ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    港北区下田町にある「下田ショッピングセンター」について調べてください.現在営業しているのは八百屋さんだけのようですが,昔はもっと店舗が入っていたんでしょうか?

    辛抱二郎さん

    臨港パークと新港パーク、どちらも素敵な公園なのですが、残念なことに山下公園の一部だと思っている人が多くいました。実際のところ2つの公園の知名度はどの程度なのでしょうか。

    山崎団地さん

    みなとみらい地区は何故市内中心部との公共交通網(バス路線)が不便すぎるのでしょうか?東急東横線沿線からは乗り換えなしで便利も、市内各地からは横浜駅で横浜高速鉄道へ乗り換え必須です。便利に活用出来る筈の...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
ラミレス監督らが小学校をサプライズ訪問! 選手寮のカレーのお味は?
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
【ニュース】横浜DeNAベイスターズ選手寮のカレーが学校給食になる!
5位
【ニュース】「ハマの永遠番長」三浦大輔氏が小学生向けの野球教室を実施!
6位
【ニュース】「シーパラこども海育塾」塾生募集!
7位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
8位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
9位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
10位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
11位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
12位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
13位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
14位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
15位
【ニュース】5月24日に「ふでともかきかた教室」無料体験イベント実施!
16位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
17位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
20位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
21位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
22位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
23位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
24位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
25位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
26位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
27位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
28位
国立なのに「横浜」!? 横浜国立大学の名前の由来に迫る!
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

学ぶ> チアリーディング

トリコロールマーメイズ チアリーディングスクール

横浜・Fマリノス公式!笑顔とポジティブが身につく、幼稚園、小学生からのチアリーディングスクール

最終更新日:2017年4月06日

045-548-9527

イチオシサンプル画像

本格チアリーディングスクールなら、横浜・Fマリノス公式チアリーダー「トリコロールマーメイズ」

女の子なら誰もが憧れるチアリーディングは、精神力、前向きさ、思いやりなどを育むのにうってつけのスポーツ。幼稚園年中からOKの「トリコロールマーメイズ チアリーディングスクール」は、無料体験随時受付中。

DATA
住所: 新横浜・日吉・青葉台・本牧・仲町台・戸塚・日ノ出町・東白楽・久里浜 全9スタジオ!
新横浜スタジオ:JR横浜線「新横浜駅」篠原口から徒歩8分
営業時間: ご案内ページをご確認ください
平均予算: 4320円~※別途、入会金1万800円、クラスによって月謝は異なります
憧れのチアリーダー目指して・・・
 
お話を伺ううちに、本日最初のクラスの受講生である幼稚園生の子たちが続々と集まってくる。ちょうど到着した親子に話を聞いてみた。
 

010tri__article
桃々菜(ももな)ちゃん親子(左)と於音(ねね)ちゃん親子

 
於音ちゃんのお母さまはあいさつや礼儀を身につけることを目的に、スクール入校を決めたという。スクールで学ぶようになって、ハキハキとした返事ができるようになったとか。
 
桃々菜ちゃんは横浜F・マリノスのファンである高校生のお兄ちゃんと、何か共通点ができればというお母さまの思いをきっかけとしてチアをはじめた。お母さまによると「ひとつ演技を習得するたびに、達成感を感じて、子どもなりに自信になっているようです。兄妹でチームの応援歌を聞いて盛り上がることも」とのことだ。
 

011-1tri__article
約1年前にここで初めて出会ったが、今ではすっかり仲良し♪

 
実際、スクールに入校してくる子たちの動機はさまざま。純粋に「ポンポンを振ってみたい」というものから、お母さまがチア経験者で娘にも勧めてみたいというもの、「自分はできなかった憧れのチアを娘に経験させたい」という方も多くいるという。
 

012tri__article
いつの時代もチアリーダーは女子の憧れの的!

 
MARIKO先生によると、スクールではチアの技術だけではなく、チアスピリットを育むことにも力を注いでいるという。
 
「『あ』いさつ、『い』っしょうけんめい、『う』えを向く、『え』がお、『お』もいやりの『あいうえお』は特に大切にしています。失敗してもOK、自分はできると信じて、前向きに、笑顔で取り組むのがチアスピリットです。チームとしての協調性も欠かせません」
 
楽しいお話を伺ううちに、そろそろレッスンが始まるようだ・・・。
 

013tri__article
まずは笑顔がかわいい幼稚園生クラスから

 
 
 
レベルに合わせた分かりやすい指導
 
時間になるとMARIKO先生の表情も一変。凛とした声がスタジオに響く。まずは整列した子どもたち一人ひとりの名前を呼んで、コミュニケーションをとっていく。
 

014tri__article
MARIKO先生は、子どもたちみんなの憧れであり、目標だ

 
軽快な音楽に合わせての柔軟体操からレッスンが始まった。楽しい雰囲気のなかで、「足はグー(両足先をそろえる)」、「首長く(背筋を伸ばして胸を張る)」など、子どもたちにも分かりやすい言葉で、ポイントをおさえた指導が入る。
 

IMG_0147tri__article
ジャンプの「足はグー!」
 
016tri__article
「首長く」でかっこいい姿勢に
 
017tri__article
分かりやすいから楽しくレッスンできる

 
横浜F・マリノスの応援歌に合わせたダンスの動きを分解しての指導が続く。同チームのホームゲームでは毎回パフォーマンスを披露する「トリコロールマーメイズ」だから、スクール生にも年に数回晴れ舞台がまわってくるという。
 
「数千人、数万人の観客の前でのパフォーマンスは自信につながるようです。みんないい顏になりますよ」とはMARIKO先生の言葉だ。
 

018tri__article
チアでの経験を通して自信に満ちた表情に

 
「ポンポンを持っておいで」の声に、子どもたちが一斉に荷物置き場へ走る。この日はポンポンの用意がない体験受講の子がいたが、「ひとつ貸してあげる」の声が自然にあがっていた。チアスピリットの一つ、おもいやりが根づいている証拠だろう。
 

019tri__article
ポンポンを持つとさらに真剣に
 
020-1tri__article
1時間のレッスン中にもみるみる上達していく
 

子どもたちが自分でがんばる環境にしたいということで、保護者の見学は基本なし。「子どもたちのがんばりを、晴れの舞台で確認していただきたい」とのことだ。当番や引率といった保護者の手伝いもほとんどなしで、衣装の用意までスクール側におまかせできる。
 

021tri__article
続いて小学生クラスがスタート
 
022tri__article
さすが、腕の角度までぴったりそろってる!
 
IMG_0286tri__article
小学生はさらにレベルの高い技にも挑戦
 
024tri__article
見よ、このバランス!
 

キックの練習風景。すっかりチアリーダーらしく
 

横浜F・マリノス応援歌のダンスも格段にレベルアップ!
 

「指導するうえで、何かを強制することはほとんどありません。どちらかというと子どもたちのがんばる気持ちをサポートする立場」と、MARIKO先生は話す。もっとうまくなりたいという気持ちが、子どもたちをどんどん上達させるのだ。
 

IMG_0283tri__article
だから、こんな笑顔が自然と生まれる

 
 
 
取材を終えて
 
「チアを通して、元気で明るく輝く女の子に成長してほしい」そんな思いを語るMARIKO先生は、まさに完璧超人だ。
 
そして、ハツラツ笑顔で元気に踊るガールズに、「こんな姿を見せられたら、パパはメロメロだろうなぁ」と思ってしまった。おけいこにチア、ありだと思う。
 
 
―終わり―
 
HP/http://cheerleaders.jp/
 
Facebook
 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから 
お問い合わせ

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索