ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    宮城出身の祖母は「神奈川はヤブ医者が多い。横浜市大の先生しか信用しない」といいます。神奈川県は東海大聖マリアンナ大北里大の先生が多いですが、この3医大は今でこそ優秀な高校生が入っていますが祖母が若い頃...

    はなつきづきさん

    先日発表されたYahoo!検索大賞2017ですが、ローカルカテゴリーの神奈川県部門は「神奈中バス時刻表」でした。他の地域では、スポーツや特産品、アミューズメント施設などが受賞していて、これが普通かなと...

    かにゃさん

    緑区の十日市場中学のすぐ隣でマンション建設が始まってますが近隣の学校の児童受け入れ態勢は整っているのでしょうか?緑区とは名ばかり地主の土地売却と東電崩壊で住宅開発が進み既に受け入れ困難になってる小学校...

    ちゃたろうさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

美容> 美容室

Hairmake salon TAKASHI

夜11時まで営業、残業後にも立ち寄れる元町のヘアサロン

最終更新日:2017年3月22日

045-319-4569

イチオシサンプル画像

残業後でも間に合う! お手入れしやすいヘアスタイルをトップレベルの技術で実現する「TAKASHI」

完全予約制のプライベート空間。夜11時までの営業だから、仕事帰りに来店して、休みの日をフルに楽しむことも。モデル・芸能人のヘアメイクも手がける確かな技術をひとり占めできる贅沢感を、ぜひ味わってほしい!

DATA
住所: 横浜市中区石川町2-78-10 ビーカーサ石川町 202
JR根岸線石川町駅より徒歩2分
営業時間: 10:00~23:00(要相談)
平均予算: ご案内ページにてご確認ください

JR石川町駅から徒歩2分、トップレベルの技術を誇るヘアサロン
 
今回取材に伺うヘアサロンは、モデルや芸能人のヘアメイクを手がけるヘアメイクアップアーティストの店だと聞いた。そうした華やかな世界で活躍する方の店は一体どんな感じなのだろう。緊張とわくわく感を抱えて向かったのは、JR根岸線石川町駅。
 

001_takashi_article
JR根岸線石川町駅元町口を出て・・・
 
002_takashi_article
郵便局の前の坂を上ると・・・

 
1分ほどで、「Hairmake salon TAKASHI」があるマンションに到着した。駅から徒歩2分もかからない。
 

003_takashi_article
おしゃれなデザイナーズマンション

 
マンションの1室にあるヘアサロンと伺っていたが、マンションにはカフェやお花屋さん、ネイルサロンなどの店舗があり、一般的なマンションとは違い、洗練された雰囲気が漂っている。
階段を上がって2階へ。
 

004_takashi_article
こちらが入口。一見、普通の部屋のようなシンプルさだ

 
迎えてくれたのは、「Hairmake salon TAKASHI」代表、TAKASHIさん。
モデルや芸能人のヘアメイクを担当している方と伺っていたので、何となく別世界の人という感覚で緊張してドアを開けたのだが・・・
 

005_takashi_article
TAKASHIさんの笑顔を見てホッとした

 
まずは、美容業界にたずさわり25年というTAKASHIさんの経歴を伺うことに。
 
美容師になって初めに勤務したヘアサロンは、サロンのオーナー自身がコンテスト入賞を経て独立したという経緯もあり、スタッフのコンテスト出場に積極的だったという。
 
そのためTAKASHIさんも、サロンでお客さんへの施術にたずさわって技術を向上させる一方で、さまざまなコンテストや全国の大会に出場しながら腕を磨いていった。修業時代は、1年365日、毎日夜中まで練習したそうだ。
 

006_takashi_article
「1日3時間睡眠という毎日でした」

 
「初出場のころはホントに技術が未熟で、ほぼ最下位。そういうところから始まったから大変でしたね」とTAKASHIさんは当時を振り返る。日々の練習が次第に実を結び、2000(平成12)年には、「神奈川県理容競技大会」でチャンピオンになり、「コアフィールド・ジャポンヘアコンテスト」で優秀賞を受賞するなど、数々のコンテストで入賞を果たしていった。
 
メイクアップの勉強も本格的に始め、2008(平成20)年ごろ、メイクの指導をしてもらっていた先生から、偶然、テレビ撮影のヘアメイクの仕事に誘われた。以降、テレビ、CM、雑誌や舞台とさまざまな場から声がかかるようになったという。
 

007_takashi_article
その後、サロンに勤務しながら、撮影のヘアメイクの仕事を続けてきた

 
さまざまな現場で経験を積み重ねるうちに、もっと便利な場所に自分の店を持ちたいと物件を探している中、もともと好きだった元町にこの物件を見つけ、2012(平成24)年7月に「Hairmake salon TAKASHI」をオープン。
 

008_takashi_article
「Hairmake Salon TAKASHI」は2016(平成28)年、開店から4年を迎えた

 
「横浜は大好きな街。若いころ女の子とデートした思い出もある元町周辺は、特に好きな場所です。好きなところで、一番好きな仕事をするのは最高ですね」とTAKASHIさんは語る。
 

009_takashi_article
元町はTAKASHIさんの大好きな街

 
 
 
まるで友だちの家に来たようなプライベート感
 
どうして、このようなマンションの1室でヘアサロンをオープンしたのだろうか。
「完全予約制で、一人ひとりにじっくり対応できるサロンにしたかった」とTAKASHIさんは話す。また、撮影の仕事もしているので、路面店だと店を閉めなければならないが、こうした店なら自由がきく面もあり、TAKASHIさんの仕事のスタイルに合っていたようだ。
 

010_takashi_article
セット面が1つ、シャンプー台1つだけの店

 
「こういった空間なので、ひとりのお客さんの予約時間を十分に取り、お客さん同士が鉢合わせることがないように、特に注意しています」とTAKASHIさん。お客さんは、ほかの人の視線を気にすることなく仕上げてもらうことができる。
 

011_takashi_article
トップレベルの技術をひとり占め! なんて贅沢なんだろう

 
カップルや家族で来店される方も多いそうだ。確かに、こうしたサロンなら、お子さま連れでも、来店しやすいのではないだろうか。
 

012_takashi_article
テラスがあるので気分転換もできる

 
ちなみに、お店からは、山下公園などで開催される花火大会の花火がきれいに見えるとか。
予約した日にたまたま花火があがってラッキー! なんてことも!?
 
「サロンにいる間、退屈することなく、気持ち良く過ごしてほしい。ヘアをきれいにするだけでなく、プライベートにもプラスアルファになる時間にすることができればと思います」とTAKASHIさんは言う。
 

013_takashi_article
「お客さんが元気になるお手伝いができればうれしいです」

 
そんな同サロン、なんと、お客さんのリピート率は90%以上だそう。その秘密は、どんなところにあるのだろう。さらに、深く探っていきます。
 
 
サロンの人気の秘密とは? なんと・・・! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索