ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    のかさんに便乗して、酸辣湯麺に担々麺、辛い刀削麺とか、あと麻婆豆腐も豆板醤を使う赤系か山椒(花椒の場合あり)と胡椒を使用する黒系の麻婆豆腐とか、中華料理の辛いもの料理を是非とも特集して下さい。

    ナチュラルマンさん

    横浜市内だけでどのくらいの世界各国料理や世界各国地方料理が味わえる?中華街なら北京、上海、四川、広東、香港、台湾とか…。少なくとも屋台を含めて横浜市内ではインド、ネパール、パキスタン、トルコ、ロシア、...

    ナチュラルマンさん

    横浜駅周辺で美味しいサンラータン麺を食べれるところを探しています。中華街に行けば食べられるのでしょうが、是非発掘して来てください

    のかさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
2位
「8月20日今日は何の日?」
3位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
4位
横浜高速鉄道みなとみらい線で不正折り返し乗車、その実態は?
5位
廃棄野菜と迷惑生物が三浦半島の「新名物」!? 話題の「キャベツウニ」を調査!
6位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
7位
新しくなった関内駅ってどう変わったの? その後の街の変化は?
8位
戦時中B29が鶴見区の總持寺に墜落したって本当?
9位
【はまれぽ名作選】横浜西口五番街の由来は?一番街から四番街まであるの?
10位
【はまれぽ名作選】市営バスで乗り降りが制限されるバス停っていくつあるの?
11位
【はまれぽ名作選】横浜・広島間を走る高速バス「ドリームスリーパー」、その居住性は?
12位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
13位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
14位
【はまれぽ名作選】ちょっとややこしい!? 中区の根岸町と港北区の岸根町の由来とは?
15位
【はまれぽ名作選】JR桜木町駅前に1つだけある風車って、一体なんなの?
16位
【はまれぽ名作選】本牧の「自由の女神」がある横浜ロイヤルホテルって!?
17位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
18位
これは穴場!? 休日など混雑時に使いたい! みなとみらいの駐車場を徹底調査!
19位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
20位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
21位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
22位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
23位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
24位
東横線沿線の駅の中で、綱島駅だけキャバクラやラブホテルが多い気がするのはなぜ?
25位
漏水で営業が中止となった本牧市民プール、今後はどうなる?
26位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
27位
【編集部厳選】きょうは「山の日」! 横浜市内でハイキングはいかが?
28位
ラーメン二郎 横浜関内店が「無期限休業」って本当?
29位
金沢区称名寺の裏山にある八角堂に、地下へ続く「抜け道」があるって本当?
30位
きょうオープン! 高架下の新商業施設「ウィングキッチン京急鶴見」の様子を一足早くレポート!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 中華

中華飯店「龍鳳(ロンホー)」

“横浜の中華料理の父”が作る、体が欲する中華料理を堪能せよ!

最終更新日:2016年10月25日

045-904-2817

イチオシサンプル画像

毎日食べても飽きない“健康中華”を提供する中華料理店「中華飯店 龍鳳(ロンホー)」

神奈川サンマーメンの会前委員長の新メニュー「ちゃんぽん」と「皿うどん」を食べてきた!

DATA
住所: 横浜市青葉区あざみ野2丁目1-3
横浜市営地下鉄ブルーライン「あざみ野駅」4番出口より徒歩0分
営業時間: 11:00~23:00
平均予算: ランチ ~1000円/ディナー 1000円~

筆者はたまに無性に中華料理を食べたくなる。辛くて、味が濃い目で、ビールに合う! 食べた時の満足感と言ったらほかに類をみない。
 
しかし食べ過ぎの代償として翌日の胃もたれがつきものだ。もう年なのかなぁなんて。そんな話を編集部・榮田にこぼすと、「じゃあ“健康中華”食べに行ってみる?」とのお誘いが! しかも「神奈川サンマ-メンの会」で委員長を務めていた方のお店らしい。期待を胸にどんなお店かさっそく突撃だ!
 
 
 
神奈川サンマ-メンの会 会長の人気中華料理店「中華飯店 龍鳳(ロンホー)」へ
 

001_ronho_article
地下鉄ブルーラインあざみ野駅4番出口
 
002_ronho_article
または東急田園都市線あざみ野駅
 
003_ronho_article
あざみ野東急モールの1階
 
004_ronho_article
中華飯店「龍鳳(ロンホー)」
 
005_ronho_article
オーナーの齊藤和男(さいとう・かずお)さん

 
1940(昭和15)年生まれの76歳だというが、とてもお元気!「神奈川サンマ-メンの会」で委員長を務めただけでなく、全国中華料理生活衛生同業組合連合会理事、横浜市青葉区食品衛生協会会長も務め、中華料理と料理人たちの連携と発展のため、現在も精力的に活動している。
 

