ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    2015年、2016年もレポートにでかけていらっしゃる三和交通さんの心霊スポット巡礼ツアー2017がパワーアップして7月1日から抽選開始とのこと。横浜もショートコースとロングコースがあるとか(東京、埼...

    彗星さん

    横浜ポルタにできる月額5800円の定額飲み放題店が気になります。

    ハムエッグさん

    京急日ノ出町駅の裏、丘状の住宅地が気になります。駅のすぐ裏に空家がたくさんあったりするエリアで、目的がなければ普段立ち寄らないエリアですが、住宅を改修してできた気になる場所が増えています。特に最近工事...

    zempさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
3位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
4位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
5位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
6位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
7位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
8位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
9位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
10位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
11位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
12位
【はまれぽ名作選】民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
13位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
14位
歌って踊れる親善大使にCKB!? 「横浜開港祭2017」の見どころは?
15位
横浜市の紫陽花(あじさい)おすすめスポットは?
16位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 横浜市営バスのヒミツ!
17位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
18位
【編集部厳選】誰が名付けた!? 謎の地名の由来!
19位
本業はどちら? ◯◯なのに◯◯のお店! (美容室編)
20位
祝残留決定! B1残留をかけた「横浜ビー・コルセアーズ」の大一番の熱気をお届け!
21位
【はまれぽ名作選】横浜で半世紀以上も現役の超レア「丸ポスト」を探せ!
22位
【編集部厳選】なんでそんな名前にしちゃったの?
23位
【ニュース】剛速球守護神がハマスタに帰ってくる!
24位
【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?
25位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(6月1日~6月7日)
27位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
28位
【ニュース】スリーエフと「飲んべえのアイドル」吉田類さんがコラボ!
29位
【はまれぽ名作選】口に指を入れて「金沢う〇こ」、それとも「学級う〇こ」? 横浜出身者は全員「金沢う〇こ」と言うのか!
30位
【ニュース】8月にプロアマの垣根を超えた野球大会を実施!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

買う> お酒

酒の島崎(島崎株式会社)

お酒のプロ集団! お酒のことで困ったら老舗酒販店にお任せ!

最終更新日:2016年11月15日

045-311-9861

イチオシサンプル画像

1930(昭和5)年創業、ハマの老舗酒販店!お酒のプロ「酒の島崎」

飲食店開業のお手伝いから、お好みのワインを見つけたい個人のお客さんまで、幅広く対応!

DATA
住所: 神奈川県横浜市神奈川区台町11-19
JR横浜駅西口より徒歩10分
営業時間: 9:00~19:00

地元横浜で、86年間親しまれている酒販店!
 
横浜に、創業以来86年間、変わらず親しまれ続けている酒販店がある。
場所は、JR横浜駅西口から徒歩10分ほどのところ。
 

_MG_0005sake_article
社名は島崎株式会社。通称「酒の島崎」
 

創業は、1930(昭和5)年。
86年と一言で言っても、当時の横浜は関東大震災からの復興で慌ただしい時期。そこから、戦中戦後の混乱・高度成長期・バブル崩壊など、目まぐるしく日本が移り変わっていった年月でもある。
 
そんな変動の時期を乗り越えて、今なお変わらず地元横浜で親しまれている酒販店とは、いったいどのようなところなのだろうか。
 

_MG_1179sake_article
会社は、横浜駅西口のマンションが立ち並ぶ一角にあり
 

_MG_1702sake_article
中におじゃますると、オフィス内は明るく整然とした様子であった
 

さっそく、会社の移り変わりなど、代表取締役の島﨑尚己(しまざき・なおみ)さんに伺った。
 

_MG_1202sake_article
代表取締役で3代目社長の島﨑尚己さん
 

会社の創業者は島﨑さんの祖父・島﨑儀作(しまざき・ぎさく)さん。静岡県富士市で農業を営む家に生まれ、“酒屋をやろう”と一念発起し、横浜へ出てきたとのこと。
 
そして、保土ケ谷区天王町に店を構え、飲食店などへお酒を販売する業務用の酒販店を経営していた。
 

_MG_1209sake_article
1941(昭和16)年当時、天王町のお店。右のスーツ姿の男性が祖父
 

その後、太平洋戦争が始まると招集され、戦地に赴いた。お店は軍の統制下にあったが、終戦後は無事に戦地から戻り、お店を再開したそうだ。
そして、1950(昭和25)年には、「株式会社島崎商店」となり、1969(昭和44)年に、横浜駅西口の現在の場所に拠点を移した。
 
横浜駅西口は、戦後は接収されて米軍の残土置き場となっていたが、その後、相模鉄道が周辺一帯を買い取り商店街ができ、1964(昭和39)年には地下街(現在のダイヤモンド地下街)ができるなど発展していった。
それに伴って飲食店が増えると、会社は業績を伸ばした。1981(昭和56)年には現在の社名の「島崎株式会社」となった。
 

_MG_1271sake_article
左が祖父(創業者)で右が島﨑さんの父で2代目社長の島﨑好雄(しまざき・よしお)さん
 

会社の発展には、祖父から父へと受け継がれて行った商売に対する想いがあるようだ。
 
“会社の繁栄はお客様の余慶にあずかること。お客様が繁盛するように、お客様に尽くす。”

その想いは、現在の社長である島﨑さんにも受け継がれている。
 
島﨑さんが会社に入ったのは、今から25年前。

子どものころから家業を継ぐものだと思ってはいたそうだが、それまでは、ほかの会社で経験のため働き、1991(平成3)年に家業へ戻った。
 

_MG_1250sake_article
社長に就任したのは14年前
 

島﨑社長は、変わらず“お客様の繁盛のお手伝い”を続けながらも、これからは一般の方々にも目を向け、美味しいお酒を飲んでいただくお手伝いをしていきたいと言う。これが今までの卸売販売業から一般販売業へ業務拡大する大きなきっかけとなった。
 
平成の現代も不況や価格競争など厳しい時代であるが、受け継がれている“お客様が繁盛するように”という理念を大切にしながら、同社には、さらなる展開があるようだ。
 

_MG_1275sake_article
創業80周年時の写真。社員一丸となって仕事に取り組んできた
 

島﨑社長が社員に求めることは、「お酒を愛していること」「 人の役にたてることを喜べる人」であるそうだ。
 
お客さんは個人経営の方が多いので、それぞれの個性に対応して自分で考えて行動することが大切であるとのこと。
では、社員は、どのような方々なのだろうか。
 
 
飲食店の頼れるパートナー、開業のお手伝いもお任せ!>>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索