ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ニュースなどでどきどき話題になっている「こども食堂」。身近な所にもあるのかな?と調べてみたところ元住吉に「木月こどもキッチン」武蔵新城に「てらこみーる」があるみたいです。残念ながら私には子供がいないの...

    ぴろさん

    横浜の地元企業:日産自動車が新スポーツカーブランド「オーテック」を立ち上げ、近日中に第一弾としてセレナを発売すると。しかしこれまでも日産はスポーツカーブランド「ニスモ」があり、オーテックも特装車や福祉...

    よこはまいちばんさん

    中区相生町に古くからある、立ち食い蕎麦「相州そば本店」が気になります。数年前に道路向かいにチェーン展開する蕎麦屋ができても、タクシー運転手等で店のにぎわいは変わらないように見えます。田舎風の蕎麦が早く...

    boyoさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

学ぶ> 格闘技

ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜

「格闘技をやってみたかった」が叶うヒロブラジリアン柔術。体幹トレーニングやダイエットにもおすすめ。

最終更新日:2016年10月19日

045-681-2575

イチオシサンプル画像

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

JR関内駅から徒歩4分。ブラジルで、日本人初黒帯指導者のブラジリアン柔術道場にはまれぽ編集部が体験入門!

DATA
住所: 横浜市中区扇町2-6-11第四平安ビル205
JR 根岸線関内駅より徒歩4分
営業時間: 8:15~23:15 詳しくはご案内ページ参照
平均予算: 1万800円(学生料金あり)

最近、趣味や習い事の一環で「ブラジリアン柔術」を習得する人が増えつつあるらしい。あのグーグルも福利厚生にブラジリアン柔術を採用したほどで、身体だけではなく「頭を使うスポーツ」として注目を集めているという。
 
 
 
ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜
 
2016(平成28)年4月5日で13年目を迎えたヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜の道場の門を叩いた。JR根岸線関内駅南口から徒歩4分とアクセスも良好。
 

_MG_7443bra__article
英語で書くとJIU-JITSU
 
_MG_7418bra__article
馬場弘樹(ばば・ひろき)先生
 

馬場先生は日本人唯一のオズワルド・アウべス氏(赤帯9段所持、ビビアーノ・フェルナンデスなどトップクラスの格闘家を育成する世界屈指の指導者)の黒帯指導者認定書の所持者。ブラジリアン柔術を習う前は、サッカーや水泳をしていて、格闘技は全くの初心者だったという。
 
「格闘技観戦が好きで、たまたま日本に来日していたヒクソン・グレイシーのセミナーに参加した際に、スパーリングをしたことをきっかけにブラジリアン柔術の習得を目指しました」
 

_MG_7606bra__article
「悔しい」という気持ちから修業スタート

 
運動には自信があったのに、スパーリングの際に肩を脱臼してしまったという。「悔しい」という気持ちから奮起した馬場先生は、1995(平成7)年9月に格闘技雑誌を頼りにブラジルのサンパウロに渡り、修業をスタートさせた。
 

_MG_7500bra__article
導かれたブラジリアン柔術への道

 
「言葉も通じない、土地勘もない、知り合いもいない、インターネットもない。そんな中で単身ブラジルへ渡りました。バスの乗り方さえも分からず途方に暮れていると、空港で一緒になった駐在員の日本の方がたまたま通りがかりに助けてくれたり、スポーツ観光局で通訳の人を呼んでもらえたり。さまざまな人の助けによって、無事道場にたどり着くことができました。奇跡のような体験でしたね」と当時を振り返った。
 
これまで格闘技経験もなく、言葉の通じない外国人を住み込みで招き入れてくれたというブラジル人の寛容さにも驚かされたそう。
 

_MG_7408bra__article
仲間との写真がたくさん飾られている

 
「言葉は未熟だったので、先生や道場生たちと柔術を通してコミュニケーションをとっていたと思います。いつしか自然と溶け込むようになりました」
 
言葉も通じず、知り合いもいない外国の地で、つらく感じたときは「いつでも日本に帰ればいいんだ」と思うことを心の支えにしていたという。
 
「道場に住み込んでいたので、すべてのクラスの授業を見学していました。だんだんと実力が備わってきたので、指導するチャンスをもらいました」
 

_MG_7487bra__article
指導する喜びを発見

 
3度目にブラジルに渡った際に、現地の初級者クラスの指導者に抜擢されたことからも、馬場先生のブラジリアン柔術への熱意や懸命さは、本場ブラジルの指導者さえも動かすほどのものだったのだと感じた。
 
「実は日本に帰るつもりはなく、ずっとブラジルやほかの国でブラジリアン柔術を続けるつもりでした」
 
しかし、馬場先生の親族が病に倒れたため帰国。その後、2003(平成15)年に、生まれ育った横浜で道場を構えることとなった。
 

_MG_7398bra__article
ブラジルで最初に入門した道場と同じオレンジ色で統一
 
_MG_7530bra__article
「青春の色なんです」と馬場先生

 
「ブラジリアン柔術は誰でもできるスポーツ。年齢も国籍も関係ありません。柔術のおもしろさがどんどん広がってほしいと願っています」

続けて「知らない土地で途方に暮れていた自分に手を差し伸べてくれた人たちの恩を忘れずに、道場を通して社会に貢献していきたい」とインタビューを締めくくった。
 
 
 
営業・平本、ブラジリアン柔術に挑戦!
 

_MG_7440bra__article
現在道場に通っているのは小学1年生から60代。年齢を気にせず習える

 
道場には初心者からプロアスリートまで、さまざまな目的を持った生徒さんが訪れる。一番多いのは、「格闘技をやってみたかった」という40代以降の男性だそうだ。稽古はフレックス制なので、好きな時間に来て帰ることができる。普通の習い事のように時間やクラスの制約がないので会社帰りにも通いやすい。
 

_MG_7405bra__article
体験者は営業・平本!

 
誰か体験してみたい人と聞かれて、いの一番に手を挙げたが、格闘技経験はないに等しいという。大丈夫か・・・。
 
「走ります」という声からウオーミングアップスタート。柔軟性を高めるストレッチなども組み合わせられている。
 

_MG_7431bra__article
楽しそうに走る平本(写真左)
 
_MG_7452bra__article
ポイントは、足を手と同じように動かせるようになること
 
_MG_7454bra__article
稽古中も足を使った動作がたくさんでてくる
 
_MG_7467bra__article
お腹にきく~

 
普段使わない筋肉を使っているのか、開始10分で滝のような汗をかく平本。横で「週2回も通っていたら体が引き締まりますよ」と馬場先生がニヤリ。
 

_MG_7425bra__article
稽古中、疲れてしまったら無理せず休むことができる
 

 

「自分の体力やペースに合わせて楽しんでほしい」と馬場先生。格闘技と聞くときつそう、厳しそうというイメージがあるが、同道場はとても和気あいあいとしていて、生徒さん同士のコミュニケーションも積極的に行われる。
 
 
ブラジリアン柔術体験!アカデミー生の様子は!?>>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索