ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    「予約の取れない肉料理」のお店、都内では次々に大人気店ができています。その中でも代表格な「肉山」がついに横浜進出とのこと! がっつり美味しいお肉大好きメンバーとしてはキニナリます!

    HyperNattohさん

    伊勢佐木モールの五丁目に鳥さんやウサギさんをモールに出してお客さんを癒してる【一心堂】という可愛いお店があります。不思議な雰囲気なので是非レポートお願いします。

    greygreyさん

    警察のヒミツの部屋?? 最近出来た警察署(例えば金沢警察署や港北警察署)には建物から飛び出した部屋っぽいのがある。そこはどんな部屋?? とてもキニナル!!!

    まっくすさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
全8店舗あますことなく一挙に紹介! 4月オープンの上大岡燦々横丁の魅力とは!?
2位
メニューや佇まいが“そっくり”な家系ラーメン2店の謎を探る
3位
駅のホームの立ち食いそば屋さんを完全制覇! ~東海道線編~
4位
新規開店! オープンしたての2店舗で最新の家系ラーメン事情を調査
5位
辛すぎるのにうまい! “赤くない”激辛ラーメンを提供する2店舗に突撃!
6位
コーヒーとカレーが味わえる居心地の良い横浜の喫茶店を紹介!
7位
5月7日まで横浜赤レンガ倉庫で開催される春のビールの祭典「フリューリングスフェスト」をレポート!
8位
懐かし味のパンを求めて! ライター山崎島、軽く旅に出た!
9位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
10位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
11位
バーなのに絶品中華!? 名店のバーテンダーも通う都橋商店街の「華」に突撃!
12位
GWに食べたい横浜中華街の“ゴールデン”なグルメとは?
13位
21日まで開催中の「ベルギービールウィークエンド2017横浜」の様子をレポート!
14位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
15位
【はまれぽ名作選】一般人が利用できる役所などの食堂は?【Vol.2市役所編】
16位
【はまれぽ名作選】昭和の香りがする鶴見線国道駅のガード下にある居酒屋「国道下」に突撃!
17位
【編集部厳選】GWはおウチでまったり派必見! 横浜のおいしいお弁当!
18位
【編集部厳選】GWの疲れを癒す滋味深い味!
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
【編集部厳選】暑くなってきたので、今年も冷やしたアレ、始めちゃいました!
21位
【はまれぽ名作選】瀬谷の住宅街にある謎の点心専門店「南方粽子(なんぽうちまき)」に突撃!
22位
【ニュース】横浜DeNAベイスターズが老舗洋食店「センターグリル」監修のメンチカツを発売!
23位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
24位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
25位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
26位
横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 前編
27位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(5月11日~5月17日)
28位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
29位
ついに取材成功!ハマのB級ソウルフード「バーグ」のキニナルあれこれをライター・クドーが徹底調査!
30位
【ニュース】スリーエフがサービスエリア店舗限定で「ガリガリ君フェスティバル」を開催!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

学ぶ> 体育教室

大津スイミングクラブ・スポーツ学童

今注目の“スポーツ学童”。港南区からも発信します!

最終更新日:2017年5月08日

045-822-1311

イチオシサンプル画像

カラダを思いっきり動かして運動能力向上! 子どもらしく過ごせる「大津スイミングクラブ・スポーツ学童」

横浜・下永谷で38年の歴史を持つ名門スイミングクラブが満を持してオープンさせた「スポーツ学童」。“子どもらしい日々”を何よりも大切にしながら、遊び感覚の楽しいスポーツプログラムで運動能力向上を目指す!

DATA
住所: 横浜市港南区下永谷 6-1-1
横浜市営地下鉄ブルーライン下永谷駅 徒歩20分(スクールバスあり)
営業時間: 火~金/10:00-21:00 土曜日/ 9:00-20:00 日曜日/ 9:00-15:30
平均予算: ※お問合せください(045-822-1311)

港南区初の“スポーツ学童”とは?
 
共働きやひとり親の家庭に育つ小学生たちを、放課後や長期休みのあいだ、預かる「学童保育」。
 
「働く女性の増加」と「利用児童の対象年生の拡大」にともない、厚生労働省によると2015(平成27)年発表の待機児童数は全国で過去最多数の1万6941人となったそうだ。施設自体は同年5月時点で前年より524ヶ所も増加しているにもかかわらず、まだまだ足りていないのが現状だ。
 

001_otsu_article
子どもたちの放課後の居場所の確保は深刻な問題(フリー画像より)
 

そんな中、近年は民間企業が相次いで“学童保育”に参入。学習や習い事を受けることができる民間学童保育が次々と誕生し、みな一様に「安全・安心・快適」はもとより「プログラムの充実」を競い合っている。
 

002_otsu_article
少子化対応のため学童機能を新設した進学塾も多い(フリー画像より)

 
しかし、利用する子どもにとっては、何時間も座って授業を受ける学校が終わって、“自宅代わりに帰る場所”で、さらに塾の勉強や習い事が重なることになる。これでは、緊張状態が続いてしまう子もいるだろう。
 
「体を思いっきり動かしたり、自由にのびのび遊んでリラックスしたい!」
 
これが願いなのではないだろうか?
 

