ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    本牧山頂公園は、ひそかに心霊スポットとしても知られていますよね。実際、霊感のある人がたまたま夕方~夜に歩いて「二度と行きたくない」と言ったという話を聞いたことがありますし、毎年のように「また自殺者が出...

    濱俊彦さん

    相生町で非日常のお店が有りましたが、どうやら、3月にも和風lounge絲ってbarが出来たらしく気になります。女性一人でも、エロ無しって事で安心らしいです。和風って所も気になります。是非、調査お願いし...

    月明かりさん

    既にコビン・ケスナーさんからもありましたが、ウルトラセブンのモロボシダン役、森次晃嗣さんが経営するお店が藤沢市鵠沼にあります。名物料理はモロボシダンのハヤシライスだとか。また、ウルトラセブングッズも販...

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】横浜で美味しいうなぎが食べられるお店はどこ?
2位
野毛では伝説、福富町では行列! 神出鬼没のラーメン店「丿貫(へちかん)」へ突入!
3位
川崎市多摩区の星川製麺が運営する"彩"でデカ盛りメニュー「でかっちゃん」に挑戦!
4位
戸塚区秋葉町で発見! めちゃうま!? たまご自動販売機とは?
5位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
6位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
7位
ハマの伝説! レストラン「タイクーン」! 今年は横浜式バーベキューで激ウマ!
8位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
9位
【はまれぽ名作選】西横浜にある中華料理店「隆翔」が出す、辛さ120倍のタンタンメンとは?
10位
【編集部厳選】1軒だけじゃ物足りない! 気ままに「ハシゴ酒」できるスポットを紹介!
11位
【はまれぽ名作選】平日の昼間から飲める感じのいいお店を教えて! 伊勢佐木町編
12位
【はまれぽ名作選】野毛で食べられる裏メニューって、どういうのがあるの?
13位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.2』~「ジントニック」とイロハ~
14位
【はまれぽ名作選】かつて馬車道交差点にあった「珈琲屋」、その後どうなったの?
15位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
16位
まだまだ夏真っ盛り! 2017年、横浜市内のおすすめビアガーデンは?
17位
体温を下げて夏バテ防止になる料理って!? 教えて○○さん! イタリア料理編
18位
【ニュース】ホテルニューグランドこの夏だけの限定ラウンジ!
19位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
20位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.4』〜「ヨコハマ」とストーリー〜
21位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.3』〜「ダイキリ」と太田圭介さん〜
22位
「よこはまでカレーがおいしいお店ランキングベスト10」が知りたい!
23位
【はまれぽ名作選】居酒屋チェーンの「養老乃瀧」、1号店は横浜って本当? 
24位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
25位
【編集部厳選】梅雨明けしたし、夏と言ったらビールでしょ!
26位
【編集部厳選】頭が「キーン」ってなっても気にしない!
27位
横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 前編
28位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
29位
【編集部厳選】暑い夏はサッパリお寿司!
30位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

遊ぶ・泊まる> レジャー

三菱みなとみらい技術館

国産初のジェット旅客機MRJの実寸模型と、迫力満点の擬似操縦を体験!

最終更新日:2017年3月22日

045-200-7351

イチオシサンプル画像

予想以上に楽しい!子どもよりもお父さんが興奮!?最新の科学技術を結集した「三菱みなとみらい技術館」

ファミリーやカップル、模型好きにも大人気!「三菱みなとみらい技術館」で知的欲求を満たそう!

DATA
住所: 横浜市西区 みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル
JR根岸線/横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町」駅より徒歩8分
営業時間: 10時~17時まで(但し、入館は16時30分まで)
平均予算: 入館料:大人500円/ 中・高校生300円 /小学生200円

自分が知らない世界について知見を深めることはいくつになっても飽きない。宇宙や深海の世界は、知識欲に飢えた大人に最上の潤いを与えてくれる。
 
そして、それらの解明や探求に必要なのが最新の科学技術だ。この両方を一度に体験しながら学べる施設がみなとみらいにあるという。
 

001_mitsubishi_article
JR根岸線 桜木町駅の北改札
 
002_mitsubishi_article
前方に見えるエスカレーターで、ランドマークプラザを目指す
003_mitsubishi_article
動く歩道で楽チン
 
004_mitsubishi_article
ランドマークプラザ内へ
 
005_mitsubishi_article
左手側、中央下りエスカレーターで1階へ
 
006_mitsubishi_article
Sizzler(シズラー)とソフトバンクの間の通路を通り
 
007_mitsubishi_article
突き当りのエントランスから出ると目の前に見えてくる
 
008_mitsubishi_article
横断歩道を渡って、「三菱みなとみらい技術館」に到着

 
同館は三菱重工が1994(平成6)年に設立。横浜に自社ビルを構えることになったことから、最新の科学技術に気軽に触れてもらいたいという思いで始まった。
入館料は大人500円、中・高生300円、小学生200円だ。年間パスポートは大人1000円、中・高生700円、小学生500円で、営業時間内であれば何度も入退場できる。
 
子ども向けの施設と思いきやMRJ(三菱リージョナルジェット)の操縦体験ができたり、実際に燃焼試験に使用されたロケットエンジンを展示していたりと、かなり本格的な内容。子どもそっちのけで親が夢中になっている姿も同館ではよく見られる光景なのだとか。
 
ご家族やカップル、年配の方と幅広い世代のお客さんが来館し、海外の人もよく訪れるので、パンフレットも多言語で用意しているという。
 

みなとみらい
ホームページも海外の方向けに英語で対応している

 
そこで今回は、同館の6ゾーンある展示の中でも、特に人気の高い「航空宇宙ゾーン」と「海洋ゾーン」をご紹介いただくことに。なんでも航空宇宙ゾーンは2016(平成28)年2月28日にリニューアルオープンしたばかりだとか。
 

010_mitsubishi_article
いざ、航空宇宙ゾーンへ!
 
