ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今日発売の東スポに『株式会社うんこ』という会社が載ってたそうです!横浜市にあるそうですが、どんな会社なのかキニナル!ぜひ調査してください!

    rtyuiさん

    幼少の頃、お腹が空けば横浜のデパートの大食堂。うろ覚えだが、店頭の大きなショーケースのサンプルをながめ、メニューを決めると鉄道の切符のような厚紙のチケットを購入して席につく。わたくしは大概、オムライス...

    マッサンさん

    高架になった相鉄下り星川を出た直後右側に見えるようになったホームセンターコーナンの植物等売っている屋外エリアの屋根というか庇の上に何やら稲のような芝生のようなものが植えられているのが見えます。あれって...

    たけし♪さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
全8店舗あますことなく一挙に紹介! 4月オープンの上大岡燦々横丁の魅力とは!?
2位
駅のホームの立ち食いそば屋さんを完全制覇! ~東海道線編~
3位
新規開店! オープンしたての2店舗で最新の家系ラーメン事情を調査
4位
メニューや佇まいが“そっくり”な家系ラーメン2店の謎を探る
5位
辛すぎるのにうまい! “赤くない”激辛ラーメンを提供する2店舗に突撃!
6位
コーヒーとカレーが味わえる居心地の良い横浜の喫茶店を紹介!
7位
懐かし味のパンを求めて! ライター山崎島、軽く旅に出た!
8位
5月7日まで横浜赤レンガ倉庫で開催される春のビールの祭典「フリューリングスフェスト」をレポート!
9位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
10位
バーなのに絶品中華!? 名店のバーテンダーも通う都橋商店街の「華」に突撃!
11位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
12位
GWに食べたい横浜中華街の“ゴールデン”なグルメとは?
13位
【はまれぽ名作選】一般人が利用できる役所などの食堂は?【Vol.2市役所編】
14位
21日まで開催中の「ベルギービールウィークエンド2017横浜」の様子をレポート!
15位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
16位
【はまれぽ名作選】昭和の香りがする鶴見線国道駅のガード下にある居酒屋「国道下」に突撃!
17位
【編集部厳選】GWはおウチでまったり派必見! 横浜のおいしいお弁当!
18位
【編集部厳選】GWの疲れを癒す滋味深い味!
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
【編集部厳選】暑くなってきたので、今年も冷やしたアレ、始めちゃいました!
21位
【はまれぽ名作選】瀬谷の住宅街にある謎の点心専門店「南方粽子(なんぽうちまき)」に突撃!
22位
【ニュース】横浜DeNAベイスターズが老舗洋食店「センターグリル」監修のメンチカツを発売!
23位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
24位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
25位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
26位
横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 前編
27位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(5月11日~5月17日)
28位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
29位
ついに取材成功!ハマのB級ソウルフード「バーグ」のキニナルあれこれをライター・クドーが徹底調査!
30位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> 介護

上溝ジョイフルホームそよ風

趣味をゆったりと楽しんで、自分らしい良質の時間が過ごせる

最終更新日:2017年5月19日

0120-384-233

イチオシサンプル画像

豊かな自然に囲まれて、安心・安全・充実の老後をすごせる「上溝ジョイフルホームそよ風」

施設というよりも第二の家!? 今までの生活の延長上にある、自宅のような環境の介護付き有料老人ホーム

DATA
住所: 神奈川県相模原市中央区上溝5-14-28
JR相模線上溝駅より徒歩5分
営業時間: 9:00~18:00 (受付)
共感する気持ちを大切にし、オーダーメイドのケアプランを!
 
ケアマネジャーの奥本祐紀子(おくもと・ゆきこ)さん。
 

019joy_article
奥本さん。明るくパワフルな方である

 
同施設では、ありきたりな介護サービスのメニューではなく、その人の人生に寄り添いながら、それぞれに合った、言わばオーダーメイドのケアプランを立てているという。
職員が一丸となって、一人の方のために情報を共有し密に打ち合わせを行い、ケアプランの作成を行う。
 
さらに、ご家族とも連絡をとり、それぞれの方が生活の全てを快適に過ごせるように調整していく。
職員から家族まで、情報が密にとられていて、ご家族としても安心して任せられる。
 
