ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    久里浜港近くの三富屋直売所が気になります。金土日月しか営業していなお店で可愛いおじいちゃん、おばあちゃんが笑顔で迎えてくれます。コロッケやメンチカツが安くて美味しいお店です。この店の正体を調査願います...

    Lewisさん

    山手カトリック教会の脇に住んでいます。毎晩、1時間に1回ほどの間隔で(何分かは不定期)、"プ~、ファ~"とラッパの音が聞こえてきます。そのうち、21~22時台には、ラッパの直後に鉄...

    たなやんさん

    夏のこの暑いシーズンに少しでも涼しくなるような心霊関係のネタを最低でも1回は取材をお願いしたいです。

    sho-shoさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
「7月26日今日は何の日?」
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
5位
開店したらすぐ閉店? 戸塚の伝説のラーメン店「カミカゼ」に突撃!
6位
家系ラーメンの風雲児! 多店舗経営で独自の存在感を放つ「ウルトラフーズ」を調査!
7位
【ニュース】3連休は花火大会が目白押し!
8位
「かっぱ寿司」食べ放題の全88種を男2人で制覇できるか!?
9位
気分はインディ・ジョーンズ!? 横浜市立大に隠された「謎の洞窟」を探索!
10位
【はまれぽ名作選】横浜で美味しいうなぎが食べられるお店はどこ?
11位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
12位
横浜高速鉄道みなとみらい線で不正折り返し乗車、その実態は?
13位
きょうオープン! 高架下の新商業施設「ウィングキッチン京急鶴見」の様子を一足早くレポート!
14位
武蔵小杉駅前にある創業53年の老舗店「喫茶ブラジル」が閉店。その理由とは?
15位
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
16位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
17位
1972年の横浜市電全廃から45年、当時の姿でよみがえった保存車両の現状に迫る!
18位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
19位
横浜市長選立候補予定者が激論を交わした公開討論会の様子をレポート!
20位
【ニュース】横浜で「一番高い」ビアガーデン!
21位
民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
22位
大船のフラワーセンターが閉園!? 噂の真相を徹底レポート!!
23位
【編集部厳選】麺を啜れ! 家系・二郎「じゃない」横浜のラーメン特集!
24位
エビが立っている!? 大船の老舗定食屋「ときわ」へ突撃!
25位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「六角橋商店街周辺の『隠れ』から揚げ定食」編
26位
スタイル抜群!スポーツ系スマート美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【大磯ロングビーチ編】
27位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
28位
【はまれぽ名作選】超ディープ! 鶴見川沿いに突如現れる駄菓子屋で定食屋で飲み屋の「何屋なのか分からない店」に突撃!
29位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
30位
【編集部厳選】暑いからニンニクたっぷり食べてスタミナつけよう!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> ダイニング

ヤーマンズ リゾテラス(Yeahman's RESO TERRACE)

ランチから早朝まで、いつ行っても美味しい料理と楽しい空間があなたを待っています

最終更新日:2017年7月07日

045-305-6638

イチオシサンプル画像

中華街近くで美味しい料理とお酒を楽しむならここに決まり!知る人ぞ知る有名店「ヤーマンズ リゾテラス」

JR石川町駅から徒歩6分、中華街南門から徒歩3分のところにある「ヤーマンズ リゾテラス」。ランチはグルテン・シュガーフリーの「美人ランチ」ディナーにはダイナミックなステーキや生ガキと一緒にお酒をどうぞ

DATA
住所: 横浜市中区山下町112-4 ポートヴィラ元町1階
みなとみらい線 元町・中華街駅 徒歩5分 /JR根岸線 石川町駅 徒歩6分
営業時間: 11:30~翌4:00
平均予算: ランチ 1500円~/ディナー 3500円~

ビーチリゾートにあるバーみたい
 
JR石川町駅元町口から元町商店街を歩き、洋菓子店「喜久家」の前で左に曲がる。駅からは徒歩約6分、橋を渡った先にある。
 

001yearman_article
中華街から行く場合は、南門を出て徒歩3秒!
 

JR石川町駅からも、みなとみらい線元町中華街駅からも歩いて行ける便利な立地にある。
 

002yearman_article
サーフボードの看板! 海の香りがしてきそう

 
2016(平成28)年1月にオープンしたという「ヤーマンズ リゾテラス」
 
まだ開店してから数ヶ月だが、店内に入ってみると「新装ピカピカ」というよりは、ずっと前からここにあるような落ち着いた雰囲気。
 

003yearman_article
「リゾテラス」は「リゾート」と「テラス」を掛け合わせたネーミング

 
「『新店ながらも、もう20年も吹きっさらしのシーサイドでお店をやっています』みたいな店内にしたかったんです。どこにも属さない、完全オリジナルなビーチリゾートのイメージを目指してます」と話すのは現在の「ヤーマンズ リゾテラス」の代表を務める平山雅之(ひらやま・まさゆき)さん。
 