011_mitsubishi_article
MRJだ!!

 
これは、三菱重工が開発した国産初のジェット旅客機で、近距離の地域間を結ぶために開発された。
 

012_mitsubishi_article
実際の機内を再現している
 
013_mitsubishi_article
天井は富士山をイメージ
 
014_mitsubishi_article
日本製らしい細やかな配慮がなされた機内

 
コンパクトな機体ではあるが、それを感じさせないゆったり感があった。イスの座り心地も人間工学の考えを導入し、リクライニングを倒さなくても無理のない姿勢でいられるデザインとなっている。収納棚も、十分な容量で、荷物の取り出しをスムーズに行えると感じた。
 

015_mitsubishi_article
そして航空ゾーンの最大のウリであるMRJフライトチャレンジへ!

 
本物と限りなく近い造りのコックピットに、ちょっぴり緊張。ハンドルを握る手がうっすら湿っていた。
MRJフライトチャレンジは、開館直後から列ができる大人気アトラクション。1回約5分間で着陸から離陸までを、実際にハンドル操作しながらシミュレーション飛行できるのだ。
 
車の免許は持っておらず、学生の時はセルフ自転車事故で生傷の絶えなかったライター・カメイ。果たして無事着陸できるのか。
 

016_mitsubishi_article
グッドラック!

 
本人の予想通り「不時着」してゲーム終了(後ろで見ていた人たちからもブーイングが起こる)。隣に座っていた編集部・榮田は、「意外とリアルな動きをするので、怖かった!」とのこと。ごめんなさい! でも操縦が結構難しくて、一筋縄ではいかないゲームだった。
 
これ本当に子どもたちもできるのかな・・・と思っていると、「案外お子さんたちの方が上手に操縦されますよ」と由佐さん。
 

017_mitsubishi_article
タッチパネルもゲームになっている
 
018_mitsubishi_article
飛行機を設計することもできる
 
019_mitsubishi_article
整備の仕事も疑似体験!

 
いや、完全に侮っていたが、これは大人も楽しい施設だ!シミュレーションゲームも充実しているし、何より実物大の展示物の数々は観察しているだけでも非常に興奮する。
 

020_mitsubishi_article
飛行機の歴史を年表で追いながら宇宙ゾーンへ

 
宇宙ゾーンでは、実際にテストなどで使用されたロケットエンジンを展示している。
 

021_mitsubishi_article
ロケットの心臓部「エンジン」の展示

 
発射時のエンジン温度は3300度! 溶けてしまわないように液体水素を発射口内のパイプに流し込む。ロケットはより高く正確に飛び続けるために、薄く、軽く、頑丈な素材であることが求められる。非常に高度な科学技術の結晶と言える。
 
地上から大気圏、宇宙ステーション、惑星のある場所まで、どんな位置関係にあるのかを知ることができる映像が足元に映されていたりと、「地上から宇宙ステーションって意外と近いんだ!」など大人も勉強になることが盛りだくさん。
 

022_mitsubishi_article
宇宙ゾーンを出たら、宇宙服から顔を出して記念撮影しよう!
 
023_mitsubishi_article
宇宙服は“ミニ宇宙船”とも呼ばれる

 
宇宙空間で人が一定時間活動するための工夫が詰まっていて、よく見ると口元にマイクがあったり、手元に鏡が取り付けられていたり、宇宙服の秘密を間近で観察できるのも魅力だ。
 

024_mitsubishi_article
では次、「海洋ゾーン」へ

 
海洋ゾーンでは、「しんかい6500」の実物大模型を展示しており、深海を探索するシミュレーション体験や、自分だけのオリジナル深海生物メカ、「シーメカニマル」を作れたり、こちらの展示も盛りだくさんの内容だ。
 

025_mitsubishi_article
実物大の分解展示も

 
「しんかい6500」は、6500メートルの深さまで潜ることのできる世界最高水準の深海調査船で、世界中の98パーセントの海底調査を行うことができるようになった。
 

026_mitsubishi_article
このスペースに3名乗り込む

 
カプセル型の船内にパイロット2名と研究者1名が乗り込むが、内径2メートルの球型スペースで、決して快適とは言えない空間で調査を行っているようだ。
 

027_mitsubishi_article
ほかにも深海生物の解説や映像を見られたり
 
028_mitsubishi_article
魚とロボットを組み合わせた「シーメカニマル」を作れる
 
029_mitsubishi_article
作った「シーメカニマル」はスクリーンに映し出される
 
030_mitsubishi_article
大人も子どもも
 
031_mitsubishi_article
真剣に遊んで、楽しんで学ぶ!
 

「では、そろそろ実験が始まるので2階に移動しましょう!」とご案内いただくことになった。なんでも毎日科学実験を行っているという。
 
 
子どもも大人も大興奮の、体験展示プログラム! ≫

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索