003_otsu_article
大人も子どもも机に向かって座っている時間が長くなりつつある(フリー画像より)
 

そんな子どもたちの声に応える学童保育が下永谷にあると聞き、さっそく取材に向かった。
 
この地域で38年の歴史を持つ名門スイミングクラブ「大津スイミングクラブ」が、2015(平成27)年4月に満を持してスタートさせた、“学童保育”と“スポーツ教育”を兼ね備えた港南区初の「スポーツ学童」だ。
 

004_otsu_article
環状2号線『環2般若寺』交差点を『TSUTAYA』方面へ曲がり、1つ目の信号左折
 
006_otsu_article
「大津スイミングクラブ」の看板が見えて来る
 

創業は1978(昭和53)年。2016(平成28)年2月4日に39年目の創立記念日を迎えたばかりの、神奈川県でも指折りの老舗スイミングクラブ。
地域に根ざした経営を理念とし、古くから警察の人命救助指導や消防団などのボランティアといった積極的な地域貢献活動を行ってきた。
 
2014(平成26)年には、大規模災害時に駐車場を避難所として解放し、350トンものプールの水を消火用水や生活用水として提供する覚書を港南消防署と締結している。
 

008_otsu_article
神奈川中央交通バス停「般若寺橋」のすぐそば
 

現在も港南消防団の団長を務める同クラブ代表取締役社長の大津政美(おおつ・まさみ)さんは、「父から受け継いだ土地で創業するにあたって、割烹料理店店主の先輩や建設会社など、地域のさまざまな方から多大なるご協力をいただきました。そのご恩を、横浜での雇用創出や地域貢献活動で地元に還元したいと思っております」と地元への想いを語ってくれた。
 

009_otsu_article
大津スイミングクラブ代表取締役社長・大津政美さん
 

このように“地域密着型のスイミングクラブ”としての使命を常に意識している「大津スイミングクラブ」は、今回紹介する「スポーツ学童」の立ち上げも、子育て支援事業としてスタートさせた。
 
大きな特色は3つ。
 

010_otsu_article
第1期生スタートが2015年4月、現在2期生を募集中(公式サイトより)

 
(1)児童を通学中の小学校前までスクールバスでお迎え(対象の小学校のみ)
「スイミングスクール」の送迎バスが、「学童保育」のお迎えのために各小学校を回ってくれるという嬉しいサービス。
 
とくに入学したての新1年生は、自宅までの道のりですらあやふやで心配なもの。学校の正門から信頼できる大人やお友だちと一緒にバス移動ができれば、交通事故や不審者の脅威にさらされずにすむ。
 
対象となる学校も、永谷小学校・芹が谷南小学校など計9校におよび、スクールバスはなんと無料!
 

011_otsu_article
常時5台ものスクールバスが待機している

 
(2)最長午後9時・保護者来所まで延長預かりが可能 
子どもの「お迎え」の時間は絶対厳守。それはわかっていても、勤務時間が不規則だったり、時短が許されない職場だったり、退社前に重大なミスが発覚したりと、スケジュール調整が困難な日もある。
 
「このままじゃお迎えに間に合わない!」
 
そんな緊急事態に身内のサポートすら期待できなければ、途方に暮れてしまうだろう。
 
その万が一の事態を助けてくれるのが、大津スイミングクラブ・スポーツ学童が実施する「延長預かり」だ。通常の預かり時間は午後2時〜午後8時までとなっているが、施設営業終了時間の午後9時まで延長が可能。遅い時間も、安心して子どもを託すことができる。
 

012_otsu_article
大津スイミングクラブ・スポーツ学童の基本スケジュール(公式サイトより)

 

「コーディネーショントレーニング」とは、子どもたちの「身体能力を高める運動」のこと。スピード、アジリティー、クイックネスの頭文字に由来し、「速さ、敏捷性、俊敏性」といった神経系の能力を鍛えていく。
 
これらは本来ならば、幼少時に野山を走り、川遊びをし、木登りに挑戦するといった「外遊び」を経験する中で養われていくもの。しかし、なかなか外遊びができない現代社会においては、「コーディネーショントレーニング」を受けることで効率的に伸ばすことが可能であるため、運動神経を養うことができる。
 

014_otsu_article
フィットネスフロアの広々としたスタジオ。オプションで「水泳教室」の受講も可能!(公式サイトより)
 

「大津スイミングスクール・スポーツ学童」の3つの特色は、いずれも長年のスイミングクラブとフィットネスクラブ運営で培ってきた“スポーツ教育の実績”を生かしたものばかりである。
 
 
なぜスイミングスクールが学童を? 経緯を伺った! ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索