ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今日発売の東スポに『株式会社うんこ』という会社が載ってたそうです!横浜市にあるそうですが、どんな会社なのかキニナル!ぜひ調査してください!

    rtyuiさん

    幼少の頃、お腹が空けば横浜のデパートの大食堂。うろ覚えだが、店頭の大きなショーケースのサンプルをながめ、メニューを決めると鉄道の切符のような厚紙のチケットを購入して席につく。わたくしは大概、オムライス...

    マッサンさん

    高架になった相鉄下り星川を出た直後右側に見えるようになったホームセンターコーナンの植物等売っている屋外エリアの屋根というか庇の上に何やら稲のような芝生のようなものが植えられているのが見えます。あれって...

    たけし♪さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
全8店舗あますことなく一挙に紹介! 4月オープンの上大岡燦々横丁の魅力とは!?
2位
駅のホームの立ち食いそば屋さんを完全制覇! ~東海道線編~
3位
新規開店! オープンしたての2店舗で最新の家系ラーメン事情を調査
4位
メニューや佇まいが“そっくり”な家系ラーメン2店の謎を探る
5位
辛すぎるのにうまい! “赤くない”激辛ラーメンを提供する2店舗に突撃!
6位
コーヒーとカレーが味わえる居心地の良い横浜の喫茶店を紹介!
7位
懐かし味のパンを求めて! ライター山崎島、軽く旅に出た!
8位
5月7日まで横浜赤レンガ倉庫で開催される春のビールの祭典「フリューリングスフェスト」をレポート!
9位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
10位
バーなのに絶品中華!? 名店のバーテンダーも通う都橋商店街の「華」に突撃!
11位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
12位
GWに食べたい横浜中華街の“ゴールデン”なグルメとは?
13位
【はまれぽ名作選】一般人が利用できる役所などの食堂は?【Vol.2市役所編】
14位
21日まで開催中の「ベルギービールウィークエンド2017横浜」の様子をレポート!
15位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
16位
【はまれぽ名作選】昭和の香りがする鶴見線国道駅のガード下にある居酒屋「国道下」に突撃!
17位
【編集部厳選】GWはおウチでまったり派必見! 横浜のおいしいお弁当!
18位
【編集部厳選】GWの疲れを癒す滋味深い味!
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
【編集部厳選】暑くなってきたので、今年も冷やしたアレ、始めちゃいました!
21位
【はまれぽ名作選】瀬谷の住宅街にある謎の点心専門店「南方粽子(なんぽうちまき)」に突撃!
22位
【ニュース】横浜DeNAベイスターズが老舗洋食店「センターグリル」監修のメンチカツを発売!
23位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
24位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
25位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
26位
横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 前編
27位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(5月11日~5月17日)
28位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
29位
ついに取材成功!ハマのB級ソウルフード「バーグ」のキニナルあれこれをライター・クドーが徹底調査!
30位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> ダイニング

Tennocho Wine&Kitchen 「RUSH(ラッシュ)」

「居心地の良さが自慢!」のイタリアン&フレンチダイニング

最終更新日:2016年10月19日

045-334-5475

イチオシサンプル画像

大切な仲間とのとっておきの時間に使いたい! 知る人ぞ知る“くつろぎの空間”「RUSH(ラッシュ)」

シェフの技が光る上質なイタリアン&フレンチを ホッとくつろげる一軒家ダイニングで味わおう!

DATA
住所: 横浜市保土ケ谷区天王町2-38-2
相鉄線「天王町」駅より徒歩2分
営業時間: 11:00~14:30(土11:30~)、17:00~24:00(曜日によって閉店時間が異なります)
平均予算: ランチ1000円~/ディナー4000円~

数年ぶりに大学時代の友人と食事をすることになった。
 
忙しい彼女に代わって店探しを頼まれたのだが、なかなか「ココ!」と思える店が見つからず、悩みに悩んだ。ワイワイとにぎやかな居酒屋はなんだか落ち着かない気がするし、かといって、落ち着いた雰囲気の格式の高いレストランは予算的にちょっと厳しいし。
 
編集部・榮田から天王町にある「一軒家ダイニング」への取材依頼が来たのは、そんな“店探し”に苦労した直後のこと。聞けば、高級食材を使った「鴨とフォアグラのロッシーニ」がなんと! 1980円(税込)で食べられると、話題の人気店だというではないか!
 

