ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    相生町で非日常のお店が有りましたが、どうやら、3月にも和風lounge絲ってbarが出来たらしく気になります。女性一人でも、エロ無しって事で安心らしいです。和風って所も気になります。是非、調査お願いし...

    月明かりさん

    既にコビン・ケスナーさんからもありましたが、ウルトラセブンのモロボシダン役、森次晃嗣さんが経営するお店が藤沢市鵠沼にあります。名物料理はモロボシダンのハヤシライスだとか。また、ウルトラセブングッズも販...

    ナチュラルマンさん

    大磯町は照が崎海岸の岩場にアオバトがわざわざ丹沢やNHKの生きもの番組『ダーウインが来た』では遥々奥多摩からアオバトが海水を飲みにやって来るとか…アオバトが海水を飲みに岩場にやって来るのは他地域でも観...

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
横浜発祥のコンビニ「スリーエフ」がなくなってしまうって本当?
3位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(野毛編)
4位
【随時更新】横浜市長選挙の詳細をレポート!
5位
日本で初めて「うんこ」を商標登録! うんこって、あのうんこ!? 瀬谷区の「株式会社うんこ」に突撃!
6位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
7位
横浜市の住民税って高いの?
8位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
9位
横浜市職員の給料は高いのか!?
10位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
11位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
12位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
13位
横浜市長選立候補予定者が激論を交わした公開討論会の様子をレポート!
14位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
15位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
16位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
17位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
18位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
19位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
20位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
21位
金沢区の山田工業所が作る、日本で唯一の「打ち出し式」中華鍋って何?
22位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
23位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
24位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
25位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
26位
「ドンドン商店街」って今はどうなってるの?
27位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
28位
みなとみらいのアンパンマンミュージアムが閉鎖するって本当?
29位
川崎と横浜とのイメージの違いとは?
30位
本郷台駅の公務員住宅「南小菅ヶ谷住宅」跡地はどうなる?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

住む> エクステリア

3rd your life style shop

自社と協力してくれる工房、工場、メーカーのアイデアと技術が結集するから、それはできないは言いたくない

最終更新日:2016年11月21日

045-532-9798

イチオシサンプル画像

自分が暮らす空間だから自分が暮らしやすい、暮らしたい部屋をつくりたい。そんな思いを実現する「3rd」

サイズもデザインも自由自在。素材も塗装も思いのまま。自分らしい毎日を過ごすための理想にあわせて、無垢材を中心とした天然素材でつくるオーダーメイド家具やセレクトした家具の提案で、そんな暮らしを実現する店

DATA
住所: 神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-11-10 ポリニアA
東急田園都市線たまプラーザ駅 徒歩約5分
営業時間: 11:00~19:00

 「3rd your life style shop(サード)」は、横浜市内で東戸塚とたまプラーザの2つの店舗を展開する、受注生産のオーダーメイド家具、そしてセレクト家具の店である。
 

013rd_article
東急田園都市線たまプラーザ駅から歩いて約5分のショールーム

 
 
 
「3rd」ができるまで
 
「3rd」は、2人の男の出会いによって生まれた。2人が出会ったのは、現在代表取締役を務める青木祥一(あおき・しょういち)さんが2005(平成17)年に開いた家具店だった。
 

023rd_article
青木さんの最初のキャリアはテーラー(仕立屋)からはじまったという

 
次第にブランドの立ち上げを任されるようになり、新店舗の立地や物件の調査や工事業者の選定、さらに店舗の内装のディレクションにも携わり、全国を飛び回る生活が始まった。
 
新店舗のプロジェクトが完成するまでの数ヶ月をホテルで過ごし、また次の場所へと移り、ホテルで数ヶ月過ごす生活は、憧れていた生活であった。しかし、そうした「ホテル暮らし」を30代の前半に3年半ほど過ごしたころから、青木さんのなかで「何かが違う」という違和感が少しずつ膨らんでいった。
 
