ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    先日発表されたYahoo!検索大賞2017ですが、ローカルカテゴリーの神奈川県部門は「神奈中バス時刻表」でした。他の地域では、スポーツや特産品、アミューズメント施設などが受賞していて、これが普通かなと...

    かにゃさん

    緑区の十日市場中学のすぐ隣でマンション建設が始まってますが近隣の学校の児童受け入れ態勢は整っているのでしょうか?緑区とは名ばかり地主の土地売却と東電崩壊で住宅開発が進み既に受け入れ困難になってる小学校...

    ちゃたろうさん

    過去に記事になった「ポニータクシー」がクリスマス仕様でサンタさんと白馬になっていたので乗ってきました! 街をぐるっと1周まわって頂き、通行人の注目を浴びまくってお代は千円!激安です!採算が取れているの...

    スさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 中華

中華飯店「龍鳳(ロンホー)」

“横浜の中華料理の父”が作る、体が欲する中華料理を堪能せよ!

最終更新日:2016年10月25日

045-904-2817

イチオシサンプル画像

毎日食べても飽きない“健康中華”を提供する中華料理店「中華飯店 龍鳳(ロンホー)」

神奈川サンマーメンの会前委員長の新メニュー「ちゃんぽん」と「皿うどん」を食べてきた!

DATA
住所: 横浜市青葉区あざみ野2丁目1-3
横浜市営地下鉄ブルーライン「あざみ野駅」4番出口より徒歩0分
営業時間: 11:00~23:00
平均予算: ランチ ~1000円/ディナー 1000円~

筆者はたまに無性に中華料理を食べたくなる。辛くて、味が濃い目で、ビールに合う! 食べた時の満足感と言ったらほかに類をみない。
 
しかし食べ過ぎの代償として翌日の胃もたれがつきものだ。もう年なのかなぁなんて。そんな話を編集部・榮田にこぼすと、「じゃあ“健康中華”食べに行ってみる?」とのお誘いが! しかも「神奈川サンマ-メンの会」で委員長を務めていた方のお店らしい。期待を胸にどんなお店かさっそく突撃だ!
 
 
 
神奈川サンマ-メンの会 会長の人気中華料理店「中華飯店 龍鳳(ロンホー)」へ
 

001_ronho_article
地下鉄ブルーラインあざみ野駅4番出口
 
002_ronho_article
または東急田園都市線あざみ野駅
 
003_ronho_article
あざみ野東急モールの1階
 
004_ronho_article
中華飯店「龍鳳(ロンホー)」
 
005_ronho_article
オーナーの齊藤和男(さいとう・かずお)さん

 
1940(昭和15)年生まれの76歳だというが、とてもお元気!「神奈川サンマ-メンの会」で委員長を務めただけでなく、全国中華料理生活衛生同業組合連合会理事、横浜市青葉区食品衛生協会会長も務め、中華料理と料理人たちの連携と発展のため、現在も精力的に活動している。
 

006_ronho_article
1969(昭和44)年に料理人として歩み始める

 
綱島で1969(昭和44年)に「中華料理 一番」を開業し、2001年(平成13年)に「中華飯店 龍鳳」をオープンした。
 
中華料理店を始める前は、工作機械を扱う技工士として勤め、27歳の時に、建築会社を立ち上げた。しかし、会社の業績が落ち次の一手を考察中に、中華料理店の居抜き物件を不動産会社に半ば強引に勧められ、中華料理店のオーナーになる、という意外すぎる経歴だ。
 

007_ronho_article
料理は独学というが、開業当初からお客さんの入りは順調だったという

 
「勉強はしましたが、修行をしたことはないので、本場の味ではないと思いますよ。でも、日本の家庭で食べる中華料理のような味加減で、子どもからお年寄りまで安心して食べられる”健康中華”を目指してきました」
 

008_ronho_article
体に優しい中華をお腹いっぱい食べて欲しい

 
中華料理はしょっぱすぎたり、辛すぎたり、脂っこかったりする。ガッツリした感じを胃が求めている時もあるが、たまーに食べるからおいしいのであって毎日食べられるものではない。というのが筆者の意見だ。
 
