ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    でも確かにこれ悪意があるわけではなく、素人で「横須賀線」と「湘南新宿」の区別付かない奴なんかいくらでも居るはず。そもそもの駅の案内の仕方が間違いで、湘南新宿から来たかどうかではなく、方面別に「東海道方...

    ushinさん

    JR東横浜支社管内(たぶん)の横須賀線のホームには、湘南色の「湘南新宿ライン」整列目標とスカ色の「横須賀線」整列目標があり、「湘南新宿ライン逗子行きはオレンジの印に」とか案内されていて、バカ正直に並ん...

    ushinさん

    ミゲ~ル さん 2017.08.10 PM2:41 「そりゃ「center」は中心の意味だろうけど、この場合は施設という意味じゃないのか?と。」<中国語ネイティブで「なんちゃらセンター=○○中心」で、...

    ushinさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
2位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
3位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~
4位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
7位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
8位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
9位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
10位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
11位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
12位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
13位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
14位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
15位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
16位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
17位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
18位
横浜の子どもの4万人以上が貧困? その実態と横浜市の対策とは?
19位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
20位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
21位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
22位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
23位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
24位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
25位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
26位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
27位
ベイスターズジュニア、1次選考会の様子はどんな感じ?
28位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
29位
ロボットにかける青春! 「学生ロボコン」の横浜代表チームに突撃!
30位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

学ぶ> スポーツクラブ

大津スイミングクラブ・スポーツ学童

今注目の“スポーツ学童”。港南区からも発信します!

最終更新日:2017年5月08日

045-822-1311

イチオシサンプル画像

カラダを思いっきり動かして運動能力向上! 子どもらしく過ごせる「大津スイミングクラブ・スポーツ学童」

横浜・下永谷で38年の歴史を持つ名門スイミングクラブが満を持してオープンさせた「スポーツ学童」。“子どもらしい日々”を何よりも大切にしながら、遊び感覚の楽しいスポーツプログラムで運動能力向上を目指す!

DATA
住所: 横浜市港南区下永谷 6-1-1
横浜市営地下鉄ブルーライン下永谷駅 徒歩20分(スクールバスあり)
営業時間: 火~金/10:00-21:00 土曜日/ 9:00-20:00 日曜日/ 9:00-15:30
平均予算: ※お問合せください(045-822-1311)

港南区初の“スポーツ学童”とは?
 
共働きやひとり親の家庭に育つ小学生たちを、放課後や長期休みのあいだ、預かる「学童保育」。
 
「働く女性の増加」と「利用児童の対象年生の拡大」にともない、厚生労働省によると2015(平成27)年発表の待機児童数は全国で過去最多数の1万6941人となったそうだ。施設自体は同年5月時点で前年より524ヶ所も増加しているにもかかわらず、まだまだ足りていないのが現状だ。
 

001_otsu_article
子どもたちの放課後の居場所の確保は深刻な問題(フリー画像より)
 

そんな中、近年は民間企業が相次いで“学童保育”に参入。学習や習い事を受けることができる民間学童保育が次々と誕生し、みな一様に「安全・安心・快適」はもとより「プログラムの充実」を競い合っている。
 

002_otsu_article
少子化対応のため学童機能を新設した進学塾も多い(フリー画像より)

 
しかし、利用する子どもにとっては、何時間も座って授業を受ける学校が終わって、“自宅代わりに帰る場所”で、さらに塾の勉強や習い事が重なることになる。これでは、緊張状態が続いてしまう子もいるだろう。
 
「体を思いっきり動かしたり、自由にのびのび遊んでリラックスしたい!」
 
これが願いなのではないだろうか?
 

