検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

暮らす税理士

岡崎税理士事務所

  • JRほか各線横浜駅より徒歩約7分
  • 9:00~17:00

強みや得意分野といった差別化は、かえって顧客をえり好みしていないか。利用のしやすさを優先するなら、「色のない」ことが特色になり得る!?

ココがイチオシ!

「税金のことならお任せください」はもう古い。税務に限らず何でも相談できる「岡崎税理士事務所」

会社の設立も、税理士の重要な業務
 
税務はほとんどの商行為に付属する。であるならば、起業・独立の手続きも例外ではない。そこで同事務所では、会社設立に関する無料相談を、回数や時間の制限なしに行っている。
 

006okazaki_article
夢や志だけでは食べていけない
 

このとき必要なのは、「起業して何を成し遂げたいのか」という強いビジョンだ。その想いを元に、必要な手続きのリスト化や初期投資の額など、具体的な青写真をデザインしていく。融資を受けたいのであれば、事業計画書の作成サポートや、金融機関の紹介も可能だという。
 
「ものすごくきれいな企画書を作ってくる方がいますが、『絵に描いた餅』にならないよう注意してください。売上げをどうやって作っていくのか、その方法に客観性があるのか。やはり『実』の部分が問われますよね」
 

007okazaki_article
税制改革や各種補助制度の最新事情にも精通
 

その一方で、税務署を敵に回すようなアドバイスを求めてくるケースもあるそう。しかし、大切なのは、「勝てるところでポイントを取る」こと。凶器を使って反則負けをしたら、誰も得をしないというわけだ。また、どこかに「落としどころ」があるはずなので、場合によってはクリンチ作戦も辞さないとのこと。
 
「ただし、その人なりの考え方というのは、あって当然だと思うんですよ。『志』を否定したりはしませんし、むしろ、ほかの先生より『聴く耳を持っている』と思います。中立と公正がポリシーですから、想いをカタチにするというのか、どうやって適法な範囲に盛り込んでいくかを、一緒に考えていきましょう」
 

008okazaki_article
人の想いが明かりの数となって横浜港を照らす

 
そんな横浜について岡崎先生は「神奈川の中心としてコンパクトにまとまり、ビジネスがしやすいのでは」とエールを送る。
都内のコミュニティは駅単位で連帯感が乏しいし、地方都市は広範囲に分散しすぎている。
その点横浜は川崎・湘南・横須賀などとの繋がりもあり、適度な集中と発展を遂げているのだろう。
 
 
 
個人に向けた各種サービス
 
さて、法人の顧問業務、起業家へのサポートに続き、個人向けのサービスもご紹介いただこう。ニーズとして多いのは相続に関する相談で、基礎控除額が引き下げられた2015(平成27)年以降、問い合わせが増加傾向にあるという。
 

009okazaki_article
100人に2人の割合で、納税者が増えるとのことだが

 
「税務署は、登記や確定申告の実績などから、相続税が発生しそうなご家庭に案内書を送付します。ただし、実際に納める必要があるのかどうかは別問題。ここでカギとなるのが『配偶者特別控除』と『小規模宅地の特例』です」
 
「配偶者特別控除」とは、故人の配偶者を対象とした、配偶者の法定相続分か1億6000万円のいずれか多い額までの相続を非課税とする制度。「小規模宅地の特例」とは、一定の条件を満たした居住用の土地などに対し、相続税の大幅な減免を図る例外措置である。これらの適用次第では、基礎控除額を上回る相続が発生したとしても、納税義務を負わずに済ませられる。
 

010okazaki_article
ルールに従って行うのが「節税」、脱税はイリーガル

 
また、年間110万円までの生前贈与は非課税となるらしい。基礎控除額をわずかに上回っている場合、早い段階から準備を進めていけば、資産の世代間移動が効率的に行えるだろう。
 
ただし、岡崎先生の個人的な意見としては、「自分のお金なんだから、自分の楽しみのために使ってみてもいいのでは」とのこと。ここにも、特定の色に染まらない、同事務所ならではのスタンスがうかがえる。
 

011okazaki_article
「税理士っぽくないですかね」と謙遜するシーンも
 

一方、相続税とは別に、相続対策そのものの相談を受けることもある。ここで気をつけたいのは、税理士は弁護士と異なり、紛争に直接介入できないこと。逆に言えば、遺言の書き方やもめないためのアドバイスなら、同事務所の無料相談が利用できる。
 
「弁護士は依頼を受けた相続人を最優先しますから、、ご遺族全体の利益を損ねることが考えられます。税理士なら、むしろ中立と公正が貫けると思うんですよ。その意味で、最初から着地点をクリアにできる『遺言』を重視しています」
 
 
 
常にニュートラルだからこそ、親身なアドバイスができる
 
「相手に合わせていくのが自分流、苦手意識はあまり持っていません」という岡崎先生。一般的に個性が強い士業のなかで、あえて色を付けない理由は何なのだろうか。
 
「専門家はスペシャリストなので、『依頼されたことだけを処理していればいい』と思われてきました。ですから、結果さえ出せば、乗り換えられるということはなかったんです。しかし、世の中が多様化してくると、いつまでも頑固な職人ではいられないでしょう。これからの時代、ゼネラリストが求められるのでは」
 

012okazaki_article
総勢7名の同事務所、日中は外出していることが多い
 

税務署寄りでもなければ、経営者にべったりでもない。生前贈与の説明をする一方、自分で使うのも楽しいとアドバイスする。そんな岡崎先生の趣味は、食べることと飲むこと。主なフィールドは、大衆酒場や立ち飲みスタンド。「毎日いい仕事をして、いいお酒を飲みましょう」というメッセージも頂いた。
 
そう。我々は税金を納めるために働いているのではない。そこを見誤ると、いわゆる「税金のことならお任せください」というタイプの税理士を頼ってしまう。「岡崎税理士事務所」なら、夢や希望を語ることができる。仕事や生活の質を高めることができる。その上で傾けられた一杯は、さぞかし美酒に感じられるだろう。
 
 
―終わり―
  
HP/http://okazaki-taxoffice.com/
 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから 
お問い合わせ

基本情報

店名 岡崎税理士事務所
オカザキゼイリシジムショ
ジャンル 税理士
住所 〒221-0835 神奈川区鶴屋町3-33-18 SKビル3F
アクセス JRほか各線横浜駅より徒歩約7分
駐車場 なし※お近くのコインパーキングをご利用ください
TEL1 045-620-0626
「はまれぽを見た」とお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日・祝日
URL http://okazaki-taxoffice.com/
カード利用
個室
  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 岡崎税理士事務所
オカザキゼイリシジムショ
ジャンル 税理士
住所 〒221-0835 神奈川区鶴屋町3-33-18 SKビル3F
アクセス JRほか各線横浜駅より徒歩約7分
駐車場 なし※お近くのコインパーキングをご利用ください
TEL1 045-620-0626
「はまれぽを見た」とお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日・祝日
URL http://okazaki-taxoffice.com/
カード利用
個室