ホテルで目を覚まし、準備をして出かけていく。そして仕事が終わって夜、帰ってくると部屋は掃除されていて、きれいにベッドメークされている。
 
忙しい生活においては間違いなく理想的な生活だったが、ある日、青木さんは、いつ帰ってきても真新しい部屋は「自分の部屋」ではないこと、自分の生活が「生活感のない生活」だということに疑問を感じはじめた。
 

033rd_article
そして「自分の居場所」「自分の生活の匂い」の大切さについて考えるように

 
やがて、店舗の内装を手掛けていたことから、その2つを創りだすものとして「家具」への興味が大きく育っていった。自分の思いを現実のものにするために青木さんは仕事を辞め、東京・青山の家具店で働きはじめた。1年半、家具の世界について多くを学ぶことになるのだが、アパレルの仕事を辞めた理由はもう一つあった。
 
店舗の立ち上げはやりがいのある面白い仕事ではあったが、店に立ち、そこへやってきてくれる人と言葉を交わし、希望にこたえられるサービスを提供するという、青木さんにとっての最高の喜びから、少し遠い場所にいるということだった。
 

043rd_article
「やっぱり店という舞台で働きたいという気持ちが強かったんです」

 

そこで、40歳までには独立して自分の店を持つことを目標に設定し、40歳の誕生日にオープンできるように、すべてをそこに向けて準備していった。
 
そして、2007(平成17)年の誕生日、「3rd your life style shop」が東戸塚にオープンした。保土ケ谷で生まれ育った青木さんが、横浜市内で開業したいと場所を探したのだった。ちなみに青木さんの誕生日は1月3日なので創業の日も1月3日。
 

053rd_article
「そのせいで毎年1月3日に全員出勤してもらうことになってしまいました(笑)」

 
 
 
「3rd」が生まれる瞬間
 

063rd_article
ある日ふらりと入ってきたのが山下谷雅孝(やましたや・まさゆき)さんだった

 
山下谷さんは美術大学を卒業後、最初、工業デザイナーとしてさまざまな製品の開発に携わった。しかし、モノづくりではあってもデザインは基本的に机の上の仕事である。自分にとっていちばん楽しい時間は、モックアップ(製品の模型)をつくっているときだった。次第に山下谷さんのなかで「自分の手でモノをつくりたい」という気持ちが膨らんでいった。
 
そして、工業デザインの仕事を辞めた山下谷さんは、忙しい仕事から解放されたこともあって、半年ほど充電しようと思っていたという。ところが、退職してまもなく家具工房のアルバイトの募集を見つけたので応募したところ、採用ということになった。
 
予定とは異なる展開だったが、働きはじめてみると、「自分の手で」家具をつくるという作業が楽しくてしかたがなかった。「これしかない」と思った。
 
山下谷さんとまったく同じタイミングで工房に入った、同年齢のスタッフの存在も大きかったという。山下谷さんと同い年のそのスタッフは、すでに家具工房で4年経験があったため、工業デザインの世界から飛び込んできた山下谷さんと比べると当然、経験も技術も豊富だった。

 
073rd_article
「でも教えてもらうのが悔しくて、必死に技術を盗んだんです(笑)」

 
ふとはじめたアルバイトとしての仕事の面白さに魅せられてのめりこんでから、気がつけば8年が経っていた。8年働いたことで工房に恩返しはできたと考えた山下谷さんは独立。都筑区池部町に自分の手でモノをつくる場所として、工房兼店舗をひらいた。
 

083rd_article
山下谷さんの表現手段は言葉ではなく「手で喋る」ことなのである

 
しかし、1人ということは、自分で営業も行い、受注したらその家具を製作するという行程をすべて1人で進めるということである。もちろん営業は毎回かならずうまくいくというわけではない。現地へ赴いて話し合ったものの契約に至らずに帰ってくる日は、家具をつくる時間がほぼないまま終わってしまう。
 
