ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    「亀甲山」というバス停の名前の由来は何?

    アメニティさん

    横浜市営地下鉄吉野町駅から徒歩3分。住宅街にある「ラドン温浴健康館」は、一般の人でも利用できるのでしょうか。

    takedaiwaさん

    2015年、2016年もレポートにでかけていらっしゃる三和交通さんの心霊スポット巡礼ツアー2017がパワーアップして7月1日から抽選開始とのこと。横浜もショートコースとロングコースがあるとか(東京、埼...

    彗星さん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
3位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
4位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
5位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
6位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
7位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
8位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
9位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
10位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
11位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
12位
【はまれぽ名作選】民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
13位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
14位
歌って踊れる親善大使にCKB!? 「横浜開港祭2017」の見どころは?
15位
横浜市の紫陽花(あじさい)おすすめスポットは?
16位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 横浜市営バスのヒミツ!
17位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
18位
【編集部厳選】誰が名付けた!? 謎の地名の由来!
19位
本業はどちら? ◯◯なのに◯◯のお店! (美容室編)
20位
祝残留決定! B1残留をかけた「横浜ビー・コルセアーズ」の大一番の熱気をお届け!
21位
【はまれぽ名作選】横浜で半世紀以上も現役の超レア「丸ポスト」を探せ!
22位
【編集部厳選】なんでそんな名前にしちゃったの?
23位
【ニュース】剛速球守護神がハマスタに帰ってくる!
24位
【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?
25位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(6月1日~6月7日)
27位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
28位
【ニュース】スリーエフと「飲んべえのアイドル」吉田類さんがコラボ!
29位
【はまれぽ名作選】口に指を入れて「金沢う〇こ」、それとも「学級う〇こ」? 横浜出身者は全員「金沢う〇こ」と言うのか!
30位
【ニュース】8月にプロアマの垣根を超えた野球大会を実施!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> 介護

上溝ジョイフルホームそよ風

趣味をゆったりと楽しんで、自分らしい良質の時間が過ごせる

最終更新日:2017年5月19日

0120-384-233

イチオシサンプル画像

豊かな自然に囲まれて、安心・安全・充実の老後をすごせる「上溝ジョイフルホームそよ風」

施設というよりも第二の家!? 今までの生活の延長上にある、自宅のような環境の介護付き有料老人ホーム

DATA
住所: 神奈川県相模原市中央区上溝5-14-28
JR相模線上溝駅より徒歩5分
営業時間: 9:00~18:00 (受付)

不安が希望に変わる暮らし!?
 
何歳になっても、自分らしく暮らしたい。
それは誰しも思うことだが、歳を重ねるごとに体力は衰え、いつしか日常生活を送るのに人の手助けが必要になってくる。
でも、できることなら家族に負担をかけたくない。
 
そうなると施設に入るという選択肢が出てくるが、長年住み慣れた家を離れるのは、自分らしい生活が送れなくなりそうで、大きな不安が伴うのではないだろうか。
 

001joy_article
しかし、自分の家のように暮らせる施設があるとしたら?

 
大きな不安はなくなり、老後を安心して暮らせるようになるのではないだろうか。
そんな、“自分らしく暮らせる施設”があると聞いてやって来たのは、相模原市の上溝。
 

002joy_article
JR相模線「上溝駅」。駅周辺は広々として開放感があり心地良い

 
「上溝ジョイフルホームそよ風」は、上溝駅から徒歩5分ほど。
 

003_soyokaze_article
建物は、周辺の風景と馴染む落ち着き感がある

 
すぐ横にある小高い森から、鳥のさえずりが聞こえ、空気も新鮮でおいしい。
周辺環境は、生活するにはとても良好である。
 

004joy_article
施設内のエントランス。ゆったりと落ち着ける雰囲気
 
005_soyokaze_article
水槽の中で、カクレクマノミなど可愛い魚が出迎えてくれる

 
では、「上溝ジョイフルホームそよ風」は、どのような施設なのだろうか?施設長の加藤裕和(かとう・ひろかず)さんに施設内を案内していただいた。
 

006joy_article
加藤さん。誠実なお人柄

 
同施設の開業は2010(平成22)年4月1日で、2016年(平成28)で7年目になるとのこと。運営会社は「株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ」。
創業は1975(昭和50)年で、もともと臨床検査の業務を行っていたが、1997(平成9)年に介護事業に参入し、2008(平成20)年に「ユニマットグループ」となった。
 

