ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    「亀甲山」というバス停の名前の由来は何?

    アメニティさん

    横浜市営地下鉄吉野町駅から徒歩3分。住宅街にある「ラドン温浴健康館」は、一般の人でも利用できるのでしょうか。

    takedaiwaさん

    2015年、2016年もレポートにでかけていらっしゃる三和交通さんの心霊スポット巡礼ツアー2017がパワーアップして7月1日から抽選開始とのこと。横浜もショートコースとロングコースがあるとか(東京、埼...

    彗星さん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「6月29日今日は何の日?」
2位
ラーメン二郎 横浜関内店が「無期限休業」って本当?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
「無期限休業」状態だったラーメン二郎 横浜関内店が営業再開!
5位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
6位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
7位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
8位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
9位
横浜市に打つ手はあるのか? ごみ屋敷の実態に迫る!【前編】
10位
きょう本牧にオープン! すかいらーくグループの日本初ハワイアンレストラン「La Ohana」の詳細をレポート!
11位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
12位
決定! 横浜市内の真の「陸の孤島」はどこ?
13位
古き良き昭和の味! 5席しかない? 大船の激セマ老舗ラーメン店「天龍」に突撃!
14位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
15位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
16位
学食に重慶飯店!?関東学院大学に中華街の高級店が出店したって本当?
17位
横浜を代表する食品メーカー「タカナシ乳業」の歴史に迫る!
18位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
19位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
20位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
21位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
22位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
23位
みなとみらいでワンコイン! 限定ランチ弁当を大調査!!
24位
かつて金沢区の金沢沖に空港建設計画があったって本当?
25位
武蔵小杉駅前にある創業53年の老舗店「喫茶ブラジル」が閉店。その理由とは?
26位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
27位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
28位
横浜市には打つ手はあるか? ごみ屋敷の実態に迫る!【後編】
29位
横浜駅近5分以内! 手ぶらで行けるオススメ「屋上バーベキュー」施設を紹介!
30位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

遊ぶ・泊まる> 娯楽施設

よこはま動物園 ズーラシア

一日で世界一周!? 希少&かわいい動物と出会う旅

最終更新日:2017年3月28日

045-959-1000

イチオシサンプル画像

家族や友だち、恋人と・・・誰と行ってもこんなに楽しい♪ 動物と過ごす“癒し”の休日「ズーラシア」

希少動物との対面、グルメ、ショッピング・・・ いろんな「楽しい! 」が詰まった動物園

DATA
住所: 横浜市旭区上白根町1175-1
相鉄線「鶴ヶ峰」「三ツ境」駅、JR・市営地下鉄「中山」駅より 「よこはま動物園」行きバスで約15分
営業時間: 開園時間/9:30~16:30(入園は16:00まで)
平均予算: 800円~(小・中人料金あり)

豊かな緑の中で動物に触れ合う・・・日常を忘れさせてくれる癒しの場
 
何を隠そう筆者は無類の動物好き。犬や猫など、常にペットと一緒に生活してきたこともあり、当然、動物園も大好き。社会人になってから忙しくて足が遠のいてしまったが、学生時代はよくあちこちの動物園に行ったものである。
 

001zoorasia_article
ズーラシアへと続く道には、来園者を歓迎するゲートが設けられていた

 
そんな筆者がやってきたのが、1999(平成11)年4月にオープンの「よこはま動物園 ズーラシア」。当時、すっかり社会人になっていた筆者にとっては「気になっているけど訪れたことがない」動物園のひとつだ。当然、取材の依頼が来た時は二つ返事でOKした。
 

002zoorasia_article
ズーラシア周辺には動物たちのオブジェが。結構、リアル!

 
あまり予備知識もなく来てしまったが、園内マップを見てビックリ。想像以上に広い! バスが到着した正門から、最も離れたところにある北門(土日祝、および混雑時のみ開門)まで動物を見て歩いて回ると・・・だいぶいい運動になりそうな距離だ。
 

3_zoo_article
園内マップ(ホームページより)。正門から横長にゾーンが点在しているのがわかる(クリックで拡大)

 
園内は、「アジアの熱帯林」「亜寒帯の森」「オセアニアの草原」「中央アジアの高地」「日本の山里」「アマゾンの密林」「アフリカの熱帯雨林」「アフリカのサバンナ」の8つの動物展示ゾーンと、自然体験林などがある「わんぱくの森」の計9つのゾーンに分かれている。
 
そして、それぞれのゾーンで生活する動物たちを展示するだけでなく、特徴的な草木や、建物なども再現。動物たちを巡りながら世界各国の景色や文化にも触れることができる。
 

004zoorasia_article
「アフリカの熱帯雨林」内に点在する休憩所は“いかにも”な作り
 
005zoorasia_article
「アマゾンの密林」にある休憩所「アマゾンセンター」は中南米の遺跡のよう
 
006zoorasia_article
「日本の里山」ゾーンには生け垣に紅葉とまさに“和”の風景が広がっている

 
それぞれのゾーンごとに変わる風景や、草花を見て回るだけでも楽しそう。なんだかテーマパークの中で動物たちと触れ合っている、そんな気分になれそうだ。
 

007zoorasia_article
園内のあちこちに休憩スペースもあるので、ゆっくり隅々まで回ってみよう!

