ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    のかさんに便乗して、酸辣湯麺に担々麺、辛い刀削麺とか、あと麻婆豆腐も豆板醤を使う赤系か山椒(花椒の場合あり)と胡椒を使用する黒系の麻婆豆腐とか、中華料理の辛いもの料理を是非とも特集して下さい。

    ナチュラルマンさん

    横浜市内だけでどのくらいの世界各国料理や世界各国地方料理が味わえる?中華街なら北京、上海、四川、広東、香港、台湾とか…。少なくとも屋台を含めて横浜市内ではインド、ネパール、パキスタン、トルコ、ロシア、...

    ナチュラルマンさん

    横浜駅周辺で美味しいサンラータン麺を食べれるところを探しています。中華街に行けば食べられるのでしょうが、是非発掘して来てください

    のかさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
2位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
3位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~
4位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
7位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
8位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
9位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
10位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
11位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
12位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
13位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
14位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
15位
横浜の子どもの4万人以上が貧困? その実態と横浜市の対策とは?
16位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
17位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
18位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
19位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
20位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
21位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
22位
ロボットにかける青春! 「学生ロボコン」の横浜代表チームに突撃!
23位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
24位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
25位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
26位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
27位
ベイスターズジュニア、1次選考会の様子はどんな感じ?
28位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
29位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
30位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> カフェ・スイーツ

横浜紅谷

横浜ガチあま! 金賞に選ばれた和菓子。3代続く和菓子屋の味をぜひ!

最終更新日:2017年7月28日

045-772-3340

イチオシサンプル画像

選ばれたガチ(本気)はシンプルな「おいしい和菓子」。世代を超えて愛される豆大福の「横浜紅谷」

日本人の人生の節目節目に登場する和菓子。戦後から続く和菓子屋の素朴でホッとする味は今も変わらず職人によって守られている。

DATA
住所: 神奈川県横浜市金沢区富岡東6-1-7
京浜急行「京急富岡駅」東口より徒歩1分
営業時間: 09:00〜18:00

街の和菓子屋さんの豆大福
 
一般社団法人横浜市商店街総連合会が主催する、年1回、ひとつの食をテーマに横浜の商店街でのナンバーワンを投票で決めるイベント「ガチ!」シリーズ。2011(平成23)年のコロッケを皮切りに、これまで、スイーツ、丼、カレー、麺類(汁もの編)と開催されてきた。
 
2012(平成24)年、ナンバーワンスイーツを決定する「ガチあま!」で82エントリーのスイーツから金賞に選ばれたのが、今回ご紹介する金沢区富岡の和菓子店「御菓子司横浜紅谷(よこはまべにや)」の「豆大福」である。
 

001beni_article
有効得票数1万7103票、2位とは7票差と大接戦を繰り広げた
(ガチあま!webページより)
 
002beni_article
京浜急行「京急富岡」駅にほど近い、通りに面した店舗

 
横浜紅谷(以下紅谷)が、現在の場所で創業したのは1949(昭和24)年。現在の店主、鈴木道弘(すずき・みちひろ)さんの両親が昭和のはじめから子安で和菓子店を営んでいたが空襲に遭ったため富岡に疎開。
 
戦後になってこの地で新たに店を興したのだそうだ。疎開当時鈴木さんは4歳。空襲で逃げる際、姉の背負ったリュックサックに焼夷弾のかけらが突き刺さった様子などを今でも覚えているという。
 

003beni_article
紅谷2代目店主、鈴木道弘さん

 
戦後の混乱期、大変な苦労もあったと思われるが、再開した紅谷では当初から豆大福は看板商品だったという。鈴木さんは自然と和菓子店の後を継ぐものという思いで育ち、高校を卒業すると店を手伝うようになった。
 

004beni_article
昭和30年代、紅谷で働きはじめたころの鈴木さん
 
005beni_article
1962(昭和37)年の紅谷店舗と鈴木さん

 
以来、和菓子一筋に半世紀以上を捧げてきた鈴木さん。一つの豆大福に長い歴史がぎゅっと詰まっているのだ。
 
なお、紅谷という屋号の和菓子店は全国に何店舗かあるが、これはかつて東京都文京区の小石川・安藤坂にあった「紅谷」という和菓子店(嘉永<1848~1854>年間に創業、戦後まもなく廃業)で修業して独立した際に看板分けという形で屋号を引き継いだ名残で、個々の紅谷同士には現在は特につながりはないという。
 
