ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    京急日ノ出町駅の裏、丘状の住宅地が気になります。駅のすぐ裏に空家がたくさんあったりするエリアで、目的がなければ普段立ち寄らないエリアですが、住宅を改修してできた気になる場所が増えています。特に最近工事...

    zempさん

    7月1日・2日に横浜市開港記念会館100周年のイベントが開催されますが、その日に普段は非公開の「ジャックの塔」にのぼれるそうです。イベントも含め、のぼってきてください。

    黒霧島さん

    仲町台からセンター北の港北ニュータウンには池のある公園が多くあります。人工の小川が池に流れ込んでいますが、あの水はどこから来てるんでしょうか?

    山下公園のカモメさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「6月29日今日は何の日?」
2位
ラーメン二郎 横浜関内店が「無期限休業」って本当?
3位
「無期限休業」状態だったラーメン二郎 横浜関内店が営業再開!
4位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
5位
横浜市に打つ手はあるのか? ごみ屋敷の実態に迫る!【前編】
6位
決定! 横浜市内の真の「陸の孤島」はどこ?
7位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
8位
横浜を代表する食品メーカー「タカナシ乳業」の歴史に迫る!
9位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
10位
かつて金沢区の金沢沖に空港建設計画があったって本当?
11位
武蔵小杉駅前にある創業53年の老舗店「喫茶ブラジル」が閉店。その理由とは?
12位
横浜市には打つ手はあるか? ごみ屋敷の実態に迫る!【後編】
13位
【はまれぽ名作選】激安商店街と名高い「松原商店街」と「大船商店街」。一体どちらが「本当の激安」なのか?
14位
【ニュース】相鉄が9年ぶりに新型車両を導入!
15位
気分はインディ・ジョーンズ!? 横浜市立大に隠された「謎の洞窟」を探索!
16位
横浜市電が海に沈んだ? 車両の魚礁化計画があったって本当!?
17位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
18位
青葉区にあるコーヒー通販「ブルックス」は元々日本茶店だったって本当?
19位
【はまれぽ名作選】某街番組でも取材拒否!? 保土ケ谷区のとあるビルの上にある謎の岩の正体に迫る!
20位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
21位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
22位
女児殴打事件のあった横須賀市不入斗(いりやまず)は本当にヤバイ所なの?
23位
神奈川県の観光情報サイトなのに、なぜ「東京」!? いったい、どういうつもり?
24位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
25位
【はまれぽ名作選】風情ある門前町「弘明寺駅」と「弘明寺商店街」の歴史について教えて!
26位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
27位
「神奈川県民の日」がないのはなぜ?
28位
【ニュース】架線トラブルで横須賀線に遅延
29位
【ニュース】三和交通が今年も「心霊スポット巡礼ツアー」を実施!
30位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> 交通・タクシー

三和交通

数十万円で一億円の効果! 「心霊スポット巡礼ツアー」を企画したタクシー会社の作戦とは?

最終更新日:2017年6月21日

045-471-8361

イチオシサンプル画像

独特の発想と企画力で業界の若返りを! タクシーの未来を創造する「三和交通」

小さな波紋でも、社会に広がればムーブメントになる。伝えたかったのは「創造の力」。しがらみが強い業界を、しなやか頭で軽快にドライビング。

DATA
住所: 【横浜営業所】横浜市港北区鳥山町480
横浜市営地下鉄片倉町駅・根岸公園駅より徒歩約15分
営業時間: 24時間

「ウケねらいというより、『三和交通』の社名をメディアの中に浸透させていく広報活動だったんです。かかった費用は30万円前後でしたが、昼のワイドショーでも取り上げてもらいましたし、1億円以上の効果があったのではないでしょうか」
 
2015(平成27)年の夏に実施した、タクシーで行く「心霊スポット巡礼ツアー」についてそう話すのは、企画・実施元である「三和交通」の代表取締役社長、吉川永一(よしかわ・ながいち)さん。13年前の2003(平成15)年、3代目として同社のハンドルを握ることになった。
 

001_sanwa_article
企画自体も自ら考案したという吉川社長
 

日程の都合から13組限定だった同企画は、ネットを中心に話題を呼び、プレスリリースから2日後という短期間のうちに「完売御礼」を迎えた。また、同社公式サイトへのアクセスも普段の約40倍にあたる1日1万件を超え、「横浜に三和交通あり」という金字塔を広く知らしめることになった。
 

002_sanwa_article
ツアーで訪問する、実際の現場一例

 
以来、続々とユニークな企画を打ち立て、そのたびに注目されるようになった同社。それにしても、岩盤規制や古い慣習が顕著に思えるこの業界にあって、どのようにブレイクスルーを行っていったのだろうか。若き経営者のチャレンジに迫ってみたい。
 
 
 