仕事を受注しなければ、自分の手でモノをつくることができないが、営業や打ち合わせに出かける時間は家具の製作から離れなければならない時間でもある。とにかくモノがつくれればいい、と思う山下谷さんは、1人ですべてをやることに限界を感じていた。
 
山下谷さんが青木さんの家具店に現れたのは、ちょうどそんな時期だった。客と店主という立場で言葉を交わした2人は、たちまち意気投合した。そして、店に立ちたい青木さんと、とにかくモノがつくりたい山下谷さんが組めば、欠けたピースを補うようにして2人の理想のかたちができあがることを互いに直観した。
 

093rd_article
2人のキャリアの、それぞれの3度目分岐路が交差した瞬間だった

 
そこから2人は話し合いを重ね、オーダーメイドでつくる家具は大量に供給するのは難しいが、小規模なら可能なのではという結論に至った。
 

103rd_article
オープン当時の東戸塚の3rd

 
 
 
動きだした「3rd」
 
3rdという名前は、テーラー、アパレルを経て家具の世界に入った青木さんと、工業デザイナー、家具工房でのアルバイトを経て自分の工房を持った山下谷さんにとって、この店が人生での3つ目の大きな岐路だったことに由来しているという。
 
また、「自分の居場所」というものを考えたとき、家具がなければ人は快適な暮らしを送ることができないが、家具は家があってはじめて置くことができるモノである。まず最初に家があって、そこに住む人がいて、快適に暮らすための家具があるとすれば、人がいて家がある、そして家具は3番手。また野球に例えるなら、その3つがそろった場所に家庭=homeができる、という意味での「3rd」でもあるという。
 
最初の3rdは、東戸塚の店舗で青木さんが販売し、都筑区の工房で山下谷さんが製造するという態勢ではじまった。理想の家具を造りたいという山下谷さんと、理想の家具を販売したいという青木さんのそれぞれの思いがかたちになって、動きはじめる。
 

113rd_article
「製作中は時間を忘れてしまう」という山下谷さんの手は指紋がない

 
そして動きはじめてみると、自宅の壁や隙間にぴったり合う家具をオーダーメイドでつくりたいという需要は、予想よりはるかに大きく、1年ほど経つと、受注した家具の数を山下谷さん1人で製作していくことに限界が見えてきた。
そこでクラフトマンを募集。
 

123rd_article
職業訓練校を卒業した丸山喜文(まるやま・よしふみ)さんが新たに3rdに加わった

 
山下谷さんと丸山さんが2人で作業するには山下谷さんの工房では手狭になったので、資材業者の倉庫だった建物を自分たちの手で自分たちが使いやすいようにリフォームした。広さは倍ほどになった。
 
一方、東戸塚の店のほうも、次第に青木さん1人では手一杯になってきていた。オーダーメイドということは、その部屋に合った家具を提案するために実際に部屋を見に行くことも少なくなく、相談や採寸で店を空けなければいけないことが多くなっていたのである。
 
そこへある日、1人の男性が客として入ってきた。青木さんはその男性客の様子が何となく気になって「あなたも何かモノをつくってるんですか?」と声をかけた。しかしその男性は「いや何も」と言って、しばらくすると店をあとにした。数日後、応募してきたのは何とその男性だった。
 

133rd_article
「つくる人は、モノの見方が特徴的だから、印象に残っていた」と青木さん

 
職業訓練校を卒業したその男性は、3rdで家具職人になりたいと告げた。しかし、すでに工房には丸山さんが入っている。「クラフトマンはもう決まってしまったが、お店のほうを一緒にやらないか?」と青木さんが話すと男性は後日「お願いします!」と答えた。
 

143rd_article
その人物が現在、3rdで店長をつとめている根本歩(ねもと・あゆむ)さんである
 
153rd_article
根本さんは、3rdの家具の設計デザインも手がけている

 
 
青木さんのアイデアが現実のものに・・・≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索