ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    東戸塚駅のニューデイズ(コンビニ)は、地域密着型というコンセプトで、地域の商品を扱う専用の売り場のほか、生ビールを販売してイートインスペースで呑んだり、大型のスポーツイベントが開催される際は、パブリッ...

    LA-CL3さん

    横浜のどこかに、インドで作って下さった「水の塔」?という建築物があるらしいです。何ですか?どこにあるのですか?なんでインドから持ってきて下さったのでしょうか。これは、日本でインドに新幹線を7路線敷く事...

    狐猫さん

    横浜から秩父の近くまで、みなとみらい線、東急線、などと、西武線、東武線、などとが、東京地下鉄と相互に乗り入れています。観光客は、埼玉県方向から神奈川県方向の皆様が過半数で、神奈川県方向から埼玉県方向は...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
4位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
5位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
6位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
7位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
8位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
9位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
10位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
11位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
12位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
13位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
14位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
17位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
18位
2学期制って良くなかったの?
19位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
20位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
21位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
22位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
23位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~
24位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
25位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
26位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
27位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
28位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
29位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
30位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> バー・バル

Heaven's Garden(ヘブンズガーデン)

ローストビーフとオーガニックワインで乾杯! 一人飲み、女子会、パーティに!

最終更新日:2017年8月31日

045-251-2766

イチオシサンプル画像

オシャレ空間と自然派食材で別世界へ! ダイニングバー「Heaven’s Garden」

はまれぽ女子会開催!? お洒落な空間で手作りディッシュ&カクテルに胃袋が恋に落ちた!

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区末広町1-2-10 安仁ビル 2F
JR根岸線関内駅より徒歩5分
営業時間: 18:00~4:00
平均予算: ~3000円

関内に、天国への階段が出現!
 

001_heavens_article
JR関内駅北口から徒歩5分
 
002_heavens_article
向かってイセザキ・モール側の横断歩道を渡る
 
003_heavens_article
カフェ・ベローチェの角を左折
 
004_heavens_article
レンガ造りのビルの2階
 
005_heavens_article
天国への階段をのぼると
 
006_heavens_article
おしゃれな入口
 
007_heavens_article
Heaven’s Garden(ヘブンズガーデン)に到着
 
008_heavens_article
オーナーの伊藤正吾(いとう・しょうご)さん

 
バーテンダーにあこがれていた10代のころを振り返り、「早く大人の世界に入りたかったという理由もあると思いますね」とほほ笑む。
 
高校生のころからバーテンダーになりたいと思っていた。伊藤さんが10代のころ、洋楽を好んで聴き、ジャズやオーセンティックなバーにあこがれていた。卒業後、バーテンダーの道へ。アルバイトの掛け持ちや、当時関内にあったクラブバーで6年の社員経験を経て、現在バーテンダー歴18年のベテランだ。
 

009_heavens_article
店名の由来は、天国のようにゆったりくつろげるように

 
元々、不動産の事務所だった内装を知り合いの大工さんに手伝ってもらい改装。その後は伊藤さんの手で少しずつ、現在の形に変えていったそうだ。物件を探している時に、たまたまこの部屋を発見。窓が3つ等間隔に並んでいるさまに「ヨーロッパらしい雰囲気」を感じ、即決したそう。
 
おしゃれな店内に取材陣一同目を奪われていると、「ちなみにインテリアはほとんどネットオークションでそろえたんですよ」と伊藤さん。
 

010_heavens_article
これも
 
011_heavens_article
これも
 
012_heavens_article
ぜんぶ!

 
シャビーシックな照明やドアノブ、木馬なんかもさりげなく置いてあっておしゃれ。ネットオークションですべてそろえたとは到底思えない。伊藤さんの感性が爆発した店内なのだ。
 

013_heavens_article
トイレもバーの雰囲気に合わせて改装済み
 
14_heavens_article
天井は布を貼り、ゲルのような雰囲気
 
15_heavens_article
壁紙も単調にならないように
 
16_heavens_article
さりげない可愛さも魅力

 
「ずっとバーテンダーだったので、特にモノづくり系の経験はありませんでした。でも、実家を改造したり、いま考えると昔から作ることが好きでしたね」
 
ご両親とも理容師で、小さなころからご両親のクリエイティブな面を見て育ったというのも、伊藤さんの器用さの理由かもしれない。
 

17_heavens_article
自分もお客さんも居心地の良い空間に

 
座席周辺は女性らしさを感じさせるインテリアが配置されているが、バーカウンターはうってかわって「こだわりのある男性の部屋」のような印象。伊藤さんだけの絶対不可侵領域というのか、ボトルやグラスの並びまですべてこだわり抜いている。
 
内装は気分で変える予定と話し、ハロウィーンやクリスマスの時期は特別な飾り付けを行うなど、視覚の楽しみもある。
 

18_heavens_article
自分のバーを持つきっかけとは

 
「いつかは自分が理想とするバーを開きたいと思っていました。それに、バーテンダーをしているといろんな人と出会えて、刺激をもらうことも多いので仕事として好きです」
 
もともと料理好きだったという伊藤さんは、前店でも調理を担当していたこともあり、ダイニングバーとしてオープン。当初はヘルシーなアボカド料理をメインに提供していたが、30~40代の常連さんも多かったことから、現在はオムライスやローストビーフ丼などガッツリ系の食事メニューも提供するようになったという。
 

19_heavens_article
パスタを注文するお客さんも多いという

 
「海賊パスタ-ラム酒の香り-」や「小悪魔ミートソース」など、どんなパスタなんだろうとワクワクさせるネーミングだ。ちなみに「小悪魔ミートソース」は“ピリ辛”なんだとか。
 

20_heavens_article
「私のための一杯」なんていう特別感も得られて良い!

 
「ややこしい名前のカクテルも多いですから、初めて来店したお客さんにわかりやすいようにリカーを選んでもらい、好みを伝えてもらってカクテルを作ります」
 
柑橘系がいいとか、甘めがいいなど、自分の味の好みを伝えると作ってもらえる。カクテル初心者の筆者にとっては、とてもうれしいサービスだと感じた。
 

21_heavens_article
店内の雰囲気、伊藤さんのラフな人柄が落ち着いた空間を作り出す

 
「心がけているのは、お客様が落ち着ける場所を提供することです。一人飲みを楽しむ人も増えているので、バーはそのニーズに応えられると思っています」と伊藤さん。
 

22_heavens_article
営業中はクラシック映画を上映

 
チャップリンやポパイなど古典的な映画を流し、一人できてものんびりできるように配慮されている。店内の雰囲気と映画がマッチしているところも女子ウケが良さそうだ。
 

23_heavens_article
お店を通して、新たなコミュニティーが広がってほしい

 
「バーはお酒を楽しむだけの場所じゃなく、それぞれ楽しみ方は違いますから、趣味嗜好が合うお客様同士のコミュニケーションの輪が広がってほしい」と語る伊藤さん。
 
お客さんと企画して、タコ焼きパーティやギョーザパーティーを開いたりもする。そこからお客さん同士新しいコミュニティーが生まれて、先日同店で結ばれたカップルが誕生したそうだ。伊藤さんの「コミュニケーションの輪が広がってほしい」という思いは、オープン2年を迎え着々と身を結びつつある。
 
 
女子会メニューをご紹介~♪ >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索