001rush__article
フォアグラを使った料理でワイン。その贅沢気分、ぜひ味わってみたい♪
 

・・・それは最高にキニナル。
早速、その実力のほどを拝見すべく、現地へと向かうことにした。
 
 
 
昔ながらの商店街で、本格イタリアン&フレンチを気軽に味わう!
 
ということで降り立ったのは相鉄線の「天王町」駅。改札を抜けると、旧東海道沿いに飲食店などが建ち並び、小さな商店街を形成している。横浜からたった3駅という便利な立地ながら、どこかちょっと懐かしい、気さくな雰囲気が漂う街だ。
 

002rush__article
駅の改札を抜けると・・・
 
003rush__article
旧東海道に沿って飲食店や商店が立ち並ぶ
 

今回、訪れる「Tennocho Wine&Kitchen RUSH(テンノウチョウ ワイン アンド キッチン ラッシュ)」は、この商店街の中を進むこと2分。帷子川の橋を渡ったすぐ先にある。白い壁にペイントされるように書かれた店名とイラストが印象的な建物だ。
 

004rush__article
2階建てのビルの壁に書かれた「RUSH」の文字とイラストがカワイイ

 
決して大きいとは言えないビルの壁に書かれた店名とイラストだけのシンプルな外装は、言われなければ見落としてしまいそうなひっそり感。筆者もこれまで何度かこの店の前を通っていたはずなのだが・・・この店の存在に気づいていなかった(すみません)。
 

030rush__article
壁に書かれたイラストと小さな看板。周囲の店に比べると実に控えめ

 
訪れたのは、平日の午後2時過ぎ。そろそろランチタイムが終了するという時間なのだが、店を覗くとまだ何人かのお客さんがランチを楽しんでいた。カウンター席に座って店員さんと会話を楽しんでいる常連さんらしき人もいる。実にアットホームな雰囲気だ。
 
店内へと進むと、まず目に入るのは厨房をぐるりと囲むように配置されたカウンター席。そして入口側のスペースにテーブル席が置かれている。小ぢんまりとした雰囲気、そして木の温もりを感じさせるインテリア・・・初めて来たのになんだか落ち着く。
 

006rush__article
カウンター席もテーブル席も木の温もりを感じさせるデザイン
 
031rush__article
壁で区切られた半個室のようなスペースも。思わず長居したくなる!
 

「Tennocho Wine&Kitchen RUSH」が現在の地にオープンしたのは2013(平成25)年12月のこと。もともと天王町の別の場所にあったイタリアンメインの人気バル「RUSHRANDLE(天王町バールRUSH)」が拡大移転、同時に名称変更をしての再スタートを切った。
 
そして、この店を取り仕切っているのが、店長の渡辺由美(わたなべ・ゆみ)さん。
 

008rush__article
前身である「RUSHRANDLE」時代から店長を務めているという渡辺さん
 

もともとこの店は横浜市内を中心に「日本酒トワイン岡野」「からあげ酒場祝」といった飲食店を5店舗、台湾で手打ちそば店「蕎菜(きょうさい)」を展開する、株式会社ZEROの旗艦店。
 
渡辺さんはそのZEROの一員として、「RUSH」店長として接客やスタッフの管理を任されるだけでなく、メニューの考案やチラシデザインまで幅広い業務に携わっているのだという。しかも調理師やジュニア野菜ソムリエなどの資格も持っているという逸材だ。
 

009rush__article
店内には、ZEROのグループ店を紹介する楽し気なチラシも貼られていた
 

この店を含め、ZEROグループの“店づくり”のモットーは「アットホームで、一人でも立ち寄りやすい店にする」こと。そのため、どの店もカウンター席を充実させ、仕事帰りにフラッと入れる、そんなお店づくりを目指しているという。
 
そんな取り組みが人気となり、渡辺さんいわく「グループ店すべてに顔を出してくださる常連客の方も少なくない」のだとか。和食に魚介、そしてからあげと、その店ごとにいろんな味が楽しめるのもうれしい。確かにこれは1店舗ずつ制覇したくなるかも!
 