オープンまでの道のりを伺っていると「前からずっとここにある感じ」というのも、あながち間違ってはいないようだ。
 

004yearman_article
横浜生まれ、横浜育ちだという平山さん
 

以前、このお店のすぐ近くに「アースダイナー ヤーマンズ」というお店があり、平山さんは約20年前から働いていたそう。
 
「アースダイナー ヤーマンズ」は、毎日たくさんのお客さんが詰めかけ、遠方から来る人も地元の人も、みんなが楽しめる人気店だったそう。
平山さんはそこで約10年間店長をしていたのだが、一度、飲食業を離れることになった。
 

005yearman_article
「実はIT関係のサラリーマンをやりました」
 

「サラリーマンもけっこう楽しかったんですけどね」と話す平山さんだが、約10年のサラリーマン生活のあとに昔ながらの友人と、中区本牧町でカフェバー「カナリアカフェ」を運営することに。
 
「ヤーマンズはいつか復活させたい、という思いがあったけど、『場所はこの前田橋じゃなきゃ』と思っていて」と平山さん。
 
前田橋とは、中華街と元町商店街の間を流れる堀川にかかる橋の名前。以前の「ヤーマンズ」も前田橋の近くにあったそう。
今回、立地条件などイメージにあった場所が見つかったため、本牧のお店「カナリアカフェ」を閉店し、満を持して「ヤーマンズ リゾテラス」をオープンさせた。
 

006yearman_article
棚やインテリアには本物の一枚板や流木が使われている

 
店内のインテリアの細部にこだわりが光る。
そして、そのこだわりが来店するお客さんの「居心地の良さ」につながっているのだ。
 

007yearman_article
店舗デザインやインテリアから流す音楽も

 
以前のヤーマンズを知っているお客さんが来店することもあるが、中華街や元町に来た人がふらりとお店に入ってくることも多いという同店。
 
「お店が、いつもわいわいしていて『みんなが楽しめる場所』みたいになればいいなと思っています。もちろんお一人での来店だって大歓迎。タイミングみてけっこう話しかけちゃう」と笑う平山さん。
 

008yearman_article
誰でも、最初は初めてだもんね

 
同店には平山さん以外にも、経験豊富かつ人情の熱いスタッフがそろっているので、気軽に足を運んでほしいとのこと。
 

009yearman_article
店内はゆったりとした良い雰囲気

 
席数は24席。パーティーでの利用や、ワークショップなどでの貸し切りも可能。
ランチタイムは禁煙、ティータイムとディナータイムは喫煙可能となっている。
 
 
 
本当に美味しいんだから! という料理の数々
 
ヤーマンズ リゾテラスでは、ランチタイム(11:30~14:00)、ティータイム(14:00~17:30)、バータイム(17:00~4:00)に分かれていて、それぞれ違ったメニューを提供している。また、その日だけのおすすめメニューもあるそうなので要チェックだ!※ランチメニューは月~金の平日のみ。
 
まずはディナータイムの1番人気メニュー。
分厚いステーキをジューーー!
 

010yearman_article
店内にお肉が焼けるいい匂いが漂う

 
料理担当は、ペルーにゆかりのある佐久田(さくだ)セルヒオさん。
これまでに洋食店やスペイン料理店などで経験を積んできたそう。その腕を平山さんに見込まれ、現在は同店の厨房を任されている。
 

011yearman_article
メニューの中にはペルー料理のエッセンスが加わったものもある
 

焼き上がったダイナミックな「リブアイステーキ」は3500円。
 

012yearman_article
最近は女性からの注文も多いそう。肉食女子多数!

 
「飲食業界に長くいるから、いろいろ良い食材を知っちゃって。1番いいって思うものだけを仕入れたいから、食材によって、これ!と決めたものをわざわざ買いに行っている」と話す平山さん。
仕入先の店が遠いこともあるそうで、お店で働くスタッフにとっては大変だろうが、食べる方は嬉しい限り。
 
「ほかのお店と同じ味になるのもいや」というこだわりから、買い物に行って新しい食材が目につくと、すぐに買って試してみるという。
 

013yearman_article
リブアイステーキに添えられていたソースの1つ「チンスー」

 
リブアイステーキには、岩塩とポン酢と、このチンスーが添えられていて、お好みの味で食べることができるようになっていた。
 

014yearman_article
3種類の味で楽しめる

 
チンスーは甘味があるのにピリッとした辛さが特長のベトナムの調味料だそう。これもなかなか日本では手に入りにくいそうで、現地に住む知人から定期的に仕入れているというこだわりっぷり。
ピリリとした甘辛いアクセントが、牛肉の濃い味わいに意外にも良く合う!
 

015yearman_article
あれもこれも、頼んでみたいメニューがたくさんある

 
 
がっつり派も健康派も満足!イチオシのメニューが勢ぞろい! ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索