 
 
ナンバーワンスイーツに選ばれた理由に迫る
 
店舗の2階は作業場になっており、紅谷の和菓子のほとんどは毎日ここで手作りされ、店頭に並ぶ。
 

006beni_article
取材時は3人で豆大福を量産中

 
写真左より、次男の鈴木武志(すずき・たけし)さん、長男の鈴木隆教(すずき・たかのり)さん、社員の野口雅人(のぐち・まさと)さん
 

007beni_article
すいすいと手が動き、餡が包み込まれていく
 
008beni_article
餡と豆入り餅の塊が、次々と豆大福に姿を変えていく

 
毎日400個作られるという豆大福。均一の大きさで量産する職人技を、「いや、そんなに難しくないです」と笑うのは3代目の鈴木隆教さん。
 

009beni_article
難しくないわけがないと思いますが・・・
 
010beni_article
毎日何百個と長年作っていればこその言葉でしょう
 
011beni_article
これが横浜の商店街ナンバーワンスイーツに選ばれた「豆大福(130円)」
 
012beni_article
手にすると、小さくてもずしりと存在を感じる

 
豆大福は、和菓子のなかでも比較的ポピュラーで、どこの和菓子屋でもみかける商品である。それが横浜ナンバーワンに選ばれた理由とは?
 
 一口、食べてみればおのずとその答えは分かる。
「美味しいから」だ。
 

013beni_article
薄い生地の中に餡がぎっしり

 
紅谷のキャッチフレーズは「おいしい和菓子の店」。ど直球、ストレートである。これ以上ないシンプルな言葉だがこれ以上言い表しようもない。
 
スイーツナンバーワンに選ばれたのは、見た目も美しい洒落たケーキでもなく、材料にとことんこだわった高級プリンでもなく、街の和菓子屋さんが毎日作る素朴な豆大福だった。
 

031beni_article
「ガチあま!」以外にも、市や県から表彰を多数受賞している

 
他店の豆大福との美味しさの違いを鈴木さんは「塩加減かなあ」と言う。もちろんそればかりではないはずだが、それ以上の違いは理屈や言葉にならないところにありそうだ。シンプルゆえにごまかしはきかない。材料は吟味して当たり前、餡を豆入りの餅生地で包む単純な作り。
 
「塩梅(あんばい)」という言葉があるように塩加減は確かに重要で、他店の豆大福ではなく紅谷の豆大福が支持された理由に、そのほど良い味わいがあるのは確かだ。また、それを次世代に継承できていることも強みのひとつといえるだろう。
 

030beni_article
たとえば甘じょっぱさが絶妙のみたらし団子。塩加減、確かに重要

 
「本来は砂糖の量はこれくらい、時間はこれくらいと手の感覚でやるものだけど、味を伝えていくには、だいたい何グラムで、と計らなければならないところもある」
 
昔ながらのやり方にこだわるばかりでなく、良いものは取り入れていく柔軟性が、紅谷の豆大福を安定して量産できる体制を作っている。
 
当代の鈴木さんと3代目の隆教さん、次男の武志さんが中心となり、親族と数人の職人、パートという家族経営に近い規模の紅谷。店の温かい雰囲気が味にも反映されている気がしてならない。
 

016beni_article
この笑顔から生まれる和菓子なら美味しいに決まっている
 
017beni_article
さまざまな道を経験したのちに、和菓子職人を選んだという隆教さん

 
戦前からの歴史を継ぐ隆教さんだが気負いはないという。
「『3代目が家を潰す』なんていう言葉がありますが、潰してはならないというプレッシャーよりも、『そんな言葉があるくらいだから』と逆に気楽に構えています」という隆教さん。
 
もちろん、潰れていいと思っているわけではなく、季節の和菓子の新作を考えたり、能見台にほど近い場所に新店舗を構えたりと、むしろ拡充の日々である。
 

018beni_article
能見台の商店街に新オープンした横浜紅谷
 
019beni_article
店に立つのは隆教さんの奥様、鈴木和美(すずき・かずみ)さん
 
020beni_article
落ち着いた店内で紅谷の和菓子を選ぶことができる

 
 
続いて「横浜紅谷」の限定和菓子の紹介! ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索