ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    実証実験中の横浜市資源循環局のごみ分別案内「イーオ」が来年度から全面実施になります。自分も分別する時に紛らわしいモノはスマホで参照して活用しているのですが、街中調査ではどの位の方が日常的に活用している...

    よこはまいちばんさん

    明日10/18から、「タダうま」キャンペーンでタダで、横浜の有名店のお料理を届けてくれるらしいのが、とっても気になります!おやじギャグっぽいのに一度聞いたら忘れられない「タダうま」のネーミングの由来も...

    はまれおんさん

    11/1蒙古タンメン中本横浜店がオープンします!超楽しみです!ついに北極ラーメンがよこはまでたべられる!!

    ななここさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月17日今日は何の日?」
2位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
5位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
6位
「ぴあ」がみなとみらいに1万人規模のアリーナを建設するって本当?
7位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
8位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
9位
横浜にあるもう一つの「サグラダ・ファミリア」!? 上大岡の再開発はいつ終わるの?
10位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
11位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
12位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
13位
あの"お好み焼きバーガー"が復活!? 新生「ドムドムハンバーガー」をレポート
14位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
15位
【衆院選2017】神奈川県選挙区候補者60名ってどんな人たち?
16位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
17位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
18位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
19位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
20位
横浜駅発! 乗り入れ終着駅への旅! 京成・青砥駅編
21位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
22位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
23位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
24位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
25位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
26位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
27位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
28位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
29位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
30位
伊勢佐木町が大プッシュ! 「ヨコハマメリー」から11年、『禅と骨』公開中!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

学ぶ> 格闘技

極真カラテ 神奈川県加藤道場本牧支部 横浜本牧道場

極真空手からキックボクシングまで! 経験豊富な先生が丁寧に指導!

最終更新日:2017年9月04日

045-299-8021

イチオシサンプル画像

空手とキックボクシングを熱血指導!「極真カラテ 神奈川県加藤道場 本牧支部 横浜本牧道場」

横浜・本牧通り沿いにオープンしてまもない極真空手道場。大人も子どもも「この先を生き抜く強さ」の体得を目指し、極真空手はもちろんキックボクシングのトレーニングも受けられる!

DATA
住所: 横浜市中区本牧町1-7 キャスト本牧2F
JR根岸線山手駅徒歩20分/横浜市営バス本郷町徒歩3分
営業時間: 平日:16:30~22:00/土日:10:00~15:00
平均予算: ご案内ページをご確認ください

近年、伝統的な習い事として人気が高まっている日本の武道「空手」。
 
子どもはもちろん、中高年の入会も増加し、日本空手協会によれば空手を習う人口は2014(平成25)年よりも3~5%もアップしているとのこと。
 
中でも、素手と素足による直接打撃制ルールを採用するフルコンタクト空手の元祖・極真空手は、心身の鍛錬はもちろん、直接「突き」や「蹴り」を交わすことで「痛み」を知り、力加減を学ぶことができると注目が集まっている。
 

01honmoku__article
子どもの試合でも鋭いキックが飛び交う(画像はイメージです)

 
 
 
“格闘家”が待つ新道場に突撃取材!
 
横浜にある「極真空手神奈川県加藤道場」では、年齢や個々のレベルに合わせたクラスを設け、男女を問わず幅広い年代の生徒を指導している。本部は東戸塚で、本牧支部、戸塚支部を展開中だ。
 
代表の加藤一博(かとう・かずひろ/極真空手歴20年・3段)さんは、2015(平成26)年11月に開催された「第47回極真全日本空手道選手権大会」壮年Aクラスで優勝したばかり。ほかにも強者の道場生らがそろっている。
 
今回は2015(平成26)年9月にオープンしたばかりの本牧支部を指導する先生を紹介していただき、取材に向かった。
 

02honmoku__article
JR山手駅から横浜市営バスに乗り、本郷町停留所で降りる
 
03honmoku__article
見晴トンネル入口南側交差点を渡って
 
04-1,2honmoku__article
歩いてすぐ見えてくる1階が「みなとクリニック」の2階

 
しかし「空手道場」というと、どうしても「先生や先輩たちが厳しくて超こわい!」イメージ。しかも本牧支部の先生は、極真空手のみならず、『K-1』『Krush』『RISE』といったキックボクシングの試合でも活躍した格闘家だという。
 
緊張するなぁ・・・お、押忍!頼もー!!
 
 
 
元いじめられっ子が格闘家になるまで
 
「ハイ、きょうはよろしくお願いします!」
明るく爽やかな笑顔に出迎えられて拍子抜け。
 

05honmoku__article
加藤道場本牧支部の洪太星(こう・たいせい/初段)先生

 
こわくなかった。ホッ・・・。さっそくお話を伺うことに。
 
洪先生は、横浜出身で1980(昭和55)年10月18日生まれ。身長185㎝、体重83kg、足のサイズ28.5㎝、体脂肪率10%の鍛え上げられたボディーの持ち主だ。
 

06honmoku__article
キックボクシングの重量級ファイターでもある

 
2002(平成14)年「極真空手第34回全日本選手権」でベスト8入りして日本代表となり、翌年の世界選手権に出場。2004(平成16)年の日本選手権ではベスト16に留まるが、その後キックボクシングのプロに転向。
空手仕込みの蹴り技を得意とし、ガード越しでも相手を倒す、重くて鋭い「右のハイキック」が注目を集めた。
 

07honmoku__article
歴戦を物語るトロフィーたち
 
08-1,2honmoku__article
K-1参戦でキャリアを重ねたファイターとして、本場タイでムエタイの試合にも参加

 
こうしたグローバルな活躍から一転、地元の道場で指導を任されることになった経緯を伺ってみると、「現役引退を考えていたところ、加藤先生にお声をかけていただきました。極真空手の選手時代はずっと下のクラスを指導していて、子どもたちに教えるのはもともと好きだったんです」と答えてくれた。
 
やはり、ご自身も子どものころから空手を習っていたからだろうか?
 