 
とはいえ、この広さに尻込みする人もいるだろう。しかしその点はご安心あれ! 園内を回るのに便利な「サバンナ」号と、オカピ型バス「ズッピ」という2台の園内バスも用意されている。
 

008zoorasia_article
オカピを模(かたど)った「ズッピ」。カワイイ! これは思わず乗りたくなる

 
バスには1回乗車券(大人〈中学生以上〉200円、小学生100円)、もしくは乗り放題の1Dayパス(大人〈中学生以上〉400円、小学生200円)を購入して乗車する(ともに小学生未満、障がい者手帳をお持ちの方と、その介護者〈1名に付き2名まで〉は無料)。
 
聞けば、ズーラシアには110種類以上の動物が展示されているという。そこでわれわれもバスに乗り込み、各ゾーンにいる「アイドル」たちに会いに行くことにした。
 
 
 
世界各国のゾーンを巡りながら、カワイイ「アイドル」を探せ!
 
・・・ということでやってきたのは、正門から一番遠い場所にある「アフリカのサバンナ」ゾーン。広大なアフリカの草原、サバンナをイメージし、「草原エリア」では、チーターやキリン、シマウマ、エランドの4種の動物が一緒に展示されている。
 
また、ほかにも体験型のラクダライドや、自分たちの目の前で鳥たちが空を飛ぶ、迫力のバードショーなども開催(開催時間などはホームページで要確認)、お子さん連れにも大人気のゾーンとなっている。
 

009zoorasia_article
2015(平成27)年4月にオープンしたばかりの「アフリカのサバンナ」ゾーン
 
010zoorasia_article
キリンやシマウマが草を食べる横でチーターが寝ていることもあるそう
 

そんな「アフリカのサバンナ」ゾーンでのアイドルといえば・・・
 

011zoorasia_article
6月に生まれたミーアキャットの赤ちゃん
 

2016(平成28)年6月に3匹の赤ちゃんが誕生。兄弟で追いかけっこをしたり、お母さんに甘える様子は、いつまでも見ていたくなるほどのかわいらしさだ。生後9ヶ月くらいで、もう成人となるそうなので「カワイイ姿を見たい!」方は、ぜひお早めに!
 

012zoorasia_article
ちょっと意外な“鳴き声”にも注目してほしい

 
続いて向かったのは、アフリカ大陸中央部の熱帯雨林を演出したという「アフリカの熱帯雨林」ゾーン。うっそうとした緑に囲まれたジャングルの中に動物の展示スペースが点在している感じだ。
 

013zoorasia_article
「アフリカの熱帯雨林」へ続く道には「探検基地」のような建物も・・・

 
このゾーンのアイドルはやっぱり、国内でもここズーラシアと横浜市立金沢動物園、そして上野動物園の3ヶ所にしかいない「オカピ」だろう。開園当初から飼育を行っているズーラシアでは、3世代繁殖にも成功しているという。
 

014zoorasia_article
模様はシマウマっぽいけど、実はキリンの仲間だという。初めて見た~!

 
オカピはジャイアントパンダ、コビトカバとならんで「世界三大珍獣」とも言われ、2016(平成28)年6月現在、国内で飼育されている7頭のうち、5頭がズーラシアで生活している。われわれが訪れた時も、常に仲良く寄り添う親子のオカピ、「ピッピ」と「ララ」を見ることができた。
 
オカピのカップルや親子の“ふれあい”が見られるのもここ、ズーラシアだけですよ!
 

015zoorasia_article
想像以上に長い、オカピの「舌」にも注目してみて!
 

と、ここで、1日に何度か行われている「飼育係のとっておきタイム」があると聞き、「アマゾンの密林」ゾーンで展示されているカピバラの元に急ぐ。
 
この「飼育係のとっておきタイム」とは、飼育担当者の楽しいお話を聞きながら、動物たちの「素の表情」を見ることができるという人気イベント。毎日複数の動物種で開催されていて、動物種は季節ごとに変わるそう。
今回は「カピバラのもぐもぐタイム」と題して、おやつを食べるカピバラの様子が見られるという。
 

016zoorasia_article
ということでカピバラの元に来てみたけど・・・あれ?

 
今回登場するのは、オスの「キズナ」。が、どうもご機嫌ナナメらしく、飼育担当者の方がおやつのリンゴなどを手に近づいても全く見向きもしない(笑)
 

おやつを目の前にまさかのUターン。でもまたそれがカワイイ♡

 
終始不機嫌のキズナくん。最後にはおやつを完全放棄するという驚きの結末になったが、飼育員さんからのカピバラの身体の特徴や生息地、普段どんなものを食べているのか・・・などなどの説明がわかりやすく、とても楽しかった。
 

018zoorasia_article
そのつれない姿にすっかりファンになりました(笑)

 
ほかにもゾウやニホンザル、レッサーパンダなどの展示スペースでもこうした「飼育係のとっておきタイム」が設けられている(時間や内容については、園内の掲示板を参照)。
 

019zoorasia_article
レッサーパンダのもぐもぐタイムの様子。あーもう、ほんっとにカワイイ♡

 
飼育員さんのお話に思わず「へぇ~」と感心したり、動物たちのかわいらしい一面を見てホッコリしたり・・・ぜひ時間を合わせて足を運んでみてほしい。
 
 
動物園の大事な役割って? 希少動物を紹介 ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索