007joy_article
壁に平和の祈りを込めた折鶴があり、人を思いやる温かさを感じる

 
現在、全国280拠点、618事務所の介護施設を運営している。(平成28年4月現在)
 
続いて、施設の特徴を伺ってみた。
まず、生活の中で特に重要な、食べることについて。
「上溝ジョイフルホームそよ風」の日々の食事は、専属の栄養士がバランスを考え、季節の旬の食材を取り入れて五感で味わえるメニューを提供している。
 

_MG_8614
献立の一例。主菜を2種類から選ぶことができる
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
イベントの時は、豪華なビュッフェ料理などが楽しめるのも嬉しい

 
また、お風呂も重要である。同施設のお風呂は、どのようなお身体の状態の方でも入浴ができるように設備が充実している。
 

010joy_article
お風呂の入口はまるで温泉のようで、入浴時間が待ち遠しくなりそうだ!
 
011joy_article
明るく大きな浴室。手すりにつかまりながら安心してお風呂に入れる
 
012joy_article
介護用の椅子もある
 
013joy_article
脱衣所も手すりやサポートもあり、使い勝手が良さそうだ

 
浴室は広く清潔感があり、もちろん、脱衣所と浴室の温度差も無く、安心して快適に入浴が楽しめる。
 

014joy_article
ほかに、女性には特に嬉しい! 鏡の大きい美容室や
 
015joy_article
ご家族が水入らずで過ごせる、談話室

 
どこも入居者一人ひとりに対しての気づかいがあり、快適な日常生活を送れそうだ。
施設内の様子が分かったところで、続いて、加藤さんご自身について伺った。
 
加藤さんが介護の職を志したのは、お母様の影響があったから。
グループホームで働いているお母様からいろいろな話しを聞いているうちに、介護の仕事に対して “やりがいのある仕事だ”と思うようになったそうだ。
 
介護の仕事で大切にしていることは、“一人として同じ人はいない”ということ。
人によって歩んできた人生が違うのだから、それぞれの方に合った介護や生活を提供したいという。
 
「内気な方もおられるので、まずは施設に慣れてもらうことから始まり、ここが施設というより“ご自宅で暮らす”というイメージを持っていただけるように」という想いで運営しているそうだ。
 

016joy_article
加藤さんも、ここを第二の家のように思っているという

 
同施設は、ご入居者が生活してきた環境の延長線上にある空間に環境を整えるよう心がけている。さらに、ご家族から“お任せします”と言ってもらえるほどの信頼関係を築くため、ここでの生活を知ってもらえるように取り組んでいる。
 

017joy_article
壁の活動写真は、ここでの生活をご家族にお知らせする大切な役割を果たしている

 
また、同施設の特長として、外出する機会が多いことがある。
入所したら閉じこもるのではなく、自然に囲まれた環境の中、四季を感じながら、散歩やリハビリもかねて外出をする。
 
レクリエーションもおしきせではなく「これをやってみたい」とご入居者の方から言ってもらえるように心がけ、“次はこうしたい、こんなこともしたい”と生き生きと話す姿を見られるのが、本当に嬉しいという。
 

018joy_article
これまでに、八景島や山中湖などにも行ったそうだ

 
今後は、年に1度の日帰り旅行や、それぞれの“昔行った所へもう一度行ってみたい”という夢や願いを叶えられるように、できればご家族も一緒に、個別の旅行も計画してみたいという。
 
「上溝ジョイフルホームそよ風」は、確かに、入居後も家族とのコミュニケーションを深く築くこともできて、自宅のように安心して暮らせる場所のようだ。
 
では、そのような環境の中、ここでの皆さまの生活のプランニングをしているのは、どんな方なのだろうか。
 
 
スタッフの方たちの温かいサポート内容とは >> 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索