「イヤ、ぜんぜん。実は僕、空手を始めたのは高校生になってからなんですよ! 子どものころは体が弱くいじめられっ子で、小学校のクラブは理科と卓球。毎日いじめっ子に小突かれて帰って来るような子でした」
 

09honmoku__article
体が弱くいじめられっ子だった子ども時代を語る

 
想定外の返事にびっくり仰天。あれほどのタイトルを持つ格闘家が、昔は“いじめられっ子”だったなんて!
 
「それで『少年ジャンプ』の格闘漫画に憧れて、野球部に所属していた中1のころにテレビで始まったばかりのK-1を観て、ピーター・アーツに感動しましてね。親に『空手やらせてくれ』と頼んだら、『そんなことより勉強しろ』と学習塾に行かされてしまい・・・」
 
「ピーター・アーツみたいに強くなりたい!」とは、当時たくさんの少年たちが憧れて胸に抱いた夢である。けれども現実はきびしく、やがてはあきらめてしまった者も多いだろうが、洪先生は違った。
 
「『絶対にやりたいんだ!』と言い続けて、中学3年間ひとりでずっと居間にある2畳の空きスペースで筋トレやキックとパンチの自主トレを続けていたら、最後には許してもらえたんです。高校生になってから、ようやく極真空手に通いだしました」
 

10honmoku__article
諦めず自主トレに励むことで夢をつかんだ中学時代

 
極真を選んだのは“たまたま自宅から通える範囲にあったから”とのことだが、ここで稽古に打ち込み、メキメキと頭角を現していく。
 
「実は高校でもいじられキャラのままで学校になじめず、『自分はダメ人間だ』と思い込むようなタイプだったんですが、道場では『いやいやお前才能あるよ』と認めてもらえたので、自己肯定感を持つことができました。だから、通うのが楽しかったんです」
 
「時には『ピーター・アーツは型なんかやってないはずだ!』なんて?中2病?的な思い込みでやりたくない練習はサボったりもしましたが(笑)」
 
「でも世界選手権以降、逆立ちしても敵わないような強い相手に遭遇したことから、初めて自分のやり方を振り返ることができて、当時あまり言うことを聞かなかった僕を温かく見守ってくれた先生や先輩方のありがたさが身に沁みました。そんな経験からも、学校とは別の『道場という居場所』があることの大切さを実感しています」と語ってくれた洪先生。
 
近年、不登校が増えている理由のひとつに“学校でも家庭でも「学力偏重の価値観」を押し付けられ、試験の成績で評価される環境の中で、子どもたちが心の居場所を失くしている”という背景が指摘されている。
 
洪先生は、学校とも家庭とも違う価値観を持つ「道場」に身を置いて、仲間と共に鍛錬を積むことで、変わることができたのだ。
 

11honmoku__article
世界を舞台に戦うことで己を知った青年時代

 
取材前は勝手に“幼年時からの英才教育を経て今に至る”ものと思い込んでいた筆者、予想外のガチ版「いじめられっ子の成長ストーリー」を聞き、素直に感動してしまった。
洪先生が一番好きな漫画は、森川ジョージ作『はじめの一歩』。「強くなりたい」という願いがある限り、最初の一歩を踏み出すのに遅すぎることはないのだ!
 
しかし実際のところ、大人になってから空手を始める人なんて本当にいるのだろうか?
 
「いらっしゃいますよ!本牧支部にも、47歳で初体験の道場生が通ってくれています。ずっと極真空手をやりたいと思いながら機会に恵まれなかったそうで、今は週3?4回も稽古に来て、とても一生懸命です」
 
40代からの極真空手デビューなんて、むしろカッコイイ!これが自分の夫なら、間違いなく惚れ直す。
 

12honmoku__article
初めての人でも気軽にきてほしいですね

 
最後に、本牧支部で“新たな居場所”を得た洪先生が、空手を通じて生徒たちに伝えたいことを伺った。
 

「何を持って『真の強さ』とするか?僕自身、まだまだ勉強中なんですが、『強さ』とはある程度の『硬さ』を経て、そこからどんどん角が取れて柔軟になり、最終的には丸くなるイメージを持っているんです」
 
「ですから、最初にみんなで号令して、同じ動作を繰り返すという『型』にはめた稽古が中心の空手は、『型によって硬さを身につける』という意味で、とてもいいんですよ。僕が教える生徒さんたちが、空手を通じて、この先を生き抜く強さや、真の強さを身につけてもらえたらいいですね」
 

13honmoku__article
空手の「型」の奥深さを語る洪先生

 
数多の激戦と格闘家としての苦悩を乗り越え、自分なりの「強さの定義」を見出した洪先生。
その経験を生かし、本牧支部では本部にはない「キックボクシングクラス」を併設していることも大きな特徴だ。
 
対象は高校生以上。単発やコンビネーションでのミット打ちが主な稽古内容なので、体を動かしたい人や、シェイプアップが目的の人でも参加しやすいクラスになっている。 
もちろん、空手とキックボクシングの両方を習うこともできるので、より強くなりたい人にもおすすめである。
 
 
営業部・平本が極真空手を体験! ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索