ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    コンドーム「サガミオリジナル」で有名な相模ゴム工業って厚木にあるんですね。工場の内部とか、あんなところやこんなところに潜入してみてください!

    腰痛おじさんさん

    本牧では,横浜市営バスの路線なのに,富士急行のバスが走っています。なぜでしょうか?キニナル!

    キングカズさん

    横浜各地の積雪状況がキニナル!帰れるか心配です。

    腰痛おじさんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 居酒屋

鉄板 俣野也(またのや)

粉モンにもコース料理という発想!新鮮な素材が楽しい会話と一緒に膨らんで、ふっくらシットリと焼き上がる

最終更新日:2017年6月30日

045-261-1250

イチオシサンプル画像

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

これはもはや、お好み焼きではない!? 大地の恵みがギュっと凝縮された、素材の奏でるシンフォニー。他人に教えたいような教えたくないような、自分だけの隠れ家が持てる。

DATA
住所: 横浜市中区富士見町2-1東亜ビル1F
横浜市営地下鉄ブルーライン「伊勢佐木長者町駅」より徒歩約1分
営業時間: 17:00~翌2:00(L.O.1:00)
平均予算: ランチ ~1000円/ディナー 2000円~

「2000円じゃあ、安すぎるのかなあ。サラダと野菜盛りでしょ、それと肉か海鮮のどちらか。もんじゃとお好み焼きは両方付きます。その後、ミニ焼きそばを出して〆でデザート。お客さまが食べきれないって言ったら、『勝った』と思いますね。もちろん、お持ち帰りにしていただきますけど」
 
メニューの目玉「特別2名様コース」についてそう話すのは、伊勢佐木警察署の裏手に位置する料理店「鉄板 俣野也(またのや)」の、吉澤豊(よしざわ・ゆたか)店長。
 

01_matanoya_article
量だけでなく、クオリティも充実
 

「飲食店を開こうと思って、他人に負けないジャンルを探していたら、粉モンに行き着いたんです。ですから、単品も扱っていますけど、できればコースを召し上がっていただきたい」
 

002_matanoya_article
中から半熟卵が流れてくる変わりダネも

 
吉澤店長自慢のお好み焼きを食べれば、その自負の程が一口で分かる。少なくとも、生地を食べている感覚はない。食材そのものの味を舌に残したまま、トロフワっハフーで消えていく。一瞬遅れてやってきたのは、オタフクソースの刺激的な香り。鉄板の上の時間差攻撃、息を継ぐ間もないコンビネーション。
 
粉は主役ではなく、あくまで裏方の「まとめ役」なのだ。そんな気付きをもたらしてくれる同店のメニューについて、もっと詳しくお話を伺っていこう。
 
 
 
自信があるから、お好み焼きはプロにお任せ
 
まずは気になるお好み焼きから。全部で12種類あるメニューのうち、初めての人にオススメなのは、ほかの店との違いが一番分かるという「王道豚肉天/850円(税別、以下同)」。オリジナルメニューとしては、ポン酢で食す「おすすめ俣野也スペシャル天/1250円」や、ピザソースがクセになりそうな「不思議洋風天/850円」など。
 

03_matanoya_article
焦げ目が食欲を加速する「たっぷり青ネギ天/850円」
 

もんじゃ焼きも、10種類以上のラインアップを誇る。ダントツの人気は、定番の餅・めんたい・チーズ・ベビースターが入った「俣野也スペシャルもんじゃ/1100円」。ほか、自家製のチャーシューを使った「ねぎチャーシューもんじゃ/850円」や、「ベースもんじゃ」にお好きなトッピングを加える頼み方も好評。なお、コースを選んだ場合、お好み焼きともんじゃ焼きは、好きなメニューが選べる。
 

04_matanoya_article
もんじゃ焼きに自信のない場合、お店の人が作ってくれる

 
一般の鉄板焼きメニューでは、「自家製鉄板ぎょうざ/450円」が白眉。蒸し上がった状態でテーブルに供され、お好みの焼き加減でパクつく。両面をカリっと焼く人もいれば、ほとんど水ギョーザのような感覚で食べる人もいるそうだ。
 

