は、新しいブラストオリジナルのシャツを作るための打ち合わせがある」と、しっかりと先を見据えた仕事っぷりだ。
 

6blast__article
明るく、精力的に仕事をしている様子の今野さん

 
現在、Tシャツなどのウエアはプリント専用の無地のものを仕入れて、ブラストでプリントをしている。
 
その中でも、ブラストでしか買うことができないオリジナル商品が一部ある。今野さんは「今後は、もっとたくさんのブラストオリジナル商品を作りたい」と意欲的だ。
 

6-2blast__article
襟元が特徴的なポロシャツはブラストオリジナルのデザイン
 
6-3blast__article
ユニホーム風のゲームTシャツもオリジナル

 
 
 
デザインに自信がなくても大丈夫! デザイナーに直接相談できる
 
気になるオリジナルTシャツの注文方法だが、まずは申込み用紙に記入する。用紙はブラストホームページからダウンロードするか、港南台の店舗に置いてあるので、それを利用する。
 

7blast__article

ホームページには、申込用紙の書き方の丁寧な説明がある
 
8blast__article
豊富なデザインサンプルから選ぶこともできるので安心

 
デザインは、ホームページやカタログから確認できるデザインサンプルを参考にしても良いし、ブラストのデザイナーに相談することもできる。
「絵でなんとなく」描いてあっても、プロのデザイナーが形にしてくれるので、気楽に描けるというのは嬉しい。
 
「こんな注文がくるとちょっと困る、というデザインはありますか?」と聞いてみると・・・
 

 09blast__article
「それは・・・パクリです(笑)」

 
有名スポーツ用品メーカーのロゴや「夢の国のねずみ」の絵など、「ものまねデザイン」の注文がくると、「これは、ちょっと・・・」となるらしい。
 
できるだけお客さんの意向を尊重しつつ、問題ない程度へのデザイン変更を依頼するそう。「注文してくる人が高校生や大学生が多いので、けっこうあるんですよ」とのことだった。
 

10blast__article
デザインの相談に乗ってくれるデザイナーの細谷真弓(ほそや・まゆみ)さん
 
11blast__article
もう一人のデザイナー臼田愛実(うすだ・あいみ)さん。ブラストHPの作成も担当

 
注文時には、デザインだけでなく、注文枚数やサイズ、そしてプリントするシャツの種類を選ぶ。
 
例えば、Tシャツなら1枚450円の低価格のものから「吸汗速乾のドライ生地」というドライTシャツ(700円)など、たくさんの種類がある。
 

6-1blast__article
シャツの値段や厚みなど、好みのものを選ぶことができる

 
シャツの厚みや質感も気になるところだが、ホームページを見るとTシャツの厚みがoz(オンス)という単位で示されていて、それぞれを比較することができるようになっている。
 

12blast__article
ホームページで透け感の違いを紹介。分かりやすい!

 
実際に着たときのサイズの目安もカタログで確認できる。
 

13blast__article
さまざまな身長のモデルさんが着用している

 
プリントの料金については、基本的に1色ずつ増えていくと、その分値段が上がる。これは、色代というよりも「版代」で、1色につき1枚、版を作る必要があるため、価格が変わってくるのだ。そのため、Tシャツの表に2色、裏に違うデザインを同じ色で2色、としてもそれぞれに2枚ずつ、計4枚の版が必要となるので、4色分の料金となる。
 

14blast__article
プリント代の詳細は、HPやカタログに分かりやすく書いてある

 
また、注文する枚数が多ければ多いほど、プリント代が安くなる。
 

22blast__article
そのほかにも、いろいろなサービスがある

 
「1枚から注文を受けます」としているが、何枚プリントするかにかかわらず、版を作る必要があるのは同じなため、1枚しかプリントしないと料金は割高になってしまう。
 

21blast__article
Tシャツだけでなく、パーカーやスエットパンツなどもあり・・・
 
15blast__article
エプロンや帽子、キーホルダー、綿バックなどにもプリントできる

 
 
Tシャツはどうやってプリントされているのだろう? 工場を見学!≫ 
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索