ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    京急日ノ出町駅の裏、丘状の住宅地が気になります。駅のすぐ裏に空家がたくさんあったりするエリアで、目的がなければ普段立ち寄らないエリアですが、住宅を改修してできた気になる場所が増えています。特に最近工事...

    zempさん

    7月1日・2日に横浜市開港記念会館100周年のイベントが開催されますが、その日に普段は非公開の「ジャックの塔」にのぼれるそうです。イベントも含め、のぼってきてください。

    黒霧島さん

    仲町台からセンター北の港北ニュータウンには池のある公園が多くあります。人工の小川が池に流れ込んでいますが、あの水はどこから来てるんでしょうか?

    山下公園のカモメさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「6月29日今日は何の日?」
2位
ラーメン二郎 横浜関内店が「無期限休業」って本当?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
「無期限休業」状態だったラーメン二郎 横浜関内店が営業再開!
5位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
6位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
7位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
8位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
9位
横浜市に打つ手はあるのか? ごみ屋敷の実態に迫る!【前編】
10位
きょう本牧にオープン! すかいらーくグループの日本初ハワイアンレストラン「La Ohana」の詳細をレポート!
11位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
12位
決定! 横浜市内の真の「陸の孤島」はどこ?
13位
古き良き昭和の味! 5席しかない? 大船の激セマ老舗ラーメン店「天龍」に突撃!
14位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
15位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
16位
学食に重慶飯店!?関東学院大学に中華街の高級店が出店したって本当?
17位
横浜を代表する食品メーカー「タカナシ乳業」の歴史に迫る!
18位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
19位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
20位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
21位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
22位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
23位
みなとみらいでワンコイン! 限定ランチ弁当を大調査!!
24位
かつて金沢区の金沢沖に空港建設計画があったって本当?
25位
武蔵小杉駅前にある創業53年の老舗店「喫茶ブラジル」が閉店。その理由とは?
26位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
27位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
28位
横浜市には打つ手はあるか? ごみ屋敷の実態に迫る!【後編】
29位
横浜駅近5分以内! 手ぶらで行けるオススメ「屋上バーベキュー」施設を紹介!
30位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

住む> ショウルーム

ビューノプラザ横浜

家だって成長したい。フロアごとの用途転換が自由な「ビューノ」で、ライフステージに合わせたマイホームを

最終更新日:2016年11月22日

0120-33-8746

イチオシサンプル画像

良い家があるから人は育つ。パナソニック創業者の遺伝子が根付く「ビューノプラザ横浜」

プロジェクションマッピングが映し出すのは「自分の姿」。将来の夢を7階まで積み上げることができる、新しい発想の家づくりとは

DATA
住所: 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー33階
みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩約4分、JRほか各線桜木町駅より徒歩約6分
営業時間: 10:00~18:00
平均予算: 相談無料

「松下幸之助(まつした・こうのすけ)が思い描いていたのは『生活文化の向上』、家電に限らないんです。良い住宅の供給も、早い段階から視野に入れていました」
 
言わずと知れたパナソニック(旧・松下電器産業)の創業者についてそう語るのは、パナホーム(本社・大阪府豊中市、社長・藤井康照)の神奈川特建営業部部長を務める野沢英昭(のざわ・ひであき)さん。2015(平成27)年4月、横浜ランドマークタワー内にオープンした展示場「ビューノプラザ横浜」の責任者でもある。
 

001byu-no_article
同プラザ内にある松下翁の写真
 
002byu-no_article
「日本の家」「良家」などの言葉が書かれている

 
同社のブランド名を耳にすると、つい、例のコマーシャルソングを思い出す。
「みんな、家じゅう、何でも、ナショーナールー」
そう。家じゅうというより、むしろ「家ごと」の高品質。しかも、それを広くナショナル(国民)に提供したいというのが、松下翁のねらいであったようだ。
 
 
 
自分がそこで暮らしている感覚
 
さて、同展示場では「プロジェクションマッピング」という、立体に映像を投影させる手法を取り入れているそうだ。表面の凸凹に合わせた描写を行える点が一般的なスクリーンとは異なるものの、それをどのように活用しているのだろう。
 

003byu-no_article
投影前、まだ建物は白無地のまま
 
004byu-no_article
ところが、実際に始まってみると
 
005byu-no_article
思っていた以上の変化がある
 

プロジェクションマッピングでさらに夢が膨らむ
 

もちろん、こうした変化は映像に限らない。現実のマイホームでも可能な新工法なのである。これが、同社の推進する都市型住宅「ビューノ」。三つの言葉を組み合わせた造語で、「Vie」はフランス語で人生、「View」は英語で眺め、「Uno」イタリア語で一番を指す。
 
また、最大の特徴は「コンバージョン」と呼ばれる、フロアごとの用途転換だ。賃貸にしていた階を3世帯用の住居にしてもいいし、1階の駐車場をテナントに改装することもできる。そのコンセプトは、「より高く、より広く、進化する都市の家」
 

006byu-no_article
まるで引き出しのように入れ替えが可能
 
007byu-no_article
生活が見える、将来像が分かる

 
こうした「新しい暮らし」の見える住宅販売展示場が「ビューノプラザ横浜」。ところが、野沢さんによると、イベントが行えるコミュニティスペースも兼ねているという。フラワーアレンジメント教室やマジックショーなど、住宅と関係のない分野でも「どんどん、好きなように使ってください」とのこと。
 
せっかくイメージが見えてきたのに、また分からなくなった。ここがどのようなスペースなのか、改めて教えていただこう。
 
 
 
家は人の集まる場所だから
 
野沢さんによれば、「横浜ランドマークタワー」の33階という立地柄、ふらりと足を伸ばす一般客はほとんどいないそうだ。同社の催す各種セミナーや取引先による紹介が、主な来場動機となっている。どうやったらもっと気軽に足を運んでもらえるのか。それが、オープン当初の課題となった。
 

008byu-no_article
同タワーの大会議室などを使ったイベント一例

 
「昨年(2015年)の夏ですかね。ここから花火を直接見ることができるので、仲介会社や金融機関を招いてパーティーを開いたことがありました。そのとき、『こういう機会がもっと身近にあれば、皆さんの交流も広がるのでは』ってひらめいたんです」
 

009byu-no_article
イベントスペースのきっかけについて話す野沢さん

 
もともと、税理士やファイナンシャルプランナー(FP)、弁護士などと連携した「総合コンサルティング拠点」の構想は考えていた。しかし、有益な情報を持っているのは、何も専門家に限らない。それに、気の合った人同士で共同住宅を構えることだって考えられるのだ。
 
「これからの住宅展示場には、建物というハードだけでなく、使い方というソフトの提案力が求められるのではないでしょうか。それを、すべて当社が行うのは、事実上不可能。だったら、皆さんでワイワイ盛り上がってくださいということなんです」
 

010byu-no_article
気軽に使えるオープンスペース
 
011byu-no_article
適度なプライバシーに留意した商談スペース
 
012byu-no_article
見えてきたアイデアを、パナホームが実現

 
「今までのショールームって、個人対専門家の図式でしたよね。でも、夢って、専門家が見るわけじゃない。このスペースでヒントやアイデアをつかんでいただき、イメージが形になってきたら、そこではじめて専門家を引っ張り出す。『おい、こんなこと、できるのか』ってね」
 
ちなみに、NG業種について聞いてみたところ、どのようなイベントでも構わないそう。実際、主婦をメインとした起業家の集まりなどに、無償でスペースを提供しているという。
 
 
なぜ「ビューノ」ができたのか・・・。誕生話をうかがった ! ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索