05_matanoya_article
しょうゆの要らない味付けで、ご飯よりお酒のおつまみに最適

 
「お好み焼きだけは、調理場で作ってからお出ししています。最初はお客さんに焼いてもらっていたんですが、生地を混ぜるときに散らかしちゃったり、鉄板の上でうまくひっくり返せなかったりで、見ていて残念。自信があるだけに、『おいしくない』って言われたくないですからね」
 
また、関西風のお好み焼きは、いじらないのが鉄則なのだとか。むやみに裏返さない、やみくもにペシペシたたかない。ノーターン・ノーペシが、上手に仕上げるコツだ。しかし、意外なことに関東の人ほど、じっと待っていられないそう。
 

06_matanoya_article
7卓28席の店内、明るすぎない照明が落ち着いた雰囲気

 
それにしても、黙って指をくわえているというのは何だかつらい。どうしてもいじりたくなってくるし、せめて1回だけでもペシりたい。しかしそれはNGなのだ。いったい、なぜ・・・。ここから先は奥さんのしのぶさんも加え、その辺のこだわりに迫っていきたい。
 
 
 
鉄パンとフライパンの違いとは
 
「鉄板で焼くと、同じ食材でも仕上がりが違う」と話す吉澤店長。その理由は、鉄板の下にある火の配置具合。家庭用コンロの場合、見た目は円形でも、輪郭の部分に火の熱が集まってしまう。ところが鉄板は、全体が均一に加熱されるよう、特別なつくりをしているらしい。
 

07_matanoya_article
一見、何の変哲もない鉄の板だが

 
「冬にはカキをお出しするんですが、じっくり満遍なく焼いていくと、ジュースがコゲになってきれいに剥がれるんです。しょっちゅういじっていると、うま味が鉄板に逃げちゃう。そうしている人の鉄板は、汚れ方で分かりますよね」と、しのぶさん。
 

08_matanoya_article
家庭のフライパンにはまねできない、均一な焼き具合

 
どうやら、ノーターン・ノーペシの法則は、お好み焼きに限らないらしい。では、その微妙な返しどきを、どう見極めればいいのだろう。この点について吉澤店長は、「こちらから声をかけるようにしています」と言う。
 
特に同店が推奨するコース料理なら、一品ずつ提供していくため、それだけ時間が読みやすいそうだ。全てをいっぺんに出してしまうと、個々まちまちに焼くことになるので、タイミングが図りづらくなる。
 

09_matanoya_article
最大7卓の様子を頭に入れているという、吉澤店長

 
こうした、おいしい物をおいしく食べてもらうための一声は、コミュニケーションの面でも相乗効果を上げている。しのぶさんいわく、「提供して食べてくださいっていう店じゃないので、いろいろと説明しているうちに、自然と会話が生まれる」のだとか。また、いつでも分からないことを聞いてほしいため、手書きのネームプレートを必ず付けているそうだ。
 

10_matanoya_article
奥さんを呼ぶ場合は、「しのぶちゃん」で可

 
ただし、なれなれしく声をかけるようなことはしない。人によっては嫌がる場合もあるので、付かず離れずの絶妙なバランスを保つのが、しのぶ流接客の極意。一方、吉澤店長によれば、料理の極意もバランスだと話す。
 
「例えばラーメンでも、うまい麺とうまいスープを組み合わせたのに、イマイチなことってありますよね。お好み焼きも一緒で、具材と生地と味付けのバランスが大切。もっと言えば、生地にも粉のバランスがあるんです」
 

11_matanoya_article
バランスの結晶が、この食感

 
接客の距離感、店内の照明、素材の相性、これらの調和をさりげなく実現しているところが、「鉄板 俣野也」のイチオシ! 鉄板焼き店の滞在時間は一般的に長く、平均すると2時間にも及ぶのだとか。そうなると、いかに仲間内で落ち着いて過ごしてもらえるかが大切になってくるだろう。
 
 
お好み焼き店をオープンしたきっかけは? ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索