006_ronho_article
1969(昭和44)年に料理人として歩み始める

 
綱島で1969(昭和44年)に「中華料理 一番」を開業し、2001年(平成13年)に「中華飯店 龍鳳」をオープンした。
 
中華料理店を始める前は、工作機械を扱う技工士として勤め、27歳の時に、建築会社を立ち上げた。しかし、会社の業績が落ち次の一手を考察中に、中華料理店の居抜き物件を不動産会社に半ば強引に勧められ、中華料理店のオーナーになる、という意外すぎる経歴だ。
 

007_ronho_article
料理は独学というが、開業当初からお客さんの入りは順調だったという

 
「勉強はしましたが、修行をしたことはないので、本場の味ではないと思いますよ。でも、日本の家庭で食べる中華料理のような味加減で、子どもからお年寄りまで安心して食べられる”健康中華”を目指してきました」
 

008_ronho_article
体に優しい中華をお腹いっぱい食べて欲しい

 
中華料理はしょっぱすぎたり、辛すぎたり、脂っこかったりする。ガッツリした感じを胃が求めている時もあるが、たまーに食べるからおいしいのであって毎日食べられるものではない。というのが筆者の意見だ。
 
「“お母さんが作る中華”のように、食べる者の健康を第一に考えて調理をしています。濃すぎる味付けは、すぐに飽きられてしまうから」と齊藤さん。飾り油をかけてつやつやにする、そういう“魅せる”中華料理が多い中、調理の過程で必要最低限の調味料、油だけを使用し、食を通じて健康になってもらいたいという考えを優先している。
 

009_ronho_article
トマト焼ソバ、トマトラーメンは同店の看板メニュー

 
お店のメニュー、味付けはすべて齊藤さんが考案。あの一世を風靡したトマトラーメンのパイオニアであるというから驚きだ。「まぁ、当時メディアは見向きもしなかったけど、自分で売り込んでいったら徐々に浸透していきましたね」と当時を振り返る。
 
元々、1955(昭和30)年ごろからまかないとして食べていたことが発祥だ。このころからすでに健康志向の食事を提供していたということがうかがえる。時代が求める味を先読みしていた結果、生みだされた料理と言えるだろう。
 
調味料は塩分を加減した、手製のものを使用。うまみ調味料は極力減らし、手作りの特製調味料を使って、味をしっかり出しつつヘルシーに仕上げるという。「自分が毎日食べたいと思えるものを提供しなければならない」と語気を強める。実際、齊藤さんご夫婦は毎日手作りの中華料理を口にするという。
 

010_ronho_article
薄いブルーのコック服がトレードマーク

 
「色々病気もしたけど、今は毎日自分たちの中華料理を食べて元気に過ごしていますよ」と言った時の齋藤さんのやわらかな表情が印象的だった。
 
お店を通して、常連さんと仲良くなり、同業者とつながることができたと斎藤さん。店名も中国で勤務する外務省の常連さんに、中国では高貴なイメージとされる龍と鳳凰を組み合わせて、ロンホーと中国語読みで名付けてもらったという。
 

011_ronho_article
人との繋がり、直観力を大切にする齋藤さんらしい店名の由来だ
 
012_ronho_article
絵もご友人からのプレゼント、龍と鳳凰が描かれている

 
 
 
困った時は助け合えるように! 組合を通して、地域活性と料理人たちの連携を図る
 
齋藤さんは神奈川発祥であるサンマーメンを全国的に知ってもらうため、神奈川サンマ-メンの会を1998(平成10)年に発足。町おこしにも一役かっている。
 

013_ronho_article
齋藤さんの作るサンマ-メンは大人気

 
サンマ-メンとは戦前、寒い冬でも冷めにくくするためにラーメンにあんかけをかけたのが始まりだ。醤油ベースで味付け、ピーマンやタマネギなどを入れる。ここに砂糖を入れたり、チンジャオロース風のあんかけをかけたり、お店ごとに個性を出すという。
 
齋藤さんは、「組合に入るお店が減ってきているのも事実です。確かに組合費がかかって嫌だと言う人もいるかもしれないですが、お店が拡大し老舗店を目指すなら、いろんな人の協力やアイディアが必要になります。これは自分の経験からいえることです。困った時にアドバイスをくれた人、助けてくれた人がいたからこそ、店を続けてこられたと思っています」とこれまで出会った人たちは財産だと、感謝を忘れない。
 

014_ronho_article
組合の活動を通して、自分の経験が若者たちの役に立てばうれしい

 
組合に入っているお店同士、一緒にイベントを主催して地域の人に知ってもらう機会を作ったり、飲食経営の情報交換の場として、セミナーを開催したりもするそうだ。「飲食店が盛り上がれば、町全体も活発になる。一人の力じゃ無理かもしれないけど、お店同士協力しあい行政を巻き込んでいけば良いんです」と齋藤さん。
 
ゼロから始めた中華料理店の店主が、いまや中華料理界の父となり、未来の飲食業界を担う若者たちを育てている。人生って何が起こるか本当にわからないものだ。
 
 
懐かしいような新しいような・・・。いよいよ実食! ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索