003_otsu_article
大人も子どもも机に向かって座っている時間が長くなりつつある(フリー画像より)
 

そんな子どもたちの声に応える学童保育が下永谷にあると聞き、さっそく取材に向かった。
 
この地域で38年の歴史を持つ名門スイミングクラブ「大津スイミングクラブ」が、2015(平成27)年4月に満を持してスタートさせた、“学童保育”と“スポーツ教育”を兼ね備えた港南区初の「スポーツ学童」だ。
 

004_otsu_article
環状2号線『環2般若寺』交差点を『TSUTAYA』方面へ曲がり、1つ目の信号左折
 
006_otsu_article
「大津スイミングクラブ」の看板が見えて来る
 

創業は1978(昭和53)年。2016(平成28)年2月4日に39年目の創立記念日を迎えたばかりの、神奈川県でも指折りの老舗スイミングクラブ。
地域に根ざした経営を理念とし、古くから警察の人命救助指導や消防団などのボランティアといった積極的な地域貢献活動を行ってきた。
 
2014(平成26)年には、大規模災害時に駐車場を避難所として解放し、350トンものプールの水を消火用水や生活用水として提供する覚書を港南消防署と締結している。
 

008_otsu_article
神奈川中央交通バス停「般若寺橋」のすぐそば
 

現在も港南消防団の団長を務める同クラブ代表取締役社長の大津政美(おおつ・まさみ)さんは、「父から受け継いだ土地で創業するにあたって、割烹料理店店主の先輩や建設会社など、地域のさまざまな方から多大なるご協力をいただきました。そのご恩を、横浜での雇用創出や地域貢献活動で地元に還元したいと思っております」と地元への想いを語ってくれた。
 

009_otsu_article
大津スイミングクラブ代表取締役社長・大津政美さん
 

このように“地域密着型のスイミングクラブ”としての使命を常に意識している「大津スイミングクラブ」は、今回紹介する「スポーツ学童」の立ち上げも、子育て支援事業としてスタートさせた。
 
大きな特色は3つ。
 

010_otsu_article
第1期生スタートが2015年4月、現在2期生を募集中(公式サイトより)

 
(1)児童を通学中の小学校前までスクールバスでお迎え(対象の小学校のみ)
「スイミングスクール」の送迎バスが、「学童保育」のお迎えのために各小学校を回ってくれるという嬉しいサービス。
 
とくに入学したての新1年生は、自宅までの道のりですらあやふやで心配なもの。学校の正門から信頼できる大人やお友だちと一緒にバス移動ができれば、交通事故や不審者の脅威にさらされずにすむ。
 
対象となる学校も、永谷小学校・芹が谷南小学校など計9校におよび、スクールバスはなんと無料!
 

011_otsu_article
常時5台ものスクールバスが待機している

 
(2)最長午後9時・保護者来所まで延長預かりが可能 
子どもの「お迎え」の時間は絶対厳守。それはわかっていても、勤務時間が不規則だったり、時短が許されない職場だったり、退社前に重大なミスが発覚したりと、スケジュール調整が困難な日もある。
 
「このままじゃお迎えに間に合わない!」
 
そんな緊急事態に身内のサポートすら期待できなければ、途方に暮れてしまうだろう。
 
その万が一の事態を助けてくれるのが、大津スイミングクラブ・スポーツ学童が実施する「延長預かり」だ。通常の預かり時間は午後2時〜午後8時までとなっているが、施設営業終了時間の午後9時まで延長が可能。遅い時間も、安心して子どもを託すことができる。
 

012_otsu_article
大津スイミングクラブ・スポーツ学童の基本スケジュール(公式サイトより)

 

「コーディネーショントレーニング」とは、子どもたちの「身体能力を高める運動」のこと。スピード、アジリティー、クイックネスの頭文字に由来し、「速さ、敏捷性、俊敏性」といった神経系の能力を鍛えていく。
 
これらは本来ならば、幼少時に野山を走り、川遊びをし、木登りに挑戦するといった「外遊び」を経験する中で養われていくもの。しかし、なかなか外遊びができない現代社会においては、「コーディネーショントレーニング」を受けることで効率的に伸ばすことが可能であるため、運動神経を養うことができる。
 

014_otsu_article
フィットネスフロアの広々としたスタジオ。オプションで「水泳教室」の受講も可能!(公式サイトより)
 

「大津スイミングスクール・スポーツ学童」の3つの特色は、いずれも長年のスイミングクラブとフィットネスクラブ運営で培ってきた“スポーツ教育の実績”を生かしたものばかりである。
 
 
なぜスイミングスクールが学童を? 経緯を伺った! ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索