新陳代謝が進む、魔法のボタンとは
 
まずは、同社が行ったイベントのうち、主だったものをまとめてみよう。
 

003_sanwa_article
最新の情報は、同社プレスリリースを参照
 

三和交通スペシャル企画の第一弾となったのは、前述の通り「心霊スポット巡礼ツアー」。同年の秋からは、仕事や観光の合間にサクっと名所を回れる「YOKOHAMA1HOURTOUR」を開始。これは、今でも続いている。
 
また、年末には、乗務社員がサンタクロースの衣装でお出迎えする「SanwaClausTaxi(サンワ クロース タクシー)」が。翌年のバレンタインデーには、女性乗務社員がチョコをプレゼントしてくれる「Valentine’sTaxi(バレンタインズ タクシー)」が登場した。
 
続く2016(平成28)年の2月末には、第五弾となる「タクシー流鏑馬(やぶさめ)」を開催。これは、専用コースを走るタクシーの中からスポンジ製の弾を飛ばし、合計9個ある的を狙うというもの。そして現在、第六弾となる「裏ヨコハマ探索ツアー」を実施している。
 

SONY DSC
第六弾はドッキリというより、クールさを追求

 
「瞬間的な思いつきによるものが多いので、準備に時間をかけられず、試行錯誤を繰り返しているところです。ただ、アンケートなどを採ってリクエストに応えていくような進め方は考えていません。あくまで事業者側からの仕掛けというのか、サプライズを演出したいですよね」と、吉川社長。
 
そのサプライズでいえば、エイプリルフールにリリースされた「ドローンタクシー」も話題を呼んだ。このとき目標にしていたアクセス数は1日1万件。ところが、エイプリルフールの当日だけで約5万件のアクセスが集中し、テレビでも特番が組まれたほどだ。
 

005_sanwa_article
エイプリルフールだけに、「uso800型ドローン」を使用

 
こうしたメディア戦略。実は、「心霊スポット巡礼ツアー」の前年である2014(平成26)年に、その原点ともいえる試みが行われていた。それが、スピードより快適さや安全性を求める声に応えた「ゆっくりボタン」。業界初のサービスである。
 

006_sanwa_article
「タクシーは急ぐときに乗るもの」という既成概念を覆した

 
「タクシードライバーの平均年齢は50代後半。とにかく若い人に来てほしくて、何か象徴的なことをやりたかったんです。そこで目を付けたのが、世界最大級の広告賞『カンヌライオンズ』。グランプリは逃したものの、グッドデザイン賞と特別賞の栄誉に輝き、おかげさまで2015(平成27)年の新卒採用は例年の倍にあたる20人になりました」
 
つまり、若い力で自らの新陳代謝を図ることが、こうした企画やツアーのねらいだったようだ。ただし、ばく大な広告予算の代わりにアイデアをつぎ込み、マスコミやネットの力をうまく利用したところが、同社ならではの斬新的な試みといえよう。
 
 
 
大樹に囲まれた新芽の苦労
 
それにしても、就任当時の吉川社長とベテラン社員の間には、親子間に匹敵するようなジェネレーションギャップがあったはず。新方針に異を唱える古参組はいなかったのだろうか。
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
国内にまだスマホが登場していなかった時代だ

 
「もちろん想定していました。そこで、自分が強いアドバンテージを握れる分野は何なんだと。『とりあえず、アイツの言うことを聞いとかないと』と思ってもらえる鍵がないだろうかと。その答えが、ITだったのです」
 
当時の同社では、各営業所に1台のパソコンしかなく、膨大な書類を郵送でやりとりしていたそうだ。そこでワークフローシステムを導入し、業務の効率化や平準化などを進めていったという。
 

008_sanwa_article
いまでは、重要な情報や伝達事項が、瞬時に共有される

 
「ただ、マウスを持ってくださいって言っても、受話器みたいに持ち上げる人ばかりで、そこからのスタートでした。今でこそスマホ配車などを普通に行っていますが、あのままだったらどうなっていたのか。そう考えると、一定の成果に結び付けられたのではないでしょうか」
 
その次に力を入れたのは「接遇への取り組み」。マナーを中心とした15項目のマニュアルを作成し、社内研修で徹底するのはもちろん、外部に委託した覆面調査を定期的に行うようにした
 

009_sanwa_article
出庫前に従業員同士で行う、接客の模擬練習

 
「例えば、タクシーが止まったときの『ハイ、どうぞ』という言葉。本来なら、ドアの前でお出迎えして、『どうぞ、ご乗車くださいませ』とするべきなのに、省略しているんですよね。ホテルならありえないわけで、接客の大原則を一から見直していきました」
 
こうした姿勢が実を結び、いまではドライバーからも改善提案がなされるようになったという。車内に私物を置いていないか、お釣りを振り返って右手で渡したかなど、現場にいる者ならではの発想が光る。
 
 
今後のタクシー業界はどうなる? 白タクと何が違う? ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索