「“お母さんが作る中華”のように、食べる者の健康を第一に考えて調理をしています。濃すぎる味付けは、すぐに飽きられてしまうから」と齊藤さん。飾り油をかけてつやつやにする、そういう“魅せる”中華料理が多い中、調理の過程で必要最低限の調味料、油だけを使用し、食を通じて健康になってもらいたいという考えを優先している。
 

009_ronho_article
トマト焼ソバ、トマトラーメンは同店の看板メニュー

 
お店のメニュー、味付けはすべて齊藤さんが考案。あの一世を風靡したトマトラーメンのパイオニアであるというから驚きだ。「まぁ、当時メディアは見向きもしなかったけど、自分で売り込んでいったら徐々に浸透していきましたね」と当時を振り返る。
 
元々、1955(昭和30)年ごろからまかないとして食べていたことが発祥だ。このころからすでに健康志向の食事を提供していたということがうかがえる。時代が求める味を先読みしていた結果、生みだされた料理と言えるだろう。
 
調味料は塩分を加減した、手製のものを使用。うまみ調味料は極力減らし、手作りの特製調味料を使って、味をしっかり出しつつヘルシーに仕上げるという。「自分が毎日食べたいと思えるものを提供しなければならない」と語気を強める。実際、齊藤さんご夫婦は毎日手作りの中華料理を口にするという。
 

010_ronho_article
薄いブルーのコック服がトレードマーク

 
「色々病気もしたけど、今は毎日自分たちの中華料理を食べて元気に過ごしていますよ」と言った時の齋藤さんのやわらかな表情が印象的だった。
 
お店を通して、常連さんと仲良くなり、同業者とつながることができたと斎藤さん。店名も中国で勤務する外務省の常連さんに、中国では高貴なイメージとされる龍と鳳凰を組み合わせて、ロンホーと中国語読みで名付けてもらったという。
 

011_ronho_article
人との繋がり、直観力を大切にする齋藤さんらしい店名の由来だ
 
012_ronho_article
絵もご友人からのプレゼント、龍と鳳凰が描かれている

 
 
 
困った時は助け合えるように! 組合を通して、地域活性と料理人たちの連携を図る
 
齋藤さんは神奈川発祥であるサンマーメンを全国的に知ってもらうため、神奈川サンマ-メンの会を1998(平成10)年に発足。町おこしにも一役かっている。
 

013_ronho_article
齋藤さんの作るサンマ-メンは大人気

 
サンマ-メンとは戦前、寒い冬でも冷めにくくするためにラーメンにあんかけをかけたのが始まりだ。醤油ベースで味付け、ピーマンやタマネギなどを入れる。ここに砂糖を入れたり、チンジャオロース風のあんかけをかけたり、お店ごとに個性を出すという。
 
齋藤さんは、「組合に入るお店が減ってきているのも事実です。確かに組合費がかかって嫌だと言う人もいるかもしれないですが、お店が拡大し老舗店を目指すなら、いろんな人の協力やアイディアが必要になります。これは自分の経験からいえることです。困った時にアドバイスをくれた人、助けてくれた人がいたからこそ、店を続けてこられたと思っています」とこれまで出会った人たちは財産だと、感謝を忘れない。
 

014_ronho_article
組合の活動を通して、自分の経験が若者たちの役に立てばうれしい

 
組合に入っているお店同士、一緒にイベントを主催して地域の人に知ってもらう機会を作ったり、飲食経営の情報交換の場として、セミナーを開催したりもするそうだ。「飲食店が盛り上がれば、町全体も活発になる。一人の力じゃ無理かもしれないけど、お店同士協力しあい行政を巻き込んでいけば良いんです」と齋藤さん。
 
ゼロから始めた中華料理店の店主が、いまや中華料理界の父となり、未来の飲食業界を担う若者たちを育てている。人生って何が起こるか本当にわからないものだ。
 
 
懐かしいような新しいような・・・。いよいよ実食! ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索