010rush__article
どの店にもゆったりくつろげるカウンター席を用意。おひとりさまでも安心!
 
011rush__article
「平日ランチタイムは8名以上で貸切も可(通常15名~)」という2階席
 

その中でも今回訪れた「RUSH」は、渡辺さんいわく「30~40代の女性を意識したインテリア、メニュー構成となっている」という。また、周辺に“飲み屋さん”が多く、食事メインでゆっくりと過ごせる店が少ないこともあり、「近隣にお住まいの方からもご支持いただき、リピーターも非常に多い」のだとか。
 

012rush__article
店頭の看板には美味しそうな料理の写真が並ぶ。思わず吸い寄せられそう・・・

 
温かな雰囲気のインテリア、置かれた小物や照明のかわいらしさ・・・確かに、これなら女性一人でも気軽に立ち寄りやすいだろうなぁと思う。帰り道にこの店があったら、寄り道度がグンと上がってしまいそうだ。
 
 
 
シェフが提供する見た目にも美しい本格イタリアン&フレンチ
 
この店で提供されるのは、リーズナブルながら本格的なイタリアン&フレンチ。「この地に移転する前は、パスタを中心としたイタリアンがメインの店だった」そうだが、本格フレンチを手掛けるシェフが入店。それにより「提供できる料理の幅が大きく広がった」という。
 

013rush__article
イタリアンやスイーツを手掛ける総料理長、渡部暢哉(わたなべ・のぶや)さん
 
014rush__article
フランスでの修行経験も持つフレンチシェフ宮園勇気(みやぞの・ゆうき)さん

 
この決して大きいとは言えない、街のイタリアン&フレンチダイニングに、各専門店で本格的に修行を積んだシェフが2人も常駐しているということに、正直ビックリする。
 
しかも、渡部さんは料理歴40年以上、宮園さんは有名ホテルでの経験や、フランス料理店で料理長を務めた経験もあるという。お二人とも独立して「自身の店」を開店していても、充分にやっていけるほどの実力と経歴をもっていらっしゃるのだ。
 

015rush__article
月替わりのランチからアペタイザー(前菜類)まで、充実したメニューがそろう(写真はHPより)

 
実は、フレンチを担当する宮園さんは、店長の渡辺さんとは専門学校時代の同窓生。宮園さんについて「学生時代から一目置かれる存在で、卒業後の経歴も同窓生の中で群を抜いた存在だった」と、語る渡辺さん。
 
そういった背景もあって、同じ店で働くことが決まった後も、「こんな立派な経歴を持つ腕利きのシェフに入ってもらって、ホントにいいのかな・・・とも思った(笑)」と振り返る。
 

016rush__article
真摯に料理と向き合う宮園さん。まさに「若き実力派シェフ」なのだ

 
では、フランス料理店の料理長を務めていた宮園さんは、なぜ「RUSH」で働くことを決めたのだろう。その問いに、宮園さんは「もっとフランス料理を気軽に楽しんで欲しいという想いが強かったんです」と語る。
 
「フランス料理ってどうしてもちょっと堅苦しくて、店にも入りにくいってイメージがありますよね。フランクな雰囲気のこの店で、気軽にフランス料理を味わってもらうことで、“高級そう”とか“堅苦しい”といったイメージを変えていけたらいいなと思って・・・」
 

017rush__article
「フランス料理にもっと興味を持ってほしい!」と語る宮園さん
 

また、この店は、厨房とお客様との距離が近いため、「料理を口にしたお客様の反応がリアルに伝わってきますし、調理をしながらお客様と会話を楽しむこともできる。その点にもこれまでとは違った楽しさがありますね」と、新たなやりがいを見出しているようだ。
 
そんな宮園さんが提供する「自慢の味」をいくつかご紹介いただいた。
 
 
取材陣大興奮! 一番人気のお味はいかに? ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索