そのようなケアプラン作成を通じて、一人ひとりがどのような生活をしてきたのかを知り、それを施設での暮らしに取り入れる。
 
そこからも、レクリエーションが幅広い内容になっていく。
 

020joy_article
レクリエーションは運動会もある。想い出の写真から楽しさが伝わってくる
 

 
例えば、おはぎなどのお菓子作りも、ある入居者の希望からはじまり、最初はみな見ているだけだったが、いつの間にか一緒に作りはじめたという。ご高齢の方々は、子どものころお母さんのお手伝いでやってきたことでもあり、感覚として覚えているようだ。
 
その他、梅干作りや桜もち作りなど、昔取った杵柄で、逆に職員の方が教わることもたくさんあるそう。
 

021joy_article
イベントが盛りだくさんで、日常生活が充実している

 
いろんなイベントをやりながら、ワクワクして楽しくなって、“もっと長生きしなくっちゃ、来年もまたやりたい”と言ってもらえると本当に励みになり、嬉しいという。
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
介護のベースは、共感する心

 
奥本さんは、「気持ちが同じ方向を向いているために、察する気持ちが重要です。ご入居者のみなさんは人生の最終章の主役で職員はそのキャスト。だからこそ、チームワークよく主役をもり立てていきたい」と語って下さった。
 
次に、身体トレーニングなどを行う理学療法士さんにお話を伺った。
 
 
 
しっかりと寄り添う介護!
 
理学療法士は、森川晴美(もりかわ・はるみ)さん。
 

023joy_article
森川さんは控えめで優しいお人柄。施設の立ち上げ当初から7年間勤務している

 
もともと森川さんは子どもが好きで、子どもに関わる仕事をしたいと考えていた。しかし、仕事についていろいろと思いを巡らせているうちに、さまざまな年代の人とかかわる仕事がしたいと思うようになった。ご自身が学生時代に陸上競技をしていて、当時、ケガなどで理学療法士にお世話になったこともあり、この仕事を志すようになったとのこと。
 
午前中はまず食堂での立ち上がり運動など、軽い集団でのリハビリを行う。
 

024joy_article
食堂はキレイで明るい。運動も楽しく行える

 
午後は、入居者それぞれの状態に合わせて、個別のリハビリを行っている。
リハビリを頑張るのはあくまでも本人であるが、心が同じ方向を向いていることが大切なので、しっかりと当人の気持ちを汲み取りながらも、無理のないようサポートするそうだ。
 

025joy_article
辛いリハビリも、心から寄り添ってもらえると頑張れる

 
歩けなかった方がリハビリを頑張って歩けるようになった時は、本当に嬉しかったという。
 
森川さんは、「リハビリも生活の一部で、毎日の積み重ねが大事。どんどん外へ出かけることが出来るような環境を作りたい」と話していた。
 
最後に、ご入居者の方にお話しを伺った。
 
 
 
自分らしく、穏やかな生活を!
 

026joy_article
2016年8月で93歳になるという、吉田けいこさん

 
吉田さんは、お肌のツヤも良く背筋もスッと伸びていて、93歳になるとは思えないほどお若くお元気な様子。

「上溝ジョイフルホームそよ風」が開設した時に、ご主人とお二人でご入居されたとのこと。その後、ご主人を見送られ、現在はお一人だが、趣味を楽しみながら、自分らしく生き生きと生活している。
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
絵画、手芸など、とても多才なお方である

 
吉田さんご夫婦には子どもがなく、老後をどう暮らすか考えていたところ、ご主人の弟さん夫婦が親身になって“安心して暮らせる場所”として「上溝ジョイフルホームそよ風」をおすすめしてくれ、その環境の素晴らしさに、迷うことなく決めたとのこと。
 

028joy_article
職員の方々とも、家族のように和まれている
 
029joy_article
お部屋にもおじゃまさせていただいた
 
030joy_article
明るく、ゆったりとくつろげるお部屋である
 
031joy_article
壁には自作の作品の数々が飾られている

 
ここでは家具などの持ち込みも可能で、想い出の品に囲まれて生活を送ることができる。
吉田さんは、公園を散歩したり、趣味の時間をすごしたり、みんなで食事をするなど、日々の生活が楽しいと話してくださった。
 
 
 
取材を終えて
 
「上溝ジョイフルホームそよ風」は、職員の方々のチームワークもよく、職員と入居者がまるで家族のように寄り添いながら暮らせる環境であった。
 

032joy_article
90歳を過ぎても、散歩を楽しめる

 
ここでの暮らしの温かさを感じ、心が和む想いがした。
 
 
―終わり―
 
HP/http://www.unimat-rc.co.jp/shisetsu/kamimizo_901/index.html
 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから
 
お問い合わせ

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索